2/23/2020

政策対テクノロジー

シュナイアーのブログより

1993年または1994年頃、最初の暗号戦争中に、私は強力な暗号を提唱するためにワシントンに行った暗号専門家のグループの一員でした。マット・ブレイズとロナルド・リベストが一緒にいました。私は他に誰を覚えていません。マサチューセッツ州の代表、エド・マーキーと会いました。(彼は2013年まで上院議員になりませんでした。) その当時、彼とバーモント州上院議員のパトリック・リーヒーはこの問題について最も知識があり、政府のバックドアに対する私たちの最大の支持者でした。彼らはまだ健在です。

マーキーは、暗号化された電話プロバイダーにNSAのクリッパーチップをデバイスに実装するように強制することには反対でしたが、FBIとの妥協を求めました。これは私たち技術者を完全に驚かせました。その瞬間、技術者と政策立案者の重要な違いを学びました。技術者は解決策を求めています。政策立案者は合意を求めています。

それ以来、私は政策に関する議論に没頭しています。私は国会議員とより多くの時間を費やし、EFFやEPICのような擁護団体に助言し、米国および世界中の政策志向のシンクタンクと協力しました。私はハーバード・ケネディスクールでサイバーセキュリティの政策とテクノロジーを教えています。私の最新の2冊の本、『超監視社会』(監視について)と『Click Here to Kill Everybody』(IoTセキュリティーについて)は、テクノロジーの政策への影響に関するものです。

その間、技術者と政策立案者の間には他にも多くの違いがあります。その違いは、サイバーセキュリティでは、私たちは技術的ソリューションを実行可能な政策の結果に転換できるかどうかを理解する必要があるということです。

技術者は、特定の技術のすべてのユースケースを考慮しようとはしません。私たちは、私たちが思い描く用途のために何かを構築する傾向があり、他の人が私たちが作成したものを拡張するための新しい革新的な方法を見つけ出すことを望んでいます。私たちが考えもしなかったテクノロジーの新しい用途があり、それが世界を変えるとき、私たちはそれを好きになります。また、想定しているユースケースに関するセキュリティは得意かもしれませんが、新しいユースケースやエッジケースに関しては、常に盲目的です。(親しいパートナーを取り巻く認証リスクは良い例です。)

政策はそのようには機能しません。特に使用に焦点を合わせています。それは人々と彼らが何をするかに焦点を合わせています。政策立案者は、テクノロジーの使用方法(すべての使用方法)を理解しない限り、テクノロジーの周囲に政策を作ることはできません。

政策は、FBIがサンバーナーディノの銃撃犯のiPhoneの暗号化を解除したいという要求のような、例外的なイベントによってしばしば駆動されます。(愛国者法[PATRIOT Act]は、私が考えることができる最もひどい例です。) 技術者は、社会的セキュリティに対する強力な暗号化の全体的な価値のような、より一般的なユースケースを見る傾向があります。政策は過去に焦点を合わせ、既存のシステムを機能させるか、発生した誤りを修正する傾向があります。政策立案者がVRシステムの周りに法律を作成することを想像するのは困難です。VRシステムはまだ意味のある方法で存在していないからです。技術は本質的に未来に焦点を当てています。技術者は、より良いシステム、または現在のシステムの将来の欠陥を想像して、物事を改善するよう努めます。

技術者として、繰り返します。それがソフトウェアの書き方です。それが製品のフィールドです。私たちは、最初は正しく理解できないことを知っているので、その事実に対処するためにあらゆる種類のアジャイルシステムを開発しました。政策立案はしばしば反対です。米国連邦法は、交渉と通過に数か月または数年かかり、その後10年以上にわたって問題に再び対処することはありません。間違った場合の影響は長続きするため、最初に正しく設定することがはるかに重要です。(例えば、GDPRの一部を参照して下さい。) 規制当局の機敏性が向上する場合があります。裁判所は政策を繰り返し適用することもできますが、速度は遅くなります。

同様の線に沿って、2つのグループは非常に異なる時間枠で機能します。ムーアの法則に条件付けられたエンジニアは、18か月を新製品を展開する最大時間と長い間考えていましたが、現在は新機能の継続的な展開の観点から考えています。先ほど言ったように、政策立案者は法律や規制を整備するために複数年の観点から考える傾向があります。そして、判例法がそれを中心に構築されるにつれて、誰もがそれが本当に何を意味するかを知るようになります。それはカメとハチドリのようなものです。

テクノロジーは本質的にグローバルです。多くの場合、現地の法律に従って現地の感度で開発されますが、必然的にグローバルな範囲に広がります。政策は常に権限の範囲です。この違いは、私たちが毎日使用するグローバルクラウドサービスにあらゆる種類の問題を引き起こしています。プロバイダーは、200を超える様々な(場合によっては矛盾する)国内要件に準拠してグローバルシステムを運用できません。政策立案者は多くの場合、能力不足の主張に感銘を受けません。彼らは言います、法律とは法律であると。そして、Facebookがウェブサイトをフランス人に向けてフランス語に翻訳できる場合は、国内の法律を施行することもできます。

テクノロジーと政策はどちらも信頼の概念を使用していますが、異なっています。技術者は、行動の制御という点で信頼を考える傾向があります。私たちは良くなっています —— 信頼に関するNISTの最近の研究は良い例です——しかし、私たちにはまだ長い道のりがあります。例えば、Googleの信頼と安全部門は、主に技術的な制御に焦点を当てたAIと倫理の多くの仕事を行っています。政策立案者は、より全体的な社会的用語への信頼を考えます。制度への信頼、悪い結果を心配しない能力としての信頼、消費者の信頼。この二分法は、強力な暗号化のために技術者がビットコインが信頼できると主張する方法を説明していますが、ポリシー作成者は、暗号化キーを忘れてお金をすべて失ったときに信頼できるシステムを呼び出すことを想像できません。

政策は、社会が個人と社会との相互作用を仲介する方法です。テクノロジーは、個人が社会と相互作用する方法を変える可能性があります。技術者は政策立案者にイノベーションを抑制せず、邪魔にならないように望み、政策立案者は技術者に迅速な動きを止めて多くのものを壊すことを望まないため、これら2つの間の対立はかなりの摩擦を引き起こします。

最後に、技術者は、コードが法律であるということを分かっています。技術の制限と制限は、人間が作成した法的何かよりも基本的です。政策立案者は、法律は法律であり、技術は単なる技術であることを分かっています。これは、既存の法律を新しいテクノロジーに適用することと、それらの新しいテクノロジー専用の新しい法律を作成することとの間の緊張関係に見ることができます。

はい、これらはすべて一般化されており、例外があります。また、すべてではありません。優れた技術者と政策立案者は、他の視点を見ることができます。最高の政策立案者は、コンセンサスに向けたすべての仕事について、円周率を3として再定義しても進歩しないことを分かっています。思慮深い技術者は、攻撃者が自分のシステムを悪用する可能性のある方法について、直接的なユーザーの要求を超えて、それらの敵に対しても同様に設計します。これらは、ファーストコンタクトに加わる2つのエイリアンではなく、それぞれが他からツールを学び、借りることができる仲間です。あまりにも頻繁に、どちらの当事者も試みません。

10月に、コンピューターサイエンスと法律に関する最初のACMシンポジウムに参加しました。Googleの顧問であるブライアン・カーバーは、毎年カリフォルニア大学バークレー校で知的財産とサイバーローのクラスに参加する数少ないコンピューターサイエンスの大学院生との経験について話しました。彼が最初にしたことの1つは、生徒に2つの異なる事件を読むことでした。事件にはほぼ同一の事実があり、判決を下した裁判官はまったく反対の結論に達した。法律の学生はこれを大々的に受け止めました。新しい概念やアイデアに取り組んでいるときに法制度が機能する方法です。しかし、それはコンピュータサイエンスの学生を揺るがしました。彼らは、正解がひとつもなかったことに愕然としました。

しかし、それは法律の仕組みではなく、政策の仕組みでもありません。私たちが作成している技術が社会の中心になり、技術分野の私たちが公共の領域に移動し、ますます重要な政策論議の一部になるにつれて、これらの教訓を学ぶことが不可欠です。純粋に技術的なシステムを作成していて、作業がキーボードと画面で終わっていた時代は終わりました。現在、文字通り新しい世界を創造している複雑な社会技術システムを構築しています。そして、政策立案者が間違っていると非難することは簡単ですが、そうではないことを理解することが重要です。政策の作成は、インターネットやコンピューター、その他のテクノロジーよりもずっと長い間行われてきました。そして今世紀の本質的な課題は、両方のグループが協力することを要求するでしょう。

このエッセイは、既にIEEE Security & Privacyに掲載されています

「スタートレック: ピカード」イチェブとフェンリス・レンジャーの説明

CBR.comより

by Sam Stone

警告: 以下は、CBS All Accessでストリーミング中の「スタートレック: ピカード」のシーズン1エピソード5 「Stardust City Rag」のネタバレを含んでいる。

ジャン=リュック・ピカードとセブン・オブ・ナインの二人が「スター・トレック: ピカード」の始まりまで宇宙艦隊に長く残っていたが、ピカードがフランスでブドウ園を静かに経営するという決定とは対照的に、セブンは宇宙艦隊後は非常に異なるキャリアを選んだ。その代わり、セブンはイチェブと共に平和に生活を送ろうとしていた。イチェブはブルナリ種族で、U.S.S.ヴォイジャーによって解放されるまでボーグ集合体に同化されていた。

そして、イチェブの最終的な運命により、セブンは宇宙艦隊とはかなり異なる種類の平和維持軍で活動することになった: その謎の軍がフェンリス・レンジャーだ。

ヴォイジャーがデルタ宇宙域から戻った際、セブンによって育てられたイチェブは、宇宙艦隊アカデミーに入学し、U.S.S.コールマンで科学士官を務めた。セブンが友人のビジェイズル(Bjayzl)にイチェブの特質と居場所を明かした後、この女は、元ボーグドローンに対しフェンリス・レンジャーを装い、彼を待ち伏せし、ボーグが彼の体の中に残したサイバネティックス・インプラントを摘出した。セブンは彼を救助するには遅すぎ、致命傷を負って深い痛みを抱えていたイチェブは、彼女にこの悲惨さから解放するよう説得した。

宇宙艦隊と連邦がロミュランの難民の大規模な流入に直面し、孤立主義的な政策を取り、暴走したシンスによる火星への壊滅的な攻撃を持ち堪えた後、連邦の周辺は無法状態に陥った — 特にかつて彼らの故郷の破壊の前にロミュラン帝国に属していた領土は。宇宙艦隊の後退をきっかけに地域に秩序をもたらすために、神話上の北欧のオオカミにちなんで名付けられたフェンリス・レンジャーは、宇宙艦隊の明らかな不在で脆弱な平和を維持する一種の自警団として作られた。

セブン・オブ・ナインは最も有名なレンジャーの一人であり、他の解放されたボーグを食い物にする軍隊を追跡する一方で、キリス・セクターの防衛を支援している。レンジャーの業績には、難民支援の誓約を放棄した宇宙艦隊の後、惑星ヴァシュティ(Vashti)を含むロミュラン難民コロニーの自動化された惑星防衛システムの確立がある。ピカードとラ・シレーナの乗組員が、ヴァシュティを離れる際、ロミュランのバード・オブ・プレイを操縦する宇宙海賊に襲われた後、セブンはレンジャーの宇宙船を犠牲にして救助に来た。

セブンがビジェイズルに対して報復を達成し、イチェブの死に復讐することで、彼女はフェンリス・レンジャーの活動を続けるために戻ってくるかどうかはまだ不明だが、元ヴォイジャーの乗員は明らかに他に行く場所はない。そして、宇宙艦隊は、最高レベルで妥協し、銀河の最大の平和維持、外交力を担うという綱領を取り戻す兆候を見せていないため、フェンリス・レンジャーはこれまで以上に重要である。

イチェブの死は、ピカードの前に導入され、主にヴォイジャーの登場人物に近いスタートレックの主要なキャラクターの最初の逝去を意味する。新しいシリーズでセブン・オブ・ナインのより暗い、怒りの役割を設定して、イチェブの死はこれまでのシリーズのより感情をあらわにした瞬間の1つである。そして、セブンがピカードとラ・シレーナが前進するかどうか再会するかどうかは不明だが、フェンリス・レンジャーズはタイムリーな支援を提供することができ、引退した宇宙艦隊の提督が連邦の支援で彼の人生で初めて働いた。

水素-ホウ素リアクターが現在の核融合技術を飛躍させる

Slashdotより

ニューサウスウェールズ大学を由来とするスピンアウト企業のHB11エナジーは、水素-ホウ素核融合技術がすでに想定よりも10億倍も優れていると主張している。この発表に加えて、同社は、核融合エネルギー生成への独自のアプローチを保護するために日本、中国、米国での多くの特許も発表した。新しいAtlasが報じる:

ハインリッヒ・ホラ名誉教授による数十年にわたる研究の結果、HB11の核融合へのアプローチは、トリチウムのような希少で、放射性で、難燃性の燃料というだけでなく、信じられないほど高い温度からも解放される。代わりに、非常に特殊なレーザーを正確に適用して核融合反応を開始する豊富な水素とホウ素B-11を使用している。ここで、HB11がその一見シンプルなアプローチを次のように説明する。設計は、大部分が空の金属球で、適度なサイズのHB11燃料ペレットが中央に保持され、2つのレーザーの異なる側面に開口部がある。1つのレーザーがプラズマの閉じ込め磁場を確立し、2番目のレーザーが「なだれ」核融合連鎖反応を引き起こす。反応によって生成されたアルファ粒子は、熱交換器や蒸気タービン発電機を必要とせずに、既存の電力網にほぼ直接導くことができる電気の流れを作り出す。

HB11のマネージングディレクターであるウォーレン・マッケンジー博士は、電話で次のように説明する。「多くの核融合実験では、レーザーを使用して物を異常な温度まで加熱していますが、そうではありません。レーザーを使用して、非線形強制を使用してホウ素サンプルを介して水素を大幅に加速しています。水素をダーツとして使用しており、ホウ素に衝突することを望んでいると言えます。ホウ素に衝突すると、核融合反応を開始できます。それがそのエッセンスです。温度に対する科学的な正しい理解を得た場合、それは本質的に原子が動き回る速度です。温度を使用して融合を作成することは、本質的に原子をランダムに移動させることであり、それらが互いに衝突することを期待して、私たちのアプローチはより正確です。」彼は続けます。「水素/ホウ素の融合により、ヘリウム原子がいくつか生成されます。彼らは裸のヘリウムであり、電子を持っていないので、正電荷を持っています。その電荷を集めるだけです。基本的に、電子の不足は反応の産物であり、電流を直接生成します。」

レーザー自体は最先端の「チャープパルス増幅」技術に依存しており、その開発により、発明者は2018年のノーベル物理学賞を受賞しました。HB11は、どの高温核融合発電機よりもはるかに小型でシンプルであり、その発電機はコンパクトで清潔で、都市環境での構築に十分な安全性があると述べている。核廃棄物、過熱蒸気、メルトダウンの可能性はない。「これはできたてです」とホラ教授は語る。「10ペタワットのパワーレーザーパルス。数億度なしで融合条件を作り出すことが示されています。これは完全に新しい知識です。私はこれを40年以上にわたって達成する方法に取り組んできました。それはユニークな結果です。今、私たちは核融合の人々を納得させなければなりません——それは今日の1億度の熱平衡発電機よりもうまく機能します。状況全体に劇的な変化をもたらすために、すぐ手の届く所に新しい何かがあります。エネルギー源としての炭素の代替品。根本的な新しい状況と、エネルギーと気候への新しい希望です。」

Hacker News

2/22/2020

Inrupt、ティム・バーナーズ=リーのSolid、そして私

シュナイアーのブログより

何十年もの間、私は個人のプライバシーの重要性について話してきました。ほぼずっと、私はデジタル封建制のメタファーを使用して、大企業がデータの中心的なコントロール点になったことを説明してきました。そして、たぶん半年の間、私はモノのインターネットである世界規模のロボットについて、そしてデジタルセキュリティがどのように公共の安全の問題であるかについて話してきました。そしてごく最近は、私は技術者が公共政策に関与する必要がある方法について書いて話してきました。

これはすべて、ティム・バーナーズ=リーのSolidという分散データの所有権モデルを主流にするために取り組んでいるInruptという会社に私が加わったというくどい言い回しです。(私は基本的に、InruptをSolidのRed Hatとして考えています。) 私は昨年の夏にInruptチームのセキュリティアーキテクチャのチーフとして参加し、現在までステルスモードにあります。

Solidの背後にある考え方はシンプルであり、非常に強力です。データは、ユーザーが制御するポッドに保存されます。コンピューター、携帯電話、IoTなど、あなたのものによって生成されたデータがポッドに書き込まれます。そのポッドへのきめ細かいアクセスを、何らかの理由で必要な人に許可します。あなたのデータはもはやインターネット上の膨大な場所にありません。あなたのものです。 保険会社がフィットネスデータにアクセスできるようにする場合は、ポッドを介して許可します。友人に休暇の写真へのアクセスを許可したい場合は、ポッドを通じて許可します。サーモスタットでエアコンとデータを共有したい場合は、ポッドを介して両方にアクセスできるようにします。

これが完全に分散化されるのが理想です。全員のポッドは、所有するコンピューター上にあり、ネットワーク上で実行されます。しかし、それは実際の生活ではそうではないでしょう。理論的には独自のメールサーバーを実行できるが、実際にはそれをGoogleまたは他の人に外部委託するのと同じように、ポッドをそれらの同じセットの企業に外部委託する可能性があります。しかし、ポッドは家庭用ルーターの標準的な問題になるかも知れません。ポッドを何らかの会社に引き渡したとしても、ドメイン名をホストしたり、携帯電話番号を管理したりするようなものです。彼らがしていることを気に入らない場合は、携帯電話番号を取得して別の携帯電話会社に移動できるように、いつでもポッドを移動できます。これにより、ユーザーにより多くのパワーが与えられます。

これは、すべてがコンピューターであり、すべてがあなたに関するデータを生成している世界で、私は力のバランスを根本的に変えると信じています。IoT企業が個別のデータ共有契約を締結するか、すべての企業が同じ言語とプロトコルを使用します。Solidは、そのプロトコルになる可能性が非常に高いです。そして、このすべてを機能させるにはセキュリティが不可欠です。どのような種類の詳細なアクセス許可が必要か、および認証フローがどのように機能するかを把握しようとするだけで、気持ちに変化を来します。私たちは、ほとんどすべてのインターネットセキュリティプロトコルを限界まで拡張し、これを設定するだけではありません。

安全な技術インフラストラクチャの構築は、主にポリシーに関するものですが、物事を一方向または他方向にシフトできるテクノロジーの波もあります。Solidはそれらのテクノロジーの1つです。それは、インターネットを大企業や政府の過度に集中化された力から遠ざけ、より合理的な力の分配に向かっています。より大きな自由、より良いプライバシー、そしてすべての人のためのより多くの自由です。

私は、InruptのCEO、ジョン・ブルースと、以前の会社であるCounterpaneとResilientの両方で働いてきました。セキュリティ会社ではない新興企業で働くのは少し妙です。(セキュリティはSolidを機能させるために不可欠ですが、技術は基本的に機能性に関係しています。) また、ティム・バーナーズ=リーが考案し、陣頭指揮を執るプロジェクトに取り組んでいるのは少し夢のようです。しかし、現時点では、社会にとって重要なことだけに取り組むべきだと感じています。だからここにいます。

次に何が起こっても、それは本当に楽しい乗り心地になるでしょう。

Hacker News

「完璧」に生まれてこないクローンの子犬が大量に殺されている

Slashdotより。クローンビジネスの怖さ😠

匿名の読者が、今週注目を集めている数か月前のレポートを共有する。

多くのクローンは欠陥や遺伝的障害を抱えて生まれている。これらの欠陥は購入者が数万ドルを費やしているものではないため、結局廃棄される。それが価格である。クローン動物の新生児の合併症はたくさんある: 胎盤の不良と子宮内の胎児の発達は、早期および後期の中絶率の高さにつながっている。生まれると、最初の数週間は衰弱したままである。大規模な子孫症候群(通常は帝王切開になります)の発生率は高く、クローン羊や牛の肺炎や呼吸窮迫症は副腎と肺の機能が低いことを示している。

そして、クローン犬が苦しい状況を通り抜けたとしても、例えば、死亡したペットが目の上の斑点が無かっただけでも、安楽死を介した迅速な死に直面し、収穫する遺伝物質のもう1つの山となる。「ミスが多すぎて、死産、奇形、突然変異が多すぎる」と、モバイルサービスでペットのクローンを作成するための組織収集を提供しているカリフォルニア州グレンデールの獣医クリス・コーブルは警告する。業界に関与しているにもかかわらず、コーブルは自分のペットのクローンを作成しなかった。「私の愛する犬が3つ目または足なしで生まれたのを見るのは嫌なのです。モンスターを作成したような気がします。多くの失敗があり、それらは完璧ではないため殺されます。彼らは良い子犬を得るまで努力し続けます。消費者は、この手順が完全に完成されていないことを認識しなければなりません。」

2/21/2020

初期のインターネット活動家はそれを吹き飛ばしましたか?

