5/28/2017

SSDドライブはRowhammerライクな攻撃に脆弱

Slashdotより

ソリッド・ステート・ドライブ(SSD)の構成単位であるNANDフラッシュ・メモリ・チップは、データの格納を変えたりSSDの寿命を短くするセキュリティ上の弱点を突くことができるプログラミング脆弱性と呼ばれるものを含んでいる。今年初めに発表された研究によると、MLC NANDフラッシュ・メモリ・チップ(最新世代のSSDに使用される技術)のプログラミング・ロジックは、少なくとも2種類の攻撃に脆弱である。

最初は、プログラミング干渉(program interference)と呼ばれ、攻撃者がターゲットとなるSSDに特定のパターンを持つデータを書き込む際に起こる。このデータを繰り返し書き込むと、急速にSSDにエラーが起こるようになり、すぐ隣のセルに格納されたデータが破損する。この攻撃はRAMチップの悪名高いRowhammer攻撃に似ている。

2番目の攻撃は、読み取り妨害(read disturb)と呼ばれ、このシナリオでは、攻撃者のエクスプロイト・コードは非常に短い時間に大量の読み取り操作をSSDに実行させ、読み取り妨害の現象を引き起こす。攻撃が停止した後もずっと、すぐ隣のセルのデータからデータを読み取る能力を変えてしまう。

5/27/2017

テクノロジー幹部が本棚に置くべき13冊の本

フォーブスより

  1. ダグラス・アダムス: 銀河ヒッチハイク・ガイド
    私は、ダグラス・アダムスの常識にとらわれない知恵の素晴らしいコレクションである銀河ヒッチハイク・ガイドを手元に置いている。この本には、私がテクノロジーとイノベーションに関して学んだ最も重要な教訓が含まれている。それは正しい質問をしなければ、ソリューションは何も意味がないということだ。- Curtis Oden, SevenTwenty Strategies

  2. フレデリック・フィリップス・ブルックス: 人月の神話
    40年以上前に出版されたほとんどの技術本は役に立たなくなる。フレッド・ブルックスの古典で開発チームを管理するために教えられる教訓は、人月の神話がその他大勢ではないことを保証する。本書では、IBMでの教訓を詳細に説明し、ソフトウェアチームを管理する技術幹部が何十年も全力を傾けてきた多くの一般的な間違いを回避するのに役立つ。- Matthew Kolb, Caller Center

  3. ゲアリー・ケラー, ジェイ・パパザン: ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果
    2017年には、電子メール、テキスト、ソーシャル・メディアなどコミュニケーション手段が有り過ぎる。経営陣として、その混乱は十倍である。ゲアリー・ケラーとジェイ・パパザンの著書、「ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果」は仕事を達成し続けるために焦点を合わせる方法を文書化している。チームを実用的な目標に合わせることが我々の仕事である。一定の優先順位付けが必要なモデルから脱却しろ。集中力を保つことで、より大きな目標をまとめて個々の段階を褒めることができる。- Tammy Cohen, InfoMart

  4. ジョン・ゴール: 発想の法則 - 物事はなぜうまくいかないか
    70年代からのシステムの格言の一覧で、この乾いた皮肉交じりのシステム理論の批判は逆張り(contrarian)ではあるが、複雑なシステムを構築するという観点では信じられないほどの洞察力がある。テクノロジー、技術組織の周りのプロセス、ビジネスに携わる人々でさえ、ジョン・ガールの本書は多くが真実のように思える。- Saul Diez-Guerra, Thinkful

  5. エリヤフ・ゴールドラット: ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か
    厳密には技術本ではないが、プロセス最適化に関する教訓は永遠で有り、新しい領域にも簡単に適用できる。エリヤフ・ゴールドラットの本書は、小説の形式でいくつかの基本的プロセス技術を説明する非常に素晴らしい仕事を行なっている。この小説は、多くのMBAプログラムで正当な理由で、読む必要がある。深いレベルで既にこれらのことを理解している人々でさえ、この本に感謝するだろう。- Bill Lowrey, Istation

