9/20/2019

リチャード・ストールマンと無知なオタクの落下

WIREDより

スティーブン・レヴィ

議論の余地のあるフリーソフトウェアのパイオニアは、ジェフリー・エプスタインとマービン・ミンスキーに関する発言によってMITを辞任しました。ストールマンが最後ではありません。

数日前、私に向けられたツイートがありました:

「ハッカーズ」のブルーカバーバージョンの別のコピーを見つけたら、もう一度サインしてもらうことができますか? 私が現在持っているものは、1999年にLinuxWorldで、あなたとリチャード・ストールマンによってサインされました。

これにはある程度のデコードが必要です。35年前、私は「ハッカーズ」という本を書きました。最後のセクションでは、MITでの情報共有の不名誉なサブカルチャーの唯一の生存者であると考えていた非常に奇妙な若者に集中しました。彼は、先住民族の唯一のメンバーで、最後のヤヒ族であり、イシのように言いました。ストールマン、別名RMS(彼のメールハンドル)は、後にデジタルソフトウェアの分野でフリーソフトウェアの熱心な擁護者として名声を得ました。先週、ストールマン(過去にWIREDで寄稿した)は、若い女性とのセックスが「性的暴行」ではないことを暗示していると、ジェフリー・エプスタイン事件に関するコメントを書きました。彼のアーカイブを深く掘り下げると、小児性愛に関する疑わしいコメントが明らかになりました。今や、ストールマンは、彼のサインを焼くために炎に本を投げつけていることに気付いた元オタクにとってさえ、嫌われ者です。

昨日、RMSはMITと彼が設立したフリーソフトウェア財団を辞任しました。フリーソフトウェアの動きを追いかけていた人たちにとって、MITを去るストールマンは、マサチューセッツ・アベニューの大きなドーム自体が立ち退き通知を受け取るようなものです。しかし、何十年も彼の行動について、正しい判断ができない態度とクレームが女性から噴出した後では、ストールマンの時代は終わりました。

この瞬間はストールマンを超え、マッカーサーの「天才」は、最近私たちの世界を運営しているオープンソースソフトウェアの重要な部分の受領者と著者を授与しています。MIT自体は、エプスタインのために崩壊しています。エプスタインは、彼のお金とそのリーダーが彼の魅力と考えたもので、メディアラボにうまく入り込んだ、現在亡くなった連続強姦犯です。研究所の所長であるJoi Ito(WIREDの寄稿者)は圧力を受けて辞任し、人々は明らかに支払いを許可したMITの理事長の追放を求めています。しかし、ストールマンのスキャンダルは他のことに触れています。私たちのデジタルワールドを構築しただらしない頭脳と、ハッカーの努力の恩恵を受けた学界とビジネスのエリートによる女性の待遇に対する今にも爆発しようとしている憤りです。エプスタインの摘発により、怒りが抑えられなくなりました。

ストールマンは、故人で人工知能の第一人者マービン・ミンスキーを擁護するCSAILメールスレッド(頭字語はMIT Computer Science and Artificial Intelligence Labの略です)に投稿することにより、その怒りの道に身を置きました。証言において、エプスタインの犠牲者の1人は、ミンスキーとセックスをするように彼女に指示したと言います。ストールマンは、彼を知っている人なら誰でも驚かないような反応をしました。そのように扱われた若い女性の痛みを考慮する代わりに、彼はこのような事件が「性的暴行」の適切な事例であるかどうかケチを付けました。そして、彼は、喜んでミンスキーに自分自身を捧げたようだと結論を下しました。(ミンスキーが女性とセックスしたかどうかは、まだ決まっていません。) 電子メールスレッドには、別のよく知られたストールマン主義(Stallman-ism)があります。彼は実際の証言を読みたいと思っていましたが、それはGoogle Docsでのみ利用可能でした。ストールマンはすべての商用ソフトウェアをボイコットしているので、誰かにそれを送るように頼まなければなりませんでした。

ストールマンは10年以上前に、14歳の少女には自由意志があり、従って彼とセックスをする年配の男性の被害者ではないかも知れないと意見を述べ、小児性愛についてのばかげたコメントで同様の無知を示しました。最近、彼は、若い女性が実際にそれらの相互作用から被害を受けていることを説明するために苦労し、彼の心が変わったと言って、撤回しました。彼は、この記事の公開時までにコメントのリクエストに応じませんでした。

ストールマンの弱点は、コンピューターサイエンスの世界の伝説です。彼に会ったことがない人でも、彼の癖を知っています。沢山あります。彼がスピーチをするために旅行する時、彼はホテルに泊まるよりもホストの家に滞在するのが好きです。数年前、それらの幸運なホストのための指示リストが登場しました。そのローリングストーンズを簡単に見せてくれました。例えば、彼はオウムが好きで、フレンドリーなオウムとやり取りしたいのですが、ホストが訪問のためだけにオウムを買う義務を感じないことを望みます。

一般的に、不適切(inappropriate)という言葉は彼の語彙には無いようです。彼はかつて、私の友人を高級レストランでの昼食に招待しましたが、彼女は髪をとかし、適切な服装をするという条件で受け入れました。気持が良い食事の後、彼は彼女に自分が踊るのを気にしないかと尋ねました。(ストールマンは有名なフォークダンス好きです。) 「どうぞ」と彼女は言いました。彼はテーブルの周りを独り占めし、大声で大騒ぎして、食事の不快感に無関心でした。

同じことを忘れていたため、電子メールリストのジョークや、昨日まで客員サイエンティストだったMITのこのドアに走り書きされた名前カードが悪用された可能性があります。「リチャード・ストールマン」、それは黒のシャーピーで、「正義の騎士(また: ホットレディ)」と読めました。

その名刺には、MITの卒業生Selam Jie Ganoの最近のMediumの記事にあった画像であり、彼女は、彼がキャンパスから放り出されることを要求しました。彼女のエッセイは、エプスタイン後の時代、そしておそらくテクノロジーの世界全体でさえ、MITで女性が声を上げた一つの例です。「他の人は咎められる事なく許されるべきだと非難する彼らのコメントを賞賛する人間は一人もいません」と彼女は書きました。「これらのコメントがレイプ、暴行、児童の性的人身売買に関する言い訳である場合は特に」

質問は「無知が許されなくなるのはいつですか?」 Selam Jie Ganoが答えました。今。特に、何十年もの間、無頓着な性差別が叫ばれなくなる文化と協力していくときです。先週、電子フロンティア財団から相応の賞を授与されたMITの卒業生danah boydは、母校を非難し始め、ミンスキーの不適切なコメントを含め、長年の性的嫌がらせを引用しました。 怒りは本物で正当化されています。これが改めるきっかけです。

そして、リチャード・ストールマンにとっては、構文上の議論(semantic argument)の方法によって性的虐待の痛みを忘れ去ることは確かに恐ろしい瞬間です。

ストールマンは「政治メモ」のランニングログを保持しています。これは興味を引くもので、彼はリンクやしばしばコメントを投稿します。(それが小児性愛に関する彼の以前の発言のソースでした。) 月曜日に、Sacklersの金融取引と気候変動に関するエントリーの間に、彼は多くの点で時代を終えた個人的なコメントを書き入れました。「マサチューセッツ工科大学のCSAILでの職位から直ちに辞任します。これは、一連の誤解と誤った特徴付けに対するMITと私への圧力のためです。」後に、フリーソフトウェア財団は、創設者と代表も辞任したと発表しました。

このストールマンの話には悲劇的なスレッドがあります。無神経さから生じる傷を理解できない彼は、彼が知っていて愛した世界から追放されました。私は、彼にとって次に何が起こるか心配です。しかし、より大きな悲劇は、そのような行動が不適格と見なされるまでに掛かった時間です。ストールマンは比類なくストールマンですが、ハッキングやコンピューティングをさらに高いレベルに導いた女性を歓迎しなかった文化の代表でもありました。ストールマンは私が彼に35年前に見出した時よりもずっと孤独でいます。しかし、彼を彼のような最後の生き残りとは呼ばないで下さい。報いが続くにつれて、さらに多くが落下するでしょう。

9/19/2019

地球温暖化は考えていたよりも早く、新しい気候モデルがそれを示す

Slashdotより。既に手遅れ...😱

匿名の読者がPhys.Orgのレポートを引用する:

現在の国連の予測で使用されているものに取って代わる新しい気候モデルによると、主に化石燃料を燃やすことによって温室効果ガスが大気中に押し出され、地球の表面が以前に理解されていたよりも早く暖められている、と科学者らは火曜日に述べた。2100年までに、炭素排出量が衰えずに続く場合、平均気温は産業革命前のレベルよりも7.0℃上昇する可能性がある、とフランスの2つの主要な研究センターの別のモデルが示した。これは、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の2014年ベンチマーク第5次評価レポートの同等のシナリオよりも最大2度高い。

また、新しい計算では、地球温暖化を2℃、可能な場合は1.5℃に抑えるというパリ協定の目標は、良くても挑戦的であることを示唆している、と科学者は述べた。「私たちの2つのモデルでは、SSP1 2.6と呼ばれるシナリオ — 通常は2℃未満にとどまることができる — がそこまで到達しないことが分かります。」パリのピエール=シモン・ラプラス気候モデルセンター研究所長のオリビエ・ブシェールは、AFPに語った。CMIP6としてトータルで知られている30余りの新世代の気候モデル(火曜日に発表された2つを含む)は、2021年のIPCCの次の主要なレポートの根拠を与える。

リーダーシップの責務: リチャード・ストールマンが辞任する事が正しかった理由

Righteous Ruminationsより

多くの問題で中道右派なのは、私は一般的に、激昂した群衆が人を仕事から追い出すの強いることをいかなる時も最もしそうにない人だからです。また、私はリチャード・ストールマンの仕事の長年のファンでもあります。彼は、データプライバシー、政府のハイテク大手との共謀、プロプライエタリソフトウェアに依存する一般的なリスクに関する問題について言い当てていたことを証明しています。彼は、私が昨年Googleから移行した理由の一部です(明らかにBloggerを除いて...)。ストールマンのせいで、私の友人は私を「偏執的なハッカーの男」と知っています。私は、ロックダウンされた2台の電話を使用し、すべてのデータを複数の場所で暗号化してバックアップし、すべてのコンピューターをリモートでシャットダウンまたはワイプできます。

私は、ストールマンに多大な知的恩義をもらっていますが、「キャンセルカルチャー」は好きではありません。従って、エプスタイン事件に関して彼が行ったコメントのせいで、彼がMITやフリーソフトウェア財団での地位を辞任するという最近の決定に強く同意することは驚きになるかも知れません。

ここで私が言うことはたくさんありますが、簡潔さを目指します。

  1. これは言論の自由や検閲の問題ではありません。検閲は政府の行動だけではないことに同意します。私たちは持論のために人々罰をする民間団体を称賛すべきではありません。しかし、あなたが組織のリーダーである場合、あなたの言葉は重要です。首相や最高経営責任者は、考えずに衝動的に行動することはできません。間違った言葉は、株式市場を転倒させ、国際紛争を引き起こし、雇用を破壊し、社会不安などの事態を招く可能性があります。

  2. Viceなどのメディアが彼の発言を誤って特徴付けている(mischaracterized)ことに同意します。右翼のSJWタイプは、今や彼を小児性愛者と呼んでいます。これは公平ではありません。ストールマンは仲間を弁護しようとしていました。しかし、最終的に彼が死ぬことを厭わなかった丘は、「73歳が未成年の少女と性交しても 、彼が未成年で強制されていることを知らなければ、それほど恐ろしいものではないかもしれません」でした。これは、リーダーとしての役割を持つ人間にとっては、非常に悪い判断を示しています。

  3. 第一に、被害者とされる人物がまだ生きており、正義を得ようとしている児童レイプの場合、疑わしい虐待者の1人が無実であった可能性について公に推測するのは無謀です。これは共感の欠如を示しています。一般に、刑事事件では、被害者に注意と同情を向けるよう努めるべきです。これは、「疑わしきは罰せず」という原則を無価値にするものではありません。場合によっては、被告人に同情するかもしれません。例えば、金持ちから盗み出した飢えたホームレスの男です。そのような場合に犯罪者に公的に同情することは攻撃的ではありません。児童レイプの場合、これはそうではありません。

  4. さらに重要なことに、ストールマンはリーダーシップが何を要求するのか理解していないことを示しました。リーダーは特定の資本 — 言葉の力を持っています。彼はMITの評判、フリーソフトウェア財団の原則、何千人もの支持者、寄付、希望者、卒業生などが支持しています。 彼がデータプライバシー、環境保護、刑事司法改革などを推進するために彼の立場を利用することは彼にとって一つのことです。彼の背後にある機関の名声と権限を活用して、児童レイプの潜在的な行為を減らそうとすることは、彼にとってもう一つのことです。彼は、彼の同意なしに密かに録音している友人とのプライベートな会話中にこれらのコメントをしなかったことを思い出して下さい。彼は、学生との公開フォーラムでコメントしました。MITとFSFコミュニティは彼を追い払う権利がありました。

  5. リーダーシップの責務は、自分のためだけに話さないことです。リーダーは国民の認識に注意を払わなければなりません。彼らは、匿名の大衆の心の中で何が起こっているかを認識しなければなりません。これは、事実、科学、理性などに焦点を合わせたい人にとって、資産家にとっては簡単なスキルではありません。しかし、リーダーシップの役割を持つ人にとって必要なスキルです。

  6. さらに、その日の終わりには、ストールマンの議論もひどく悪かった。彼は、もし少女が強迫されていないようであれば、法的に無罪でないにしても、ミンスキーは道徳的には無罪になると示唆しています。ほとんどの人はこれに同意しません。無知を言い訳にすることができたとしても、ほとんどの人は子供とサックスして構わないとは考えません。法定強姦は、法律が意図を気にかけない数少ない分野の1つであり、ほとんどの人は子供を保護するため、これを支持しています。そのような抜け穴が存在する場合、小児性愛者は搾取のためにシステムをすぐに組織するでしょう。

  7. さらに、彼はティーンエイジャーとサックスする73歳を擁護しています。それが強制的ではないとはどんな世界でしょうか? 10代の少女は、一般的に祖父とセックスはしたくありません。絶対的な最良のシナリオでは、彼女は売春婦だったのかもしれません。たとえ彼女が法定年齢であったとしても、売春は依然として違法であり、MITコミュニティは、彼らのリーダーシップがメンバー間のこの種の試練を守ることを望んでいません。これはほとんどの人にとって明らかなはずですが、ストールマンは性に関する彼の見解については主流から少し外れています。(ストールマンの小児性愛に関するさらなるホットテイクについては、そのリンクページで「sex」をテキスト検索)

多くの優秀な人々は、リーダーシップを発揮するために生まれてきたわけではありません。私がストールマンを尊敬しているのと同じくらい、彼はフリーソフトウェアのひどく効果的な支持者だとは思いません。証拠は私たちの周りにあります。彼の世界観は失われました。 スノーデンはそれを十分に明確に示しているはずです。私たちは、ソーシャルメディア上の正規化された検閲、雇用されたい場合は民間のテック大企業の気まぐれに依存し、重要なソフトウェア技術に関する一般的な自由と選択の欠如の世界に住んでいます。テクノロジーコミュニティ全体の文化的傾向を考えると、FSFでの新しいリーダーシップについては楽観的ではありませんが、ストールマンが素晴らしい仕事をしているというわけでもありません。