Slateより

私は30年間無料のインターネットを求めて戦ってきました。ここが間違っていたと思うところです。

By Mike Godwin

この記事は、Future Tenseとアメリカ大学ワシントン・カレッジ・オブ・ローのテクノロジー・法律・セキュリティプログラムとのコラボレーションであるフリー・スピーチ・プロジェクトの一部であり、言論に対する私たちの考え方にテクノロジーがどのように影響を与えているかを調べるフリー・スピーチ・プロジェクトの一部です。

数週間前、私はウィキペディアについて私に尋ねたかったという著名なジャーナリストと一緒に昼食に行きました。私は、オンライン百科事典が成長と資金調達を本格的に始めて数年間、ウィキメディア財団の法律顧問を務めていました。ジャーナリストは、ウィキペディアが、インターネットの残りの部分(彼の見解では)が分裂的で腐食性の誤った情報で満たされている時に、如何に情報が豊富で有用であるかに興味がありました。表現の自由とインターネットへのより広いアクセスを保証するために、1990年代にサイバーリバタリアンが行った取り組みなしには、ウィキペディアは存在できないと私は言いました。

私は何度も聞いたことがありますが、ジャーナリストはもっと慎重な見方をしました。インターネットは、私たちが今住んでいる不幸な歴史の瞬間に私たちをもたらしました。社会を救う唯一の方法は、より厳しい法律と、法的および憲法上の保護を少なくする事を通じて、オンラインにより規律を課すことです

最近、このあまりにも自由な発言についてよく耳にしますが、馴染むことができません。30年間、私はサイバーリバタリアン、または私が好む用語であるインターネット弁護士でした。もちろん、著作権法、暗号化、ブロードバンドアクセス、デジタルプライバシー、データ保護などに取り組んできました。しかし、私のキャリアのルーツは常に市民の自由と刑法にありました。つまり、私は(主に)検閲と、インターネット上またはインターネット外でデジタルツールを使用して発言したり実行したりすることで(主に)法を遵守している人々を罰したい人々に対して反対の主張をしています。

しかし、政治家、活動家、ジャーナリストの友人のような人々から、1990年代のインターネット活動家がそれを吹き飛ばしたのではないかという意見が増えています。この話は、私たちがインターネットの言論の自由やデジタルプライバシーのようなものに焦点が絞られていたため、デジタルテクノロジー、それらを販売する企業、およびそれらを展開する政府によってもたらされる長期的な脅威の全体を見落としたというものです。この見方は、私の同僚と私が擁護したインターネットの自由が、代わりに民主主義を破壊し、人間関係を害することによって私たち全員を束縛したことを示唆しています。

最近になって、私の意見は進化しました。混乱を招く発話に対する耐性が常に最良の答えであるとは考えていませんが、今でも、通常はそれが最良の最初の応答であると考えています。また、あまりにも多くの自由に発言する人たちは、近視眼的であると思います。なぜなら、私たちは少なくとも、より干渉されない自由な発言者と自由な発言を必要とする時代に入ったからです。

最初の改正は18世紀に権利章典に盛り込まれましたが、アメリカの自由表現法について語るときに言及しているもののほとんどは、わずか1世紀前のものです。それでも、ニア対ミネソタ州事件 (1931)、ニューヨークタイムズ対サリバン事件 (1964)、およびブランデンバーグ対オハイオ州事件 (1969) のようなケースは、私にとって常に修正第1条としての基礎と思われてきました。そして、20世紀の最初の修正第1条の判例は、世界人権宣言(1948年)および市民的および政治的権利に関する国際規約(1976年)における国際的な表現の自由の原則の発展を知らせるのに役立ちました。

1980年代後半にロースクールを卒業したとき、私はそれらの判例を掘り下げた人たちが大好きでしたが、勉強から頻繁に休憩を取って、オンラインの初期のデジタルフォーラムに参加するために、ことも楽しみました——掲示板システムだけでなくUsenetなどのより大きな分散システムもあり、そこでは世界中の人々と話すことができました。ロースクールの最後の学期までに、刑法、表現の自由、デジタルテクノロジー、オンラインフォーラムへの関心が集中し、1990年に電子フロンティア財団の最初のスタッフ弁護士として採用されました。

EFFの初期の頃、情報自由(サイバー自由)を拡大する仕事の大部分は、法的および憲法上の問題を認識させるための作業でした。今日のEFFには、見事で多様なケースワークと公的擁護のポートフォリオがありますが、30年前、私たちは、意識の向上と概念実証に重点を置いた駆け出しの市民自由の新興企業でした。それらの初期の弁護士としての私の主な仕事は、ハッカー事件、電子メールプライバシー事件、および最も初期の名誉毀損およびわいせつ事件の処理について他の弁護士に助言することに集中していました。

Slateの2018年の記事で、April Glaserを含む一部のコメンテーターは、EFFの初期は不均衡な反政府と「不完全」であると解釈しました。なぜなら、この組織は、政府の決定に劣らず、企業の決定が 「正義、人権、創造性」を損なう可能性と頻繁に損なっているという事実に取り組めていないからです。しかし、初期のIBM-SearsプラットフォームProdigyから既存の電話会社に至るまで、表現の自由、プライバシー、そしてより大きなデジタル世界へのアクセスについての市民の合理的な期待に届かないため、私たちは多くの時間を民間企業を注意することに費やしました。

他の弁護士に助言したり、情報自由の問題について話したり書いたりすることに加えて、1990年代に自分で法律を実践しました。最も重要なことは、私はレノ対アメリカ自由人権協会事件 (1997)の共同弁護士でした。これは、裁判の勝利と最高裁判所への素早い控訴により急上昇した通信品位法に対する憲法上の挑戦です。最高裁は、インターネットの「わいせつ」ではあるがそれ以外の合法的なポルノを禁止することを目的としたCDAの大部分を無効にするために満場一致で票決しました。私たちの勝利は、法律のセクション230のみを残しました。これは、ユーザーが投稿した他のいかなるものに対しても責任を負うことなく、攻撃的、憂慮すべき、または加入者に反するコンテンツを削除するインターネット企業を支援するために設計されました。企業が何かを検閲することを恐れているかもしれないという考えは、そうすることで、彼らはすべてに対して責任を負うだろうということでした。しかし今、セクション230は、(議会の見解では) 企業の検閲が多すぎるか不十分であるため、一部の議員の照準線になっています。リノ事件は、新しいオンラインフォーラムの基本的な憲法および法定保護を確立し、1990年代後半に1、2年、市民の自由の仕事から引退すべきかどうか疑問に思ったほどの大規模かつカテゴリー的な方法で、私の仕事はほとんど終わっています。私は休みを取って、1998年にEFFの初期の頃からCDAの戦いまでの本を書きました(インターネット法はその当時急速に動いており、5年後に改訂版を発行しました)。

とはいえ、大きな論争が終わったと思うのは間違っていました。一つには、米国でのデジタル著作権、暗号化、監視、およびブロードバンドアクセスの構築に関する議論がますます激しくなっています。特に、1990年代に暗号化技術の普及を阻止できなかった後、911以降です。米国政府は、令状や召喚状に応じて、暗号化を破るまたは回避するようにハイテク企業を説得する方法を模索し始めました。この種の政府の要求は、米国だけでなく、過去数年で悪化しただけであり、ウィリアム・バー検事総長の反暗号スタイリングから判断すると、この傾向は今後も続くでしょう。

もう1つは、EFFと他のアメリカのサイバーリバタリアンが国際環境に十分な注意を払っていなかったことです。私たちは世界中のどこにでも参加できるほど大きくはなかったため、また米国はインターネットグラウンドゼロとして、他のほとんどの国よりも早く多くのサイバー自由問題に遭遇したため、この米国の焦点を合理化しました。しかし、1999年にEFFを離れて以来、憲法や法律は異なるかもしれませんが、検閲、プライバシー、および人間の自主性に関する問題が私たちのものと著しく類似している20以上の国で活動家と仕事をしています。

さらに、元の大きなインターネットポリシーの議論は消えることはなく、実際にはそれほど縮小しませんでした——映画業界が事実上、DVDコピー防止をバイパスする方法を説明したソースコードを公開したプログラマに対する民事および刑事事件を推進したとき、それらは新しい形と新しい場所で生まれ変わりました。(ソースコードの公開自体が犯罪である可能性があるという考えは、EFFが設立された1990年のハッカー事件の一部を支えています。)

私たちが明らかに間違えたもう1つのことは、大規模なプラットフォームが市場を支配するようになったことです。以前の世代の電話会社が受けた政府との特注の規制独占パートナーシップを受け取ったことはありません。今日の民主主義のほとんどでは、Googleが検索を支配し、Facebookがソーシャルメディアを支配しています。それほど民主的ではない国では、中国のバイドゥウェイボー、ロシアのVKなどの同等のプラットフォームがそれぞれの市場を支配していますが、関連する政府との関係はより親密であるため、市場支配的な地位は驚くことではありません。

私たちはこれらの独占と市場支配的なプレーヤーが来ることを目にすることはありませんでしたが、そうなりました。1990年代に、私たちは1000のウェブサイトの花が咲き、一つの会社が支配することはないと考えました。特に、ソーシャルメディアと検索エンジンが小規模なコミュニティを含む大規模なエコシステムを構築できるため、私たちはよく知っています——Facebookのグループは最も顕著な例です。市場を支配するプレイヤーは、おなかがすいているという誘惑に直面します。競争力のある新興企業や「ロングテール」サービスはそうではありません。そして、1990年代には、私たちはこの種の統合を予想し、公共政策の問題としてどのように対応するかを考えていれば、より良い結果を得ていたでしょう —— 独占、不公平な競争、市場の集中についての懸念はほとんどの先進国では古いものです——しかし、この懸念に対処する反トラストやその他の市場規制のアプローチに対する賛成または反対の反省はありません。救済策は、解決する以上の問題を引き起こすことはありません。

新しくてより厄介なのは、表現の自由の保護が半世紀以上にわたって成長してきた後、過度に言論の自由が多すぎるという考えが復活したことです。ここで詳細に分析することがたくさんあります。1990年代、社会的保守派は、特に性的コンテンツの検閲をさらに求めました。当時の進歩的な活動家は、一般的にあまり望みませんでした。今日、革新派は頻繁に、ソーシャルメディアプラットフォームは下品で攻撃的で有害なスピーチに寛容すぎると主張しますが、保守派は一般的にプラットフォームが過度に検閲する(または少なくともそれらを検閲し過ぎる)と主張します。

両者は明らかな点を見逃しています。ハイテク企業によるトップダウンの検閲が必要であると考える人は、検閲の努力が失敗すると、企業がコンテンツポリシーを実施するのに十分な努力をしていないことを想像します。しかし現実には、Facebookがどれだけのお金と人力(および完璧に満たない「人工知能」)でも、Facebookがそのサービス上の憎悪または違法なコンテンツをキュレートし、Facebookの意図がどれほど善意であっても、ユーザーベース 30億人に向けてエッジングすると、毎年数十万、おそらくは数百万の誤検知が発生します。

一方、コンテンツを検閲する企業の能力を制限したい人は、彼らの要求の結果について十分な考えを与えていません。例えば、FacebookやTwitterがテッド・クルーズ上院議員が「中立的な公開フォーラム」と呼ぶものになった場合、大規模な8chanになります。だからといって、誰もがソーシャルメディアを幸せにすることはないでしょう。

さらに、左と右の両方で、セクション230の保護を弱める(または完全に削除する)と、技術プラットフォームが何らかの合理的なバランスになると主張します。これらの改革派は、エリック・ゴールドマン法学教授が「適度なジレンマ」と呼んでいることに十分な注意を払っていません。また、コンピューター&コミュニケーション産業協会の新たに任命されたMatt Schruersによるこの2019年の記事のように、「モデレーターのジレンマ」と呼ばれることもあります。そこでは、反対のインセンティブが、視点の多様性の抑制または「話題から外れたコンテンツ、トローリング、虐待に悩まされている」ウェブサイトにつながります。

セクション230を安全に保つ必要がある理由——1990年代にチャンピオンになる先見性がなかった理由——の一つは、偽情報と戦うことが重要だからです。これにより、インターネットプラットフォームは、必ずしも責任を増やさずにコンテンツをキュレートできます。同僚のRenee DiRestaと私は、過去1〜2年で、ハイテク企業が政府と提携できるように力を入れていると主張しています。そして、偽情報との戦いにおける複数の利害関係者の努力は、単に優れたサイバーセキュリティとして適切に特徴付けられます。マイクロターゲティングや人口統計プロファイリングなどの戦術が、政治キャンペーンや外国政府で使用されているかどうかにかかわらず、一部の批評家が恐れるほど人を操作するのに効果的であるかどうかについては懐疑的です。しかし、法律およびポリシーツールを使用して悪意のあるアクターがこれらのツールを使用しようとするのを阻止することには何の問題もありません。

私は、社会は意図的に有害な発言を制限するために合理的な手段を講じるべきだと信じるようになりました。しかし、私は、自分自身、1990年代に私が一般的に支持していたものよりも、言論の自由に関するより多くの道具主義者のビジョンをますます広く受け入れるようになりました。当時、私たちは民主的な信念において、先行きを不安にさせる反対意見に耐えるのに十分に強くなければならないので、私は寛容と多元主義を奨励することにはるかに焦点を当てていました。私は今でも信じていますが、ここ2020年には、気候変動から所得の不平等、ポピュリストの外国人嫌いの再燃(無関係とは言えない)、さらにはジェノサイドの動きに至るまで、今世紀の世界中で直面する課題に悩まされています。

自由に表現できるインターネットフォーラムは、実際の暴力を助長していると言われています。しかし、戦争、暴力、自己破壊に対する人類の能力はソーシャルメディアよりも前であり、今日のインターネットプラットフォームは、多くの場合、以前なら政府や閉鎖社会がうまく良く隠すことができた犯罪の証拠(例えば、ロヒンギャに対するミャンマーの迫害、またはウイグルに対する中国の弾圧)を目にする最初のチャネルです。しかし、もっと重要なことは、今世紀に直面する問題には、指導者や政策立案者、ジャーナリスト、思想指導者だけでなく、全員の注意と貢献が必要になるという事実です。彼らは私たちが愛する人と嫌いな人、あなたと私からの助けを必要とします。

それがウィキメディア財団で私が学んだ最大のことです。普通の人々が一緒になってウィキペディアのような人類に利益をもたらす共通のプロジェクトに取り組む力を与えられると、予想外に素晴らしい前向きなことが起こります。ウィキペディアは、私のジャーナリストの友人がそう考える例外ではありません。代わりに、インターネットで解放された普通の人々が作成できる優れた作品の可能性です。私は主に、インターネットによって促進される表現の自由と多様な声の爆発は、単に私たちが忠実に負わなければならない重責であるとはもはや主張しません。今、私は30年前にやった以上に、それが解決策だと主張します。

Slashdot

2/19/2020

10倍プログラマーの神話の神話

payne.org/blogより

DECでの最初の仕事の1つは、Alpha(コード名EVAX)プロセッサ用の「設計検証テスト」を書くことでした。これらのテストは、正しいCPU動作をテストするアセンブリ言語プログラムであり、管理者は6〜8週間の予算をかけて、特に複雑なテストセットを開発していました。私は、一連のテストを自動的に生成するCプログラムを作成して、3日で開発しました。

私は、その話を自慢するのではなく、「10倍開発者」について話します。全くコードを書かないとしても、他のプログラマーの10倍の生産性があるプログラマがいるという考えを聞いたことがあるでしょう。元の概念は、フレッド・ブルックスによる「人月の神話」に由来するものであり、それ以来、このトピックは熱く議論されてきました。

時折、学者たちは、最近次のように指摘したCMU Software Engineering Instituteの研究者を含む、データを使って議論に参加します。

[...]一部のプログラマーは他のプログラマーよりも優れているか速いが、この[10x]の違いの規模と有用性は非常に誇張されている。経験だけが明らかに重要だが、その価値は限られている。
https://insights.sei.cmu.edu/sei_blog/2020/01/programmer-moneyball-challenging-the-myth-of-individual-programmer-productivity.htm
彼らの研究では、10のプログラミング割り当ての「成果」(完了までの時間)、コード行、および欠陥数を測定しました。
[...]各ソリューションには、単純な入力、出力、モジュール化、および制御ループロジックの使用が含まれていた。それぞれは、実装に2時間以上かかる1つまたは2つの小さなアジャイルユーザーストーリーのサイズであった。学生は、計画、設計、コーディング、テスト、パーソナルレビューなど、必要なすべてのテストに合格したソリューションを完了するために必要な主要な活動について時間を記録した。

私の逸話的な経験は、この研究と一致しています。明確に定義されたプログラミングの問題を解決するのに、同業者よりも10倍速い人はいません。

しかし、このデータは議論が続く理由を浮き彫りにします。生産性の高い開発者(10倍またはそれ以外)は、はるかに高いレベルで問題を解決しています。狭いテストでは彼らの生産性は明らかにはなりません。ワールドクラスのラグビー選手の全体的なスキルは、100mのダッシュをどれだけ速く走れるかから明らかです。

最も生産性の高い開発者は大きな問題を解決しており、基本的な設計、アーキテクチャ、および「既存のライブラリを構築するか使用するか」の決定に判断力と経験をもたらしています。彼らは、プロジェクトの存続期間を通して配当を支払う重要な抽象化を設計しています。Infocomは仮想マシンを使用してテキストアドベンチャーゲームを初期の様々なPCプラットフォームに移植するなど、CS教科書にはない大規模なショートカットを見つけています。(または、CPUテストを作成するコードを作成します)。

世界トップクラスのアスリート、ミュージシャン、作家などの10倍開発者は、絶対に存在すると思います。コーディングテストでそれらを見つけることはできません。

Hacker News

未完成のインターネットの副作用

Neil Patilのブログより

思考実験をしてみよう。過去に遡り、1990年の誰かを見つける。今のインターネットについて、インスタントメッセージ、メール、ブログ、Amazon、ウィキペディアなど、すべてを伝えよう。いかにして誰もがスマートフォンをポケットに入れてか。いかにして誰もが誰とでも話し、何でも調べることができるかを。次に、そのような技術が社会にどのような影響を与えると期待しするかを彼らに尋ねてみよう。彼らは何を予測するだろうか?

彼らは新しいものの爆発を予測するかも知れない。彼らは、誰もが情報に即座にアクセスできるようになると、一般的な知識が10倍になると言うかも知れない。誰とでもすぐにコミュニケーションをとることができると、驚くほど効率を高めることができるだろうと言うかも知れない。彼らは、存在する他のすべての公的機関とネットワーク化されることで、理論的には新しいアイデアを増やし、新しい平和と理解の時代の到来を告げると考えるかも知れない。そして、これらすべての結果が新しいビジネスとテクノロジーの驚くべき余剰になること、そして生産性と進歩がコンピューティングだけでなくすべての分野でさらに指数関数的な速度で成長すると予測するかも知れない。それが、ティム・バーナーズ=リーのような楽観的なインターネットのパイオニアたちが思い描いたものだ。

しかし、それこそ結局は物事がどうなったかということではない。それは、インターネットが役に立たなかったということではない。インターネットは、結果として生活の質を非常に向上させた。車やホテルをすぐに予約できるのは素晴らしいことだ。欠陥があるものの、Twitterは魔法のようなものになることができる。どこでも、あらゆる一般知識にアクセスできるのは驚くべきことだ。しかし、インターネットは多くの改善をもたらしたが、必ずしも物質世界の進歩の爆発を引き起こしたわけではない

例えば、インターネットはもっとビジネスを始めやすくするべきだった。しかし、新しいスタートアップの数はインターネット以前に減少しており、その後も減少している。統計では、GDPの成長生産性の成長は、インターネット以前とほぼ同じだ。統計では、インターネットのために進歩が超指数関数的にならないかも知れない1

これは完全に公正な見解ではないかも知れない。インターネットは、あらゆる進歩の原因である可能性がある。おそらくインターネットがなければ、スタートアップの数はさらに減り、GDPの成長と労働生産性は停滞していただろう。インターネットは、車、電化、およびコンピューターが数十年前の進歩の原因であったように、進歩の原因となった最新の発明に過ぎなかったのかも知れない。スコット・アレクサンダーは、関連する考えを説明する

そうは言っても、それは完全に満足のいく答えにはならない。確かにインターネットやスマートフォンのように変革的なもの、つまり文字通り誰とでも話し、何でも学ぶ能力は、新しいアイデアと生産的なビジネスの数を劇的に増加させるだろう。そして、定量的に、GDP成長率を約2.5%に固定し、生産性を約3%に固定しなければならない理由は何だろうか?

私は、インターネットはそれが想定したことを今でもできると主張しており、長期的にはそうなるだろう2。しかし、スマートフォン、ソーシャルメディア、およびアグリゲーターを介して明らかになったインターネットの現在の使用方法は完全ではなく、インターネットを理想的な可能性に向けて改善する必要があると考えている。

はっきり言おう。インターネットには多くのプラスの効果がある。しかし、現在のデザインでは、いくつかの副作用があると思う——それは、有意義に使用することをはるかに困難にする副作用だ。それらを回避することは可能だが、一番下の平均的なユーザーにとっては本当に非常に困難であり、上位の未実現の可能性につながる。

ここで説明する副作用は、特にクリエーターに関連している。つまり、新しいアイデアについて考え、新しいものを構築することに最も取り組む人々である。最も明らかな支持者は、インターネットに強く依存している人々である——プログラマや創造的なアーティストが思い浮かぶ——しかし、効果は一般にインターネットを使用するすべての人にも及ぶ。

意味のある創造はいくつかの要素の影響を受ける。これらは(とりわけ)

  1. 休憩時間: さまよい、振り返り、新しいアイデアを思い付く時間

  2. 集中: ひとつのアイデアまたはタスクに長期間集中できる能力

  3. モチベーション: 機会費用を気にせずに、新しいが不確実な仕事に仕事を入れたいという欲求

  4. コミュニティ: 新しい一連の視点やアイデアに出会うことを促進し、質の低いアイデアを抑制しながら、質の高い思慮深いアイデアを広める環境

私は、インターネットがこれらのすべてに正味のマイナスの影響を与え、インターネットを本来あるべきツールに向けて動かすために不可欠なことを打ち消していると主張する。

さぁ、始めよう。

休憩時間

知的な仕事で休憩を取ることは、創造性に役立つ。新しいアイデアを思い付くには休憩時間が必要だからだ——約束や気を散らすものから離れて思考をさまようためだ。刺激から離れると、無意識のうちに新しいアイデアを振り返り、過去を分析し、未来について考えることができる。それが、私たちの最も興味深いアイデアのいくつかが、シャワーを浴びているとき、または寝る直前に思い付く理由である。

休憩時間は非常に有用であるため、多くの創造的な人々はそれを最大化するためにルーチンをスケジュール化している。ベンジャミン・フランクリンは、クリエイティブな仕事に集中できるように日々をシンプルにするのが好んだ。また、チャールズ・ダーウィンは毎日のルーチンのために約束を避けることも好んだ。ポール・グレアムは、スタートアップのアイデアに関しては、同様のプロセスを間接的に主張している。

残念ながら、インターネット関連の製品(サービス)により、この種の休憩時間の発生頻度は低くなった。彼らは、通常退屈に至るであろう時間をわずかに食い尽くすことでそうした——私たちが通常私たちの心をさまようことを余儀なくされるであろう時間をだ。

私たちの多くは、トイレに行くときはFacebookをチェックするために携帯電話を取り出し、長い散歩に行くときはポッドキャストを呼び出す。歴史的には、レストランや通勤中の地下鉄で並んで仕事をするのは考える時間だったが、今では時間つぶしになっている。意識的に自由時間を確保しようとしてもできない——電子メールとSlackが、家に帰った後も私たちを仕事につながり続ける。

その結果、多くの人が最後に退屈した時を思い出せなくなる。子供の頃、本当に退屈している気持ちを覚えているが、今ではめったに起こらない。常に何か新しいことに注意を向けることができるからだ。

これはすべて悪いわけではない。空いた時間はしばしば非生産的である。しかし、これらの小さな退屈——ここで5分、そこで10分——は、新しいアイデアや斬新な信念に役立つかもしれない。シャワーを浴びたり、いくつかの些細な仕事をしたりして、あなたの最も興味深い考えをいくつ持っているか? それらを見逃すと、質の高い思考の余地が少なくなる可能性がある。

自由時間は、過去を理解し、そこから学び、未来がどうあるべきかを考えることを可能にする。残念なことに、時間に敏感なニュースやソーシャルメディアは、現在の状況に追いついて、終わりのない現在に私たちを永久に留めている。絶えず気晴らしに追い払われている——その多くは私たちの生活に直接影響を与えないものだ——この休憩時間を見つけるのは難しい。通常は考えられないような思考や、通常は起こらない行動を可能にする退屈さを見つけるのは困難である。つまり、面白いアートが減り、新しいビジネスの減少、または質の高いアイデアの頻度の低下を意味する場合がある。

集中

難しいことはすべて、集中が必要だ。特に、価値が高く、仕事を再現するのは困難である——「深い仕事 (deep work)」と呼ばれるものは、気を散らさず、集中力が必要である。これは、電子メールの確認、通知への応答、Twitterへの投稿などの「浅い仕事(shallower work)」とは対照的である。

私たちのほとんど全員は、インターネットが深い仕事をすることを難しくしていることをある程度認識している。一定のSlack通知は、連続した集中には適していない。電子メールの弾幕に対応することは生産的だと感じるが、より集中的な作業を行うことはなくなる。そして、誰もがFacebookをチェックしたり、YouTubeに行きたい衝動を感じている。

しかし、私の主張は、インターネットが混乱しているということだけではない。それは明らかで、誰もがインターネットを使用して先延ばしにする。そして気晴らしは長い間存在していた。インターネットの前はテレビだった。

むしろ、インターネットの設計は、特に勤務時間外であっても、深い仕事をするのを難しくするのにつながる。具体的には、誰からも聞くことができ、すぐに興味深いものを閲覧できるということは比較的新しい現象であり、集中力に悪影響を与える可能性がある。フィードを絶えずスクロールしたり、リンクをクリックしたりすることで生じるドーパミンのわずかなヒットは、注意の持続時間を短くしたり、トピックを深く掘り下げる能力に深刻な影響を与えている可能性がある。インターネットは私たちの考え方を変えている。

ついでながら言うと、私はそれが私の注意力を浸食したと感じている。この段落を書いているときでさえ、私は自分の携帯電話をチェックし、YouTubeに行き、歩き回り、何か——何でも見つけたいという衝動と戦わなければならない。コンピュータを使用しているときにこれを書くのが難しくなるだけでなく、コンピュータから降りた後もその衝動は残る。それは、長めの本を読んだり、映画を見たり、集中した会話をするときにも存在する。

いつもこうではなかった。それは、私がインターネットを大いに使い始めてスマートフォンを手に入れたときと一致した。これは私にとっては個人の話に基づいたものかもしれないが、他のインターネットユーザーと同様、私が話をしたすべての人もそれに気付いた

これらの影響は軽微である可能性がある——生命を脅かすものではない——しかし、誰もがそれらに苦しんでいるときの累積的な影響は何なのだろうか。私たちはすでにそれらを見ているかもしれない: 急激な、急速に増加しているニュースサイクルは、私たちの世間の注目の幅の減少に対する直接的な反応のようだ。これが将来を改善する長期的なものを作るために集中しなければならない人々、すなわちクリエイターに与える影響を心配している

モチベーション

新しいものを作成することは難しく、危険である。多くの場合、頭を下に置き、外の世界を無視し、報われないかもしれないものを前進させるために長時間を必要とする。確立された科学分野に有意義に貢献するには、何十年もの教育と実践を、しばしば不明瞭なものに投資する必要がある。影響力のあるアーティストや起業家になるには、支払いの前に誰も尊重しないものに何年も懸命に取り組む必要がある。ほとんどのスタートアップは、その時点では名声や人気があるとは考えられないアイデアとして始まる。

あいまいなことを追求するために10年間頭を下に置くことは、いつでも難しい決断である。しかし、外の世界を無視するのは難しいので、今その選択をするのは難しいかもしれない。

インターネットの接続性が向上するということは、代わりに行うことができる他のすべてのことをより意識していることを意味する。ソーシャルメディアは、付随するマイナス面に言及することなく、すべての友人のハイライトリールを提供する。逃すことへの恐怖の増大は、誰かが私たちが諦めなければならないことをしているのを見たとき、私たちはより明白にひどく気分が悪いと感じることを意味している。すべてのInstagramの投稿、すべてのLinkedInの更新、およびFacebookの友人のハイライトリールからの投稿は、逃した別の機会になる。そのため、あいまいでリスクのある小さなプロジェクトのモチベーションを保つのが難しくなる。成長が止まっているように見える間、友人が絶えず上昇しているのを見ていたら、過去の天才のうち何人が苦しい時に思いとどまらせただろうか?

インターネットは模倣の欲求を誇張する。友人とのつながりが良くなった。つまり、彼らが何をしているのかをより多く見ることができる——彼らは同じ仕事に就き、同じ趣味を追求し、社会的に有効で受け入れられる同じことを追求している3。これは、型破りで不確実な経路をとることを少なくすることを意味する可能性がある——現在の従来型の境界を押し上げる可能性が最も高い経路である。

コミュニティ

20年前まで、私たちが出会った人は地理に大きく依存していた。私たちは一般的に、街の通り内の隣人とのコミュニケーションに限定されていた。そして、私たちは一生のうちに数回しか引っ越さなかったかもしれないので、それは私たちが会うだろう人のはるかに狭い範囲を意味した。

インターネットは、誰でも、どこでも接続できるようにすることで、その障壁を取り除いた。コインの片側では、それは露出されるべき視点やアイデアのはるかに多様性を意味する。それは素晴らしいことであり、社会の進歩を推進する上で大きな役割を果たす。同性愛者の権利とアラブの春の急速な加速は、インターネットなしでは不可能だったかもしれない。

しかし、アイデアの多様性、すべての人に届けることから生まれた膨大なコンテンツは、すぐに過剰な量になった。非常に多くのコンテンツ、非常に多くのストーリー、アイデア、投稿、人々、さまざまな品質の視点で、その一部を除外する必要が生じた。インターネット製品はキュレーションで応答した——推奨アルゴリズムとニュースフィードを通して私たちが見ているものをフィルタリングする。最初は善意があったかもしれないが、エコーチェンバーや偏光推奨システムなどにもつながり、そもそも接続性を非常に大きくしたものの多くを軽減した。明確に求められない限り、斬新なアイデアや異なる視点に触れることは難しく、容易ではない。今、私たちの地域社会の外で新しいアイデアに出くわす代わりに、インターネットは私たちの地域社会の多様性を飛び越えて、すでに私たちのような人々と直接つながる。

最高のアイデアは様々な視点の人々が混ざり合って生まれるが、インターネット上の最大のプラットフォーム(ソーシャルメディア、ニュース)の多くは、このモデルに到達することをより困難にする。似たような1,000人の人よりも10人の興味深く異なる人と一緒に多くの時間を過ごすほうがおそらく良いかもしれないが、現在のプラットフォームでは前者に向かっている。それは、Facebookの壁のような大きな公共空間で、私たちの会話が個人的感情を交えず行われることを意味する。

社会的判断の増加は、個性の快適さの低下を意味する場合もある。過去に、あなたが外に出て、5年間何かおかしなことをしたとしたら、誰も分からない。しかし今、あなたの人生の更新はしばしば公開されている。この社会的証拠の効果は、キュレーション(Facebookの好きなもの、Instagramのストーリー、特定の物語を強調するニュース)と相まって、より集合的なマインドセットを意味する可能性があり、斬新なものには向いていない。

反論

上記で述べたすべての声明には、正反対を主張することができる有効な議論がある。インターネットは、集中する能力を損なう代わりに、それを支援するための豊富な長文コンテンツと生産性ツールを私たちに与えたと主張することができる。慣習にとらわれない道やアイデアから人々を引き離す代わりに、人々は彼らを地元のサークルの外の人々にさらすことで彼らを追いかけやすくした。

これは本当である。正と負の効果の両方について、両方の議論が真実である可能性がある。これは、インターネットの効果が全員に等しく適用されるわけではないためだ。それを正しく使用することにつまずいた人々にとって——注目を集めるブラックホール、ソーシャル検証、Twitter戦争に巻き込まれないようにする方法を知っている人——、インターネットはおそらく新しいアイデア、生産性、および一般的な幸福への劇的な後押しとなっている。しかし、インターネット製品の現在の兆候は——スマートフォン、頻繁な通知、ニュースフィード、推奨エンジン、ダークパターン——、デフォルトではそのような使用パターンに向けられていないため、多くの、おそらく大多数のインターネットユーザがその経験を持っていないと思う。インターネットの悪影響を避けるために、インターネットは非常に思慮深く意図的に使用する必要がある。難しい。

また、この種のマイナスの副作用はインターネットに固有のものではないと主張することもできる。結局のところ、テレビにも同じ問題がある。それは私たちの注意をそらし、集中するのを難しくし、主流のアイデアとコミュニティを紹介するだけだ。

これも事実だが、私は2つのことを示す。第一に、インターネットの欠陥は、アクセスしやすいため特に影響が大きくなる。私たちのテレビとは異なり、私たちはそれぞれポケットにスマートフォンを持ち、いつでもアクセスできる。これにより、これらの効果がはるかに広まる。そして第二に、この技術の基本的なデザインにより、テレビに対するこうした種類の効果に対処することが難しくなる。ただし、一方で、これらの副作用に対抗するためにインターネットを変更することは依然として可能である。

変化

これらの副作用を引き起こすようにインターネットの設計が進化した理由は別のテーマである。これは、インターネットの発展の歴史と密接に結びついている可能性がある。これは、新興テクノロジー、ベンチャーキャピタルの資金調達、急速な成長と製品の反復の組み合わせであり、最終的な結果について考える時間はない。

しかし、私たちにできることは、どうすれば物事を変えることができるかを推測することだ。インターネットをすべての人にとってより良いツールにするためにできることは、ほぼ間違いない。そして、これはクリエイターにとってだけではない。おそらく私たちの全体的な福祉・福利にも良いだろう。

例えば、考え抜かれたインターネットの使い方を人々に教えることに投資することができる。現在、私たちがインターネットをどのように使用するかは、偶然どのようにインターネットにつまずくかによって決まる。Facebookでのおすすめの友人やTikTokの広告などである。これはユーザーベースを急速に成長させるのに適していないが、インターネットとの有意義なやり取り、つまり休憩時間、集中、ポジティブなコミュニティを可能にするやり取りに人々を導く最良の方法ではないかもしれない。より明確に人々を導くことができるかもしれない。結局のところ、人々が栄養や薬物について学ぶことで道に迷うことは許されない。なぜインターネットは違うのか? 小学校では、良い栄養の重要性と喫煙のリスクについて教えられたことを覚えている。おそらく、将来の教室でも、インターネットの健全な使用法をより明確に教えることができるだろう。栄養と喫煙が教育を通じて対処しなければならない初期の世代の問題であったように、インターネットの使用を学ぶことは私たちの挑戦かもしれない。

ここには有意義なスタートアップが存在するかもしれない。人々がインターネットをよりよく利用し、彼らにとって重要なコミュニティを見つけるのを支援することに焦点を当てたスタートアップである。困難な部分は、「より良い」を定量化する方法である。そのサービスがうまく機能しているかどうかをどのように測定するか? 明らかに、使用時間やその他の一般的なインターネット指標などとは相関しない。

また、インターネットプラットフォームを調整して、社会的検証を重視しないようにすることもできる。トンネルで「ハイライトリール」の結果を披露する代わりに、小さな建設的なステップ——毎日、非常に短期間で改善を促す——を促進できる型破りな経路で他の人と人をよりよくつなぐ方法があるかもしれない。そうすることで、私たちは、何年もの間、到達不可能な目標ではなく、数日または数週間の実行可能な目標について他者を刺激するコミュニティを構築することができた。

公共コミュニティではなく、民間コミュニティへの移行を再強調することも、良い第一歩である。意味のある会話は、小さなポケットに多く存在するようである——それは、人々が疑問や論争を呼ぶかもしれないことを言って快適に感じるポケットだ。既存のプラットフォームはこれを実現しているようだ: Facebookはプラットフォームの将来はプライベートコミュニティに向けられていると考えており、Snapchatはこれを最初に実現したため成功したのかもしれない。

インターネットの通信帯域幅を増やすこと、言い換えれば、実際の生活での通信のようにすることも役立つ。VRによって可能になったスペースがあれば、完全な会話など、他の人とより有意義な関わりを持つことができるだろう。これは、過去10年間で非常に人気があった低帯域幅で高刺激のネットワークよりも、通信やアイデアに優れている可能性がある。

物事のより過激な面では、インターネットが私たちの注意と焦点にこれらの影響を与えないように、インターネットがどのように機能するかを根本的に再設計できるかもしれない。多分それはハイパーリンクを取り除く抽象レイヤーかもしれない: 一貫性のないリンクをクリックしてジャンプする代わりに、仮想環境で空間的に動き回って新しいサイトを探索する。これは現実の世界での探索に似ている。あるいは、興味深いがばらばらの情報のニュースフィードを作成する代わりに、会話やドキュメンタリーに似た、より長い形式で焦点を絞った方法で情報を提示する、よりスマートなシステムを構築できる。それは私たちの注意を断片化するのにあまり効果がないかもしれない。

これらのアイデアはまったく機能しない場合がある。たとえそれができたとしても、その効果を定量化することは難しいだろう。しかし、インターネットの作成者およびユーザーとして、これまでに構築したものの副作用にどのように対処できるかを考えることができる。それは信じられないほどエキサイティングな機会である。それは、インターネットを、それが想定されていた驚くべき進歩のツールになるように動かす機会である。


  1. これは、ピーター・ティールタイラー・コーエンのような人々のお気に入りのパラドックスだ。彼らは、技術の進歩がスピードアップしないだけではない、と主張している。しかし、実際には遅くなっている。理由は様々だ——技術的な成果や生産性の向上をすべて食い尽くしたと言う人もいる。他の人は、グローバル化、企業の過剰規制、後期資本主義による労働者の体系的な搾取、利益の断片化に過度に重点を置いていると言う。

  2. ティム・バーナーズ=リーが言うように、「(ウェブの)未来は過去よりもずっと大きい」。

  3. 多くのビジネス卒業生がコンサルティングに参加したり、多くのソフトウェア卒業生が大規模なハイテク企業で働いているのはそのためかも知れない。インターネットはこれらのフィードバックループを誇張している。

この草案を読んでくれたEhsan Asdarに感謝する。

Hacker News

2/18/2020

Feature Factoryで仕事している12の兆候

@johncutlefishのブログより

(注: これは2016年に書かれました。私は最近(2019年後半に)、その時から私が学んだいくつかのことについての投稿を書きました。)

過去2年間に行われた2回の会議で*Feature Factory*という用語を使用しました。ソフトウェア開発者の友人が「ただ工場に座って、機能を開発し、それらをラインに送っている」と不満を言ったとき、私はこの用語を使い始めました。

Feature Factoryで働いているかどうかはどうやって分かりますか?