彼はリーダーシップの最も基本的なテストに失敗しました。当たり前の立場をとらないでください。

Hacker News

9/18/2019

FSF理事としてのストールマンの最後のインタビュー: 先週、マイクロソフトの訪問について彼に質問しました。 今、彼はエプスタインの電子メールの嵐の中でトップの役割を辞めます

The Registerより。ストールマン辞任のニュースは、様々なニュースで報道されている(一連のストールマンへの批判は、魔女狩りのように感じなくもない)。

GNUの創設者は、ミンスキーが開発世界の「我慢の限界(final straw)」を擁護した後に辞任

By Thomas Claburn

The Registerが、フリーソフトウェア財団の創設者であり、GNUプロジェクトのクリエイターであり創設者であるリチャード・ストールマンがMicrosoftの本社で講演するよう招待されたことを知った直後、マルウェアのメーカーとしてFSFによって選ばれた会社でのソフトウェアの自由を擁護することの明らかな不一致について尋ねるために彼にメールを送った後の短いインタビューです。

驚いたことに、他ならぬストールマンは、9月12日木曜日にサンフランシスコに来るので、インタビューに自発的に申し出ました。

その日は、XYZ Roboticsでのメカニカルエンジニアであり、MITの卒業生であるSelam Ganoが、MITのメーリングリストの投稿で、ストールマンが論争を呼ぶMedium上の投稿を公開した日で、MITの学生の抗議は9月13日金曜日に予定されていました。

その抗議には、先月、連邦の性的人身売買容疑を待っている法廷の後で自殺した投資家ジェフリー・エプスタインによる大学への寄付を知っていた上級大学管理者の解雇を求めるために組織されました。抗議の説明には、亡くなったAIの「パイオニア」であるマービン・ミンスキー(エプスタインの被害者の1人から暴行を受けたとして告発されている)への言及が含まれていました。

被害者のVirginia Giuffreは、以前、エプスタインの米領バージン諸島の隠れ家でミンスキーとセックスをするように言われたと言いました。彼女は当時17歳でした。

ストールマンは、MITメーリングリストへの投稿では、Ginuffreがセックスを強要されたことにミンスキーが気付いていなかった可能性があると、目を見張るほど無神経な主張しました。

「もっともありそうなシナリオは(most plausible scenario)、彼女が彼に完全に自発的(entirely willing)に自分をささげたということです」と、ストールマンは先週の水曜日に彼の投稿に書きました。「彼女がエプスタインに強制されていたと仮定すると、彼は仲間からそれを隠すように彼女に言うあらゆる理由があります。私は、非難インフレーション(accusation inflation)の様々な例から、この告発の中で「性的暴行(sexual assault)」という用語を使用することは絶対に間違っていると結論づけました。」

インターネット上、およびニュース出版物の中では、17歳の人身売買の輪の被害者の性的暴行を軽視しようとするこの試みはうまく行かず、過去のメールやオンライン投稿をさらに精査して事態を悪化させました。彼は以前、同意年齢の法律と「自発的な小児性愛(voluntary pedophilia)」の誤りについて懐疑的であり、子供と大人が合意した性交をしても害はないと考えを述べていました。

The Registerはストールマンに、彼についてのGanoの苦情に対応したいかどうか尋ねた。金曜日の電子メールで、彼は、「私は、男性、女性、またはどちらでもないすべての人のあらゆる種類の権利に関心があります。私が書いたものを人々が読んでくれることを望みます。この告発は私を傷付けます。」

その同じ日、彼はメディアが彼の声明を誤って特徴づけた(mischaracterized)と彼の個人的なブログにメモを投稿しました。

「ニュースの見出しは、私がエプスタインを擁護したと言っています」とストールマンは書きました。「事実とまるでかけ離れています。私は彼を「連続強姦犯(serial rapist)」と呼んで、彼は投獄に値すると言いました。しかし、多くの人々は今、私が彼を擁護したと信じています — そして、他の不正確な主張 — 彼らは私が言ったと信じているために心底傷付きました。感情を害したことついては申し訳ありません。誤解を防げたらよかったのですが」

そして、彼は小児性愛に関する過去の発言を放棄しました。

彼は、「何年も前に、私は、子供がそれを受け入れた場合、大人と子供の間のセックスについて何も悪いことは見られないと投稿しました。近年の個人的な会話を通して、私は子供とのセックスが心理的に害を及ぼす可能性を理解することを学びました。これは問題についての私の考えを変えました。大人はそれをすべきではないと思います。私が理由を理解することができた会話に感謝します。」と書きました

しかし、自ら招いた、あるいはそうではないダメージがありました。

月曜日、Software Freedom Conservancyは彼の辞任を求めました。「彼が長年にわたって公開してきた他の非難可能なコメントを考慮すると、これらの事件はフリーソフトウェア運動の目標と相容れない行動パターンを形成する」と同グループはブログ記事で述べました。「私たちは、ストールマンが私たちの運動の指導者の地位から辞任することを求めています。」

GNOME財団のエグゼクティブディレクターであるNeil McGovernも同様でした。彼は、ストールマンのミンスキー擁護のメールは、「我慢の限界」でした。

ストールマンは月曜日の夕方までに、MITの評判の高いコンピューターサイエンスおよび人工知能研究所(CSAIL)の客員サイエンティストを辞任し、決定的には、Free Software Foundationの代表と理事職を辞めました

「マサチューセッツ工科大学のCSAILでの職位からすぐに辞任します。これは、MITと私に一連の誤解と誤解に対するプレッシャーがあるためです」と彼はウェブサイトで不満を述べました

一方、FSFは声明の中で彼の辞任を確認しました。「2019年9月16日、Free Software Foundationの創設者兼代表であるリチャード・M・ストールマンは、代表を辞任し、理事からも辞任しました。理事会は新しい代表をすぐに探し始めます。」

公開するかどうか

つまり、このインタビューについて言えば、明らかに彼のフリーソフトウェア運動のリーダーとしての最後となるものです。ストールマンの状況が過去数日間で変化したため、この記事をどうするかについて議論しましました。木曜日に彼がオフィスを出てから数時間以内に、GanoのMediumへの投稿が公開され、洗いざらい流されました。その怒りは本物でした。

月曜日までに、私たちがこの記事を改訂していた時、彼はFSFとMITを去りました。

私たちは彼の過去と現在の見解を十分に知っていたら、人を怒らせるものに注意を払っていたら、前日に彼のMIT電子メールを見ていたら、インタビューはMicrosoftでの彼の見方とソフトウェアの自由に関する彼の見解から遠ざかり、かなり違っていたでしょう。

ただし、記事をビンに入れたり、サイトの裏に埋めたりするのではなく、言論の自由の社会的影響を認めて並べることにしました。

後から考えると、ストールマンの記事に関連して使用されている単語に対する厳格な基準は、彼自身の声明によりよく適用されていたでしょう。

ストールマンには(彼の講演会の付帯事項(speaking gig rider)には度肝を抜かれる)、インタビューを受けるためのいくつかの特定の前提条件がありました。

彼は、作成に協力したオペレーティングシステムを参照することになりますか、それを「GNU」と呼びますか、と尋ねました。「Linux」はカーネルを指し、オペレーティングシステム全体の多くのコンポーネントの1つにすぎないと彼は言いました。そして、それらの線に沿って、彼はこの記事を「Linux」というラベルの付いたカテゴリーに入れないように頼みました。これについての彼の見解のかなり長い説明は、FSFウェブサイトで見つけることができます。

彼はまた、フリーソフトウェアの擁護者としての彼の作品を「オープンソース」に結び付けないよう求めました。「それはフリーソフトウェア運動の哲学を拒否する人々によって1998年に採用されたスローガンです。彼らは彼らの意見を促進する権利を持っていますが、私たちは彼らの意見ではなく私たちの意見に関連付けたいと思います」

その後、The Registerの米国での事業の拠点である建物の中に入る用意の課題がありました。ストールマンは、彼の名前がデータベースに残る可能性を避けるために、建物のスタッフに名前で識別されないように要求しました。「人の追跡を抵抗することは皆の義務です」と彼は説明しました。

ロビーで彼に会うことは、名前の付いていない個人を認めるようにフロントデスクのスタッフに依頼する方法を考え出すよりも簡単であることが分かりました。やがて、ミスターアノニマスをオフィスに入れることができ、次の会話が行われました…

The Register: GNU General Public Licenseに対して過去に反感を示した会社で、あなたが批判した会社であるMicrosoftへの最近の訪問について話しましょう。

ストールマン: まず第一に、私は常にフリーでないソフトウェアを作ることについてMicrosoftを非難しました。まだフリーでないソフトウェアを作っています。そして、私はまだそれが不正行為だと言います。しかし、同じ種類の不正を犯している他の多くの企業と同じです。だから、特にMicrosoftが嫌いというわけではありません。Microsoftが偉大なサタンであるとは信じていません。私たちの努力の目的が、特にMicrosoftを打ち負かすことだとは思いもしません。もし、他のすべてのプロプライエタリなソフトウェア会社を去ったとしても、それは勝利ではないからです。それらはすべて、コンピューティングのユーザーを服従させることに貢献しています。そして、私たちの目標は、それを誰が、または何をしていようとも、その服従に終止符を打つことです。

そのため、マイクロソフトと話すことを拒否する特別な理由はありませんでした。さて、次の質問は、それはトラブルの価値がありましたか? 幹部が私を招待したので、私はそれがトラブルの価値があると思いました。起こりうる最悪の事態は、彼らが私が言ったことを拒否し、何も達成しないことです。しかし、この会社の重要性を考えると、彼らが耳を傾ける傾向があるように思えたら、私は彼らと話をするべきです。そして、私がしたことがうれしいです。

彼らが私に言ったことは、彼らの主な分野は現在エンタープライズサポートサービスであるということでした。そして、これらは倫理的な方法で行われる場合とされない場合があります。しかし、そのビジネスを行うことに関して本質的に非倫理的なことは何もありません。従って、私は彼らに提案をし、彼らに私がしたフリーソフトウェア運動の哲学を提示することは当然だと思いましたし、私はしました。そして、私は彼らの慣行の特定の変更、フリーソフトウェア運動を助ける変更を要求しました。

The Register: Microsoftはあなたの提案を受け入れているように見えましたか?

ストールマン: 彼らは一般的に受容的であるように見えました。しかし、Microsoftが実際に何かを変更するかどうかは、まだ分かりません。多分、それは他のものではなく、いくつかのことを変えるでしょう? それはしばしば起こります。しかし、私は会社が個別に行っているそれぞれのことを判断することを信じています。だから、会社がこのことをやっていて、それが間違っていて不公平であり、このことを助けているのなら、私はそれらを合算したくありません。これら2つのアクティビティが実際に分離可能である場合、言い換えれば、それぞれを個別に見て、互いに区別することが可能である場合、それらが互いに結びついていない場合、それは無意味なことですし、次に私はそれをします。そのように、私は悪いものは何でも認めず、良いものは何でも承認することができます。これは、特定の会社の合計を1つ取得するために加算するだけで、より便利です。

The Register: フリーソフトウェア運動に非常に敵対的で、講演の招待を拒否する会社はありますか?

ストールマン: (企業は)問題について考える意欲を示すために何かをしなければなりません。例えば、「Microsoftで話しているので、Amazonで話したいですか?」と誰かが言いました。そして、私は言いました、「何か提案はありますか?」 私はそれをすることができましたが、それは何の役にも立たないでしょう。私はFSF理事会に尋ねましたが、誰もそれが何の役にも立たないだろうと示唆しました。

The Register: 「社会の硬直化がフリーソフトウェアへの切り替えの最大の障害である」というビデオを見ました。検討に値する他の障壁はありますか?

ストールマン: それらはすべて社会の硬直化の形です。そうでない場合は、社会の硬直化のために、フリーソフトウェアを完全に使いやすくし、すべてを実行させるためです。今日の問題は、モバイルデバイスでソフトウェアを作成する企業(ほとんどの場合GoogleとAppleを意味する)が、非フリーソフトウェアに基づく生活様式を確立することです。また、一部のAndroidデバイスでは無料のソフトウェアを実行できます。 Appleは、私たちをiMonsterから厳重に締め出しました。しかし、Androidデバイスを使用しても、それほど多くのことを行うことはできません。Libremの電話は一歩前進していると思いますが、それは大きな仕事になるでしょう。

しかし、あなたの動きが追跡されるため、私は単にモバイルデバイス、特に携帯電話の使用を拒否します。また、モデムプロセッサのバックドアにより、無線プロセッサビットは電話の無線ネットワークと通信し、ほぼすべての携帯電話をリスニングデバイスに変換できます。だから、私はそれらを「スターリンの夢」と呼んでいます。

The Register: Libremの電話がすべての要件を満たしていても、持ち歩きたくないでしょうか?

ストールマン: いいえ、問題の1つを解決します。無線プロセッサがマイクと通信しないため、リスニングデバイスにリモートで変換できません。また、無線プロセッサはアプリケーションプロセッサに異なるソフトウェアをインストールできません。従って、アプリケーションプロセッサに無料のシステムがある場合、無線プロセッサがそれを攻撃することは容易ではありません。

基本的に、すべての携帯電話を考えなければなりません。携帯電話には、攻撃デバイスである無線プロセッサが含まれているものも含まれます。また、ほとんどの電話では、無線プロセッサがマイクと直接通信するため、リスニングソフトウェアを無線プロセッサにロードするだけで、すぐにリスニングを開始できます。そして、無線プロセッサは、物事を止めることにも責任があると思います。そのため、ユニバーサルバックドアを使用してリスニングデバイスに変換すると、実際に遮断することを拒否し、遮断するふりをするだけです。そのほとんどは、Librem電話によってブロックされています。

しかし、それがブロックできないのは、何らかの種類の通信を受信したい場合は、自分がどこにいるかを言っている必要があるという事実です。あなたは追跡されています。 それは電話ネットワークの設計の問題です。そして、電話がそれを修正する方法はないと思います。そのため、少なくとも無線通信に関しては、ほとんど常にスイッチをオフにしていた場合にのみ、そのようなものを携帯します。しかし、それは便利でしょうか? 手間が掛かるのに、それが十分に役立つかどうかは私には明らかではありません。

しかし、私は1つの考えがあり、それは受け入れられて有用であることが分かるかも知れません。そして、それは一方向のポケットベルを携帯することであり、ページャーで私と話したい人は誰でも最初にそれが何であるかを説明します。そして、電源を入れることで自分の位置を明らかにするタイミングを決定します。それが実行に値するほど十分に実用的で有用であることが証明されるかどうか? わかりませんが、少なくとも受け入れられると思います。

The Register: ソフトウェアの自由を主張し始めたときに、長年に渡って修正しなければならなかった前提はありますか?