  1. 査定(評価)しない。チームは仕事の影響を査定しません。または、査定が発生した場合は、製品管理チームによって個別に行われ、選択的に共有されます。あなたの仕事がうまくいったかどうかは分かりません
  2. チームとプロジェクトの迅速なシャッフル(別名チームのテトリス)。魅力的なミッションやイニシアチブの代わりに、チームは機能とプロジェクトの割り当てを扱います。慢性的なマルチタスク処理と過剰利用
  3. 影響についてほとんど議論することのない「出荷」に基づくサクセスシアター。組織が祝うものによって、組織について多くを伝えることができます
  4. まれな(認識された)障害および取り止めた仕事。削除された機能はありません。成功の主な尺度は、成果ではなく機能を提供することです。データと学習の観点から、作業が廃棄されることはほとんどありません。多くの場合、チームには失敗を認めるのに必要な安全性が欠けています
  5. コアメトリクスへの結び付きがない。希望する顧客とビジネスの成果に関する頻繁な議論。チームは、主要ビジネスおよび顧客満足度の指標に仕事を結び付けることはできません。繰り返しを「最も重要なもの」に結び付けることはできません
  6. PMの遡及がない。製品マネージャーは、製品の意思決定の品質に関する定期的な遡及を行わず、予想される利益と実際の利益を比較しません。開発者には「合格したテスト」がありますが、製品マネージャーにはありません。製品管理者は、速度とアウトプットを主要なパフォーマンスインジケータと見なします
  7. 優先順位付けに夢中。優先順位の厳密性(作業内容の決定)と検証の厳密性(実際に作業するのが正しいかどうかの決定)の不一致。優先順位の厳格さは、人々が「自信を持っている」と感じるように、内部のアジェンダを抑えるためにのみ設計されています。多くの仕事がどのアイデアに取り組むべきかを決定することになり、データに基づく調整と即興の余地はほとんど残されていません。ロードマップは、焦点の範囲や結果ではなく、機能のリストを示します
  8. 微調整なし。仕事が「完了」すると、チームは次の「プロジェクト」にすぐに移動し、定性的および定量的なデータに基づいて反復する時間を残しません。
  9. 引き継ぎの文化。アイテムが「エンジニアリングの準備ができている」ように、「作業に先行する」ためのフロントロードプロセス。チームは、研究、問題の調査、または実験と検証に直接関与しません。製品が出荷されると、チームはサポート、顧客の成功、販売とほとんど接触しなくなります
  10. 大規模なバッチ。実験することなく、機能は段階的に提供されるのではなく、単一の大きなバッチで提供されます。あなたはまだ全力疾走で作業しているかもしれませんが(はい、私たちは「アジャイル」です)、各スプリントの終わりには、顧客にリーチする新しいものは何もありません
  11. 先行収益の追求。新しい取引を成立させるための機能が実装されています。本質的に間違っているわけではありませんが、経済的な正当性はしばしば薄っぺらで(せいぜい)、製品の複雑さの非線形増加を説明できません(四半期を作りますが、後で何度も支払います)。繰り返しになりますが、これは、機能が価値測定の単位であるという考えを補強しています。製品の決定には、健全な経済的根拠がありません
  12. 光り輝く新たな流行。リファクタリング作業と負債の整理のための低い可視性。全体的な価値提供機能の可視性が低い。前述のように、成功の主な尺度は新機能のアウトプットです。光り輝く新たな流行とは対照的に、製品全体の成功に対する感謝はほとんどありません。既存の製品の使いやすさ(および保守性と拡張性)に対する新機能の影響についての認識はほとんどありません

この問題への対処について書きました。これらの投稿をチェックして下さい。

Hacker News

2/17/2020

RFCの50年 (RFC 8700)

RFC 8700より。

要約

このRFCは、RFCシリーズの50周年を記念します。これには、主要な変曲点に関与する個人の回顧資料と、現状のレビューの両方が含まれています。最後に、シリーズの今後50年間の可能性についての考えを述べます。このドキュメントは、RFC 2555および5540で提供される展望を更新します。

1. 序論

RFCシリーズは、1969年4月にスティーブ・クロッカーによる「Host Software」の公開から始まりました。初期のRFCは、実際にアイデアや提案に関するコメントを求めていました。目的は、標準またはベストプラクティスの履歴を作成するのではなく、話し合いを始めることでした。この目的は、公開プロセスの形式が進化し、資料を消費するコミュニティが成長するにつれて、時間とともに変化しました。今日、ベストプラクティスガイダンス、実験プロトコル、情報資料、そしてもちろんインターネット標準に及ぶ8500以上のRFCが公開されています。資料は、IETF、IAB、IRTF、およびIndependent Submissionsのグループを通じて公開が許可されています。それぞれのグループには、ドラフトの送信方法およびRFCとしての公開の承認方法に関する明確なプロセスがあります。最終的に、RFCシリーズの目標は、RFCエディタによって公開された資料の標準的なソースを提供し、その資料の永続的な保存をサポートすることです。

一般にRFC編集者は、最初のRFCが公開されてから数年後に生まれました。「RFC編集者」という用語が最初に使用された実際の日付は不明ですが、1984年7月に[RFC0902]によって正式化されました。最初のRFC編集者であるジョン・ポステルは、自分の行動によって役割を定義し、後にRFCの公開を取り巻く初期プロセスを定義することでその役割を定義しました。確かなことは、RFC 編集者の目標は、読みやすく、明確で、一貫性があり、合理的に統一された文書を作成することであり、公開されたものの履歴を維持することです。

ゆっくりとではありますが、変化はシリーズにもたらされました。まず、私たちは配布方法が郵便からFTP、そして電子メールに変わるのを目にしました。最初にRFCを電子的に配布することはできませんでした。その配布を行う手段は、最初のRFCが「公開」されてから数年後まで定義されていないからです。すべての初期RFCが電子的に作成されたわけでもありません。手書きまたはタイプライターで書かれたものもあります。最終的に、RFCを作成するプロセスはより構造化されました。著者には、RFCの記述方法に関する手引きが提供されました。編集努力は、スティーブ・クロッカーから、指定の編集者であるジョン・ポステルとのより公式なモデルに、そして後に5〜7人の個人のチームになりました。実際の編集および公開作業は、プロトコルコードポイントの登録のためにサービスから分割されます。RFC編集者構造全体がレビューされ[RFC4844]、改善され[RFC5620]、そして再び改善されました[RFC6635]。そして、ここ数年で、RFC文書自体のフォーマットを変更するプロセスが開始されました[RFC7990]。

これは進化です。そして、RFCシリーズを使用する実装者、オペレーター、歴史家、および著者のコミュニティのニーズと期待を満たすために、シリーズは引き続き適応されます。これらの変更は、シリーズの基本ミッションに対して常にバランスがとられています。技術仕様、プロトコル、および高等研究計画局ネットワーク(ARPANET)およびインターネット・ネットワーキング・コミュニティに関連するその他の情報の強力で安定した履歴を維持します。

RFCシリーズの歴史には、このドキュメントで説明できる以上のものがあります。以前の展望に興味のある読者は、特に興味のある以下のRFCを見つけることができます。これらのRFCは、ソケット番号の権威[RFC0433]で最初のRFC編集者であるジョン・ポステルの多大な貢献に焦点を当てています。

  • [RFC2441]"Working with Jon, Tribute delivered at UCLA, October 30, 1998"
  • [RFC2555]"30 Years of RFCs"
  • [RFC5540]"40 Years of RFCs"

この文書では、シリーズの歴史は、それを形作った一部の個人の目を通して見ています。この性質の物語は、出来事に関する限られた視点を提供します。ほぼ間違いなく、等しく有効であり、異なる歴史を反映するイベントに関する他の視点、記憶、および視点があります。従って、これらの回顧録は非常に貴重であり、その日の出来事に対する洞察を提供しますが、これらはRFCシリーズの歴史に関する1つのレンズに過ぎません。

[RFC0001]の著者であるスティーブ・クロッカーは、シリーズがどのように、そしてなぜ始まったのかについての考えを述べています。RFC編集者モデルの開発に大きな影響を与えたレスリー・ダイグルは、RFC編集者のより強力な、縮小された機能への変更に関する考えを提供します。2010年から2018年2月までの独立サブミッションエディタであるネヴィル・ブラウンリーは、Independent Stream (IS)の明確化と、Bob Bradenの退任後の移行に関する見解を共有しています。現在のRFCシリーズ編集者として、シリーズのデジタル保存の形式化における最新の変更、安定性の必要性を尊重しながらフォーマットを近代化するプロセス、およびRFCの今後50年間に関する私の考えを記します。

この文書は、[RFC2555]と[RFC5540]で提供される展望を更新します。

3. 展望

3.1. RFCの由来 - スティーブン・D・クロッカー

(これは、30年以上前の[RFC1000]に含まれていた資料の改訂版です。)

現在、インターネットコミュニティには、数百万のノードと数十億のユーザーが含まれています。それは、ARPANETの開始のおかげであり、一度だけでしたが、高等研究計画局(ARPA)のJ・C・R・リックライダー、ボブ・タイラー、ラリー・ロバーツの漠然とした考えでした。開発の大部分は計画に従って進められましたが、プロトコルの初期設計とRFCの作成はほとんど偶然でした。

ARPANETの調達は、1968年の夏に開始されました。ベトナム、フラワーチルドレンなどを覚えていますか? 様々なARPAサイトでコンピューターシステムをリンクするための先行実験がありましたが、これは通信戦略の中核部分としてパケットスイッチングを検討した最初のバージョンでした。(「ARPA」は1972年まで「DARPA」(国防高等研究計画局)になりませんでした。1993年に一時的にARPAに戻り、その後再びDARPAに戻りました。) 政府の見積依頼(RFQ)は、インターフェースメッセージプロセッサ(IMP)と呼ばれる4つのパケット交換デバイスを、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)、カリフォルニア州メンロパークにあるSRIインターナショナル(スタンフォード研究所)、カリフォルニア大学サンタバーバラ校(UCSB)、ソルトレイクシティのユタ大学の米国西部の4つのサイトに配信することを要求しました。これらのサイトでは、それぞれScientific Data Systems(SDS) Sigma 7、SDS 940、IBM 360/75、およびDEC PDP-10を実行していました。これらのマシンには異なるオペレーティングシステムが搭載されているだけでなく、文字セットやバイトサイズなどの詳細も様々でした。他のサイトにはさらにバリエーションがあります。

関心の中心はデータの基本的な動きにありました。ARPANETの正確な使用は事前に説明されていなかったため、研究コミュニティが何らかのイニシアチブを取る必要がありました。このプロセスを促進するため、SRIのエルマー・シャピロが議長を務め、選ばれたサイトの代表者との会議が1968年8月に呼び出されました。その会議からのシャピロのメモに基づいて、出席者はSRIのデイブ・ホッパーとジェフ・ルリフソン、サンタバーバラのグレン・カラーとゴードン・バック、ユタ大学のR・スティーブンソンとC・スティーブン・カー、W・ボーム、UCLAのヴィントン・サーフと私、そして将来接続される可能性のあるサイトからのいくつかの数人でした。

その最初の会議は先駆的で重要でした。私たちには多くの質問がありました。IMPと「ホスト」(この用語に初めて触れたと思う)はどのように接続されますか? ホストは互いに何と言いますか? どのアプリケーションがサポートされますか? 唯一の具体的な答えは、ダイヤルアップ、電話ベースの対話型ターミナルアクセス、およびファイル転送の代わりとしてのリモートログインでしたが、構想はもっと大きくなければならないことが分かっていました。インタラクティブなグラフィックス、連携プロセス、自動データベースクエリ、電子メールなど、あらゆる種類の可能性を想像していましたが、どこから始めればよいのか誰も分かりませんでした。私たちは、これらの問題について真剣に考える余地があるかどうかはわかりませんでした。確かに、おそらく東海岸から来た先輩と責任者が一緒に言葉を伝えに来るでしょう。しかし、私たちは1つの結論に達しました。再び会うべきです。次の数ヶ月にわたって、私たちは各サイトで会い、それによって定期的な対面ミーティングの先例を設定しました。また、皮肉をすぐに感じました。この新しいネットワークは、遠く離れた場所での共同作業を可能にするはずでした。そして、最初にしたことは、かなりの数の旅行をスケジュールすることでした。

次の数ヶ月にわたって、最初の4つのサイトからの小規模でかなり一貫した大学院生とスタッフのメンバーが集まりました。ネットワークワーキンググループ(NWG)という用語を使用して、自分自身を指定しました。これは、エルマー・シャピロが最初の会議を招集したときに使用したのと同じ用語でしたが、その時点までは、主任研究者とARPA担当者、つまりネットワークを計画していた上級者を指すために使用されていました。私たちのグループはジュニアであり、もちろん、私たちのそれぞれが主任研究員の一人のために働いていたことを除いて、前のグループから切り離されていました。

最初の数回の会議は非常に希薄でした。これは主に、私たちの目標がどれほど狭いか、または拡大すべきか分からなかったためです。公式の憲章やリーダーシップはありませんでしたが、少なくとも私には、誰かやグループが、私たちが扱っている問題を引き継ぐための公式な権威と責任を持って現れるかどうかは不明でした。ホストとIMPのインターフェイスがどのように見えるかを明確に定義したり、IMPが提供する機能を正確に定義したりすることなく、より広範なアイデアに焦点を当てました。ユーザーサイトにコードをダウンロードすることで、アプリケーション固有のプロトコルの可能性を想定し、これをサポートする言語の設計を試しにやってみました。最初のバージョンは「Decode-Encode Language」のDELと呼ばれ、後のバージョンは「Network Interchange Language」のNILと呼ばれていました。

1968年後半、マサチューセッツ州ケンブリッジのボルト・ベラネク・アンド・ニューマン(BBN)はIMPの契約を獲得し、1969年1月に仕事を始めました。フランク・ハート率いるBBNの人々には、ボブ・カーン、セベロ・オーンシュタイン、ベン・バーカー、ウィル・クラウザー、バーニー・コセル、デイブ・ウォルデンが含まれていました。彼らは組織的で、専門的で、集中していました。彼らは組織的で、専門的で、集中していました。彼らの最初の懸念は、9月初旬にUCLAに最初のIMPを配信する契約スケジュールをどのように満たすか、そしてビットを迅速かつ確実に流す方法でした。ホスト-IMPインターフェースの詳細はまだ確定していませんでした。仕様は数か月後にBBNレポート1822として発表されました。特に、BBNはプロトコル設計プロセスを引き継いでおらず、他の権限ソースも表示されませんでした。従って、私たちはプロトコルの議論と設計を粘り強く続けました。

1か月後、小さなNWGがユタ州で会合を開きました。会議が終わりに近づいたとき、議論を書き始める必要があることが明らかになりました。DELの設計やその他の事項についていくつかのメモを蓄積していたので、それらをメモのセットにまとめることにしました。私たちはそれぞれにライティングの雑用を割り当て、私はメモを整理するという追加のタスクを引き受けました。RFCを開始しましたが、私の役割は編集者よりはるかに少なかったです。各RFCには順番に番号が付けられています。私が課した唯一のルールは、シーケンスの穴の数を最小限に抑えたいため、番号を割り当てる前にメモを完成させる必要があることでした。

私は、メモがどのように整理されるかについてメモを書くために何回か試しましたが、私は不安に満ちていました。これらのメモは、持っていない権限を主張しているように見えますか? 公式のプロトコル設計者がだれでも気分を害するでしょうか? 最後に、眠れなかった私は、謙虚な言葉をいくつか書きました。基本的な基本ルールは、誰でも何でも言うことができ、何も公式ではないということでした。そして、ポイントを強調するために、私はビル・デュバルの提案を使用し、メモに「Request for Comments」というラベルを付けました。これらのノートが最終的にこれらのノートで議論している媒体を通じて配布されるとは夢にも思いませんでした。魔法使いの弟子について話してください! ([APPRENTICE]を参照して下さい。)

BBNがIMPハードウェアおよびソフトウェアインタフェースの仕様を初期のARPANETサイトに配布した後、私たちの関心は低レベルの問題に移りました。コードの自動ダウンロードに関する意欲的なアイデアは消え去りました。モバイルコード、リモートプロシージャコール、ActiveX、JAVA、Representational State Transfer (RESTful)インタフェースなどのアイデアが登場するまでには数年掛かります。

その年の春から夏にかけて、プロトコル設計の詳細な問題に取り組みました。コンピュータ間通信の大きな可能性についてのビジョンがありましたが、使用可能なプロトコルの設計は別の問題でした。カスタムハードウェアインタフェースとオペレーティングシステムへのカスタムソフトウェアの追加は、設計したものすべてに必要となることがわかっていたため、これらが各サイトで多少の困難をもたらすと予想していました。私たちには、使用する既存の抽象化を探しました。ネットワークを単純に通常のデバイス(テープドライブなど)に見せることができれば便利でしたが、そうでないことは分かっていました。このネットワークの本質は、依存デバイスを制御する中央マシンではなく、マシンとマシン内で実行されているプロセス間のピアツーピアの連携でした。プロトコルの基本的な構成要素として、仮想ビットストリームレイヤーに決めました。しかし当時でも、音声などの一部のアプリケーションではソフトウェアのその層を回避する必要があることがわかっていました。(なぜ、仮想バイトストリームの代わりに仮想ビットストリームを使用するのか? 各コンピューターが1バイトに含まれるビット数について独自の概念を持っているためです。8ビットバイトは数年後まで標準になりませんでした。)

次の2年間で、私たちはアイデアを開発、交換、実装しました。1971年6月にUCLAから休暇を取って、ARPAでの仕事に時間を費やしました。ジョン・ポステルは、RFCのケアとフィードを引き継ぎ、次の27年間でプロセスを進化させ、協力者を追加しました。

ネットワークとワーキンググループの急速な成長は、RFCの大きな山にもつながりました。100番目のRFCが見え始めたとき、MIT Research Establishment (MITRE)のペギー・カープがそれらのインデックス作成のタスクを引き受けました。それは大きな仕事のように思えたので、数年後には1000を超えるRFCが表示され、Internet-Draftsへの進化がさらに後になることはほとんど予想できませんでした。

私たちは最初にプロトコルの作業を開始したとき、ネットワークは存在していませんでした。臨時の対面ミーティングを除き、RFCはコミュニケーションの唯一の手段でした。 [RFC0003]では、私はバーをできるだけ低く設定しました。

NWGメモの内容は、HOSTソフトウェアまたはネットワークの他の側面に関連する考え、提案などです。メモは洗練されているというよりも、タイムリーであることが推奨されます。例やその他の詳細のない哲学的立場、特定の提案または導入テクニックや背景説明のない実装テクニック、回答を試みずに明示的な質問をすべて受け入れます。NWGメモの最小長はワンセンテンスです。

これらの標準(またはそれらの欠如)は、2つの理由で明示的に述べられています。第一に、書面による声明を事実上の権威あるものとみなす傾向があり、権威あるものよりもかなり少ないアイデアの交換と議論を促進したいと考えています。第二に、磨かれていないものを公開することには自然な躊躇があり、この抑制を緩和したいと考えています。

RFCを非公式にすることは、参加を促す方法であるだけではありません。コミュニケーションを効果的にすることも重要でした。初期の参加者の1人は、彼の機関が彼らに出版物のレビューを受けさせたいと思ったため、RFCの作成と送信に問題があると言いました。これらは「出版物」ではない、と私は宣言し、問題は解決しました。本能的に議論されずに処理された別の小さな詳細は、分布モデルでした。各機関は、コピーを他の一握りの参加機関に直接送信する必要がありました。各機関は、内部コピーおよび配布自体を処理しました。遅延を最小限に抑えるために、再配布のための中心点への提出は必要ありませんでした。ただし、SRIのネットワークインフォメーションセンターは、すべての中央リポジトリを維持し、貴重な記録を提供しました。

私たちは意図的に既存の標準化団体に挑戦するつもりはありませんでしたが、私たちの自然な動作モードはいくつかの顕著な結果をもたらしました。RFCは2つの重要な点で公開されています: 誰でも無料で作成でき、誰でも無料で入手できます。当時、ARPANETコミュニティのほぼ全員が政府の支援を受けていたため、競争はほとんどなく、資金調達の手段として文書を使用する必要はありませんでした。もちろん、ARPANETで電子メールが機能するとすぐに、RFCを電子的に配布しました。ARPANETがインターネットの一部になったとき、この配信プロセスは世界中に広がりました。この開放性の効果は見過ごされがちです。現在でも、世界中の学生や若い専門家は、RFCをダウンロードし、内部の技術について学び、そして最も素晴らしいソフトウェアを構築することができました。(これらは歴史家にとっても素晴らしいリソースです。)

どこで終わりますか? ARPANETはインターネットを生み、基盤となる技術は元のホスト-ホストプロトコルからTCP/IPに移行しました。ただし、プロトコル層の上位構造、コミュニティ主導のプロトコル設計、およびRFCは継続されました。物理層テクノロジーの変更により、1秒あたり数千ビットから数十億ビットに速度が向上し、そして同様に数千ユーザーから数十億ユーザに増え、RFCを含むこの上部構造はコミュニティに貢献し続けています。すべての伝送線と同様に、すべてのコンピューターが変更されましたが、RFCは前進しています。もしかすると、私がRFC 10,000についていくつかの言葉を書くでしょう。

明らかに、状況は変わりました。メールやその他のメディアは、多くの場合、不完全な意見を即時に交換するために使用されます。インターネットドラフトは、かなり推測的な内容を交換するための手段であり、一方、RFCは完全に洗練されたレビュー、編集、および承認された仕様のために予約されています。RFCに対するコメントは要求されていませんが、それでもメーリングリストの使用法に関する議論やその他の解釈は頻繁に行われます。変化を嘆くよりも、私はそれを適応の顕著な例と捉えています。RFCは引き続きプロトコル開発コミュニティに役立っています。確かに、それらは非常に活気に満ちた生産的なプロセス基盤であり、インターネット革命を促進し、導きました。

3.2. RFC管理および編集チーム - ヴィントン・サーフ作成

スティーブ・クロッカーがセクション3.1で言及しているように、ジョン・ポステルは1971年にスティーブがUCLAからARPAを離れたときにRFCマネージャーの役割を引き受けました。ジョンは、その後の「ナンバーシーザー」の責任に加えて、この役割を引き受けました。 当初、RFC番号を意欲的な作家に割り当てることに主に焦点を当てていましたが、時間が経つにつれて、ARPANETおよびインターネットプロトコルの標準化が急速に進むにつれて、彼は編集能力を発揮し始めました。さらに、熟練したソフトウェアエンジニアとして、彼は執筆スタイルに加えて技術的なコンテンツについて意見を持ち、公開される予定の著者が精査のために提供物を公表したように、編集の裁量を行使するのを躊躇しませんでした。負荷が増加するにつれて、彼は追加の「ボランティア」タレント、特にUSC/ISIの仲間の研究者であるジョイス・K・レイノルズをリクルートしました。その後数年間、彼はロバート(ボブ)・ブレーデンをチームに起草し、1998年10月にジョンが突然亡くなったとき([RFC2468]を参照)、ジョイスとボブは代わりにRFCの仕事を引き継ぎ、サンディ・ギノザをチームに加えました。ジョンとジョイスが緊密に協力していた期間、ジョイスは私に挑戦して、どの編集がジョンによって行われ、どの編集が彼女によって行われたかを教えてくれました。 私はこれが不可能だと思ったので、彼らの編集上の感性は一致していました。悲しいことに、これらの疲れ知らずの3人のInternautsが引き継がれ、私たちは彼らの共同作業と、歴史を思い出すためのサンディ・ギノザと他の企業の記憶の産物しかありません。

3.3. RFCエディタモデルの形式化 - レスリー・デイグル

私は、すべてのインターネット技術機関の進化における特定の転換点で、RFCシリーズの一般的な監督を担当する理事会Internet Architecture Boardの議長を務めました。私たちが何をしたのか、なぜそうしなければならないのかを理解するために、まずこれらの機関の全体像をより広く描いてみましょう。

00年代半ばに意思決定の役割を担っていた他の多くの人たちと同様に、私はインターネットが生まれたときは居合わせていませんでした。私に伝わった歴史は、コア仕様を開発し、インターネットの方向性を確立した才能のある研究者のグループから、仕様開発のプロセスを組織化してオープンに保つために必要な役割を引き受けるために様々な個人が進歩したということでした。仕様の作業が拡大するにつれて、それらの個人は一般に、同じ精神で実行される組織によってサポートされました。これは主にジョン・ポステルで、名前と番号の割り当てと割り当てを管理し、RFCの編集者として働いていましたが、IETFの事務局機能をサポートする個人や機関もありました。20世紀後半までに、このモデルでさえ薄く着ていました。サポート機能は成長しており、組織はそれらを実行するためにさらに多くのリソースを寄付することができませんでした。場合によっては(IANA)、その機能とその中立性に大きな産業的および国際的な依存がありました。

IETFもサイズ、地位、および商業的信頼度が向上しました。「編隊飛行(flying in formation)」の制度的要素のこのシステムは、IETFが必要とする一種の契約上の規則性または統合開発を提供していませんでした。IETFの意思決定者など、機関が開発したときにそこに居合わせなかった人々は、個々のシステムを新しい要件に合わせて更新するだけでなく、アクティビティの範囲を超えて、より適切に統合しようとする場合、物事が「本来のあるべき姿にならなければならない」と言う理由を本質的に理解せず、不満を持ちました。

インターネットエンジニアリングは、当初からそこにいて、お互いをよく知っていた、疎結合された一連の組織によってサポートされるという点を超えて拡大していました。合理化された資金調達モデルとともに、新しい形態のガバナンスが必要でした。IANAの機能は、専用の国際的な非営利組織に吸収されました。IETFは自身の組織の運命を管理するためにさらに力を入れ、IETF管理サポートアクティビティ(IASA)を作成し、事務局はその契約機能の1つになりました。

これにより、RFCエディタの機能は、インターネット協会によってサポートされた独立した取り組みとして残されました。

その独立した性質は、すべての技術的貢献を考慮する際のRFCシリーズの歴史的な役割に必要でした。しかし、シリーズの歴史における転換点では、インターネット技術仕様をサポートする他の組織が持っていたように、新しいガバナンスと資金調達モデルが必要でした。また、IETFのリーダーシップには、独自の技術出版ストリームで対処する必要があると思われる懸念がいくつかありました。IETFが存在する前にRFCシリーズが確立され、歴史的にIETFに由来しないドキュメントが含まれていましたが、IETFは最大かつ最も組織化された貢献者でした。

独立した貢献者の特定の組織はありませんでした。同様に、RFC編集者への資金提供は、その時点で「IETFのサポート」を装ってインターネット協会からのものでした。当初からこの機関に関与していなかった人にとっては、RFCシリーズをIETFの出版シリーズとして一意に認識することは非常に簡単でした。そのため、課題は、IETFの発行シリーズとしてのRFCシリーズの基本的な性質を犠牲にすることなく、ガバナンスと資金提供とともに、IETFの問題を特定して対処することでした。

一般的な緊張の感覚を与えるために、これらの議論で頭に残っていた1つのフレーズは「push to publish」でした。IESGが承認した瞬間にWebインターフェースのボタンを押すことで文字通りRFCを公開できれば、コストを大幅に削減し、適時性を向上させると感じたIETFリーダーシップの人々がいました。また、彼らは、公開率の向上を支援するために臨時の従業員として雇われたコピー編集者によって導入された仕様の問題を削除するが、必ずしも技術仕様の技術面でスピードに追いついていなかったと主張しました。(ここで引用することを我慢するテキストの技術的意味を大幅に変更する変更を導入するコピー編集者のいくつかの非常にひどい例がありました。インターネットエンジニアがチーズの移動について不安になることは厳密には問題ではなかったとしましょう。)「push to publish」はこれらの問題に対処しますが、コピー編集者が正常に導入された多くの重要なテキストの改善による明確さの損失、またはすべてのRFCがIESGによって承認されているわけではありません。

制度的には、IETFに特別に結び付けることなく、インターネットテクニカルコミュニティの範囲内で(特定の民間組織とは対照的に)RFCエディタの機能ガバナンスをターゲットにすることが明らかになりました。これは、結果として得られる断片がIABの監視下で確立されるようにすることで合理的に達成できました(IABは、それ自体が、IASA組織によってサポートされているにもかかわらず、IETFから独立しています)。

IETFは、技術仕様の公開に関する機能要件の概要を説明する文書に取り組みました。これは、独自のシリーズを確立するのに役立つ可能性がありますが、ドキュメント公開の課題に対する認識を確立するのに役立ちました(考えていないときは常に簡単に見えます)。また、RFCエディタとの対話の基礎を築くのにも役立ちました。要求文書は[RFC4714]としてIETF刊行物を取り巻く編集プロセスのガイダンスを提供するために今日の状況がInformational RFCとして公開されました。

ただし、RFCシリーズ自体で意思決定および変更を行う責任については、まだ明確な欠如がありました。そのために、私とIABは様々な関係者と協力して[RFC4844]を作成しました。その文書は、関係者の役割と責任と同様に、RFCシリーズの使命(IETF技術仕様の公開よりも大きな目的のため)を記録しました。RFCエディタは、ミッションの実装を保証する責任があります。IABは、RFCエディタの役割の人(組織)を変更することにより、ポリシー監視を含む監視責任を引き続き担います。同時に、運用上の監視は、IETF(およびIAB)のIASAサポート機能に移行されました。

この議論と[RFC4844]の結果の刊行物は、一般的なインターネット刊行物としてのRFCシリーズへのより大きな可視性とコミットメントを可能にしました。また、要件の進化に応じて後続の調整を行うこともできました。責任者が明確に識別されます。

3.4. ストリームの継続または作成 - Nevil Brownlee

おそらく2006年に[RFC4714]で始まり、IABとIETFコミュニティは、'00年代半ばにRFCシリーズの構造を進化させるためにいくらかの時間を費やしました。この作業には、RFCシリーズに発行されたグループ(最初はIETF、IAB [RFC4845]、およびIndependent Submissions Stream [RFC4846]を含み、後にIRTF [RFC5743]を含むように成長する)が、どのようにRFCとして公開されるドキュメントを承認するかを定義することが含まれていました。2009年、IABは「RFC Editor Model (Version 1)」[RFC5620]を公開しました。このモデルでは、RFCエディタ内で新しい役割、RFCシリーズエディタ(RSE)が作成されました。この個人は、RFCの公開と開発を監督し、ドキュメントの承認プロセスを任務外に残します。ほぼ間違いなく、これはジョン・ポステル、ボブ・ブレイデン、ジョイス・レイノルズなどの人々によって長い間満たされていた役割でしたが、[RFC5620]では、RFCシリーズのエディタの役割が、Independent Submissions Editor(ISE)の役割とは明確に区別されるように定義されています。

2009年以前は、RFCエディタは個人からの「独立した」提出を受け入れ、重要と判断された場合はRFCとして公開できました。独立ストリームは、その機能を継続するためにセットアップされました。2010年2月から2018年2月まで、私はISEでした。[RFC4846]を読んだ後、Independent Stream(IS)を開発しました。

最初、私は、RFCが実際に編集および公開される方法を学ぶために、RFCエディタ(ボブ・ブレイデン)、サンディ・ギノザ、Alice Hagensと共に、マリーナ・デル・レイにあるInformation Sciences Institute(ISI) のRFC Production Centerで数日間過ごしました。すべてのRFCは、インターネットドラフトとしてProduction Centerに到達します。それらは編集されたバージョンが作成者(AUTH48)によって承認されるまで、コピー編集されます。作成者はどの段階でも、RFCエディタのWebサイトからドラフトのステータスを確認できます。

独立した提出物のために、ボブは、ドラフト名で索引付けされたすべてのドラフトについて、著者との対話のジャーナル(単純なASCIIファイル)を保持しました。また、ボブは独立したドラフトをRFCエディタデータベースに入力して、著者がドラフトのステータスを追跡できるようにしました。ISIでの彼のチームとの数日間の後、彼はその日記(約30のドラフトをカバー)を私に引き渡し、「さぁ、あなたの番です!」と言いました。

私は、ボブの歩みをたどり、ジャーナルを維持し、RFCエディタデータベースで各ドラフトのステータスを追跡を始めました。 私の最初の考慮事項は、提出されたすべての大量のインターネットドラフトには、いくつかの慎重なレビューが必要だったことです。その時点で、ISEが適切なレビュアーを知っていた場合、彼または彼女は単に彼らに尋ねることができました。それ以外の場合、ドラフトがIETFまたはIRTFワーキンググループに関連する場合、ISEはワーキンググループの議長またはエリアディレクターにレビュー担当者の提案を求めることができます。Independent Submissions Editorial Board(Ed Board)は、ISEが査読者にリクエストできる別の場所です。レビュー担当者との私の経験では、アプローチした人のほとんどが喜んで助けてくれました。

ほとんどのドラフトは簡単でしたが、特に注意が必要なものもありました。多くの場合、ドラフトがIANAコードポイントを要求しました。そのため、IANAは常に迅速にヘルプとサポートを提供していました。一部のIANAレジストリのコードポイントには、エキスパートレビュー[RFC8126]が必要です。時々、エキスパートレビューアーとのやり取りに非常に長い時間がかかりました! 繰り返しになりますが、時にはドラフトがIETFストリームによりよく適合するように思われました。これらについては、ドラフト作成者が、IETFストリームへの個別の提出として作業を務めるために、エリアディレクターを見つけることに努めることをお勧めします。

ISEとしての最初の数年の後、IETFツールチームは、ドラフトステータスを表示し、すべてのストリームに対してすべての「ハウスキーピング」タスクを実行するために、Datatracker [DATATRACKER]を開発しました。 その段階で、RFCエディタデータベースではなくDatatrackerの使用に切り替えました。

ドラフトがレビューされ、著者がレビュアーとの対話で改訂した後、ISEは「IESGレビュー」[RFC5742]のためにIESGにそのドラフトを提出する必要があります。全体として、各ISドラフトは、Ed BoardとIESGとの議論(通常は簡単でした)の恩恵を受けました。(非常に)少数の人が幾分物議をかもしました。それらのために、私はIESGと協力して、適切な「IESGステートメント」および/または「ISEステートメント」をネゴシエートし、ISEがドラフトを発行した理由を明確にすることができました。

Independent Streamのかなり特別な部分の1つは、4月1日のRFCです。これらは、正式なレビューおよび承認プロセスがないユーモラスなRFCです。作成者は、それらをISEまたはRFCエディタに直接送信する必要があります。毎年発行できるのはそのうちのわずか数個であり、それぞれがISEおよびRSEによってレビューされます。4月1日のドラフトのボブ・ブレーデンの基準は次のとおりです。

  • インターネットに関連する必要がある(すべてのドラフトと同様)。
  • 4月1日のRFCであることに気付く前に、読者は2ページ目の終わりに到達する必要がある。
  • 実際に面白くなければならない!

4月1日のRFCには大きな支持があり、毎年4月1日のインターネットコミュニティからのフィードバックは熱心で迅速です!

159のRFCが、ISEとしての8年間で独立ストリームに公開されました。この8年間で、私はほとんどの著者と協力し、IETFミーティングで頻繁に会いました。私にとって、それは非常にやりがいのある経験だったので、貢献してくれたすべての人に感謝します。この8年間、私はほとんどのIESGメンバーとも仕事をしましたが、全員が多くの有益なやり取りをしてくれました。最後に、私はRSEおよびRFC Production Centerのすべてのスタッフとの作業を常に楽しんでいます。IETF(全体として)は、才能ある専門スタッフのこのような効果的なチームを持つことができて非常に幸運です。

3.5. RFCエディタ内からのビュー - サンディ・ギノザ

私がジョン・ポステルが亡くなった直後にISIに参加したとき、今日知っているRFCエディタモデル([RFC5620]で定義され、[RFC6548]と[RFC6635]で廃止された)は存在しませんでした。RFCエディタは1つのユニットとして機能しました。RSE、Production Center、Publisher、Independent Submissions Editorはありませんでした。これらの役割はすべて、「RFCエディタ」によって実行されました。この編集者は、ボブ・ブレーデン、ジョイス・レイノルズ、パートタイムの学生プログラマー、および私という4人の個人で構成されていました。

ボブは高度なガイダンスを提供し、独立した提出物をレビューしました。ボブはISIの「Div 7」(ネットワーキング)の研究者でした。表面上は、RFCエディタに費やした時間の割合は10%でしたが、シリーズの実行を継続するためにより多くの時間を費やしました。彼は、特に処理時間が長くなったときに、できるところに全力投球しました。ある時点で、彼はさらにいくつかのRFCをNROFF化しました。

ジョイスはフルタイムのISI従業員でした。ただし、RFCの発行を継続する一方で、彼女はユーザーサービスエリアディレクターおよびインターネットに関する基調講演者を務めていました。また、IANAがISIから分離して設立されている間、彼女は50%の時間IANAに一時的に融資していました。学生プログラマーは、要求に応じてプログラミングタスクを実行し、当時はMIBの解析を担当していました。

私はフルタイムのスタッフであり、RFCが引き続き公開されるようにロープをすぐに学習する必要がありました。私の主なタスクは、出版キューの管理、ジョイスのレビュー用のドキュメントのフォーマットと準備、ジョイスがレビューを完了したらAUTH48の実行、RFC(ソフトコピーとハードコピーの両方)の公開、インデックス作成、アーカイブでした。

作業負荷は、その後数年間で大幅に増加しました。作業負荷が増加すると、RFCエディタは対応し、スタッフを徐々に成長させました。チームの成長を理解するために、まず、歴史を通じて出版率を見てみましょう。次の表は、5年間の平均年間出版率を示しています。

90年代以降、出版率は大幅に上昇し、1993年から2007年の間に出版数はほぼ倍増しました。2004年に初めて年間投稿件数は300を超え、2011年には385と史上最高に達しました。提出率は2016年(284)まで300を下回りませんでした。

提出物が増えるにつれて、RFCエディタは苦労を増していきました。既存のスタッフがキューサイズの拡大に対応できなかったため、処理時間が増加し始めました。ISIは、トレーニングのハンプを減らし、投稿が急増した場合にスタッフを永久に雇わないようにするために、一時的なコピーエディタを導入しました。このようにして、必要に応じてスタッフのサイズを簡単に変更できます。しかし、レスリーが指摘したように、これはあまりうまくいきませんでした。実験の効果は長続きし、これが現在のプロセスの形につながったので、RFCエディタはAUTH / AUTH48の間にさらに質問をし、技術的な変更には、ドキュメントストリームに応じて、関連するエリアディレクターまたはストリームマネージャーからの承認が必要としました。これらの変更により、作業負荷が追加され、発行時間が延長されました。多くの場合、AUTH48を作者の「48日間」、「48週間」などと冗談めかして呼ぶことがよくあります。

文書提出の増加に加えて、ツールのテストに従事し、いくつかの編集プロセスの変更を行いました。一時的なコピーエディタで学んだ教訓のため、私たちのチームはより永続的になりました。間に他のエディタを追加しましたが、RFCエディタの成長の痛みの多くを経験し、バックログ状態からの作業を助け、RFCエディタ機能を形成し、今日もチームにいる2つの追加が特に興味深いものです: 2005年にアリス・ルッソがチームに加わり、2007年にミーガン・ファーガソンが加わりました。

記録的な数の提出が異常ではないと理解したため、ドキュメントの追跡とレポート作成を容易にするために、RFCエディタ機能のインフラストラクチャを大幅にアップグレードしました。例えば、輝かしい「ブラックバインダー」(RFC番号の割り当てを追跡するために使用される実際の3リングバインダー)、キューページ用に手動で編集されたHTMLファイル、およびキュー統計を作成するRube Goldbergのテキストファイルとスクリプトのセット、すべて最終的に交換されました。エラッタシステムが提案および実装されました。XMLは新しく受け入れられたソースファイルになりました。

2009年に[RFC5620]が公開され、現在のRFCエディタモデルの初期バージョンが紹介されました。2009年に公開されましたが、RFCエディタプロジェクトが解散し、RFC Series Editor(RSE)、Independent Submissions Editor(ISE)、RFC Productionの4つに分かれた2010年まで有効になりませんでした: RFC Series Editor(RSE)、Independent Submissions Editor(ISE)、RFC Production Center(RPC)、およびPublisher機能。 さらに、RFCシリーズアドバイザリーグループ(RSAG)が作成され、「RFCシリーズの運用と開発に影響を与える事項について、専門家の情報に基づいたガイダンスを(主にRSEに)提供します」[RSAG]。

2010年には、RPCとパブリッシャーの契約がAssociation Management Solutions(AMS)に授与されました。そこで、私たちは3人の既存のチームメンバー(アリス・ルッソ、ミーガン・ファーガソン、および私)から始めました。AMSオフィスに私たちを固定するために、新しい同僚であるリン・バーソロミューとレベッカ・ヴァンリーネンが加わりました。

私はこのモデルに警戒し、ボブ・ブレーデンの出発が作り出す穴が特に心配でした。 幸いなことに、ボブ・ブレーデンは移行中(およびそれ以降)に賢明な助言と洞察を提供してくれました。彼は、「keep the RFCs coming」、AMS特に有用別れの言葉にスタッフの移行を与え、そしてそれは我々が何をしたかです。

AMSはRFCシリーズを採用し、すぐに新しいサーバ上にセットされ、私たちを助けました。RFCプロダクションセンターと出版社は現在、AMSファミリーの一部であり、移行がスムーズに行われ、ドキュメント処理への影響が最小限に抑えられるようにするため、すべて手作業で行いました。

私たちの移行中の焦点は、1) 列車を走らせ続ける。つまり、ダウンタイムを最小限に抑えて稼働させたいと考えていました。そして2) Transitional RSE(移行が終了する前に終了した役割)、ISE(Nevil Brownlee)、RSAG、およびIETF Administrative Director(IAD)と連携して、新しく定義されたRFCエディタモデルをよりよく理解して実装することです。

移行の一部は困難で予想よりも長く続きましたが、2012年に代理RSE(Olaf Kolkman)が新しいRSE(Heather Flanagan)に手綱を正式に引き渡しました。彼女は飛び込んで、RFCエディタとIETF文化を学び、放置されていた問題のバックログを処理する必要がありました。

バックログの問題の2つは非常に古く、最初のIETFミーティングで誰かが私に尋ねたものでした。RFCエディタはいつRFCで非ASCII文字を許可しますか? RFCエディタは、いつより新しい出版形式を採用しますか?

当時、より広い範囲の文字セットをサポートし、よりモダンな出力を持つようにしたいという願望を理解していましたが、平文ファイルを送信することを要求する個人からの電子メールも定期的に受信しました(ウェブサイトを指すのではなく)。彼らのインターネットアクセスは制限されていました。また、私たちはサイト上の何かが古いブラウザで正しく動作しなかった場合は常に、のユーザーから苦情を受け取りました。つまり、多数のユーザーを取り残さずに前進することはできませんでした。

しかし、私たちは今、変化の絶壁に身を置いています。 非ASCII文字と非ASCII文字の両方を許可する複数のファイル形式(XML、HTML、PDF/A-3、およびTXT)とSVGアートの公開に移行するにつれて、今後数年はRFCシリーズにとってエキサイティングなものになることを約束します。

興味深いことに、RFCエディタの目標は、将来の世代が簡単にアクセスできるアーカイブ品質のRFCをタイムリーに作成すると、同じままですが、RFCエディタはチームに参加してからほぼ一定の変化状態にあります。

4. RFCの50年後

スティーブ・クロッカーが述べたように、シリーズは形式上のコミュニケーションと構造上のオープン性の目標から始まりました。インターネットが成長し、広く行き渡ったグローバルな構造になったとしても、私たちはまだオープン性とコミュニケーションを目指していますが、相互運用性をサポートするプロトコルやその他の情報には、安定性のポイントが必要だと認識しています。小規模なアプリ開発者から数十億ドルの企業まで、誰もが同じ立場にいます。誰でも、ある時点を振り返って、何が行われ、なぜ行われたのかを理解できるはずです。

非公式性が構造の増加に取って代わりましたが、シリーズが提供する開放性と強固な基盤は継続しなければなりません。それを念頭に置いて、RFCの今後50年間の将来はどうなるのでしょうか?