ストールマン: 変更された1つのことは、最近では、フリーでないプログラムも通常マルウェアであるということです。1983年にはそうではありませんでした。1983年、プロプライエタリなソフトウェア製品がマルウェアであることが発見された時、それはスキャンダラスでした。衝撃的でした。これは通常のケースではなかったので、少なくともテック報道では一種のニュースになりました。プロプライエタリなソフトウェア開発者の間でさえ、あるレベルの罪の意識がありました。

しかし、何年もの間、企業は自分たちのユーザーを虐待するという点でお互いに競争を繰り広げていたので、これらの悪徳は消え去りました。そして今、あなたが実行するほとんどすべての非フリープログラムは何らかの形であなたを虐待しています。そして、これはフリーでないソフトウェアをすべて拒否するもう1つの強力な理由です。それはあなたを虐待するように設計されています。それらのほとんどは、私たちが知る限り、ほとんどの独占的なプログラムであり、人々をスパイしています。それらにはDRMがあり、裏口があり、検閲を行います。それらは中毒性があるように設計されています。それらは人々を妨害します。プログラムされた陳腐化から設計されています。たくさんの厄介なものです。gnu.org/malwareを見ると、数百の例のカタログが表示されます。

ですから、これはあなたが自分の人生からそのようなものを追い出す必要があること、私たち全員が私たちの人生からそのようなものを追い出すために整理する必要があることをはるかに明らかにします。いつか、実際にこれに関する法律を通過させることができます。私は、フリーでないソフトウェア自体を禁止することを提案したことはありません。しかし、DRMの実装は重罪にすべきだと思います。

The Register: ヨーロッパの一般データ保護規則であるGDPRがあります。

ストールマン: 動きがあります。注意があります。しかし、GDPRはデータベースの使用を規制しようとするため、あまりにも弱すぎますが、手遅れです。データがデータベースに収集されると、それらは悪用されます。なぜなら、起こりうる多くの方法があるからです。それらの1つは、データを収集した組織による意図的な誤用です。GDPRはそれを制限する努力をします。しかし、本物の歯があることは明らかではありません。

例えば、ヨーロッパの多くの都市では、駐車料金を支払う方法として、ナンバープレート番号をパーキングメーターに入力します。現在、これは大規模な監視システムです。支払いを徴収するという副作用があるかも知れませんが、その主な効果は運転している全員を追跡することであり、それは悪質です。従って、GDPRがこれらのシステムを違法にするような方法で解釈される場合、GDPRに歯があることを祝福します。しかし、私はそれを期待していません。ヨーロッパの人々は、そうすることを期待していないようです。そして、それをしなければ、明らかに不十分です。

しかし、その後、不正な従業員がデータを悪用する他の方法があります。それは犯罪かもしれませんが、犯罪はあなたが知っているか、またはそこに緩いセキュリティを維持し、データを漏らす可能性があります。そして、他の誰かがそれを誤用する可能性があります。または、クラッカーがサイトに侵入してデータを盗む可能性があります。

ところで、彼らをハッカーと呼ばないで下さい。それは私たちのハッカーにとって不快です。ハッキングは遊び心のある賢さです。コンピューターのセキュリティを破る問題の場合は、そのクラッキングと呼んで下さい。とにかく、状態がそのデータを取得できる別の方法があります。現在、これは、各国が個人データのありとあらゆるデータベースを取得するために、セキュリティの名の下に国家への道を開いているという、世界中でますます一般的になっています。これは、米国が愛国者法で行った恐ろしいことの1つです。

はい、ストールマンは意図的にこの文脈で「愛国者(Patriot)」を2つの異なる単語として発音します。

そして、私はこれが渡される前にこれについて警告しました。2001年9月11日、次の目標が何であるかを認識するのに数時間かかりました。それはアメリカ人の自由です。そして、まさにそれが起こったのです。議会はアメリカ人の自由を標的にしました。そしてもちろん、W[ジョージ・W・ブッシュ大統領]は喜んでそれを攻撃しました。だから今、私たちは多かれ少なかれそれを取り除く必要があります。特に私たちは、今や国家安全保障に関する手紙についての部分を持っています。監視計画の司法審査を想定したシステムがあります。そして、FISA裁判所は、これらの計画をレビューすることはできなかったと言いました…。事実上、諜報機関はそれをあまりにも多くのことを禁止しており、暗闇の中でそれを維持しているので、[裁判所]は彼らが違憲なことをしているかどうかを知ることができませんでした。それは私たちの権利を侵害するためのレシピでした。

The Register: それが私の次の質問につながります。世界中の市民的および政治的自由の低下は、フリーソフトウェアにどのような影響を与えるのでしょうか? それはフリーソフトウェア財団の使命をより困難にしますか?

ストールマン: かも知れません。自由を手に入れることができる唯一の場所がコンピューターの中にあるのなら、あなたは人生と自由を生きているわけではありません。ご存知のように、私はフリーソフトウェア運動に私の努力を集中させています。それは私が焦点を当てている問題だからです。多くの人々がしなければなりませんが、それは私たちが自由を擁護しているこの戦いの他のすべての劇場の重要性を減じることはありません。そして私はサンダースを大統領またはウォーレンのために支援します。そして、民主主義を回復するのに十分な大きさの変化を提案する人々がいることを願っています。彼らは民主主義を回復したいと考えており、いわゆる中央集権主義者、いわゆる民主党は、金権主義を継続させることに満足しています。

1990年代以降、世論は本質的に政治的決定から切り離されていることを知っています。これがおそらく、政治が無益であるために、多くのアメリカ人が政治が無益であると感じる理由です。しかし、それを変えることを主張する十分な人を選出すれば、それを変えることができるかもしれません。そして、そうすることを試みる機会があります。そうしないと、どこにでも広がっている大規模な監視システムを押さえ込まなければ、サンダースは政府による顔認証の使用を禁止することに賛成しています。それが、顔認識に関して私たちが取らなければならない最初のステップです。しかし、私たちは顔の認識の個人使用を禁止しています。ただし、非常に狭い状況で、その人のリストが狭く指定されている場合を除きます。それ以外の場合は、すべての人の民営化された合計追跡になります。

The Register: これは、Amazon Ringの警察とのパートナーシップですでにある程度起こっています。

ストールマン: 私は、通りの向こうにリングの呼び鈴を発見した友人がいて、彼らは彼らを訪ねに来る人々の監視を不愉快に思っています。今、私はそれらのビデオドアベルの1つを設定したい場合、通りを通過するすべての人を見ることができないように画面を設置しなければならないという法律が必要かもしれないように思えます。人々があなたのドアのベルに来た人を見るだけなのにです。

The Register: GNU GPLの現状は? ソフトウェアの自由に関する要件に引き続き対応していますか?

ストールマン: GPLバージョン3を改訂する必要はありません。いつか起こるかもしれません。しかし、これまでのところ、新しいバージョンを作成する手間をかけるだけの価値はありません。しかし、完璧なものはありません。そして状況は変わります。 GPLの変更の理由は2種類あります。1つは、バージョン1と2、および状況と法律と慣行の変化について、私が注意を払う立場になかった問題です。1つの簡単な例を挙げます。1991年にGPLバージョン2を公開したとき、BitTorrentのようなものは想像していませんでした。しかし、BitTorrentでは、受信しているときは送信もしています。そのため、BitTorrentを使用してGPLで保護されたプログラムのバイナリをダウンロードするとどうなりますか。GPOバージョン2では、そのバイナリを再配布しているため、GPLに違反しています。

ただし、バイナリを再配布する方法には条件があります。ソースコードを提供する必要があります。そして、おそらくあなたはそれをしていない、あなたはバイナリをフェッチするだけです。バイナリはその時点で取得したいものだからです。従って、これはGPOバージョン2に違反しますが、明らかに、許可されるべきです。従って、GPOバージョン3では、許可するための変更があります。システムを使用してバイナリを取得する場合、そのシステムの性質は、ダウンロードしているものと同じものを再配布することであり、それがバイナリを配布する唯一の方法である、と言っています。tarをごまかしても、ソースコードを公開しなければなりません。しかし、あなたは自分でそれをする必要はありません。

The Register: 機械学習とAIは、ソフトウェアの自由に対する従来のソフトウェアとは異なる課題を提起しますか?

ストールマン: 別のものではありません。 誰かが何らかのAIテクニックを実行するバイナリプログラムをリリースした場合、そうですか? まあ、それは他のフリーでないプログラムと同じ不正です。ユーザーの自由を奪い、強要し、プログラムの所有者の力の下に置きます。しかし、特にAIに起因する新しい問題を探している場合、問題はないと思います。

私は、AIは力の格差を強めるので、AIは非常に重要な政治的問題を引き起こすと思います。データを使用して社会を支配する企業は、AIから非常に多くの利益を得ることができます。彼らは人々についてのデータベースでそれを使用して、これらの人々についてさらに理解することを学ぶことができます。これらのデータベースがまったく収集されることを許可しないほうがよい理由です。それが、GDPRを超えるために、問題を本当に解決するのを見た方法です。 データベースの使用を規制するレベルで問題に対処する代わりに、これらのデータベースを収集させません。システムは、あらゆる種類の個人データを体系的に収集するように設計してはなりません。

The Register: まだコードを書く時間がありますか?

ストールマン: ああ、いや、していません。30年前、私はそれが得意だったプログラミングを楽しんでいました。しかし、私は66歳です。私が今それを上手にできると思う理由はありません。大きなコードのあらゆる種類の詳細についての私の記憶と、なぜ私がこれをやったのか、それは同じではないでしょう。しかし、いずれにしても、そうしている人は他にもたくさんいます。そして、1990年代に、私は意図せずにマネージメントに自己推進しました。基本的に、それが私がしなければならないことだと認識しました。それは、コードを書く以上に必要なものです。

The Register: 現在最も興味を持っている、フリーソフトウェア財団または他の場所の現在のソフトウェアプロジェクトにはどのようなものがありますか?

ストールマン: さて、興味深いのはGuixです。これは、GNU/Linuxディストリビューションであり、多くの点で技術的な進歩を意味します。また、ソースを取得してビルドする他のディストリビューションもあります。ただし、これはより高度であり、Schemeをベースにして多くの機能を実行します。これは、GNUを開始する前からGNUに望んでいたことですが、今は私たちはそうするかもしれません。

私が非常に重要だと思うもう1つのことは、GNU Talerです。これは、店舗から物を購入するために設計された匿名の支払いシステムです。従って、暗号通貨ではありません。支払いは便利な通貨で行われます。米国では、ほとんどがドルです。そして、あなたはミントと呼ばれるものからTalerトークンを購入します。それは政府所有のミントではなく、Talerトークンを販売する組織です。デヴィッド・チャウムのブラインド署名技術を使用しています。

従って、署名済みのTalerトークンになりますが、銀行はどのトークンに署名したかを知らず、それらを使用して支払いを行い、商人はトークンと取引情報を銀行に渡して支払いを受け取ります。Talerトークンを再使用することはできません。販売者の場合は取得できます。 あなたができることは、お金を得るためにそれらを取り入れることだけです。このように、Talerは脱税を奨励していません。それは、Talerの開発者と私にとって重要です。従って、多くの点で暗号通貨よりも優れていると考えています。

The Register: 今日のソフトウェアの自由を擁護する上で最も重要な課題は何ですか?

ストールマン: 私は、コンピューティングの自由の価値を人々に教えることに焦点を当てています。それを理解すると、誰かがあなたを走らせようとする非フリーソフトウェアのすべての部分を不快に思い、逃げたいと思うからです。脱出するための仕事をする方法を探します。しかし、もしあなたがそれらのものを手に入れないなら、あなたがその点を理解しないなら、あなたは協力して何らかの形で貢献するかもしれませんが、あなたは私たちの自由の防衛を強化しません。フリーソフトウェアの貢献者の多くは、フリーソフトウェアの哲学に少しでも同意していませんが、代わりに「オープンソース」について語っています。それは、私たちの価値観から実際の仕事を切り離すために、私たちの価値観を拒否した人々によって造られた用語です。また、コピーレフトライセンスよりもプッシュオーバーライセンスを使用する可能性が高くなります。弱いプッシュオーバーライセンスは無料ライセンスであり、ソフトウェアは無料ですが、そのコードを非フリープログラムに入れることは愚かに許可されています。

The Register: フリーソフトウェアコミュニティは、GPLの悪用から保護するためにさらに訴訟を起こす必要がありますか?

ストールマン: はいといいえ。一度会社を訴えました。そして、停止することに同意しました–

The Register: Cisco?

ストールマン: はい。同意したことを言わないことに同意しました。しかし、私たちは問題を解決しました。必要に応じて、もう一度行うことができます。

The Register: しかし、それはあなたの目標を進めるための特に実り多い方法ではありませんか?

ストールマン: まあ、それは時々ですね。GPLの違反者を訴えることに何か問題があると思う人々には同意しません。それが求められたら、それに行きます。いくつかのリソースが必要です。これを行うための十分な寄付基金を持っているといいでしょう。しかし、GPLを実施するための私たちのアプローチ… 私たちが望む主なことは、違反者がユーザーの権利を尊重し始めることです。結局のところ、コピーレフトの目的です。 再配布業者がユーザーの自由を尊重することは、法的根拠に基づいた要件です。ユーザーの自由こそがすべてです。

The Register: 特に言及したいことに私たちは触れていない何かはありますか?

ストールマン: 1つは、フリーソフトウェアの開発に対して支払いを希望する場合、ソフトウェアの巨大な領域が存在することです — これは実際には有料ソフトウェア開発の大部分であると考えられます — 。これは、使用するためのものであり、リリースされないカスタムソフトウェアの開発です。そして、その分野で、無料のライセンスの下でクライアントにコードを配信することを主張するのであれば、それで仕事を得るのを妨げるとは思いません。つまり、クライアント向けのプログラムを開発し、クライアントに4つの自由を持たせない人は、それらを利用しています。そして、それを受け入れるクライアントが吸われています。

カナダ政府は、口を閉ざしたクライアントの一例です。それはフェニックスと呼ばれるプログラムを開発し、従業員への小切手を計算して書き込む、バグでいっぱいで、そこでバグを修正することはできず、修正することは許可されていません。政府はこれらのバグを修正することを許可されていません。政府にはソースコードがなく、コントロールもまったくありません。そして、それを開発した会社は明らかにこれらのバグを修正していません。また、無料の代替品を開発している人もいます。これは、技術的にも大きな進歩です。なぜなら、給与の計算に使用されるルールのデータベースがあり、それらのルールを組み合わせる方法が分かるからです。

従って、これは、使用するカスタムソフトウェアを開発するためのクライアントである場合、フリーソフトウェアとして入手することを主張する必要があることを示しています。すべてのコードが無料であり、無料のシステムでも実行されていることが確認されない限り、契約に含まれている必要があります。®

Hacker News 123SlashdotBoingBoing

米国がエドワード・スノーデンに対して民事訴訟を起こす

Slashdotより。本の販売差し止めではなく、お金がスノーデンに渡らないようにする裁判。米国外にも適用されるのだろうか?