4.1. 保存(Preservation)

RFCエディタは編集をするために存在し、公開、およびRFCシリーズで出版された文書のアーカイブを維持します。適切なデジタルアーカイブは、しかし、単にディスクへのRFCを保存し、必ずディスクがバックアップされている作る以上のものです。デジタル保存の分野は、それ自体の産業に成長させ、転換されています。「RFCシリーズのためのデジタル保存に関する注意事項」[RFC8153]は、今日のデジタルアーカイブの意味をレビューし、アーカイブを将来にわたってサポートする方法を説明しています。また、RFCエディタがこの分野に特化した組織を活用する方法を推奨しています。

RFCシリーズに関する限り、デジタル保存の将来とは、RFCを一般に吸収およびアーカイブできる新しいパートナーを見つけ、デジタルアーカイブを維持し、RFC形式をレビューして、公開されたドキュメントは、業界のベストプラクティスが時間の経過に応じてアーカイブ可能です。

4.2. RFC形式の進化

RFCは、シリーズの時代のごく初期からデジタルドキュメントでした。常にUS-ASCIIで公開されているわけではありませんが、その形式は何十年もの間標準形式です。この形式が非常に多くの進化と変化を経て続いたという事実は注目に値します。

残念ながら、現在の多くのユーザーの期待と要件を満たすには、US-ASCII形式は十分に拡張されていません。オンラインドキュメントのプレゼンテーション、消費、保存の分野全体は、場合によっては、最初のRFCが公開されてから数年後に発明されました。これらの新しい分野とそのツールには時の試練に耐える機会がなかったと主張することができます(そして主張されてきました)が、RFCシリーズエディタは(コミュニティと協議して)、RFCシリーズに色々な保全と表示の協力をもたらすため、2012年に協調的な取り組みを開始しました。

RFC形式プロジェクトと進行中の変更の最初の理由と要件に関する情報は[RFC7990]にあります。これらの変更の出現により、デジタル資料のアーカイブの仕様が進化し、Web開発の期待が進むにつれて、将来のさらなる変更を検討するための扉が開かれました。

4.3. ストリーム構造

多くの人にとって、特にIETF内では、RFCシリーズはIETFと同義です。シリーズ自体は18年前にIETFに先行していましたが、やがてIETFは、RFCエディタへの公開のために提出されたドキュメントの大部分のソースになりました。IETFストリームドラフト用に開発されたポリシーは、4つすべてのドキュメントストリームに適用される傾向があり、出版関連のツールは、IETFを主な対象読者として使用する傾向があります。シリーズとIETFの違いがどのように、またはなぜあるのかを人々が理解することは困難です。

私たちは今、これまで以上にその質問の真っ只にいます。シリーズの将来はどうですか? IETFがどこで終了し、シリーズが開始するかを人々が判断できない場合、これを人為的な区別と見なし、同じエンティティであると宣言する必要がありますか?

5. 結び

インターネットが進化するにつれて、期待と可能性も進化します。シリーズは、今後50年間にわたり、公開と保存という本来の使命に忠実であり続ける必要性と、RFCの作成者と消費者の必要性との関連性のバランスを示し続けます。これらのニーズのバランスをとる際の緊張は、RFCエディタと解決するコミュニティにかかっています。挑戦は尽きないでしょう。

マーク・ザッカーバーグの失われたノートの中身

WIREDより

Facebookの初期の頃、ザックは手書きの日記に世界支配の計画をつけていました。彼はそれらを破棄しました。しかし、わずかに明らかになったページが生き残りました。

スティーブン・レヴィ

マーク・ザッカーバーグに初めて会ったのは2006年3月です。当時、私はNewsweekのリードテックライターで、Web 2.0(インターネットの次の段階は、楽しい、参加型の個人の創造であるという考え)と呼んでいるものについての記事に取り組んでいました。私は、大学のキャンパスでつる草のように広がっていたソーシャルネットワーキングのスタートアップについて聞いたことがありました。私はそれについてもっと知りたいと思っていました。おそらく記事の中で名前を確認してみて下さい。幸いなことに、その共同設立者兼CEOであるザッカーバーグは、カリフォルニア州カールスバッドのリゾートで、私が定期的に参加した会議のPCフォーラムにその月に登場する予定でした。

私たちは会議場で昼食時間に会うことを約束しました。私たちは、明るい太陽の下で芝生の上に設置された大きな、混雑した丸いテーブルの1つに並んで座っていました。彼は、LinkedInを離れてFacebookに参加したマット・コーラーを伴っていました。コーラーは、隣の席をさっと取ることができず、かろうじて聞こえる範囲内でテーブル越しに座りました。

ザッカーバーグが21歳よりも若く見えたので、私は冷静に受け止めました。私は他のうぶな大物に会うのに十分な長さのハッカーとハイテク企業をカバーしていました。しかし、私を揺さぶったのは彼の感情でした。私は彼に会社の現状についてくだらない質問をいくつかしましたが、彼は私をじっと見つめていました。彼は何も言いませんでした。彼は怒ったり、夢中になったりしませんでした。ただ無表情。もし、私の質問が高い崖の岩壁にあるウォーターピストルから発射されたなら、より大きな影響を与えていたでしょう。

私は困惑しました。この男は最高経営責任者なのか? 彼は何らかのエピソードを持っているか? 私が今まで彼が私を嫌うようなものを書いた事があったか? 沈黙が続き、時間が止まったように見えました。

私は指示のためにコーラーを見ました。彼は愛想良く微笑みました。頼みの綱ではありません。

不器用さから抜け出す方法につまずいて、私はザッカーバーグにPCフォーラムについて何か知っているかどうか尋ねました。彼はノーと言ったので、レジデントのメトセラとして、私はビル・ゲイツとスティーブ・ジョブズがお互いの顔に笑みを浮かべて拳を握りしめながら行き交うパーソナルコンピュータ時代の主要産業としてのルーツを説明しました。その少しの知識を取り入れた後、彼は和らいだようで、昼食の残りの間、彼は寮の部屋で始めた700万人のユーザーに成長した会社について、大雑把にでも話をすることができました。

当時は気付いていませんでしたが、マーク・ザッカーバーグの昏睡状態であるかのような沈黙に茫然とした人々のクラブに参加していました。FacebookのVPアンドリュー・ボスワースはかつてこの見方を「サウロンの視線」と呼んでいました。

ザッカーバーグとFacebookは、カバーストーリーで「ウェブの新しい知恵」の4つの文章を受け取りました。その日の午後、La Costa Resort and Spaでザッカーバーグが私と共有していなかったことを知っていたら、もっと大きな紙面獲得に熱心だったかもしれません。

ザッカーバーグは彼の人生で最も生産的な時期の1つに入っていました。私が彼に会ってから数週間後、彼はFacebookに対して馬鹿げた野心的なビジョンを打ち出しました。線のない8 x 10の論文を掲載した専門誌で、彼は自分の使命と製品設計をスケッチし、小さな会社がどのように世界の重要なユーティリティになるかを探りました。彼は、Open Registration and Feedと呼ばれる機能を説明しました。これらの機能は、彼の会社に大きな影響を与えます。

ザッカーバーグはそのノートなどに集中しました。彼のコメントには、Facebookの素晴らしさと失敗の全ての種が含まれています。次の10年間で、ザッカーバーグはそこで描いた計画を実行することになりました。Facebookは、大学生のたまり場から、世界のどの国よりも数が多い支配的なソーシャルメディアサービスに変身し、どの宗教よりも多くの会員を持つことになりました。ザッカーバーグの福音書は、多くの分かち合いが本質的な善であると主張しました。人々を結び付けることに加えて、Facebookはニュース、エンターテイメント、さらには命を救う情報の情報源になりました。同社はユーザーベースを広告で収益化し、ザッカーバーグは世界で最も裕福な人々の1人になり、彼の名前はPCフォーラムの伝説のパンテオンに組み込まれました。

そして、2016年の大統領選挙が行われました。突然、サービスについての苦情が煮えたぎり、怒りに沸き起こりました。Facebookの最も大切にされていた成果は負債になりました。「We Are the World」スタイルでサービスに接続した膨大な数の人々は、現在、その過剰な力の驚くべき証拠になりました。声なき声を聞くことができるプラットフォームは、トロールが耳をつんざくような音量レベルで不気味な誘発を広く知らせることもできました。それは致命的な抑圧者と解放運動のための道具でもありました。そして何よりも、とんでもないプライバシー違反者でした。Facebookの長年にわたる共有の倫理は、ユーザーデータをわなで捕らえるハニートラップと見なされるようになりました。そして、そのデータ、つまり私たち全員が無意識のうちに提供している情報は、Facebookが肥大化して繁栄した財産でした。

2006年から、私はザッカーバーグを注視しており、過去3年間、彼の会社の歴史を書いてきました。私は彼と9回話をし、彼が最も困難な状況に適応している様子を観察しました。Facebookに対する一般の態度の変化は、テックセクター自体の評判の低下を反映しています。しかし、Facebookのユニークな環境は、主に創業者の人柄、ビジョン、経営へのアプローチから生じています。Facebookを理解するには、ザッカーバーグを理解する必要があります。

それは簡単な仕事ではありません。彼でさえ、公共の人物にはロボットのクールさがあります。多くの会話の後、彼は私と比較的率直になりましたが、常にある程度の距離がありました。彼は私がレポーターであることを決して忘れず、彼自身と彼が作った会社を当然のことながら守っていました。

しかし、私は、ザッカーバーグがFacebookに対する彼の計画と夢について全く率直でフィルタリングされていない場所を見つけ、世界で最も強力な企業を経営している男性についての重要な手がかりを提供しました。それは、2006年の春に彼が保管していたノートにありました。

2006年のFacebookのパロアルトオフィスにいるマーク・ザッカーバーグ、その年、彼は「変化の書 (Book of Change)」を執筆し、Facebookを世界に公開しました。Photograph: Elena Dorfman/Redux

ニューヨーク市北部のベッドルームコミュニティであるニューヨークのドブスフェリーで育った子供の頃、マーク・ザッカーバーグはゲームをするのが大好きでした。1つはシヴィライゼーションと呼ばれるPCベースの戦略ゲームで、「時の試練に耐える帝国を築く」というキャッチフレーズがあります。ゲームをすることで、プログラミングを学びたいという欲求を高めました。彼の両親である歯科医と精神科医は、コーディングチューターを雇いました。

ザッカーバーグは地元の公立学校のコンピューターサイエンスの提供をすぐに上回り、8年生の大学院課程に入学しました。2年生の高校卒業後、APコースとコンピューターコースを備えた私立学校への入学を求めました。彼の両親は、彼が近くのホレス・マン、非常に選択的な準備学校に行くことを望んでいましたが、ザッカーバーグはかつて彼の父親によって「強い意志と容赦ない」と言われ、より希少なフィリップス・エクセター・アカデミーを好みました。エクセターでした。

ザッカーバーグは排他的なニューハンプシャーの予備校ですくすく育ち、そこにあるクラスにはロックフェラー、フォーブス、ファイアストンが含まれるのではないかと恐れていたようです。彼はコンピュータの達人としての地位を確立したほか、フェンシングチームのキャプテンでした。彼は熱心なラテン語の学生で、皇帝アウグスト・シーザーに好意的な親近感を抱いていました。皇帝はまた、権力と征服への思いがけない欲望を持っていました。

ザッカーバーグはまだゲームに夢中でした。彼のお気に入りは、アルファケンタウリと呼ばれる宇宙に置かれたシヴィライゼーションの後継で、プレイヤーは銀河を支配するために7つの「ヒューマン派閥」の1つを率いることを選択しました。ザッカーバーグは常に準国連「平和維持軍」の役割を担っていました。平和維持部隊の精神的指導者はプラビン・ラルと呼ばれる長官であり、「情報の自由な流れが専制政治に対する唯一の保護手段である」と述べました。ザッカーバーグは後に、Facebookプロフィールの署名としてラルの引用を使用します。「情報へのアクセスを拒否する人に注意して下さい。心の中で彼はあなたを支配するのを夢見ているからです。」

ザッカーバーグは2002年にハーバード大学に入学し、すぐにハーバード大学ですべきことを無視しました。彼はカークランドハウスのスイートH33の談話室にある安価な木製デスクで多くの時間を過ごし、ソフトウェア製品を作成しました。彼は自分の学年やクラスよりもこれらのことを気にし、たまにしか出席しませんでした。

そして、「Hot or Not」のようなプログラムであるFaceMashが登場しました。写真データベースにデータを入力するために、彼は様々な保護された大学の住宅Webサイトにハッキングし、ハーバードの管理委員会による調査に至りました。彼は、一時停止から1つの決定を下したと伝えられています。彼に近い人々は、彼が奇妙なことにこの脅威に動揺していないことを確認しています。(お祝いの「さようなら、マーク」パーティーで、19歳のザッカーバーグは将来の妻であるプリシラ・チャンに出会いました。潜在的なsuspendeeは、ビールの消費についてコーディングをしゃべるメッセージでパーティーの眼鏡をかけていました。)

「彼には本当に自信家でした」とクラスメートのジョー・グリーンは言います。かつて、グリーンがザッカーバーグとチャンと夕食に歩いている間、ザッカーバーグは衝動的ににぎやかな通りに飛び込みました。「気を付けて!」チャンは言いました。

「心配しないで」とグリーンは彼女に言いました。「彼の自信の力場が彼を守るさ。」

ザッカーバーグは停学を避けました。彼が彼の行動の結果から逃げ去ることができたのは最後ではありません。2004年2月、彼はTheFacebookを共同設立しました。ソーシャルネットワークWebサイトの構築を支援するために彼を雇った仲間の学生であるキャメロンとタイラー・ウィンクルボスは、最終的に訴えました。双子とそのパートナーは1年以上にわたってブレーンストーミングを続けていたようです——緊急性はほとんどなく、ザッカーバーグは、さもなければ成功したアイデアを略奪したと非難しました。彼らはおそらく自分たちの製品を過大評価していたでしょうが、ザッカーバーグがプロジェクトに足を引きずり込み、競合製品をブレインストーミングしながら約2か月間失速したことは疑う余地がありません。(今でも、彼自身のデジタル証跡の証拠にもかかわらず、ザッカーバーグは意図的なごまかしを否定しています:「私は衝突を回避していたのかもしれないと思います」と彼は私に言いました。)。Facebookは結局、訴訟を解決するために6500万ドルの現金と株式を支払わなければなりませんでした。しかし、それは2008年までではなく、その時までに和解は会社の数十億ドルの評価と比較して少額でした。

Facebookは魅力的だったようです。ザッカーバーグは資金調達やビジネスの運営についてはほとんど知りませんでしたが、それらは適切な位置に落ち着きました。2005年末までに、ザッカーバーグは何百万という資金調達を何とかして成功させました。彼の初期のメンターであるショーン・パーカーは、Facebookの最初の大きな投資家であるピーター・ティールの紹介で物事を巻き起こしました。彼は経験豊富なアドバイザーのチームを集めました。「ピーター・ティールであろうとショーン・パーカーであろうと、これらの人々はマークを操っていると思っていました」とFacebookの初期従業員は推測します。「私は、マークがショーン・パーカーにすべてのお金を集めるように説得したことがどれほど天才であるかを考えた後知恵で覚えています。... マークは、ショーンが最もつまらない仕事をするのに役立つツールだと考えました。」、つまり資金調達です。

2006年のニュースフィードの開始時のザッカーバーグとFacebookの従業員。Photograph: Courtesy of Facebook

私が最初にザッカーバーグに出会った年、彼はパロアルトのダウンタウンにあるいくつかの建物に散らばっているFacebookのオフィスから歩いてすぐのワンルームのアパートに住んでいました。いつも彼と一緒にいたのは彼のノートPCの1台でした。彼のアパートを訪れた人は、床にマットレスが置かれ、ほとんど使用されていないキッチンで、完成した日記の山を見つけたかもしれません。しかし、彼のほとんどの時間は混雑したカオスなFacebookのオフィスで過ごし、そこで彼は、読み難いコンパクトなスクリプトを見て、頭を下げて走り回っていました。彼は、製品のアイデアをスケッチし、コーディングアプローチを図式化し、彼の哲学の一部を説教していました。何ページも、テキストの直線、箇条書きの機能リスト、フローチャートでいっぱいになりました。

ザッカーバーグはもはやコーディングをしていませんでした。彼は主に全体像に集中していました。ノートは彼が彼のビジョンを詳細に解決することを可能にしました。Facebookのエンジニアとデザイナーがオフィスに転がると、ワークステーションではノートからコピーされたページがいくつか見つかることがありました。ページには、フロントエンドのデザインまたはランキングアルゴリズムのメッセージリストが含まれている場合があります。彼はまだコミュニケーターとしての道を探していました。そして、ページはしばしば受信者と彼らの上司の間の会話を始めました。彼らはまた、ザッカーバーグの考えにある種の必然性を吹き込みました。印刷したページを削除または変更したり、無限に複製可能なデジタル形式で転送したりすることはできません。ホワイトボードはすべてのFacebookオフィスに豊富に見られ、従業員は優れたホワイトボードのスキルなしでは生き残れませんでした。しかし、ザックのノートは教皇勅書の尊厳さを置いていました。

現在、そのノートはほとんど姿を消し、ザッカーバーグ自身によって処分されました。彼はプライバシーを理由にそうしたと言っています。これは、法的手続きの結果、彼の初期のIMや電子メールの多くが公開されることへの苦痛について、彼が私に表明した感情と一致しています。「誰かに印刷され、後で文脈から外されるような冗談をしたいですか?」彼は尋ね、彼の子どもっぽいメモの露出が、Facebookの製品に暗号化とエフェメリティを組み込むための彼の現在の推進力の要因であると付け加えました。しかし、それらの初期の文書が完全に失われているわけではないことを発見しました。スニペット、おそらく彼がコピーして共有したものは、当時の彼の思考に明らかにする窓を提供します。Facebookの進化に関して彼の日記の中で最も重要なものから、17ページのチャンクを手に入れました。彼はそれを「変化の書 (Book of Change)」と名付けました

2006年5月28日付けの最初のページには住所と電話番号が記載されており、紛失した場合は本の返品に対して1,000ドルの報酬を支払うことが約束されています。彼は自分自身へのメッセージであるエピグラムを走り書きしました:「見たいと思う世界の変化にあなた自身がなりなさい。」マハトマ・ガンディー

執筆は、焦点と規律を持つ著者を明らかにします。彼はほぼすべてのページに日付を付けました。一部のエントリは一気に書き上げたようです。それらはサンプル画面のきちんとしたスケッチで詳細なロードマップの3または4ページをカバーしています。取り消し線はありません。これは、フローの最大状態にある人の仕事です。

変化の書は、Facebookを大学と高校のネットワークからインターネットの巨像に変える2つのプロジェクトの概要を説明しています。5月29日に、彼はOpen Registrationというページを開始しました。その時点まで、Facebookは学生に限定されていました。クラスメートだけがあなたのプロフィールを閲覧できるゲーティッド・コミュニティです。ザッカーバーグの計画は、すべての人にFacebookを公開することでした。彼は誰かがアカウントを作成する方法を図式化しました。人々は大学、高校、または「世界」にいるかどうか尋ねられます。彼はプライバシーについて考えました。お住まいの地域の「第2学士号」の友人のプロフィールをご覧いただけますか? それともどこか? 「たぶん、これはあなたの地理情報ではなく、どこにでもあるべきだ」と彼は書きました。「それは確かにサイトをオープンにするが、おそらくまだ良いアイデアではない。」

彼は最終的にFacebookが広く開かれることを望んでいましたが、ノートのページでは、彼がその意味あいで取り組んでいるのを見ることができました。Facebookを他のソーシャルネットワークと区別したのは、ゲート設定によって提供されるうわべだけのプライバシーでした。Open Regは、これらの門を大衆に開放します。しかし、人々はもはやFacebookを安全な空間と見なさなくなるでしょうか? Open Regの設計において、彼は最後の質問を自分に投稿しました。

「これが実際に安全であるかどうかに関わらず、これが安全に見える理由は何か?」彼は、少なくともプライバシー自体と同様に、プライバシーに対する認識についても懸念しているように見えました。

Facebookの境界を広げることとプライバシーの外見を維持することとの間の葛藤は、ザッカーバーグの心を占領し、他の方法により彼のノートを埋めました。彼は、「ダークプロファイル」と呼ばれるもののビジョンを示すために3ページを取りました。これらは、省略であろうと意図であろうと、Facebookにサインアップしていない人々のためのFacebookページです。アイデアは、ユーザーが自分の友人(またはFacebookアカウントを持っていない人なら誰でも)にこれらのプロファイルを作成できるようにすることで、名前とメールアドレス以外は何もしませんでした。プロファイルが存在すれば、誰でもバイオグラフィの詳細や興味などの情報をプロファイルに追加できます。

(これがどれだけパスしたかは明らかではありません。Facebookの元従業員であるキャサリン・ロスは、2012年の回顧録で、2006年に「Facebookユーザーではないが、サイトに写真がタグ付けされている人々の隠しプロファイルを作成する」プロジェクトに取り組んだと書いています。彼女は最近、「Facebookでのピアツーピアマーケティングのようなもので、サイトに友人はいるがまだサインアップしていない人々を対象にしたものだ」と言いました。Facebookの初期の別の従業員もこれを確認し、Facebookはザッカーバーグのウィキペディアスタイルの友人のダークプロファイルの作成と編集を許可するというアイデアをブレーンストーミングしたが、実行されなかったと述べています。)

2006年に、ザッカーバーグは、変化の書でダークプロファイルを実装する潜在的な美徳を確認したときに、ユーザー募集、Facebookのディレクトリへのデータの追加、および「面白くてクレイジーだ」という感覚に言及しました。12年後、ザッカーバーグは議会で、Facebookがサービスにサインアップしていない人々を監視しているかどうかについて質問を受けました。彼は質問を諦めましたが、後にFacebookは明らかにしました。同社は、セキュリティ上の目的で、またアプリやウェブサイトを使用している人の数を外部の開発者に示すために、特定のデータを非ユーザーに保持すると述べました。しかし、「Facebook以外のユーザー向けのプロファイルは作成していません。」と主張しました。