米国は本日、中央情報局(CIA)の元従業員で国家安全保障局(NSA)のコントラクタであったエドワード・スノーデンに対して訴訟を提訴しました。彼はCIAとNSAの双方で署名した秘密保持契約に違反して「Permanent Record」と題する本を出版しました。レポートから:

訴訟は、スノーデンが署名した契約に基づく彼の明示的な義務に違反して、スノーデンが出版前のレビューのために機関に提出せずに彼の本を出版したと主張しています。さらに、この訴訟は、スノーデンが秘密保持契約に違反して、インテリジェンス関連の問題について公に話を行ったと主張しています。米国の訴訟は、「Permanent Record」の出版または販売を停止または制限しようとはしていません。むしろ、定評のある最高裁判所の判例であるSnepp v. United Statesの下で、政府は、スノーデンが契約上および受託者としての義務に違反して出版前レビューのために出版物を提出しなかったため、スノーデンが獲得したすべての収益を回収しようとしています。

訴訟はまた、スノーデンの本の出版に関与する企業体を名目上の被告として指名します。米国は、裁判所が米国の主張を解決している間、スノーデンに資金が転送されないことを確認するため、または彼の指示でのみ発行者を訴えています。スノーデンは現在、米国外に住んでいます。「インテリジェンス情報は、個人の利益を提供するのではなく、私たちの国を保護するものでなければなりません」と、バージニア州東部地区検事G. Zachary Terwilligerは述べました。「この訴訟により、エドワード・スノーデンは、彼に対する信頼に違反したことによる金銭的利益を受け取らないことが保証されます。」

9/17/2019

重要な量子アルゴリズムは、実際には自然の特性かもしれない

MIT Technology Reviewより

量子検索が電子の振る舞いの通常の特徴であるという証拠は、生物学の最大のパズルの1つである遺伝コードを説明する可能性があります。


1996年、ニュージャージー州のベル研究所の量子物理学者は、N個のエントリのデータベースを検索するための新しいレシピを公開しました。最悪の場合、リストの最後の項目が対象となる可能性があるため、このプロセスには約Nステップ掛かることをコンピューター科学者には長い間知られていました。

しかし、この物理学者Lov Groverは、量子力学の奇妙な規則により、Nの平方根に等しい数のステップで検索を実行できることを示しました。

それは重大事でした。データベースの検索は、コンピューターサイエンスの基本的なタスクであり、電話番号の検索から暗号コードの解読に至るまですべてに使用されます。 従って、高速化は大幅な進歩です。

量子力学はさらにひねりを加えました。当時、Groverのレシピは、従来の同等のものよりも高速であることが証明された2番目の量子アルゴリズムに過ぎませんでした。(最初は、Peter Shorの数値因数分解アルゴリズムで、1994年に彼が発見しました。) Groverの研究は、現在も進行中の量子コンピューティング革命の準備において重要な要素でした。

しかし、関心にも関わらず、Groverのアルゴリズムの実装には、大きな技術的課題が伴うため時間が掛かりました。それを実装できる最初の量子コンピューターは1998年に登場しましたが、最初の拡張可能バージョンは2017年まで登場しませんでしたが、それでも3量子ビットでしか動作しませんでした。従って、アルゴリズムを実装する新しい方法が切実に必要です。

今日、フランスのトゥーロン大学のStéphane Guilletと同僚は、これは誰よりも簡単かもしれないと言っています。彼らは、グローバーの検索アルゴリズムが自然に発生する現象であるという証拠があると言います。「特定の条件下では、電子が自然にグローバー検索のように振る舞い、材料の欠陥を探すという最初の証拠を提供します」と彼らは言います。

それは量子コンピューティングに明らかな意味を持っていますが、その本当の重要性ははるかに深いかもしれません。しばらくの間、理論家は、量子検索が生命の起源に関する最大の謎の1つを説明できるかどうかを議論してきました。グローバー検索が自然界で発生するという考えは、最終的に難問を解決する可能性があります。

最初にいくつかの背景。 Groverの検索アルゴリズムは非常に基本的なため、様々な方法で再定式化できます。これらの1つは、表面を横切る量子ウォークです。量子粒子は、あるポイントから別のポイントにランダムに移動します。

明らかに、このプロセスは2次元空間の一種の検索です。しかし、量子粒子は同時に多くの経路を探索できるため、従来の検索よりもはるかに高速です。

表面の性質は、検索に重要な影響を及ぼします。例えば、1つのタイプの表面は、量子粒子が各頂点で4つの可能な動きを持つ正方形グリッドで構成されます。

しかし、他にも多くのグリッドが考えられます。例えば、三角形の場合、量子粒子の各頂点に3つの選択肢があります。「三角形のグリッドは、いくつかの自然に発生する結晶のような材料に似ているため、特に興味深いものです」とGuilletらは言います。

チームは、三角形および正方形のグリッドを探索する電子のGrover検索の動作のシミュレーションに焦点を当てましたが、穴の形のグリッドの欠陥や干渉効果などの量子特性など、物理的に現実的な他の効果も含まれていました。

結果は目を見張るものです。 彼らが尋ねる質問は、電子がグリッド内の穴をどれだけ早く見つけることができるかということです。そして、チームの大きなブレークスルーは、これらのシミュレーションが実際の電子が実際の材料で振る舞う方法を再現することを示すことです。

言い換えれば、これは、特定の結晶の表面を移動するときに、自由電子がGrover検索アルゴリズムを自然に実装する証拠です。

これは、量子コンピューティングに直接的な意味を持ちます。「この作業は、実験者が本格的なスケーラブルでエラー修正を行う量子コンピュータの必要性をバイパスし、代わりにGrover検索の「自然発生」を探すショートカットを取るという、重大な技術的飛躍への道です。」 チームを言います。

この研究は、遺伝暗号と生命の起源に関する私たちの思考にも影響を及ぼします。地球上のすべての生き物は同じコードを使用します。このコードでは、DNAは4つのヌクレオチド塩基を使用して情報を保存します。ヌクレオチドの配列は、20アミノ酸のアルファベットからタンパク質を構築するための情報をエンコードします。

しかし、なぜこれらの数字(4と20)があり、他の数字はないのでしょうか? Groverが研究を発表してからわずか数年後の2000年に、バンガロールにあるインド科学研究所のApoorva Patelは、Groverのアルゴリズムがこれらの数値をどのように説明できるかを示しました

Patelのアイデアは、細胞内でDNAを組み立てる方法に関連しています。この状況では、細胞内の分子機構がヌクレオチド塩基の分子スープを検索して正しいものを見つけなければなりません。4つの選択肢がある場合、従来の検索は平均で4ステップかかります。そのため、機械は各組み立てステップで4つの異なるベースを試す必要があります。

しかし、Groverのアルゴリズムを使用した量子検索の方がはるかに高速です。Patelは、4つの選択肢がある場合、1つのステップで4つの選択肢を区別できることを示しました。 実際、4が最適な数です。

この考え方はまた、なぜ20個のアミノ酸があるのかを説明しています。DNAでは、3つのヌクレオチドの各セットが1つのアミノ酸を定義します。従って、DNAのトリプレットのシーケンスは、タンパク質のアミノ酸のシーケンスを定義します。

しかし、タンパク質の組み立て中、各アミノ酸は20種類のオプションから選択する必要があります。Groverのアルゴリズムはこれらの数値を説明します。3段階の量子検索では、最大20種類のエントリを含むデータベース内のオブジェクトを見つけることができます。繰り返しますが、20が最適な数です。

言い換えると、DNAとタンパク質の組み立てに関連する検索プロセスが可能な限り効率的である場合、塩基の数は4であり、アミノ酸の数は20である必要があります。唯一の注意点は、検索が本質的に量子でなければならないということです。

Patelが彼のアイデアを発表したとき、量子物理学者はすぐにそれをあざ笑いました。当時、彼らは量子プロセスを制御しようとする独自の試みで行き詰まっており、絶対零度に近い温度などの極端な環境で量子粒子を隔離することでしかできませんでした。

明らかな問題は、量子状態がすぐに破壊される温かくて厄介な環境で生物が動作することだと彼らは言った。

生物学者も同様に退屈で、量子プロセスは生物の内部では機能しない可能性があると言いました。

それ以来、量子プロセスが多くの生物学的メカニズムにおいて重要な役割を果たすという証拠が増えてきました。例えば、光合成は現在、本質的に量子プロセスであると考えられています。

Guilletと共同の仕事は、これらすべてに新しい視点を投げかけます。Groverのアルゴリズムは特定の素材でのみ可能ではないことを示唆しています。それは自然の財産のようです。 そしてそれが本当なら、Patelのアイデアに対する異議は崩れ始めます。

人生は仕事でのGroverの量子検索の単なる例であり、このアルゴリズム自体が自然の基本的な特性である可能性があります。それがあれば、それは大きなアイデアです。

参照: arxiv.org/abs/1908.11213: 自然現象としてのGrover検索

Hacker News

中国の世界

フォーチュンより。米中貿易摩擦の根源。

中国は現在、2019年のフォーチュングローバル500で米国に匹敵する水準に達しました。これは、今日のビジネスを再構築する深刻なライバル関係の象徴です。

By Geoff Colvin

中国の世紀が30年に近づくと、フォーチュンのグローバル500は、世界の権力のバランスがどれほど大きく変化しているかを示しています。アメリカ企業は、収益で世界最大の企業のうち121社を占めています。中国企業は129社を占めています(台湾企業10社を含む)。1990年のグローバル500のデビュー以来初めて、そして間違いなく第二次世界大戦以来初めて、米国以外の国が世界の大企業のトップにいます。

この変化は、ビジネスの世界だけでなく、世界全体をも変えています。中国が抜群の超大国として米国を成功させようとしているように、ビジネスは国際問題において通常よりもさらに大きな役割を果たしています。国家は常に経済的に競争してきましたが、米国と中国は世界の経済的生命力である技術をめぐる直接的な戦いに没頭しています。ヘンリー・ポールソン元財務長官が書いたように、「戦いは、誰の経済が未来の技術を推進し、その技術の基準を設定するかについてです。」テクノロジーのフロンティアを推進している中国企業の例については、保険会社のPing Anに関する記事を見て下さい。

戦いは隠喩的なだけではありません。それは国家安全保障の生と死の問題を含んでいます。だからこそ、米国は米国企業が通信機器の巨人であるファーウェイ社の製品を購入することを部分的に禁止しているのです(リストのNo.61)。同社は国家主導であり、5Gインフラストラクチャを妨害したり、データを盗むためにそれを使用したりする可能性があると述べています。(ファーウェイは、これらのいずれも真実ではないと言います。) 中国は、人工知能、量子コンピュータ、ロボット工学、自動運転車などの分野を支配するという明確な目標を設定しています。これらの戦いがエスカレートするにつれて、他の国々は中国または米国の技術のいずれかにコミットしなければならないと感じ、利害関係をさらに高めます。

中国企業の収益は、グローバル500の合計の25.6%に過ぎず、アメリカの28.8%を大きく下回っているのは事実です。しかし、それは予想されることです。中国は台頭しており、経済的には小さいが、はるかに速く成長しています。今年のグローバル500の上位50社の中で第1位の国籍はアメリカ人です。下位50のうち、中国人です。底辺近くのこれらの企業は急速に成長しており、彼らの国と同じように、彼らは野心に燃えています。

習近平国家主席は、共産主義革命の100周年である2049年までに、中国は「完全に発展し、豊かで、強力な」ものになると述べました。ハーバードの中国の専門家Graham Allisonは、「すべての敵に立ち向かい、それを打ち負かすことができる」軍隊で「明白にナンバーワン」であることを含むと言います。そのことを念頭に置いて、ギリシャの最大の港の中国による買収と、それが中国の一帯一路にどのように適合するかを描いた「Boxed In at the Dock」を必ず読んで下さい。この記事では、中国の国有企業の重要な役割について説明します。グローバル500の中国企業のうち82社は「SOE」であり、西側の民間セクターよりも有利な多額の補助金を受けています。

フォーチュンの創設者であるHenry Luceは、1941年に20世紀がアメリカの世紀であると有名に宣言しました。彼の議論は大部分が正しく、しばしば先見の明がありました。 21世紀が完全な意味で中国の世紀になるかどうか — 中国が文化、理想、および人権と人間性の概念を支配することは、まだ見られないままです。しかし、少なくともビジネスにおいては、中国の世紀はより多くの中国人、そしてより速く毎日成長しています。

Hacker News

9/16/2019

プリンスの自叙伝について

ニューヨーカーより

プリンスは自叙伝の壮大な計画を持っていましたが、命は数ヶ月しかなかった。

By Dan Piepenbring

2016年1月29日に、プリンスは彼の家ペイズリーパークに私を呼び寄せて、彼が書きたい本について話してくれました。彼は協力者を探していました。ペイズリーパークはミネソタ州チャンハッセンにあり、ミネアポリスから南西に約40分の場所です。プリンスはライバシーを大事にしていました。彼はかつて、オプラ・ウィンフリーとのインタビューで、ミネソタは「とても寒いので、悪い人たちを締め出している」と語っていました。案の定、私が着陸したとき、地面には雪の層が固まっており、間近に誰もいませんでした。

プリンスのドライバー、キム・プラットが、黒いキャデラック・エスカレードで空港に私を迎えに来ました。彼女は、指にリングポップほどの大きさのプラスチック・ダイヤモンドを身に付けていました。「時には、女らしくする必要があるの」と彼女は言いました。彼女は、ペイズリーの事実上のサブステーションとして機能するチャンハッセンの目立たないチェーンホテルであるCountry Inn & Suitesで私を降ろしました。追って通知があるまで、「待機」でした。プリンスのチームメンバーは、プリンスがその場所を4回以上購入するのに十分な部屋の代金を長年に渡って払っていると私に言いました。

私のエージェントは、私を仕事につけましたが、私に明白なことを言うのをやめませんでした「29歳で、私はそれを得る可能性が非常に低いですよ」。ホテルの部屋で、テレビを点けました。テレビを消しました。ミントティーを飲みました。私は、プリンスに待たされた8月の長い行列に参加しているように感じました。同じホテルの部屋に入った人は、おそらくこの大きな部屋にいて、私が黙ってイライラするように静かに緊張していました。

数週間前、プリンスはペイズリーの3つの出版社の編集者を招待し、彼のカタログの中で最もありのままの心が痛む曲を歌った後、「The Beautiful Ones」という自叙伝を書くつもりであると宣言しました。覚えている限り、彼は、グループに自分自身を想像し、再想像するために音楽を書いたと言ったからです。アーティストになることは絶え間ない進化でした。早い段階で、彼はこのプロセスに生来のミステリーを認識していました。「『ミステリー』は理由の言葉です」と彼は言いました。「目的があります。」適書は、他の人をはぎ取っても、彼のミステリーに新しいレイヤーを追加します。彼は正式なガイドラインを1つだけ提供しました。それは、史上最大の音楽本でなければなりませんでした。

プリンスは1月19日、ペンギンランダムハウスの出版社であるSpiegel & Grauのクリス・ジャクソンを編集者として選び、共同執筆者の調査を開始しました。数日後、彼はペイズリーのサウンドステージでバンドなしの初のショー「Piano & a Microphone」を披露しました。彼は自分の歌を必要な要素に切り詰めて、その場でそれらを再発明しました。彼は、夜にそこで練習し、何時間も一人で演奏し、彼のピアノは広大な闇を満たし、ガーディアンのアレクシス・ペトリディスに「超越(transcendence)」と表現するものを見つけました。私が1年後に見たコンサートの録音で、プリンスは彼の最も初期の音楽の思い出のいくつかを聴衆と共有しました。彼の母親、マティー・デラ・ショー・ベイカーはジャズ歌手でした。プリンス・ロジャースが頼りにした父親のジョン・ルイス・ネルソンはミュージシャンであり、ソングライターでもありました。「私は、父のように演奏することは決してできないだろうと思っていました。彼はそれを思い出させる機会を逃したことはありませんでした。」プリンスは言いました。「しかし、私たちは仲良くなりました。彼は、私の親友でした。」