ザッカーバーグの他の変化の書への関心は、彼がフィード(Feed)と呼ぶ製品でした。(商標の問題は、最終的にはニュースフィードのブランドになることを意味していました。) フィードは、Facebookの実験全体の劇的な再考でした。2006年には、Facebookのプロフィールを閲覧するには、友達が更新を投稿したかどうかを確認するために、あるプロフィールから別のプロフィールにジャンプする必要がありました。ニュースフィードはこれらの更新をストリームで提供し、Facebookの新しいフロントページになります。

彼のノートで、ザッカーバーグはニュースフィードに表示される内容について一生懸命考えました。彼の優先事項は、人々がFacebookで意識的につながりを持っていた友人の中で何が重要かを見やすくすることでした。フィードに含めるための尺度として、「おもしろさ」という言葉が際立っていました。無邪気に聞こえた。 「ストーリーにはコンテキストが必要です」と彼は書きました。「ストーリーは単なる興味深い情報ではありません。それは興味深い情報に加えて、それに関する他の興味深いことであり、なぜそれが興味深いのか。」

ザッカーバーグは、人々が主に好奇心とナルシシズムの融合によって駆り立てられることを想像して、物語を説得力のあるものにする3層の階層を構想しました。彼のトップティアは「あなたについての物語」でした。 2番目の関連するストーリーは、「あなたのソーシャルサークルを中心に」。 ノートブックでは、友人の関係の変化、人生の出来事、「友情の傾向(ソーシャルサークルに出入りする人々)」、「リサーフェシングを忘れた人々」などの種類の例を提供しました。

階層で最も重要でない層は、彼が「あなたが気にすることやその他の興味深いことに関する物語」と呼ばれるカテゴリーでした。それらには、「興味深いイベント」、「外部コンテンツ」、「有料コンテンツ」、「バブルアップされたコンテンツ」が含まれます。ここで、ザッカーバーグは、ニュースフィードを一種のパーソナライズされた新聞とする彼のビジョンをスケッチしました。(Facebookがいつかニュース業界自体を混乱させるかもしれないという考えは、彼の熟考の一部ではなかったようです。)

ザッカーバーグはこのノートを使用し始めたばかりでした。次の数日間、彼はプライバシーに関する考えと、Facebookが大学や高校を超えて、老いも若きもみんなに拡大する方法について熱心に概説しました。彼は、ユーザーの活動を追跡するプロファイルページ上の「ミニフィード」の設計について説明しました。これは、本質的にストーカー天国です。(「アイデアは、人の人生のログを作成することですが、気味が悪い方法ではないことを願っています」と彼は書いて、人々がミニフィードからアイテムを追加または削除できるようにすることを提案し、「しかし、彼らはそれをオフにできないはずです。」)

ある時点で、彼のペンはインクを使い果たしたようで、彼は筆記具を切り替えました。「素晴らしい、この鉛筆はもっとよく機能する」と彼は書いて、2ページ後に彼はFacebookの壮大なビジョンと思われるものと一緒に、彼が情報エンジンと呼んだものをスケッチしていました。

Facebookを使用するには、未来の政府スタイルのインタフェースを使用して、すべての人にリンクされた情報でいっぱいのデータベースにアクセスしているように感じる必要があります。ユーザーは、あらゆる深さで情報を見ることができる必要があります…ユーザ体験は、「フル(full)」に感じる必要があります。つまり、政府のデータベースで人をクリックすると、その人に関する情報が常に存在します。これは彼らのページに行くか、それらを検索する価値があります。すべての検索が実行する価値があり、すべてのリンクがクリックする価値があるようにする必要があります。そうすれば、体験は美しいものになります。

将来のためにFacebookをデザインすることはザッカーバーグにとって純粋な喜びのようです。しかし、その年、彼は最大の苦悩にも直面しました。Yahooは当時かなりの力を持ったインターネット大手でしたが、報道された10億ドルでFacebookを買うことを申し出ていました。これは大きな金額でした。多くの創業者の一人は、ためらうことなく飛び上がりました。ザッカーバーグは違いました。TheFacebookがハーバードで爆発して以来、ザッカーバーグは決定的で日和見的で野心的でした。しかし、この決定により、彼は疑問を抱くようになりました。結局、彼はまだ20代前半であり、人生経験がほとんどなく、高額な財政についてもあまり理解していませんでした。彼は売りたくありませんでしたが、どうして物事が本当にうまくいくと確信できるのか? 誰がこれをするのか? ほとんどすべての彼の投資家と従業員は、そのお金を断るのは正気でないと思いました。事態を悪化させたのは、大学や高校への普及が限界に近づき、Facebookの成長が鈍化したという事実でした。投資家と彼の経営陣にとって、それは売却が明白な道であるというもう一つの兆候でした。

「私は間違いなくこのインポスターシンドロームを患っていた」と彼は2018年にヤフーの入札を反映して私に語りました。「私は重役として尊敬していた人たちに囲まれていました。彼らは会社の設立についていくつかのことを理解しているように感じました。彼らは基本的に私が申し出を楽しませる必要があると私に確信させました。」

彼は口頭で申し出を受け入れましたが、YahooのCEOであるテリー・セメルは戦術的な誤りを犯し、会社の株が下落したため条件を再交渉するよう求めました。ザッカーバーグは、それを話し合いを終わらせる機会として使いました。彼は、変化の書で書いた2つの製品がFacebookの価値を高めると信じていました。

彼に売却を促した幹部は辞職するか解雇されます。「それは関係があまりにも壊れすぎていた」とザッカーバーグは言います。

ザッカーバーグがYahooを拒否した後、彼は変化の書で概説した主要製品の発売に目を向けました。ほぼ8か月にわたる集中的な準備の後、2006年9月にニュースフィードが開始されました。初公開は大失敗でした、その引火点はプライバシーでした。

ニュースフィードは、歩道でぶつかるタブロイド紙の山のようにあなたの社会集団を襲いました。あなたの「友達」の誰もがあなたがパーティーで間抜けなことをしたとか、あなたのガールフレンドがあなたを捨てたなら、すぐに分かりました。Facebookが情報を押し付けくるからです! 10万人を超える人々が、製品の撤回を求める多くのFacebookグループの1つに加わりました。本社の外でデモが行われました。

Facebookの内部では、製品を撤去するための呼び掛けがありましたが、従業員がデータを分析すると、驚くべき何かを発見しました。数十万人のユーザーがニュースフィードの不承認を表明したとしても、彼らの行動は反対を示しました。人々はFacebookにより多くの時間を費やしていました。ニュースフィードに対する怒りでさえ、ニュースフィードによって加速されました。それは、Facebookがあなたの友人が蜂起に加わったことをあなたに言ったため、それに対して組織しているグループが急速に広まりました。

ザッカーバーグは狼狽えませんでした。代わりに、9月5日の午後10時45分に、彼は苦情を認め、とはいえ、見事なタイトルのブログでは「落ち着いて。深呼吸をして。私たちはあなたの声を聞いています。」 と投稿しました。次の数日間、ニュースフィードチームは、徹夜で製品に含まれるはずだった保護機能を強化しました。これには、ユーザーがアイテムを表示するユーザーを制御できるプライバシー「ミキサー」が含まれます。怒りは鎮められ、息をのむほど短期間で、人々は新しいFacebookに慣れました。ニュースフィードは、Facebookの継続的な成長に不可欠であることが判明しました。

ザッカーバーグは彼の最初の公の危機、おそらくは間違った危機から教訓を得たようです。彼は、深刻なプライバシーの問題を抱える製品を排除しました。それは、彼自身が特定した問題です。確かに、危機は勃発しましたが、迅速な行動と謝らない謝罪が状況を和らげました。人々は製品を愛してしまいました。

「それは彼と会社の縮図でした」と、2008年にFacebookを去ったが、まだザッカーバーグに近いマット・コーラーは言います。「意図は良いもので、途中でうまく行かなくなりました。失敗を認め、修正し、次に進みました。それが基本的に会社の運営方法です。」

ザッカーバーグは、Facebookのあらゆることの最終的な決定者として慣れました。後にFacebookエグゼクティブとして働いたハーバードのクラスメートであるサム・レッシンは、ザッカーバーグが他の皆の意見と矛盾する決定をした部屋に何度もいたと言います。彼の考えが勝ち、彼は正しいだろう。 しばらくして、人々はザックの決定が賢明な決定になることを受け入れるようになりました。

ザッカーバーグは成長を望んでいました。ノートで概説したように、人々が情報を共有するとFacebookが成長し、ニュースフィードで起こったように、人々はその共有の価値を理解するようになると信じていました。Facebookはプライバシーコントロールを提供していましたが、すべてのソフトウェアと同様に、デフォルト設定ルールは「プライバシーコントロールを提供することはプライバシーを提供することと同じではありません。」です。「これが実際に安全であるかどうかにかかわらず、これが安全に見える理由は何ですか?」

これらのディシジョンポイントの多くで、内部議論が白熱し、ザッカーバーグのトップ補佐官の一部が異議を唱えました。2007年、Facebookはビーコンと呼ばれる機能を導入しました。これは、人々がWebで商品を購入する際に密かに追跡し、デフォルトで個人購入のニュースを配信しました。彼のチームは、この機能をオプトインするように頼みましたが、「マークは基本的に全員を却下しました」と当時の幹部は私に言いました。ビーコンは予想通り大失敗でした。その後、彼はシェリル・サンドバーグを最高執行責任者として雇いました。ザッカーバーグは、Facebookが構築したエンジニアリングの主人公であり、サンドバーグは、販売、ポリシー、法律、コンテンツモデレーション、最終的にはセキュリティの大部分など、ザッカーバーグが関心を持たなかったすべてを担当します。「とても簡単でした」とサンドバーグは私に言いました。「彼は製品を取り、残りは私が取りました。」

しかし、ザッカーバーグは依然として最終的な意思決定者でした。2009年、Facebookは新しいユーザーのデフォルト設定を「友達」から「全員」に変更し、既存の3億5,000万人のユーザーが同じことを行うことを推奨しました。2010年には、Instant Personalizationを導入しました。これは、外部のアプリ開発者により多くの個人情報を提供するプライバシーを破壊する機能です。内部の反対よりも、ザッカーバーグは慎重さとプライバシー意識よりも成長と競争上の優位性を選択しました。その結果、一連の性急な謝罪はもちろんのこと、連邦貿易委員会からの告発と50億ドルの罰金は言うまでもありませんでした。

「すべての指導者が布告を行う権利の範囲内です」と、ザッカーバーグの多くの決定の余地がある人物は言います。しかし、「リーダーは、彼らに反対する人は皆、彼らが正しいことの合図であると確信するとき、失敗します。」

Zuckerbergはノートで、自分が構築しているFacebookを「情報エンジン」として説明しました。上記、2008年の開発者会議でのザッカーバーグ。Photograph: AP Photo/Eric Risberg

2016年の夏の終わりに、私はザッカーバーグとナイジェリアに旅行しました。彼はラゴスのハイテクスタートアップのセンターに現れ、まるで彼が角を曲がったところから飛び込んだかのようにそこの人々に挨拶しました。「こんにちは、マークです!」 彼は甲高くしゃべりました。彼は皆を魅了しました: FacebookがサポートするWi-Fiアクセスを販売している地元の実業家、ナイジェリアのエンターテイメントスター、ムハンマド・ブハリ大統領でさえ、ザッカーバーグが街の大通りを走ったことに特に感銘を受けました。ザッカーバーグはすぐに国民的英雄になりました。

振り返ってみると、それはFacebookのピークでした。2か月後、ドナルド・トランプが米国大統領に選出されました。次の数年間で、Facebookが多くの罪を犯したことが明らかになります。それはロシアの偽情報キャンペーンの導管でした。ユーザーの同意なしに情報が収集されたユーザーに対するプライバシーの約束を破っていました。ミャンマーでの偽情報を流布し、暴動を引き起こし、2人が死亡しました。独立系ジャーナリズムをサポートするビジネスモデルを破壊するのに役立ちました。

批判に対するザッカーバーグの最初の反応は、ほとんどの場合防御的でした。しかし、偽情報を否定することができず、議会が呼び出しをかけたとき、彼は謝罪して立ち去る(apologize-and-move-on)モードに戻りました。

少なくとも公の場では。社内では、彼は別の進路を取っていました。2018年7月、約40人のトップリーダーで構成されるFacebookの「Mチーム」は、サンマイクロシステムズの旧オフィスである同社のクラシックキャンパスで定期会議の1つを開催しました。いつものように始まりました。Mチームのミーティングでは、経営陣が簡単なチェックインを行い、ビジネスと生活の両方で自分の心にあることを共有します。それはかなり感情的になる可能性があります。私の子供は病気です… 私の結婚は終わりました… ザッカーバーグは常に最後に話し、彼の番が来たとき、彼は驚くべき発表をしました。

彼は最近、ベンチャーキャピタリストのベン・ホロウィッツによるブログ投稿を読んでおり、著者は戦時と平時という2種類のCEOを定義しました。戦時中のCEOは実存的な脅威をかわしているため、それらに立ち向かうには冷酷でなければなりません。これはザッカーバーグに大きな印象を与えました。選挙以来、彼の会社は批評家、規制当局、マスコミに攻撃されていました。このような状況の中で、彼はグループに、彼を戦時中のCEOだと考えました。

彼は特に1つのシフトを強調しました。ホロウィッツは次のように述べています。「平時のCEOは紛争の最小化に取り組んでいます… 戦時のCEOはコンセンサスの構築を厭わず、意見の相違を許容しません。」ザッカーバーグは経営陣に、戦時の最高経営責任者として、何をすべきかを人々に伝えなければならなくなると語りました。

確かに、ザッカーバーグは常に最後の呼び出しを行っていました。しかし今、彼は、彼の決定に先立って、人と電子メールのスレッドでの活発な会話を放棄することを意味したとしても、彼はより迅速に行動すると言っているように見えました。部屋の何人かは、黙って彼の指示に従うべきだと言っていると思いました。ザッカーバーグはその特徴に抵抗します。「私は基本的に人々に言いました、これは私たちがいると思うモードです」と彼は宣言について私に言いました。「私たちは、あなたが通常期待するか、または好きなだけ多くの人を連れて行くプロセスなしで、決断を下すために迅速に行動しなければなりません。これが、私たちが今必要な進歩を遂げるために必要な方法だと思います。」

私は彼が戦時のCEOの役割をよりストレスの多いものにするのか、それとももっと楽しいものにするのか疑問に思いましたか?

ザックの沈黙。サウロンの視線。

「あなたは長い間私を知っています」と彼はやっと言いました。「楽しみのために最適化するわけではありません。」

2019年の7月4日の休日の少し前に、私は彼の家でザッカーバーグと会いました。ソファで私と向かい合って座っていた人物は、13年前に出会った21歳の人物とは違いがありませんでした。彼は大統領や独裁者と一緒に座り、議員に引き裂かれ、数十億ドルの財産を築き、家族を始め、妻が率いる企業を通じて世紀末までにすべての病気を治すための努力に資金を提供していました。彼の会社は前例のないことをしました。人類のほぼ3分の1を単一のネットワークに結び付けました。今、彼はその被害を軽減しようとしていました。

しかし、別の意味で、彼は2006年に楽観と創造性を維持する緊急性を感じました。物事は簡単に彼のものとなり、彼は開発者とデザイナーのコンピュータの隣にジャーナルページのコピーを残すことで世界を変えることができました。彼は、Facebookがそれ自体を修正しようとする試みが、さらに大きな力を発揮するという野望を妨げないようにすることを決意しました。

一年を通していくつかの会話をしました。会社の誤りについて彼に尋ねたとき、彼は個人的な失敗について率直でした。おそらく、Facebookに多くのトラブルを引き起こすポリシーの問題から距離を置くのは間違いでした。おそらく、Twitterをつぶそうとする彼の競争の熱意で、彼はニュースフィードをバイラルごみの影響を受けやすくしました。おそらく、彼はサンドバーグの領域の事柄に十分な注意を払っていなかったのでしょう。彼らの義務の分割は、彼がそれを見るように、元々理にかなっていましたが、今、彼はコンテンツの節度や政策のようなものにより多くのエネルギーを捧げることに決心しています。

しかし、もっと悪い罪は臆病だったことだと彼は信じています。

「私はもっと多くのチャンスをつかむと思います。それは私がもっと間違ったことをすることを意味します」と彼は言いました。「それで、振り返ってみると、ええ、確かに、戦略や実行において多くの間違いを犯しました。間違いを犯していないなら、おそらく可能性を十分に発揮していないでしょう? それが成長方法です。」

私たちが7月に話したとき、彼はそれらの間違いのいくつかがひどい結果をもたらしたことを認めましたが、あなたは現在を越えて見なければならないと主張しました。「悪いもののいくつかは非常に悪いものであり、人々は当然のことながらそれについて非常に怒っています。選挙に干渉しようとする国があれば、ビルマ軍が虐殺を支援するために憎しみを広めようとしている場合、これはどのようにポジティブなことになるのでしょうか? しかし、前の産業革命や非常に破壊的な他の社会の大きな変化のように、これらのもののいくつかと同じくらい苦痛ですが、長期にわたってポジティブがネガティブを劇的に上回ることを内面化することは困難です。ネガティブもできる限り処理します。」

彼は次のように付け加えました。「このこと全体を通して、私はそれに対する信頼を失っていません。私たちは、より広範な歴史の一部であるインターネットの一部であると信じています。しかし、おそらく最近まで十分に焦点を合わせなかったこれらのネガティブな用途に確実に対処する責任があります。」

彼はまだFacebookがうまくいっていると信じています。「私はこの会社を経営することができず、世界を前進させるのに役立つと思っていたことができませんでした」と、ビジネス界の誰と同じくらいその世界を破壊したと考える人がいます。Facebookは変更する必要があるかもしれませんが、ザッカーバーグは正しい道を進んでいると考えています。

私が去る時が来たとき、ザッカーバーグは私をドアまで付き添って歩きました。以前、2006年に彼が書いた「変化の書」のページがあり、彼の家の外の階段の上に立って、彼は今それを見るのはクールだと言っていました。私は、スマートフォンでそれをスキャンし、ファイルを開いて彼に渡しました。

ザッカーバーグは、彼の名前と住所と、それを見つけた人に1,000ドルの報酬を約束すると書かれた表紙をじっと見つめ、顔を明るくしました。はい、これは私の筆跡です!