後に私は、側近から、プリンスはファンがツイートしたり、ブログに投稿したショーのレビューを読む習慣があることを知りました。これらは、彼が共同制作者の仕事にふさわしいと感じた人々であり、出版社によって浮かんだ有名な候補者ではありませんでした。彼は、彼らに執筆を促し、彼らも彼に刺激を与えたかもしれない、と彼は言いました。彼は即興のパートナー、彼が自分の物語を歌やアルバムのようにアレンジできる誰かをオープンにしてくれました。もちろん、出版社は完全に真価が問われていない人を雇うという考えをためらうだろうからです。妥協の精神で、彼はジャクソンと文学機関I.C.M.が彼に提供した候補者リストから2人の名前を受け入れました。他の作家と私は、本を出版したことがない唯一の作家でした。プリンスのチームは私たちに課題を送ってきました。彼の音楽との関係と、なぜ仕事ができると思ったのかについて、プリンスに個人的な声明を提出しなければなりませんでした。私は同じ夜の8時半に提出しました。お世辞にも重いと言うのは控えめな表現であり、私はそれをすぐに後悔しました。しかし、プリンスのキャンプからの返事は翌朝23時に到着し、1日以内にミネアポリスへの飛行機に乗っていました。

午後6時ごろ、プラットはホテルから私を迎えに行くと言いました。ペイズリースフィアの多くの人々が彼を呼んだように、Pは私を見る準備ができていました。太陽が沈み、ペイズリー(オフィスパークのような白いアルミニウムでパネル化された3つのレコーディングスタジオを含むスクワットの建物の広大なネットワーク)が紫色の燭台に照らされていました。「会えば分かるが、彼は本当に優しい。 」プラットが言いました。「実は、君はもう見ているようだ。あれが彼だ。」プリンスは玄関で一人で立っていました。

「ダン。 はじめまして」と彼は言いました。「私がプリンスです」彼の声は穏やかで、思ったよりも低かった。

ホワイエでは、明かりが薄暗く、2階のケージで、生きているハトを冷やすだけで沈黙が破られました。角から香りのキャンドルがちらついていました。プリンスは、ヘザー付きシエナのゆったりしたトップスを、ズボン、緑色のベスト、ビーズのネックレスのペアで着ていました。彼のアフロはオリーブグリーンのニット帽の下に隠されていました。彼のスニーカー、ライトアップされたルーサイトのソールを備えた白いプラットフォームは、階段を上って小さなスカイウェイを越えて会議室に案内してくれたときに赤く光っていました。

「お腹がすいていますか?」と彼は尋ねました。

「いいえ、私はOKです。」と私は言いましたが、実は朝から食べていませんでした。

「残念」プリンスは言いました。「私はお腹が空いています。」

会議室では、彼のトレードマークのグリフが長いガラステーブルにエッチングされていました。背中に向かって、シダがハート型に配置された2つの小さなソファの横に座っていました。アーチ型天井の壁画には、ピアノの鍵に囲まれた紫色の星雲が描かれています。プリンスはテーブルの先頭に立ちました。「ここに座って」と彼は言いました。彼は彼の周りの空間を振り付けすることに慣れているようでした。

プリンスは私がステートメントのコピーを持ってきたかどうか尋ねました。彼は一緒に深く考えることを求めました。 私はそうではなく、言っていませんでしたが、メールから読むことができました。私はポケットに入れて携帯電話を探して、すでに頭の上にいるのではないかと恐れました。喉払いして、始めました「プリンスに話を聞くとき、私は法律に違反しているように感じます」

「さあ、すぐ止めさせて下さい」とプリンスは言いました。「なぜ、あなたはそれを書いたのですか?」彼は、私が彼の作品について何も知らなかったと言うためだけに、ニューヨークからやって来たのではないかと思ったのです。「私が作る音楽は、ルールを破ることはありません」と彼は言いました。「私はハーモニーを作りながら書いています。私はいつもこのようにハーモニーの中で生きてきました。」彼は部屋で身振りで示した。「キャンドル。」彼は、陰鬱で恐ろしい不協和音を作り出す音符の組み合わせ、音楽の悪魔であるトライトーンを聞いたことがあるかと尋ねました。彼はそれをレッド・ツェッペリンに関連付けました。ブルージーで耳障りな彼らのロック音楽は、ハーモニーのルールを破っていました。ロバート・プラントの耳障りな声 — それは彼と彼の友人が作った音楽ではなく、子供として彼にはルール破りに聞こえました。

彼のスフィンクスのような特徴の背後には、懐疑的な雰囲気が感じられました。私は、できるだけ多くのアイコンタクトをとることによって、神経を落ち着かせようとしました。彼の顔はシワがなく、肌は輝いていたが、彼の目にはつかの間のガラスがありました。私たちは発声法について話しました。「特定の言葉は私を説明しません」と彼は言いました。白人の批評家は、彼が誰であるかを認識していないことを示す用語について言い合いました。「錬金術」がその一つです。作家が彼の音楽に錬金術の資質を与えたとき、彼らは言葉の文字通りの意味、卑金属を金に変える暗い芸術を無視していました。彼は決してそのようなことをしないだろう。彼は「魔法の」という言葉に特別な軽蔑を取っていました。私はステートメントでそれのあるバージョンを使っていました。「ファンクはマジックの対極にあります」と彼は言いました。「ファンクはルールが大切です」

安心して、私のステートメントの多くは最初の行よりも彼に向いていました。彼は、私が書いた「いくつかのもの」が好きだと言いました。北ミネアポリスでの彼の原点、ドラムマシンの先駆的な使用、影響力の集まりについて。私たちの会話が少しほぐれてきました。彼は音楽を作り、レコードを作り終えたと言いました。「少なくとも今は、ギターを弾くのにうんざりしています。ピアノが好きですが、ギターを手に取ることは嫌です。」彼が本当にやりたかったことは、書くことでした。実際、彼は最初の本について非常に多くのアイデアを持っていたので、どこから始めたらよいか分かりませんでした。多分、彼は幼い頃のシーンに焦点を当てたいと思っていました。あるいは、彼は音楽業界の内部の仕組みに関する本全体をやりたかったかも知れません。あるいは、おそらく彼は彼の母親について書く必要がある — 彼は人生で彼女の役割を明確にしたいと思っていました。彼は、本を書くこととアルバムを書くことの共通点を知っていました。彼はルールを知ることを望んだので、いつルールを無視するかを知ることができました。

この本は人々を驚かせる — 彼らを刺激し、やる気を起こさせるだろう。それは文化通貨の形になるだろう。「私は、友人から友人へと受け継がれるものが欲しいのです。例えば『ウェイキング・ライフ』を知っていますか?」とリチャード・リンクレイターの超現実的な2001年の映画を示しながら言いました。私が見たと言いました。「すべての友人にそれを見せることはできません。ただ、ハングできる人だけに見せて下さい」マイルス・デイビスの自叙伝やジョン・ハワード・グリフィンの『私のように黒い夜』のような本は自然な手本だと彼は考えました。

本は、彼が自身の人生の物語をつかむことを可能にするだろう。かつて、彼はテレビで元従業員の一人が、彼の金庫にある未公開の資料を保存し保護することは神から与えられた義務だと思ったと言っていたと言います。「今、それは私が警察を呼ぶべきだと思われる」と彼は私に言いました。「どうしてそれは人種差別主義者ではないのですか?」人々は常に彼とすべての黒人アーティストを役に立たない役割で投げかけていました。「私はまだ自分の歯を磨く必要がある」と彼は言いました。

彼は、私の携帯電話がまだ会議室のテーブルの上にあるのに気付き、一瞬動揺したようでした。「あれはオンになってないよね?」

「いいえ」違います。彼は録音しないように明示的に言ったことはありませんでしたが、私はメモを取ることすらしませんでした。(ホテルの部屋に戻ったらすぐに、できるだけ会話をさかのぼりました。引用符を使用したのは、彼の発言を逐語的にとらえたときだけです。)

1993年、プリンスは彼の長年のレーベルであるワーナーブラザーズを公然とに契約を破りました。当時、彼の契約はレーベルにさらに6枚のアルバムと彼のマスターレコーディングのレーベル所有権を1億ドルで約束していました。契約を破ることを望んで、プリンスは彼の名前を発音できないシンボルに変えて、彼の顔に描かれた「奴隷」という言葉と共に公に現れました。彼のマネージャーであるPhaedra Ellis-Lamkinsの助けを借りて、彼は2014年にマスターレコーディングのコントロールを獲得しました。すべてのアーティストは、特に黒人アーティストはマスターを所有するべきだと彼は言いました。彼はこれを人種差別と戦う方法と考えました。黒人コミュニティは、ミュージシャンのマスターレコーディングとすべての知的財産を保護することで富を回復し、その富を保護し、自分の警備を雇い、自分の学校を設立し、自分の条件で契約を結ぶのです。

音楽業界は最初から黒人音楽をサイロ化していた、と彼は思い出させました。黒人アーティストを「ブラックベース」に昇進させた。彼らがそのベースを獲得したときだけ、それらのアーティストは「クロスオーバー」した。ビルボードは、この部門を測定し、定量化するために全く不要なチャートを開発しました。「ワーナーブラザーズがレーベルの社長になれるとは思わなかったのはなぜか?」と彼は尋ねました。「大手レコード会社の幹部との会議で、『OK、あなたは人種差別主義者だ』と言いたい。それをあなたに言ったらどう思いますか?」彼は、私に燃えるような激しさで目を止めました。「人種差別を解決する本を書くことはできますか?」と彼は尋ねました。私が答える前に、彼は別の質問をしました。「人種差別は何を意味すると思いますか?」

数秒間まくし立てた後、辞書の定義のようなものを提供しました。プリンスはわずかにうなずきました。彼は、ミネアポリスでの人種差別の彼の最も初期の思い出のいくつかを思い出しました。彼の親友はユダヤ人でした。「彼はあなたによく似ていた」と彼は言いました。 ある日、誰かが男の子に石を投げました。ノースミネアポリスは黒人コミュニティだったため、1967年にプリンスが4年生を始めて、彼と近所の人たちはたいてい白人の小学校にバスで行き、人種差別を直接経験しました。振り返ってみると、彼は当時のミネソタは分離主義者のアラバマよりも良識がないと信じていました。彼は1992年の歌「The Sacrifice of Victor」でバス通学について批判的に歌いました。

「私がそこにいることを嫌う金持ちの子供たちと一緒に学校に行きました」と彼は言いました。彼らの一人が彼をNワードで呼んだとき、プリンスはパンチを食らわしました。「やらなければならないと感じた。幸いなことに、男は泣いて逃げました。しかし、戦いがあった場合、どこで終わるのでしょうか? どこで終わるべきですか? いつ戦うべきか知っていますか?」これらの疑問は、人種主義が知らない間に広がる装いを引き受けるにつれて、より複雑になったと彼は言いました。「つまり、『すべての命が重要』という意味です。あなたは、その中の皮肉を理解しているのです」と、当時、注目を集めていた極右のスローガンに言及して彼は言いました。

少しして、プリンスは「正直に言って、あなたがこの本を書くことができるとは思わない」と言いました。彼は、私が人種差別についてもっと知る必要があると考えました。彼は、ヒップホップ、単語を変換する方法、白い言語(「あなたの言語」)を取り、白人が理解できないものに変えることについて話しました。マイルス・デイビスが自分に言ったのは、彼は、真実とでたらめの2つのカテゴリーの思考だけを信じていました。

それでも、少し後で、音楽業界のアーティストに対する支配の多くの形態について議論している時、私は彼に刺激を与えるように思われる何かを言いました。音楽ビジネスが本の出版をモデルにしていることを考えると、彼の本の出版に対する興味は何だったのだろうと思いました。契約、前払い金、ロイヤリティ、収入分割、著作権: 彼がレコード会社で嫌った知的財産へのアプローチは、出版業界に起源がある。 彼の顔が光りました。「自分でそれを入力しているのが見える」と彼は言いました。「『なぜ私が働いているのかと不思議に思うかも知れません...」

彼が少し休んだとき、私たちは1時間以上も話していました。「今何時か知っていますか?」彼は尋ねました。 その夜、歌手ジュディス・ヒルはサウンドステージで演奏していました。彼は一瞬姿を消して運転手に電話をかけ、彼女が私をホテルに連れ戻すことを望みました。どうやら、彼女はすでに手が塞がっていました。

「OKです。」彼は戻ってきたときに言いました。「私があなたを連れて行きます。」

私は彼を会議室からエレベーターに連れて行きました。彼は足のボールを跳ね返り、一番下のボタンを押した。「この業界の話に興味を持ってもらいました」と彼は言いました。「しかし、私はまだ母に手紙を書くことを考えています。」

エレベーターは薄暗い地下室に通じ、プリンスは私をガレージに連れて行き、黒のリンカーンMKTに向かって活発に歩いいました。助手席に登ると、カップホルダーに20ドル札が一杯ありました。プリンスはガレージのドアを作動させ、ペイズリーのメインロットに引き出しました。「人々が現れ始めているように見えます」とプリンスは興奮して聞こえるように言いました。

コンプレックスを生み出すこと、彼の姿勢の真っ直ぐさ、彼はスピードを次第に回復し、流通の連鎖についての議論を再開しました。「エスター(ニューバーグ、I.C.M.の代理人)と自叙伝を書きたいランダムハウスに伝えて下さい」と彼は言いました。「あなたと私がそれを共同所有することを、すべての流通チャネルに持ち込んで下さい。」と彼は付け加えました。「あなたのスタイルが好きです。単語を見て、それが私が使用するものかどうかを確認して下さい。「魔法(magic)」は私が使うものではないからです。「マジック」はマイケルの用語で、マイケル・ジャクソンを意味します。それが彼の音楽というものです。」

カントリーインの柱廊で、彼は車を公園に入れました。「特定の方法でレースを見たことはありません。みんなに親切になろうとしました」と彼は言いました。彼は、同じようにオープンマインドを持っている白人の同時代人があまりにも少ないと思っていたようです。この本を売って宣伝する時が来たら、プリンスは自分自身の商習慣があることを受け入れた人だけに対処したかったのです。「走る前に歩くことを学ばなければならないと言う人がたくさんいます」と彼は言いました。「それは私にとって奴隷の話です。それは奴隷が言うことです。」彼は私にしっかりとした握手を申し出て、ホテルの自動ドアに私を置いて行きました。

翌日の午後4時ごろ、私は昼食からカントリーインに戻りました。プリンスがリンカーンMKTの車輪でホテルの敷地から引き出され、彼のアフロが運転席の窓に大きく迫っていました。私は彼が泥だらけの吹きだまりの横にある銀行の前の信号機で遊んでいるのを見ました。何らかの理由で、外で彼を目撃することは、彼と一緒に乗るよりもさらに奇妙に感じました。彼は何をしていたのか? 別の作家とのインタビュー? 使い走り?

私が部屋に戻ると、プリンスの側近の一人が彼からメールで送られてきたリンクを見ました: それは、Facebook上のショートビデオで、1940年代に初めて行われた有名な実験である人形テストの継続的な関連性に関するもので、黒人の子供たちは、白い人形を善、優しさ、美しさと結び付け、黒い人形を悪さ、残酷さ、さと結び付けました。

プリンスの助手、メロン・ベクレがテキストメッセージを送った際、私は諦めてチャンハッセンで土曜日の夜に一人でいました。ペイズリーでプリンスの従業員のためのダンスパーティーがあり、映画の上映が続きました。彼女は、私を車で迎えに来ました。サウンドステージに隣接する天井の高い部屋で、DJ Kissを連れて行くJakissa Taylor Sempleは、ソファとキャンドルに囲まれた台座でレコードを回転させていました。プリンスの側近とバンドメイトの6人は、ビーガンデザートのトレイの横で音楽に乗って体を揺らしました。プリンスの「レインボーチルドレン」時代のブラックジャズミュージシャンの壁画が壁に飾られていました。プリンスのグリフの大きな銀色のレンダリングが天井から吊り下げられていました。暫くして、ベクレは立ち去り、コートの束を持って戻って来ました。プリンスは、近くのチャンハッセン映画館での時間外のプライベートの上映を定期的に手配しました。私たちは、「カンフーパンダ3」を見に行きました。2台の車で向かい、ドアを開ける準備ができている空の駐車場で一人のアテンダントを見つけました。プリンスは映画が始まった直後に到着し、後列に滑り込みました。

「ポップコーンはある?」彼はベクレに尋ねました。彼女はいくつかを取りに出かけました。アニメ化されたパンダがダンプリングを食べ、悪者をスピリットレルムに追いやったのを見ました。プリンスが何度か笑うのを聞きました。エンドクレジットが始まると、彼は無言で立ち上がり、階段を降りて劇場から出て、彼のスニーカーは暗闇の中でレーザーレッドを照らしました。

多くのプリンスの仲間には似たような話があります。彼らは公式に雇われたことはありません。プリンスは単に彼らに再び現れるように言いました、そして彼らはそうしました。ミネアポリスから戻った1週間後、Phaedra Ellis-LamkinsはI.C.M.のプリンスのエージェントに手紙を書きました。彼はオーストラリアのツアーで「Piano & a Microphone」を取りました。プリンスはシドニー・モーニング・ヘラルドに、「毎晩新しいギャラクシーを産むのを見るようなものだ」と語りました。彼はメルボルンで第1戦に参加してほしいと言いました。

私は、彼の最初のショーの日である2月16日火曜日に州立劇場に到着しました。彼のボディーガード、カーク・ジョンソンは、クラウンタワーズホテルの私の隣の部屋に滞在していました。ジョンソンは、私がピーターブレイブストロングからの電話を期待できると言いました。私はその名前が明らかに、ほとんど反抗的に、架空のものであることが好きでした。そのコミックブックの派手さは、彼の過去の分身であるジェイミー・スター、アレクサンダー・ネバーマインド、ジョーイ・ココと一致していました。12時30分ごろ、ベッドサイドテーブルの電話が点灯しました。ピーター・ブレイブストロングが呼んでいました。驚いたことに、プリンスは悲しいニュースをたった今、受け取ったと言いました。私は、彼をそれに引き付けることができなかった。「今夜ショーをする準備をします。明日また会いましょうか?」彼は少し明るくなった。「見せたいものがたくさんあります。」

「プリンス(Prince)」とGoogleで検索しました。ニュースアウトレットは、ヴァニティーとしてよく知られているデニス・マシューズが、プリンスの年齢である57歳で死亡したと報じていました。80年代前半、プリンスとマシューズは恋に落ち、プリンスは彼女をタップしてグループVanity 6の前に立ちました。彼女は1984年の映画「パープル・レイン」に出演する予定でしたが、関係が壊れると、彼女の役は代わりにアポロニア・コテロになりました。

舞台セットにはすでにそれへの感覚が少しありました。ピアノの周りに長い段のろうそくが燃え、天井からビロードのようなかすみが灯り、ステージの後ろの画面にフラクタルがゴロゴロと滲み出ていました。プリンスが出てきてピアノの前に座って、歓声が薄れていくと、「私たちにとって大切な人が亡くなったことが分かりました」と言いました。

「ファンクはマジックの対極にあります」とプリンスは言いました。「ファンクはルールが大切です」© The Prince Estate

コンサートについては、寒さに対する暖かさを求めて身を寄せ合う人々を思い出させる冬らしい何かがありました。1984年、プリンスは「When Doves Cry」からベースラインを削除し、よりスケルトンの形を好みました。このパフォーマンス中に同じ力が彼を動かしているように見えました。「一人でこのプレイをするのは初めてです」と彼はショーの終わりに向かって言いました。「我慢してくれてありがとう。集中し続けようとしています。 今夜は少し重いです。」彼は次の曲「The Beautiful Ones」を始める前に一旦停止した「彼女はこれを知っています」と彼は言いました。

翌日、私は、ジョンソンの後を追ってピーター・ブレイブストロングのスイートまで行きました。そこではプリンスが寝室で隠れていました。ジョンソンはプライベートで彼と相談し、メインルームの机に向かって私を指しました。リーガルパッドには、約30ページの鉛筆で書かれたスクリプトがたくさんあり、多くの消去と書き換えが行われていました。ジョンソンは、プリンスは私が彼が書いたものを読んで欲しいと言い、それから彼はそれについて私に話をしたいと言いました。

プリンスの手書きは美しく、流動性があり、ほとんど思わず彼から流れ出したことを示唆していました。また、判読できないに等しかった。手書きでさえ、彼は署名スタイルで、80年代に彼が完成させたテキストの独特な前駆体を書きました。ページは暖かく、面白く、よく観察され、雄弁で、驚くほど焦点が合っていました。これは、「The Ballad of Dorothy Parker」や「Raspberry Beret」など、彼のより物語的な歌を連想させるストーリーテリングモードで、話し上手のプリンスでした。

彼はミネアポリスでの幼少期と思春期について書きました。最初の記憶から始まり、母親は彼にウインクしました。「誰かが彼らの目を見るだけで微笑んでいることをどのように見分けることができるか知っていますか?」彼は書きました。「それは私の母の目でした。時々、彼女はあなたに秘密を告げる2歳のように目を細めます。後に、母は多くの秘密を知っていました。」彼の父のシャツのお気に入り、彼の両親が互いを裏切った方法を思い出しました。彼は最初のキスを呼び起こし、近所の女の子と家で遊んでいた。彼は子供の頃にかかったてんかんについて説明しました。

プリンスは2001年頃にエホバの証人の信者となり、彼の最も卑猥なヒット曲の演奏をやめていました。彼は自分の性生活を恥ずかしがるのではないかと心配していましたが、これらのページでは、彼が初めて女の子を感じたときを思い起こさせました、彼の最初のR指定映画、「ジョンヒューズの映画のように」ロッカーを閉めたガールフレンドは、ヤドリギを頭にかざしてキスをしました。これらの思い出は、音楽に対する彼の哲学に点在していました。「良いバラードは、常にあなたを愛する気分にさせるべきです」

彼は、7歳のとき、両親の間の時々身体的なけんかと、二人の別離について書きました。1967年または1968年に母親が再婚した後、プリンスは父親と一緒に暮らしに行きました。彼は、ある日曜日の教会の後、1970年のドキュメンタリー「ウッドストック」を見るように父親を説得したことを思い出しました。

目を覚まして、すでに車を待っていて、彼を待ち望んでいた。 経験全体を思い起こさせることは、最高の目をすることを思い出させてくれるかもしれない。アーティストには、1つのパフォーマンスで人生を変える能力がある。 My father & Eyeは、その夜、Rの人生を変えた。その夜、私たちが結んだ絆は、私の情熱に関しては、常に私の隅に誰かがいることを知らせてくれました。父はその夜、音楽が私にとって本当に意味することを理解していた。 の瞬間から、彼は決して私に語りかけなかった。

読み終わった後、ジョンソンは私の部屋に連れて行って、ピーター・ブレイブストロングに電話するように言いました。

「それで、あなたはどう思いますか?」プリンスは車で迎えにきてもらった時に尋ねました。正直に言って、彼が書いたものは素晴らしいと言いました。私たちは、私が混乱していたか、より詳細にしたかったいくつかの場所に触れました。「私はこれについて自分自身が大きくなっているのを感じることができます」と彼は言いました。電話を切りました。私は電話でプリンスと話をするために無防備の状態で23時間過ごしたのですか?

幸いなことに、その夜のショーの後、彼は紫の光に包まれた水辺のラウンジでアフターパーティーに誘われ、フェイククリスタルのシャンデリアで飾られていました。彼は後ろの入り口から突進しました — 彼はroyal aspectを強化するステッキを持っていました — ベルベットロープを越えて私をV.I.Pエリアに招待しました。私たちは、目の前にチョコレートで覆われたイチゴの大理石のトレイがある豪華なソファに座りました。

「今夜は気分が違っていた」とプリンスはショーについて尋ねたときに言いました。彼は幸せで、自覚していませんでした。「Purple Music」と呼ばれる1982年からの未公開のトラックを聴けてうれしいことを彼に伝えました。「あの曲をライブで演奏したのは初めてだった」と彼は言いました。「誰かがそれを録音したと言った。ただリリースするだけかも知れない。」

彼は前に座って、両手でスティッキを握った。彼は黒い革の手袋を身に着けていました。「ランダムハウスと話しましたか?」と彼は尋ねました。「今、あなたには力がある」と彼は言いました。「それを使うことを学ぶ。それはあなた、それは私、そして彼らです。彼らはすべてを私の後ろに置く必要があると彼らを説得します。」彼は私に目を留めました。 「あなたを信頼する。私はあなたを信頼していると伝えて下さい。」

彼は、自分のページのメモを見て、それらに対処すると言いました。「速記者を連れて来て下さい」と彼は言いました。「女性がいいです。さもなければ——自分でタイプするだけです。」

キッチンからクラブを出ました。アウディS.U.V.がサービスガレージで待っていました。プリンスと私は黙って後ろに座りました。私はそれを破る価値があると言うことは何もないと分かりました。プリンスは、メルボルンの閉鎖された店や空いている通りの窓を眺めていました。「ゴールデンチケットのプロモーションをすべきです」と彼は数分後に言いました。「本を他の賞と一緒に入れて下さい。勝者のためにコンサートをするかも知れません。勝者に自分の話をさせて下さい」あなたかも、彼は考えるのをやめるかのように疲れ果てたように聞こえました。

車はホテルの下にある地下エレベーターの列にある特別な入り口を通ってクラウンタワーに引き込まれました。私はプリンスに、この時間には静かなホテルが好きだと言いました。夜遅くに長いカーペット敷きの廊下をさまようことについて奇妙に魅力的なものがありました。プリンスはずるい笑顔を見せた。「何度もやりました」と彼は言いました。

金曜日、ジョンソンは私にピーター・ブレイブストロングのスイートに戻り、いくつかの文書を取りに行きました。簡単な引き継ぎだと思っていたのが、2時間の会話になりました。プリンスは、顔に虹色のトップスを着ていて、私が彼の文書を読む机に座っていました。脇にヘアネットのいくつかのパックがありました。「ここに座って」と彼は再び言い、ペンと紙を持ってきました。「音楽は癒されています」と彼は言いました。「最初にそれを書き留めて下さい」これが指針となることでした。「音楽は物事を一つにまとめます」

私たちはペイズリーで話したので、彼の本に対する野心は増幅されていました。「この本は、自叙伝に包まれ、伝記に包まれた素晴らしいコミュニティのためのハンドブックであるべきです」と彼は言いました。「あなたが作成するものはあなたのものであることを教えて下さい」人々、特に若い黒人アーティストが彼らが持っている力と働きを実現するのを助けることは私たちの義務でした。

私は、自叙伝を一種のハンドブックとして組み立てるというアイデアが好きでした。これはその権限を拡大する方法であり、「The Beautiful Ones」というタイトルに別の意味のレイヤを与えました。これは、クリエイターのコミュニティ全体を示すことができます。「あなたが作ったものをキープして下さい」と、プリンスは私に何度も言いました。「ミネアポリスが私を作ったので、私はミネアポリスにとどまりました。お返しする必要があります。父はルイジアナ州コットンバレーからミネアポリスに来ました。彼は最も厳しい条件の中で、富をコントロールすることの意味を学びました」

プリンスは、20世紀初頭に栄えた黒人起業家の源泉であるオクラホマ州タルサのブラックウォールストリートについて読者に教えたかったのです。南北戦争後、解放された黒人が活況を呈している都市に群がり、土地を購入しました。隔離は彼らを彼らの所有権と創意工夫が繁栄したコミュニティを作成したグリーンウッド近所に強制しました。すぐに、グリーンウッドは100以上の黒人経営者と、約12の教会、いくつかの学校、公共図書館を誇りました。プリンスは富の蓄えることについて読むのが大好きでした。その後、タルサの1921年の人種の大量虐殺が始まりました。黒人の少年が白人の少女をレイプしようとしたという非難によって扇動された数千人の武装した白人が、グリーンウッドに灯油を浴びせ、ブロックごとに火を付け、略奪し、強奪をした。数百人が死亡しました。約1万人が家を失った。ブラックウォールストリートは衰退しました。

「 『水源』」とプリンスは言いました。「それを読みましたか? どう思いますか?」私は、自由市場への献身と自由な個人主義のために、客観主義やアイン・ランドの現代の信奉者に忍耐を持っていなかったのが好きではないと言いました。プリンスは同意しましたが、根本原理は魅惑的だと見ていました。「私たちには、ファンだけでなく、特権階級の人たちと話す本が必要です。『水源』をレンガごとに解体する必要があります。特権階級の聖書のようなものです。それは問題の化合物です。彼らは基本的に楽園を排除したいのです」と彼は言いました。「私たちは、覇権という概念全体を攻撃するべきです」その本来の意味の純粋さが損なわれている、と彼は考えていました。「かつて、スプリームスと呼ばれるバンドがありました。至高とは、すべてが繁栄し、すべてが養われることです」

しかし、黒人の創造性のための集団的所有権の急進的な呼びかけは、単独ではできませんでした、と彼は言いました。「私は『Purple Rain』を所有しています」と言うと、「..カニエのようにと聞こえます」彼は一時停止しました。「私は、だれを友人と考えますか。」所有者の声明はしばしば自己権力の拡大として読まれる、と彼は信じていました。 他の人から聞いたほうがより強力でした。彼はこの本を彼の言葉と私に関わるものの共生関係にするいくつかの正式なデバイスを探していました。「最後に向かって、私たちの声が混じり始めたら、それは麻薬です」と彼は言いました。「最初は明確に区別されていますが、最終的には2人で書きます。」

彼は最近、新しいパスポートの写真を撮ってもらい、それをツイートしました。急速に広まりました。もちろん、彼の唇は優しく口を開け、アイライナーは真っ白で、口ひげのすべての髪は完璧にトリミングされており、彼は世界の税関職員に大胆にスタンプの代わりにキスをするように見えました。彼はこう言いました。「たぶん、表紙に私の情報やものをすべて載せるべきでしょう。おかしくするにはこれが必要です」二人とも笑って、爽快でした。「兄弟同士、物議を醸すのは良いことです」と彼は言いました。「私たちはこれを行うために集まりました。除去のプロセスがありました。これを行うには、私がやろうとしていることと戦わない性格が必要です。あなたは私よりもたくさんの言葉を知っています。あなたはピューリッツァーを取りたいと思うようにこのことを書いて下さい。」彼は目に見えない小像を持ち上げて、それを机にぶつけたふりをして腕を上げました。

彼は立ち上がって、私たちは彼のスイートのドアまで歩きました。「これは私にとって役に立ちました」と彼は言いました。「私たちがしなければならないことについて、私はより明確に理解しています。」彼は抱擁をしてくれました。突然、私の鼻が彼の髪の中にありました。私はその日の残りを彼の香水の香りをつかむのに費やしました。メルボルンの夏でした。私はヤラ川に沿って彼の言葉を頭の中で歩き、耳をつんざくような音量でオハイオ・プレイヤーズの「Skin Tight」を聞きました。「このレコードのベースとドラムは、スティーヴン・ホーキングすら踊らせます」とプリンスは彼が見せたページに書いていました。「侮辱するつもりはありませんよ。それだけファンキーなんです。」