彼がページをスワイプすると、力強く熱狂的な笑顔が顔全体に広がりました。彼はより若い自己と団結していました: 規制者、憎しみ、ボディーガードに精通していない少年の創設者は、彼のビジョンをソフトウェアに錬金化し、世界を最高の方法で変えるチームに喜んで関連付けた。それは取り返しのつかないほど失われたように見えた宝物でした。

彼はトランス状態を破って私にスマートフォンを返すことをほとんどためらっていたように見えましたが、彼はそうして、家に戻りました。

スティーブン・レヴィ(@stevenlevy)は、全体としてWIREDのエディターです。彼は26.11号でジェフ・ベゾスとブルー・オリジンについて書いています。

スティーブン・レヴィによる「Facebook: the Inside Story」からの編集。著書は2020年2月25日、ペンギンランダムハウスLLCの一部門であるペンギンパブリッシンググループの出版社であるブルーライダープレスによる出版。Copyright©2020 by Steven Levy

The Verge

2/15/2020

Apple Edge Cache

Apple Edge Cacheのページより。Appleもエッジキャッシュの提供を開始したようだ。条件は、Appleとの25Gbps以上のトラフィック、複数のピアリング。Mac Proのラックマウント版が送られてくるのだろう。

速い、もっと速く、最速

あなたの顧客は可能な限り最高のコンテンツ配信体験に値します。Apple Edge Cache(AEC)は、Appleが提供し管理するハードウェアであり、ISPパートナーネットワーク内に展開して、特定のAppleコンテンツを共有顧客に直接配信します。

利点

レジリエンシーを向上させ、私たち共通の顧客のパフォーマンスを向上させます。プログラムは招待制です。

要件

ビジネスがこれらの要件を満たしている場合は、招待状をリクエストして下さい


ネットワーク

パブリックASNおよびパブリックルーティング可能なアドレス空間でネットワークを運用する必要があります。ネットワークは主にエンドユーザー(対ネットワークオペレーターである)にサービスを提供する必要があります。NOC連絡先情報を含む、正確なPeeringDBエントリを保持している必要があります。

トラフィック

すべてのAppleトラフィック全体で、最低25Gb/sのピークトラフィック。

パートナーシップ

ほとんどの地域で、Appleネットワーク(AS714)とのピアリングを維持する必要があります。十分なピアリング容量を維持する必要があります。可能であれば、複数の場所でピアリングを維持する必要があります。

設置

Appleが管理するホスト機器。100 GEまたは複数の10 GE接続を介してApple Edge Cacheに接続します。

同様のエッジキャッシュプログラムは次のとおり。

企業 プログラム
Netflix Open Connect
Facebook FNA (https://www.facebook.com/peering/)
Google Google Global Cache (GGC)
Akamai Akamai Intelligent Platform
Microsoft Microsoft Edge Caching Program
Cloudflare Cloudflare Peering Portal

Hacker News

金庫を開けられないため、DNSSECルートキー署名式を延期

The Registerよりブルース・シュナイアーは、「リアルな世界とインターネットセキュリティの興味深い衝突」と称している。

インターネットの安全管理者は、重要なDNSSECルートキー署名式を延期せざるを得ませんでした。その理由は、ハッカー攻撃ではなく、金庫を開けられないためです。

オンラインセキュリティプロセスがオフラインセキュリティの大失敗により延期

By Kieren McCarthy

インターネットを舞台裏で動かし続ける組織は、グローバルネットワークへの重要な更新を遅らせることを余儀なくされました。

「2月11日のキー管理施設の定期的な管理保守中に、私たちは機器の誤動作を特定しました」と、インターネット割当番号公社(IANA)の責任者であるキム・デイビスが、水曜日の昼休みに南カリフォルニアで行われる四半期ごとのセレモニーに出席する予定の数十人に宛てたメールで説明しました。

誤作動は、2月12日に「当初予定されていたセレモニーを正常に実施できなくなる」とデイビスは説明した。「この問題により、セレモニーの資料を含む安全な金庫の1つにアクセスできなくなります。」つまり、IANAは締め出されました。

このセレモニーでは、世界中の信頼できるインターネットエンジニア(最低3人から最大7人)が、カリフォルニア州エルセグンド、ロサンゼルスの南、バージニア州カルペパーの2つの安全な場所のいずれかに降り立ちます——アメリカでも、3か月ごとに。

すべて準備万端に整っていると、彼らは長い一連の手順を実行し、インターネットのルートゾーンを保護するために使用されるデジタルキーペアに暗号で署名するためにチェックします。(Cloudflareの詳細な説明と、IANAのPDFのステップバイステップガイドです。)

問題の中心にあるのは、簡単に言えば、鍵署名鍵(KSK)です。これは公開鍵と秘密鍵のペアであり、プライベート部分はIANAによってロックされています。これは、インターネットのルートゾーンファイルの公式コピーを保護するために使用されるゾーン署名キーのセットに3か月ごとにKSKが使用されるためです。このファイルは、インターネットの他の部分の一種のディレクトリとして機能し、これらの部分はさらにインターネットの詳細を提供します。ある意味では、私たちが知っているインターネットがどのように結び付けられているかの青写真です: ドメイン名がグローバルネットワーク上のコンピューターにどのように解決されるのか、例えばtheregister.co.ukにアクセスすると、最終的にネットワークアドレス104.18.235.86のサーバーに到達します。

重要なルートDNSサーバーは、世界中に散らばっており、それぞれ最新の署名済みルートゾーンファイルのコピーを備えており、分散カスケード方式で、インターネットユーザーのドメイン名を検索するために他のDNSサーバーによって使用されています。これらのサーバーは、中央IANA KSKによって最近署名されたZSKによって保護されているため、これらすべてをサポートするルートゾーンファイルを確認できるため、絶対的な真実として扱われ、信頼することができます。従って、KSKはドメイン名システムのトラストアンカーです。とにかく、IANAによれば、すべてがネットの中央ディレクトリが本来あるべき方法でレイアウトされていることを保証するためにそれに依存しています。

ルートゾーンファイルが未署名の偽造であるか、IANAのKSKで保護された本物のクリーンなコピーであるかどうかがすぐに分かるため、これはすべて必要です。そうしないと、リソースが十分にある悪意のある組織が、大量のトラフィック、つまり数十億人のインターネットユーザーをインターネットの様々な部分にリダイレクトする妨害されたルートゾーンファイルを使用してネットワークを欺く可能性があります。さらに悪いことに、誰かがKSKを手に入れた場合、彼らは自分のゾーンファイルに署名して、インターネットに盲目的に信頼させることができます。その結果、「ネット」の機能に対する世界的な信頼が失われます。

過度なまでのセキュリティ

そのため、IANAはルートキー署名キーセレモニーを非常に真剣に考えており、3か月ごとにZSKに署名するためにKSKのプライベート部分を簡単にロック解除するDNSSECベースのやや複雑なプロセスを持っています。このセレモニーでのみKSKが使用され、終了すると再び片付けられ、IANAにはルートゾーンを正式に保護するためのZSKのセットが残ります。

特定の名前の人だけがセレモニーに参加することを許可され、セレモニーが行われる部屋に入る前に、指紋や網膜スキャンによってのみ開くことができるドアを含むいくつかのセキュリティ層を通過する必要があります。

スタッフが2つの金庫を開き、それぞれ約1メートルです。1つには、KSKのプライベート部分を含むハードウェアセキュリティモジュールが含まれています。モジュールがアクティブ化され、式の参加者に割り当てられたスマートカードを使用して、KSK秘密キーがキーに署名できるようになります。これらの資格情報は、2番目の金庫の保管箱と不正開封防止バッグに保存されます。各ステップは全員がチェックし、イベントはライブストリーミングされます。セレモニーが完了すると(数時間かかります)、すべてのピースが分離され、封印され、安全な施設内の金庫に戻され、全員が立ち去ります。

しかし、明らかにセレモニーが水曜日1300 PST(2100 UTC)に予定されていた火曜日の夜にシステムをチェックしたときに、IANAのスタッフは2つの金庫のいずれかを開けられないことを発見しました。ロック機構の1つが格納されないため、金庫は頑固に閉じたままになりました。

彼らが問題を発見するとすぐに、その場に飛び立った人たちを含む関係者全員に、セレモニーが延期されていると伝えられました。問題の複雑さのおかげで——重要かつ繊細な機器が内部に詰まっている金庫——、木曜日のバックアップ日にセレモニーを開催することもできないと言われました。

ただし、水曜日の緊急会議の後、問題は金曜日までに修正されるべきであり、セレモニーは土曜日に移動されたことを理解しています。それまでの間、ロサンゼルスの幸運な鍵屋は、金庫のロックメカニズムを掘り下げて新しいものを設置する必要があります。

幸いなことに、不便さを除けば、インターネット自体、特にこの短期間の影響はありません。現在のアレンジメントは、さらに3日間その仕事を続けるだけです。また、IANAは、必要に応じて使用できる米国の他の海岸に同じセットの機器があることを指摘したいと考えています。

「私たちは、セレモニーに参加するためにすでに旅行した参加者の不便をお詫びします。KSKの管理の10年の歴史の中で、セレモニーを再スケジュールする必要があるのはこれが初めてです。」と遅延を通知するメールで言及しています。

もちろん、ある種の皮肉な点があります。仮想インターネットのセキュリティには、昔ながらの物理的な金庫が人質になっています。

Hacker NewsSlashdot

2/14/2020

生まれつき目の見えない人は統合失調症から神秘的に守られている

Slashdotより

Motherboardは、盲目で生まれた人が統合失調症から守られている理由の可能な説明について報告しています。

過去60年に渡って、世界中の科学者がこの謎について書いてきました。彼らは過去の研究を分析し、精神病院の病棟を調べ、盲人を治療する機関を調べて、症例を見つけようとしました。時間が経つにつれて、より大きなデータセットが出現しました: 2018年、西オーストラリア大学のヴェラモーガンという研究者が率いる研究では、1980年から2001年の間に生まれた約50万人の子供を調査し、この否定的な関連性を強化しました。キングズカレッジロンドンの精神科医であり研究者であるポラックは、それについて学んだ後に働いているメンタルヘルス施設にチェックしたことを思い出しました。彼も、統合失調症の先天性失明の患者を一人も見つけることができませんでした。これらの発見は、先天性失明に関する何かが統合失調症から人を守るかもしれないことを示唆しています。先天性失明は、感染症、脳外傷、または遺伝的変異に起因することが多いため、これは特に驚くべきことです。すべての要因は、精神病性障害のより大きなリスクと独立して関連しています。

さらに奇妙なことに、他の生活期間での視力喪失は、統合失調症および精神病症状のより高いリスクと関連しています。健康な人でさえ、ほんの数日間視力をブロックすると幻覚を引き起こします。そして、視覚異常と統合失調症との関係は近年より深く確立されています——視覚異常は、人が精神病症状を呈する前に発見され、誰が統合失調症を発症するかを予測することがあります。しかし、ささやかれた事実は次のように主張します: 生まれつき盲目であり、おそらく特定のタイプの先天性失明であり、失明から視力喪失を防ぐことができます。盲脳の神経可塑性から、世界のモデルを構築する上で視覚がどのように重要な役割を果たすか(そしてそのプロセスがうまくいかない場合に何が起こるか)について、無数の理論が存在します。一部の研究者は、視覚と精神病の症状の関係は、ここで学ぶべき新しいことがあると考えています。この狭く定義された現象の中に、統合失調症を引き起こす原因、統合失調症を誰が予測するか、そして潜在的にどのように治療するかについての手がかりがあるのでしょうか?

2/13/2020

21世紀の独裁者

ジョン・グルーバーのブログより

2017年に遡って、David Frumが次のように書いている

2010年以降ハンガリーで何が起こったのかが例を示している —— そして、絶対的指導者になるつもりの青写真である。ハンガリーは欧州連合の加盟国であり、欧州人権条約に署名している国である。選挙と無検閲のインターネットがある。しかし、ハンガリーは自由な国ではなくなった。

この移行は非暴力的であり、多くの場合、それほど劇的ではない。政権の反対派は殺害も投獄もされていないが、多くは建物の検査や税務監査で嫌がらせを受けている。彼らが政府、または政府の圧力を受けやすい会社に勤めている場合、声高に非難することで仕事を危険にさらす。とはいえ、彼らは好きなときにいつでも自由に移住できる。お金を持っている人も一緒にそれを手にすることができる。連日、政府は脅迫よりも誘因を通じてより多くの働きをする。裁判所はまとめて、政府の協力者を容認している。政府の友人は国の契約を高い価格で勝ち取り、中央銀行から簡単な条件で借りることができる。内側の人間は、えこひいきにより豊かになる。外部の人間は経済の全般的な悪化に苦しんでいる。ある賢明なオブザーバーが最近の訪問で私に言ったように、「近代国家を支配することの利益は、罪のない人を迫害する力ではなく、罪を庇う力だ」。

21世紀の独裁は20世紀の独裁に似ていない。それは別の事態である。そして今、私たちはアメリカがこの問題に直面している。私は、米国の大統領が長年の友人であり共謀者により軽い刑を強く求めることは、それが得ることができる最悪のものであると言うつもりはない。そうではなく、悪化するだろうと思っている。しかし、トランプと彼のイネイブラーがまだ独裁ラインを越えていないというふりをやめよう。これは私たちがいる場所です。私たちは目を大きく開いて対応しよう。

すべてのプログラミング言語は間違っている

デイビット・A・ムーンのLunar Programming Languageのマニュアルより(2018)。

現在のほとんどのプログラミング言語は、計算が遅いという考えに基づいているようです。そのため、ユーザーとコンパイラーは、実行される命令の数を最小限に抑えるために一生懸命働く必要があります。従って、ほとんどのプログラミング言語では、数値などの特定のデータ型は、言語の一般的な型システムにうまく適合しない特殊なケースであり、例えば整数加算命令でサポートされるビット数などのハードウェアの詳細は、言語セマンティクスで透けて見えます。命令を最小化するための妥協は、+や<のような見慣れた演算子が直感的でない方法で動作するように拡張されています。結果として、プログラムが一部のケースで正しく動作しない場合、それはプログラマの責任であると見なされます。しかし、本当はプログラム言語の設計者のせいです。

FortranとBCPLが1950年代に設計された時、またはC++が1970年代に設計された時、これは理にかなっていました。しかし、今日では意味がありません。

計算はほとんどタダであり、メモリサイズがほぼ無制限の(ただし、肥大化したソフトウェアを作成するプログラマーの工夫は明らかに限界がない)現代のハードウェアの現実を反映していません。パフォーマンスの主な制限は通信コストです。例えば、1回のキャッシュミスには、100個の追加命令と同じ時間が掛かる場合があります。データまたはプログラムのサイズが目立って大きくならない場合は、ほとんどのプログラムに追加のランタイム計算を追加できますが、合計実行時間には影響しません。この計算は、プログラミング言語により合理的なセマンティクスを提供し、見つけ難いエラーの一般的な原因を取り除くために投資できます。

今日のプログラミング言語は、例えばC++の通常の関数や仮想関数など、ほとんど同じことを実行し、パフォーマンス特性がわずかに異なる非常に多くの機能が含まれています。これにより、プログラマは、プログラムの大規模な振る舞いを理解し、それを最適化することに時間を費やすことができるのに、マイクロ最適化に時間を浪費するようになります。さらに、過剰な機能はプログラムをより複雑にし、理解しにくくしています。

別の問題は簡潔にドット(.)として表すことができます。 今日のほとんどのプログラミング言語は、「オブジェクト」や「抽象データ型」の概念に心を奪われているように見えるため、出だしを誤りました。すべてを整理してモジュール化するために、オブジェクトを使い過ぎています。さらに、「カプセル化された」オブジェクトまたは抽象データ型の誤解を招く理論上の単純さは、メソッドがクラスに属し、実装が完全に単一クラスであると見なすことを意味します。これにより、1つの引数のみに基づいてメソッドが選択されます。これは通常、ドットの左側に配置されます。

これは実際にはうまく機能しないため、プログラミング言語は複雑なその場しのぎの解決策を追加して問題を回避する必要があります。例えば、C++のテンプレート、C#とJavaのクラスとインターフェイスの区別(言語の進化に伴いクラス機能がインターフェイスに徐々に漏れていく)、C#の「部分クラス」がそうです。

これはどのように起ったのか? 私は、1960年代にAlgol(アルゴル)を、それから本質的にAlgolに動的な機能を追加したSimula(シミュラ)とSmalltalkを非難しました。その時点から、プログラミング言語の設計は出だしで間違い、50年経っても混乱したままです。

Hacker News

米国は、ファーウェイが携帯電話ネットワークへのバックドアアクセスを持っていることを証明できると言う

ars technicaより

米国は証拠を公表していないが、伝えられるところによればイギリスとドイツとその情報を共有した。

本日発表されたウォールストリート・ジャーナルの記事によると、米国当局は、ファーウェイが世界中の携帯電話ネットワークへのバックドアアクセスを持っている証拠があると述べている。

「私たちは、ファーウェイが世界中で維持および販売するシステム内の機密情報および個人情報に密かにアクセスする能力を持っている証拠を持っています」と、米国国家安全保障顧問のロバート・オブライエンはジャーナルに語った。

米国は、ファーウェイが通信事業者に販売するネットワーク機器を介して密かにネットワークにアクセスできると長い間主張してきたが、政府は以前、証拠を示す必要はないと主張していた。米政府当局者はまだそのような証拠を公に提供していないが、他の国とそれらの情報を共有し始めていると、ジャーナルのレポートは述べた。

ジャーナルは以下のように伝えた:

米国は、昨年末まで、米国当局がイギリスとドイツを含む同盟国に詳細を提供するまで、諜報機関を高度に機密扱いにした、と3国の当局者は語った。これは米国による戦術的な転換であり、過去にはファーウェイが国家の安全を脅かすという脅威の確固たる証拠を提示する必要はないと主張していた。

米国はこの証拠をトランプ政権が同盟国を説得することを試み、ファーウェイの装置をネットワークから外そうとしている。

米国当局は、ファーウェイのバックドアアクセスを「2009年に初期の4G機器で気付いたので」分かっていると言った。しかし、ジャーナルが引用した米国当局者は、「米国がこのアクセスを使用してファーウェイを監視していたかどうかを言うことを拒否しました。」

法執行機関向けに設計されたバックドア

キャリアに製品を販売する通信機器メーカーは、「法律により、当局が合法目的でネットワークにアクセスするためのハードウェア方法を組み込むことが義務付けられている」が、彼らは「製造業者がネットワーク事業者の同意なしにアクセスできないような方法で機器を構築する必要もある」とジャーナルは書いている

米国の当局者は、ファーウェイがこれらの法律に違反しており、複数の国で施行されていると述べている

米国当局は、ファーウェイが、通信事業者の知らないうちにこれらのインターフェースを介してネットワークにアクセスするメーカーの能力を密かに保持する機器を構築したと言う。当局者は、ファーウェイがネットワークにアクセスできると信じている場所の詳細を提供しなかった。他のメーカーでは同じ能力を持っていない、と彼らは言った。

ある米国当局者は、「ファーウェイはその地域の顧客やホスト国の国家安全保障機関にこの秘密のアクセスを開示していない」とジャーナルに語った。

ファーウェイはスパイではないと言う

ファーウェイは、過去に行っていたように、「ネットワークのセキュリティやクライアントのデータのセキュリティを侵害したり、危険にさらしたりすることは一切ない」と述べ、最新の主張に異議を唱えた。ファーウェイはまた、米国は「具体的な証拠も提供せずに」告発をしたと述べた。

「ファーウェイの従業員は、ネットワークオペレータからの明示的な承認なしにネットワークにアクセスすることはできない」と、ジャーナルによるとファーウェイの関係者は述べている。

米国政府は、通信ネットワークのファーウェイおよびZTE機器の量を削減するように動いている。連邦通信委員会は 、FCCのUniversal Service Fund(USF)によって支払われたプロジェクトでファーウェイとZTEの装備を禁止するために11月に満場一致で可決した。FCCのアジット・パイ議長は、当時、ファーウェイとZTEは「中国共産党政府と軍事機器と密接な関係がある」と述べ、「中国の法律により、中国の諜報機関からの要請に協力し、それらの要請を秘密にすることを広く義務付けている」と述べた。

ファーウェイは低コストの機器を販売することで小規模ネットワーク事業者にアピールしているため、禁止は小規模キャリアに最も大きな打撃を与えると予想される。対照的に、2018年3月のウォールストリート・ジャーナルのレポートによると、AT&Tのような大手通信会社は「ファーウェイから遠ざかった」。

Hacker News

アンドリュー・ヤンが大統領選から脱落

Slashdotより。残念!!🥺

Venture for Americaの起業家であり創設者であるアンドリュー・ヤンは、ニューハンプシャー州予備選での期待外れの情勢の後、大統領の選挙キャンペーンを終了する。ワシントンポストのレポート:

「私は数字に詳しい男(numbers guy)だ」マンチェスターのピューリタン・バックルームで支持者に演説する前、ヤンはインタビューで語った。「こうした[今後の]状態では、代理人を取得するしきい値にならないので、この選挙運動の目標を促進するという点で、固執することは必ずしも有益でも生産的でもない。私はドナルド・トランプを破る優れたチャンスを与える特定の候補者であり、その意見を公表することが重要だと思う。」ヤンは言った。彼はまた、別の候補者の副大統領候補になるか、大統領の政権に参加することに対してもオープンだと述べた。

街頭演説で、ヤンは自動化が引き続き米国にもたらす社会的および経済的変化について警告した。彼は、米国市民のために月額1,000ドルの「自由の分配(Freedom Dividend)」という形でユニバーサルベーシックインカムを実装することにより、それに対抗することを提案した。時には、選挙遊説での彼の荒々しいメッセージは、陽気で不気味なキャンペーンスタイルとは対照的でした。ヤンは候補者フォーラムでクラウド・サーフィングをし、時にはバスケットボールゲームをピックアップするために他の有名人に挑戦した。彼は90年代のマーク・モリソンのR&Bヒット「Return of the Mack」のほぼすべてのステージに半分踊り、「ヤン・ギャング」と呼ばれる支持者の忠実な支持者を生み出した。彼らはしばしば、トレードマークの「数学(math)」の帽子を身に着けたイベントに現れ、事実と研究に対する彼の自明の強調と、彼の立候補を取り巻くオタク文化の両方にうなずいた。「これは歴史上最もオタクな選挙運動だ」とヤンは昨年ワシントン・ポストに語った。

ヤンはまた、ユニバーサルベーシックインカムの提案に似たパイロットプログラムに選挙運動の資金を使用した最初の大統領候補でもあった。「彼は月曜日にCNNに、自由の分配の概念は「どこにも行かない」と語り、火曜日に民主党の政治に新しいアイデアを押し付けたことを強調し」とワシントンポストはレポートしている。「彼は数学でその点を指摘した。」

「今、民主党員の66パーセントがユニバーサルベーシックインカムを支持している」とヤンは言った。「18〜34歳の若者では72パーセントだ。」

フレッド・ウィルソンのブログより

アンドリュー・ヤンが昨夜民主党の指名のために候補者争いを去るのを見るのは残念だ。彼は、プライマリーと呼ばれるスローガンにユーモア、楽しさ、そしてたくさんの新しいアイデアをもたらした。彼が恋しくなるだろう。彼がどこか他の場所に現れ、彼のかなりの才能を私たちの国に貸してくれることを願っている。

私たちのポートフォリオ企業であるRecount Mediaは、彼の選挙戦での時間に本当に素晴らしい賛辞を表し、YouTubeに短いバージョンを以下に埋め込みんだ(電子メールでは届かない)。Recountモバイルアプリをダウンロードするか、そのWebサイトにアクセスすると、長いバージョンを見ることができる