ニューヨークでは、プリンスの本の契約は規範から外れていました。ある時点で、彼は自宅で編集者のクリス・ジャクソンに電話をかけ、契約や弁護士なしで本を出版できるかどうか尋ねました。ジャクソンは後に思い出しました、「やりたいと言ったが、会社は契約を結ばなければ小切手を切ることができません。彼は立ち止まって、「折り返し電話します」と言いました。そして、 契約のいくつかの細かい点と共に彼はそうしました。」

プリンスは、自分が誰であるかをもはや反映していないと感じた場合に、将来いつでも永久に本を棚から引き出す権利を留保したかったのです。問題は、そのためにランダムハウスにいくら支払う必要があるかでした。金曜日に、3日間または4日間のオファーとカウンターオファーのボレーの後、彼らは数字に落ち着き、プリンスは飛行機に飛び乗りました。 午後7時40分に「yは今、ニューヨークのプリンスですか?!」とツイートしました。

その夜の8時までに、チェルシーの10番街にある狭くて薄暗いクラブ、Avenueで答えを聞くために150人の人々が集まりました。金と紫の縞模様のプリンスは、群衆の上の階段にあるプレキシグラスの壁に寄りかかって自叙伝を発表しました。その後、プリンスの熱心なファンが「サンプラーセット」と呼ぶようになったものを演奏しました。そこでは、バッキングトラックを彼の最大のヒット曲のメドレーに導き、それらをライブで歌いました。「ランダムハウスに感謝したい」と彼はある点で差し挟みました。「このファンクについてはランダムではない!」

翌日、回顧録のニュースがインターネット上に広まったので、ジョンソンは真夜中頃にウェストビレッジのナイトクラブであるグルーヴで彼、ベクレ、プリンスに加わるように私を招待しました。Li'nard Jacksonという名のベーシストが率いるLi'nard's Many Moodsが演奏していました。プリンスの警備員の詳細は、舞台に面しているがダンスフロアからは見えない、後ろ向きの背の高い長椅子を確保していました。プリンスは私に彼のそばに横に素早く移動し、私の耳を覆った。「もう支払われましたか?」彼は尋ねました。

「いいえ」私は言いました。

「私も。」私は混乱していました —— 契約書にも署名されていませんでした。しかし、金銭の問題は、通常は粗末なものと見なされ、プリンスの世界では反企業的な友情の雰囲気が漂い、一種の慰めになりました。アーティストには常にお金が必要です。会社は常に支払うべきです。

マイケル・ジャクソンの「Bad」がスピーカーシステムに登場しました。プリンスは、それは彼が彼らが一緒に働くことになっていた一度の物語を思い出させたと言いました。「後でそれについてお話しする必要があります」と彼は言いました。「このことにはいくつかの爆弾宣言があります。」

プリンスのd.j.、Purm Pamとして知られるPam Warrenが加わり、彼は彼女にいくつかのアドバイスを与えました。まず、アース・ウィンド・アンド・ファイアーの「September」でセットを閉じることは常に良い考えでした。第二に、みだらな言葉はありません。「これらのd.j.sは、悪口で歌います。そして、彼らは、なぜクラブで戦いが勃発するのか疑問に思います」と彼は言いました。「サウンドトラックを設定しました!」

しばらくして、彼はジョンソンに、もう行く時間だとうなずきました。「それで、私たちがやることは、約1週間で無料になりますか? プレイしている場所ならどこでも集まって、本当にこの作業を始めます」と彼は言いました。彼は私の手を振って、手早く抱きしめ、ジャケットを頭にかざして、ハグをしました。

一週間が経ち、それからもう一週間、言葉がありませんでした。4月上旬に、ジョンソンは、入力したページをメモとともに再送信できるかどうかを尋ねました。私はそうしましたが、何も聞こえませんでした。特に、プリンスがアトランタでショーを延期したことを読んだ後、沈黙は私を心配させ始めました。1週間後、TMZは彼の飛行機が都市を出た後に緊急着陸したと報告し、イリノイ州モリーンに入院した。おそらくインフルエンザの回復力の早い症例で治療するためでした。

プリンスは数時間以内にペイズリー・パークからツイートし、歌詞が「皆の論争するすべてのことが信じられない」と始まる「Controversy」という歌を聴いていると言いました。4月17日日曜日の夕方、彼は私に電話をした。「私は大丈夫だと言いたかったのですが、マスコミがあなたに何を信じさせてもいいのです」と彼は言いました。「彼らはすべてを誇張しなければならないんです、あなたは知っています」私は彼が私が心配していたと言い、彼がインフルエンザにかかったことを聞いて残念でした。「インフルエンザのような症状がありました」と彼は言いました。「そして、私の声は耳障りでした。」彼はひどい風邪から回復しているかのように、私にはまだそのように聞こえました。

しかし、彼はこのテーマにとどまりたくなかったのです。彼はその本について話をするために電話をしました。「私は尋ねたかったのは、あなたは細胞の記憶を信じますか?」と彼は言いました。彼は私たちの体が記憶を保存できるという考えを意味し、従って、その経験は遺伝的であり得る。「私は聖書を読んだから考えていました」と彼は説明しました。「父親の罪。細胞の記憶なしでそれをどのように可能にしますか?」という概念は、彼自身の人生でも共鳴しました。「父には2つの家族がいました」と彼は言いました。「私は彼の2番目で、彼は長男よりも私とうまくやりたいと思っていました。だから彼は非常に秩序だったが、私の母はそれを好まなかったのです。彼女は自発性と興奮が好きでした。」

彼の両親の葛藤は、彼の中に住み込んでいました。彼らの不和の中で、彼は創造するように促した奇妙なハーモニーを聞きました。「私の人生のジレンマの1つはこれを見てきました」と彼は言いました。「秩序、最終性、真実が好きです。しかし、私が派手な夕食会か何かに出かけているなら、d.j.はファンキーなものを上演します...」

「あなたは踊らなければならない」と私は言いました。

「そうですね。」

彼は一瞬立ち止まった。「ファンクとは何かを見つける必要があります」と彼は言いました。衝動を構造に融合させたファンク音楽は、彼が具現化した生きている矛盾でした。彼の母親と父親は一体です。「私たちが実際に作業を開始したとき」については、すべて考慮する必要がありました。彼はよくそのようなフレーズを使用し、通常は1〜2週間でスケジュールをクリアし、ビジネスに取り掛かることができました。「私はただ電話して、それが私が考えていたことだとあなたに知らせたかっただけです」と彼は言いました。「そして私はOKです。」

4月21日の朝遅く、テキストメッセージが届き始めたとき、コネチカットへのメトロノース列車に乗ってい。TMZはペイズリーパークで死亡を報道していました。ニュースサイトを更新し続けました。すぐに、見出しのポイントサイズが大きくなりました。プリンスは死んでいました。外では、春が訪れ、列車の窓から風光明媚なペースで風景がスクロールしているのを見ました。

翌日は中毒のニュースをもたらしました。最初はタブロイドの感嘆符で、その後は落ち着いた報道でした。彼はフェンタニルを混ぜた偽のVicodin錠剤を服用していたため、偶発的な過剰摂取で死亡しました。錠剤のソースは不明のままです。プリンスに最も近い人の一人は、アトランタでのプリンスの最初のショーの後、彼が「最近寝るのを楽しんでいました」と言ったと警察に語りました。そして、多分それは彼が彼が地球ですることになっていたすべてをしたことを意味しました。終わりに近づいた人生は「信じられないほど退屈」でした。私が、それらを読んだとき、それらの言葉がひどく痛いことが分かりました。それから私は彼が最初の「Piano & a Microphone」ショーで似たようなことを言っていたことを思い出しました。「今は昔より夢を見るのが好きです」と彼は聴衆に語りました。「私の友人の何人かが亡くなり、夢の中で彼らを見る。 彼らがここにいるようなもので、夢は時々目を覚ますようなものです。」

彼の最後の数ヶ月についてもっと読んだが、私が出会った、陽気で、むかつく、懇願するような男と、ニュース記事や警察の報告書で説明されている男と和解するのは困難でした。プリンスは常に二重性を具現化していました。ここにもう1つあります。彼は、彼がイギリス人であり、イギリス人ではないと言っていました。彼が私に話しかけた方法に虚偽はなく、最も暗い瞬間に彼が話した方法に虚偽もありませんでした。彼の痛みを隠してくれたことで彼のことを考えることはできません。彼は自分の条件で生きていました。彼をもっと期待することは、魔法を期待することでした。♦

この記事は、2019年9月9日号の印刷版に「The Beautiful One」という見出しで掲載されています。

Dan Piepenbringはブルックリンの作家です。彼は、10月に出版される自叙伝「The Beautiful Ones」でプリンスと協力しました。

9/15/2019

エドワード・スノーデンへのインタビュー

DER SPIEGELより

「私が窓から落ちてしまったら、あなたは私が押されたと確信することができます」

内部告発者のエドワード・スノーデンは、DER SPIEGELのインタビューで、世界で最も強力な諜報機関をどのように判断を誤らせたか、ロシアでの生活とインターネットを改革しなければならない理由について語っています。

Martin KnobbeJörg Schindlerによるインタビュー

モスクワの高級ホテルでスイートを予約し、暗号化された部屋番号を所定の携帯電話番号に送信してから、正確な時間を示す返信メッセージを待ちます。エドワード・スノーデンとの出会いは、子どもたちがスパイの壮大なゲームがプレイされることを想像する方法とほぼ同じです。

しかし、その後、月曜日に、彼はホテルメトロポールの1階にある私たちの部屋に立ち、2013年6月に世界が初めて彼を見たときのように青白く、少年っぽく見えました。過去6年間、彼はロシアに亡命して暮らしています。彼は、ジャーナリストの助けを借りて、国家安全保障局(NSA)が運営する監視システムの全領域を明らかにして以来、アメリカは彼をジュリアン・アサンジと共に国家の敵と見なしてきました。しかし、かなり長い間、彼はどのように秘密を国外にこっそり持ち込んだか、そして彼の個人的な動機は何であるかについて沈黙を保っていました。

しかし、今、彼はそれについて本を書いています。9月17日に「Permanent Record」というタイトルで世界中に公開されます。発表に先立ち、スノーデンは2時間半を費やしてDER SPIEGEL(デア・シュピーゲル)からの質問に辛抱強く答えました。

DER SPIEGEL: ミスター・スノーデン、あなたはいつも言っていましたよね:「私は物語ではありません。」しかし、あなたは自分について432ページを書きました。どうしてですか?

エドワード・スノーデン: 大量監視と大規模な操作のシステムを一般に説明することがこれまで以上に重要だと思うからです。そして、これらのシステムがどのようになったのかを説明することは、これらを構築するのに役立った私の役割を説明することをせずにはできません。

DER SPIEGEL: 4年前、あるいは6年前と同じくらい重要でしたか?

スノーデン: 4年前は、バラク・オバマは大統領でした。4年前、ボリス・ジョンソンはいませんでしたが、AfD(ドイツの右翼ポピュリスト政党ドイツのための選択肢)は、まだ冗談のようなものでした。しかし今や、2019年には誰も笑っていません。世界を見渡したとき、社会の分派化(factionalization)の高まりについて考えたとき、この権威主義の新しい波が多くの国を席巻しているのを見て、政治階級や商業階級はどこでも、テクノロジーを使って世界に影響を与えることができることに気付いています。これは、以前は可能ではなかったことです。私たちのシステムは攻撃を受けています。

DER SPIEGEL: どういうシステムですか?

スノーデン: 政治システム、法制度、社会システムです。そして、気に入らない人を排除すれば問題は解決すると考える傾向があります。私たちは「ああ、それがドナルド・トランプです。ああ、それがボリス・ジョンソンです。ああ、それがロシア人です」と言います。しかし、ドナルド・トランプが問題なのではありません。ドナルド・トランプは問題の産物なのです。

DER SPIEGEL: システムの機能停止。

スノーデン: はい。そして、それが私が今この本を書いている理由です。

DER SPIEGEL: あなたは真実を伝えたいと書いています。人々があなたについて語った最大の嘘は何でしたか?

スノーデン: ああ、神よ、それらの無数があります。 最大のものは、

DER SPIEGEL: あなたはロシアのスパイだと?

スノーデン: それでさえありませんが、ロシアで終わるという私の計画でした。NSAでさえ、ロシアが私の目的とする行き先ではなかったことを認めています。しかし、人々はそれを繰り返します。なぜなら、関係者なので同罪です。これはこの典型的な戦争の一部であり、現在進行中です。事実は関係ありません。あなたが知っていることは、あなたが感じるものよりも重要ではありません。民主主義にとって腐食剤です。私たちは物事についてますます一致できなくなっています。何が起こっているのかさえ認識できない場合、どうしてそれが起こっているのかについて議論することができますか?

DER SPIEGEL: 書いている間、あなたが好きではない自分自身についての真実を発見しましたか?

スノーデン: 最も面白くないことは、私がいかに素朴で騙されやすいかであり、それがどのようにして自分のスキルをグローバルな危害行為に使用するシステムのツールにできるかを理解することです。私が所属するクラスであるグローバルな技術コミュニティは、長い間非政治的でした。私たちには、「世界をより良くする」という思想の歴史があります。

DER SPIEGEL: スパイの世界に入ったとき、それはあなたの動機でしたか?

スノーデン: スパイの世界に足を踏み入れたのはもっと思い上がっていました。政府が9/11後の電撃戦に参加した際、政府は高度な技術スキルとクリアランスを持っている人を雇おうと必死だったので、私はまさに絶好のチャンスに出会いました。そして、私はたまたま両方を持っていました。ただの子供がCIA本部に連れて行かれ、ワシントン大都市圏のネットワーク全体を管理するのは奇妙でした。

DER SPIEGEL: 国家が支援するハッキングを介して、ほとんどすべての人の生活に侵入できることも魅力的ではなかったでしょうか?

スノーデン: 忘れないで欲しいのは、最初は、私は人間による諜報活動機関であるCIAで働いていたため、大量監視が問題であることさえ知りませんでした。しかし、私がNSAの本部に送り返され、大量監視ツールを直接使用する最後の役職に就くと、私に教える立場の男がいました。そして時々、彼は椅子でぐるぐる回って、彼が調査しているターゲットの妻のヌード写真を見せてくれました。そして彼は「ボーナス!」という感じです。

DER SPIEGEL: あなたにとって転機はありましたか?

スノーデン: いいえ、それは長年にわたって起こりました。しかし、私は特定の瞬間を覚えています。最後のポジションでは、インフラストラクチャアナリストでした。NSAには、基本的に2つタイプの大量監視アナリストがいます。 まず、ペルソナアナリストがいます。彼らが行うことは、人々のFacebookトラフィック、チャット、メッセージングを読むことだけです。インフラストラクチャアナリストは、頻繁にカウンターハッキングに使用されます。私たちは、他の人が私たちに何をしたかを、名前や数字なしで見ようとしています。人を追跡する代わりに、デバイスを追跡しています。

DER SPIEGEL: 公共のコンピューターのように?

スノーデン: 例えば、図書館内のコンピューターを追跡し、カメラをオンにしてユーザーを実際に監視します。そして、後で関心を引くようになった場合に備えて、録画してビデオファイルを保存します。イラクのサイバーカフェからアップノーズのような写真がたくさんあります。どういうわけか、私は東南アジアのどこかでエンジニアであり、核プログラムやサイバー攻撃に関連している疑いのある大学の仕事に応募していたこの男の録音に出会いました。常に正当な理由があるので、私も覚えていません。そして、この男はひざの上に子供がいて、それがキーボードを無邪気に叩いていました。

DER SPIEGEL: それはあなたが良心のとがめた時ですか?

スノーデン: 私は、大量監視のツールを使用していることを知っていました。しかし、それはすべて非常に抽象的なものでした。そして突然、あなたは実際にスクリーンを通してあなたを見ている人を見ます。もちろん彼らはあなたを見ていることを知りません。しかし、あなたは、人々が読んでいるように、私たちはそれらを読んでいることに気付きます。そして、これらのシステムは誰も知らないうちにここまで到達しました。私が懐疑的な感覚を身に付けるのは、大変な時間が掛かりました。しかし、少しずつ始めてみると、あなたがより意識しているので、それはある程度は開発を続けました。あなたは雇用主があなたに言うことと彼らが実際に行うことの矛盾をもっと探しています。

DER SPIEGEL: あなたは重病になり、うつ病に陥りました。自殺の考えはありましたか?

スノーデン: いいえ! これは記録にとって重要です。私は今ではないし、自殺したことありません。私は自殺の考え方に哲学的な異議を唱えています。たまたま窓から落ちたら、私は押されたと確信できます。

DER SPIEGEL: 後にスノデーンファイルとして知られる情報の収集を開始した時、ハワイで「情報共有のオフィス」に取り組んでいました。冗談のように聞こえますねね。

スノーデン: 私はこのオフィスの唯一の従業員でした。私は偶然その椅子に行き着きました。健康を脅かした後、私はそれを簡単に取り、関係を再構築し、そのすべてを修復しようとしました。私にすべてにアクセスする権限を与えました。そして、偶然にも、私は主要なWindowsシステムエンジニアリングチームの間に配置されました。彼らは、私がシステム管理者およびエンジニアとしての経験があることを知っていました。 そして、彼らは次のようなものです。ああ、あなたは私たちを助けてくれます。だから、ばかげたアクセスしかなかった。信じられないほどのアクセスでした。NSAは、情報を共有するというその仕事に自分がどれほど優れているかを認識しませんでした。

DER SPIEGEL: それは地下のオフィスでしたよね?

スノーデン: はい、それは「トンネル」でした。オアフ島の中心を通るこの長い道があります。そして、巨大な空軍基地の前で左に曲がるこの小さな駐車場があります。これは閉鎖されたNSA施設です。そして駐車場からは、長いトンネルを通って丘に行き、そこにパイナップルが生えています。

DER SPIEGEL: この施設からファイルをどのようにこっそり持ち去ったのですか?

スノーデン: いつか法廷に出ることになるかも知れないので、私が詳しく述べることができる詳細には限度があります。私が法廷の中にいた場合、私は残りの人生を刑務所で過ごすので、これは本当に重要なのです。

DER SPIEGEL: ルービックキューブ内にSDメモリカードを入れて持ち出したことがあると書いていますね。

スノーデン: ルービックキューブの最も重要な部分は、実際には隠蔽装置としてではなく、注意散漫装置としてでした。私は何度もその建物から物を取り出す必要がありました。ルービックキューブをオフィスの全員にプレゼントしたのは、プレゼントや警備員が、このルービックキューブを常に出入りするのを見たからです。だから私はルービックキューブ男でした。そして、私が密輸品でトンネルから出て、退屈した警備員の一人を見たとき、私は時々彼にキューブを投げました。彼は「あーもう、私は子供の頃にこれらのことをしていましたが、それを解決することはできませんでした。だからステッカーをはがしました。」 それはまさに私がやったことでした — しかし、様々な理由でですが。

DER SPIEGEL: SDカードを口に入れることさえしますよね。

スノーデン: 初めてこれをするときは、廊下を下って、揺れないようにしようとしているだけです。そして、それを何度も繰り返すと、それが機能することに気付きます。ジーンズのブラケットよりも金属の量が少ないため、金属探知機はSDカードを検出しないことが分かります。

DER SPIEGEL: あなたは、元内部告発者に対する起訴状を読んで、彼らの間違いから学びました。何を発見しましたか?

スノーデン: 最大の危険点がどこにあるのか、逮捕がどこにあるのか、検索がどこで、どのように実行されるのかを判断することでした。私はそれが人の罠だろうと思っていました。そこで彼らはあなたをそこに、またはトンネルの出口でちょうど閉じ込めることができます。それからある夜、私は実際に駐車場から出て行き、私の後ろにNSAの警察車両があります。だから私はまるで次のようでした: ああ、まあ、慎重に運転してください! しかし、彼らはちょうどその日の終わりに去っていたので、私を悩ませませんでした。

DER SPIEGEL: 裏切り者のように扱われるという見通しにどのように対処しましたか?

スノーデン: あなたは正しい理由であなたがしていることをしているという自信を持つ必要があります。何かを信じるだけでは十分ではありません。物事を実際に変えたい場合は、リスクを負うことができなければなりません。

DER SPIEGEL: ジャーナリストと会うために香港に逃げる前に、ハワイでの最後の日に何をしましたか?

スノーデン: それは基本的にすべてのビジネスと悲しみであり、間違いを犯さないようにする方法を受け入れようとすることでした。リンゼイにメモを書くこと…

DER SPIEGEL: 当時の彼女ですね、そして今はあなたの妻です。どんなメモですか?

スノーデン: 私が何をしていたかを彼女に伝えることができなかったので、私は仕事のために立ち去らなければならないと言うだけでした。

スノーデン: 私がこれをリンゼイまたは私の家族に伝え、彼らがすぐにFBIに電話しなかったら、政府は彼らが米国の法律に従って陰謀の一員であると言うことができました。

DER SPIEGEL: リンゼイにあなたの疑問や考えについて話したことがないので、彼女はあなたと何が起こっているのかをもう少し理解できましたか?

スノーデン: 彼女は私の気分の変化を見ることができたと思います。しかし、私は注意しなければなりませんでした。あなたが誰かを愛しているなら、刑務所に入れる可能性があることを話してはいけません。

DER SPIEGEL: いつか母国に戻ることを期待していますか?

スノーデン: いつか私は戻ることができるようになると思います。2019年に私が2013年に行ったのと同じ申し立てはありません。この国家安全保障へのとてつもなく大きな害についての主張はすべて消え去りました。同時に、2013年に起こったことの国民の受益は、ますます明らかになっています。

DER SPIEGEL: あなたはモスクワへの到着を公園の散歩と表現しています。あなたはロシアの諜報機関FSBとの協力を拒否し、彼らはあなたを自由にしたと言います。私たちには信じられないように聞こえます。

スノーデン: 世界中の誰もがそれに注意を払っていたため、ロシア政府が私を逆さに吊るしたり、秘密を吐くまで電気ショック棒で私を痛めつけてはいないという事実がそれを説明していると思います。そして、彼らは何をすべきかを知りませんでした。 彼らはどうやってそれを処理するのか知らなかったのです。彼らの答えは「待ってみよう」だったと思います。

DER SPIEGEL: ロシア人の友達はいますか?

スノーデン: 私は、自分とロシア社会との距離を保つようにしていますが、これは完全に意図的なものです。私は基本的に英語を話すコミュニティで生活しています。私は、報道の自由財団(Freedom of the Press Foundation)の会長です。そして、あなたにご存知のように、私は家猫です。モスクワ、ベルリン、ニューヨークなど、自分がどこにいても、画面を見ることができれば問題ありません。

DER SPIEGEL: それで、外の生活はありませんか?

スノーデン: もちろんあります。私は町で友達と会って、夕食に食べに行きます。私はリンジーと公園を散歩しています。私は地下鉄に乗る。私はタクシーに乗る。そして、私は定期的にロシア政府の人権記録と自由で公正な選挙の拒否を非難しています。しかし、私はクレムリンの前で自撮りをしません。米国政府はそれを使って私を攻撃し、私がしているすべての仕事の信用を落とすからです。

DER SPIEGEL: ウィキリークスの内部告発者であるチェルシー・マニングは、長い刑期を経て苦しみ、現在刑務所に戻っています。ウィキリークスの創設者であるジュリアン・アサンジは投獄され、米国に引き渡されるのを待っています。次はあなたでしょうか?

スノーデン: そうならないことを望みます。しかし、安全な生活を送りたいと思っていたとしても、私はハワイで楽園に座って、仕事をほとんどしないために大金を集めるのが大好きな女性と一緒にいました。しかし、何が人生を作るのでしょうか? 私たちが誰だと思うかだけでなく、私たちが行う選択でもあります。私が母国に帰れない場合、少なくとも自分が良くなったことを知っているでしょう。そして何が起こっても、それは私が一緒に暮らすことができるものです。

DER SPIEGEL: 西側当局は、ロシア政府を定期的に、デジタルの世界で最も大きな混乱の1つであると非難しています。彼らは正しいですか?

スノーデン: ロシアは世界の多くの否定的な活動に責任を負っています、あなたはそれを正しく公正に言うことができます。ロシアは選挙に干渉したか? ほぼ間違いなくしました。しかし、米国は選挙に干渉しますか? もちろん。彼らは過去50年間それをやっています。アイスランドよりも大きい国は、あらゆる重要な選挙に干渉します。そして、彼らは毎回それを否定するでしょう。なぜなら、これは諜報機関が行うことだからです。これが、秘密作戦と影響部門が作成される理由であり、国家権力の道具としての目的は、他のすべての国に比べて自分の地位を向上させる方向で、どのように世界に影響を与えることができるか? ということです。

DER SPIEGEL: 諜報機関の廃止を要求していますか?

スノーデン: インテリジェンスの世界における最大の問題の1つは、秘密の行動、プロパガンダ、影響力をインテリジェンスから分離することを拒否することだと思います。知性が必要です。インテリジェンスは戦争の可能性を減らします。問題は、これらの機関が、議員、政策立案者、一般の人々の欲求に反応しない独自の機関になるが、実際にそれを形作り、それを導くことです。彼らはいつも言います: あなたがこれまたはそれを知っていれば、人々は死ぬだろう。しかし、それはほとんど真実ではありません。

DER SPIEGEL: 解決策は何ですか?

スノーデン: 私たちは、一括収集を停止する必要があります。危険になった場合に備えて、世界中のすべての人を常に見ているとしたら、それは本当に問題です。社会の性格が変わるからです。

DER SPIEGEL: インターネットは壊れていますか?

スノーデン: おー、いいえ、 あまりにもうまく機能しています — しかし、間違った人々にとってですが。

DER SPIEGEL: インターネットの先駆者ティム・バーナーズ=リーが示唆したように、インターネットを再発明することは可能でしょうか?

スノーデン: ティム・バーナーズ=リーを大いに尊敬しています。彼はインターネットの再分散化を推進しています。考え方は、維持と管理を非常に難しくすることなく、より個別に所有されるインターネットを作成できるということです。

DER SPIEGEL: それはどのように機能しますか?

スノーデン: 今日は何がありますか? Facebook、Google、世界中にビッグデータセンターがあり、これらの人たちはリモートでコンピューターを管理しています。リクエストをGoogleに送信します。正しい行き先を探しているときは、Googleマップを尋ねます。Googleはリクエストを処理し、結果を送り返します。音声認識、Siri、Alexa、その他についても同じです。しかし今日、電話は以前よりも非常に優れた機能を備えています。クラウドに依存することなく、リクエストはますます解決可能になります。そして、それが起こると、これらのすべての機能をエッジに戻すことができるようになります。結局のところ、Googleがあなたの行く先を知る必要があるのはなぜですか? 地図アプリケーションが機能していると主張している場合でも、機能することを知る必要はありません。

DER SPIEGEL: しかし、人々はFacebook、Google Maps、Siriの使用に満足しているように見えますか?

スノーデン: このテーブルの携帯電話を見て下さい。画面がオフのときに何をしているのか教えて下さい。

DER SPIEGEL: まさか。

スノーデン: まあ、私はこの電話が毎分数百または数千回通信していることをいくつかの機関で伝えることができます。広告ネットワークへの連絡、行動の分析、場所の追跡などです。中心的な問題は、目に見えないところで起こっていることです。あなたが単にアイコンを突くことができ、すべての隠された活動が停止すると仮定しましょう、あなたはそれをしますか?

DER SPIEGEL: もちろん。

スノーデン: しかし、今のところ、それは私たちが利用できるオプションではありません。彼らはこう言うだけです: このウィンドウを下にスクロールし、「同意します」をクリックすると、あなたは人生がより良くなります。そして、誰もこれに挑戦しないなら、私はそれをなんとかしてやろうと思います。なぜなら、今の主なことはこの略奪の可視性だからです。

DER SPIEGEL: 過去6年間で最も苦労した瞬間は何ですか?

スノーデン: リンゼイと離れることです。それは私が罪を犯している本当の犯罪だからです。私はおそらくアメリカ史上最悪の彼氏です。

DER SPIEGEL: 元スパイとして、あなたはどのように偽情報を流し、混乱させるかを知っています。なぜ、私たちはあなたが本に書いたものを信じるべきなのですか?

スノーデン: 信じるべきではありません。これは書くのが非常に難しい本でした、そして私は過度に正直だったと思います。実際、あなたがそれから取るべき教訓は次のとおりです。私に質問し、私を疑い、懐疑的であることです。しかし、実際に担当している人々に対しても懐疑的であるべきです。

DER SPIEGEL: ミスター・スノーデン、このインタビューに感謝します。

Hacker News

リチャード・ストールマンがマービン・ミンスキーに関するコメントの「誤解を招く」報道に異議

Slashdotより

リチャード・ストールマンがマービン・ミンスキーに関するコメントの「誤解を招く」報道に異議 リチャード・ストールマンは本日、彼の個人サイトに新しいアップデートを投稿しました。「私は、マービン・ミンスキーとジェフリー・エプスタインとの関係について投稿したメッセージへの誤解を招いたメディア報道に答えたい。」

報道は、私の声明を完全に誤ったものにしました。見出しは、私がエプスタインを擁護したと言っています。真実と違うことがあってはなりません。私は、彼を「連続強姦犯」と呼び、彼は投獄されるに値すると言いました。しかし、多くの人々は今、私が彼を擁護したと信じています — そして、他の不正確な主張 — そして、彼らは私が言ったと信じていることのために心底傷付きました。

感情を害したことついては申し訳ありません。誤解を防げたらよかったのですが。

MIT内部のコンピューターサイエンスおよび人工知能研究所(CSAIL)のlistervで、ストールマンは、ミンスキーはエプスタインの犠牲者の1人を暴行したと告発されたと述べたマービン・ミンスキーの抗議の記述を見ました。ストールマンは、「もっともありそうなシナリオ」は、「エプスタインにそうするように強制されたとしても、彼女が彼に完全に自発的に自分をささげた」と主張しました — 一方、「性的暴行」という言葉は、力や暴力の使用を意味し、非難インフレーション(accusation inflation)と呼ばれるものを促進にします...。彼は、批判したい行為が何であれ、批判の性質についての道徳的曖昧さを避ける特定の用語でそれを説明すべきでした。

電子メールを転送されて怒ったMIT卒業生は、地方および全国、ニュースサイト、新聞、ラジオ局のレポーターへの電子メール送信を始めましたが、十分に素早い応答を受け取れなかったため、『Remove Richard Stallman. And everyone else horrible in tech (リチャード・ストールマンを追い出せ。そして、他の誰もが技術的に恐ろしい)』というタイトルのMediumのエッセイで彼女自身で発表しました。そして、スレッド全体をViceにリークしました

Hacker News