  6. Andrew Knight: Elon Musk: Elon Musk’s Best Lessons For Life, Business, Success And Entrepreneurship
    本書は素晴らしい読み物であり、日々の技術リーダーシップの責任を果たすための実用的なアドバイスを提供する。- Chalmers Brown, Due

  7. レイ・カーツワイル: How to Create a Mind: The Secret of Human Thought Revealed
    本書はテクノロジーの世界に携わる全ての人が持つべき本である。脳のリバースエンジニアリングに始まり、アルゴリズムの深い理解と、どのように知識が機械知性の創造に貢献するかを掘り下げる。本書は、テック業界が目指す人工知能を取り扱い、必携本にしている。- Arnie Gordon, Arlyn Scales

  8. ジョシュ リンクナー: Hacking Innovation: The New Growth Model From The Sinister World Of Hackers
    業界を問わず、あらゆるテクノロジー部門の幹部は本書を読むべきだ。テクノロジー幹部として、我々はITの世界に精通していると私は確信しているが、ビジネス上の問題を解決する方法についてはより創造的に考えるために自身を常に強いることができる。本書は、ハッキングの考え方の建設的な特性を活用して、あなたの会社に意味のある結果を導く方法を教えてくれる。- Raffaele Mautone, Duo Security

  9. ドナルド・ノーマン: 誰のためのデザイン? - 認知科学者のデザイン原論
    ドアの取っ手や蛇口のようなシンプルな例を使って、本書はユーザ選択のためにはデザインが重要な理由を具体例を使って示している。直感的なデザイン(Intuitive design)は、あらゆるテクノロジー幹部が非技術者社員が製品を作る時に、念頭に置いておくべき大切なものである。- Heeren Pathak, Vestmark

  10. Jeanne W. Ross, Peter Weill, David Robertson: Enterprise Architecture As Strategy: Creating a Foundation for Business Execution
    本書は、ビジネスを理解してテクノロジー部門を運営する方法の優れた見取り図である。ビジネスの運用モデルの合意を得て、コア・ダイアグラムを開発することで組織のあらゆる場所で相手(counterparts)との会話を変えることができる。- Jeffrey Ton, Bluelock

  11. ブルース・シュナイアー: セキュリティはなぜやぶられたのか
    セキュリティの優先順位、回避すべき落とし穴、最も重要な、独立したセキュリティ・ソリューションとしてのテクノロジーへの過度な依存に対する健全な懐疑論に関する本書のシュナイアーの視点から本書は必携本である。ポスト911の世界では、テクノロジー幹部にとってのコアな問題に冷静で実用的な論考を提供する。- Wayne Lonstein, VFT Solutions

  12. Kim Scott: Radical Candor: Be A Kick-Ass Boss Without Losing Your Humanity
    あなたがキム・スコットの新刊を読んでいないなら、逃している! スコットは、Google、Apple、Twitterなどの大手テクノロジー企業の逸話や教訓を紹介する。私は、良い上司になる方法やより深いレベルでチーム全体が繋がるのを手助けする方法について多くのことを学んだ。- Kris Duggan, BetterWorks

  13. サイモン・シネック: WHYから始めよ!- インスパイア型リーダーはここが違う
    本書は必携本である。技術者として、我々は本当に理由を理解するのではなく、問題を解決する方法を袖を巻いて考えている。しネックは、歴史の中で偉大な影響を与えた人や革新者は、メッセージ、動き、製品の根本目的を最初に塾考したと主張する。我々は同じことをするよう戒められる。- Bojan Simic, HYPR

Schneier on Security

5/26/2017

いかにAWSクラウドは若者偏重を打破しているのか?

RedMonkより

我々は若者願望の社会に生きている。テック業界は周りの文化と変わらない。特にスタートアップの文化は、あなたが30歳になるまでに能力が限界に達してしまうという考えで成功している。マーク・ザッカーバーグは33歳である。Facebookの従業員には、20代の終わりにザックおじさんに黙って電話を掛け始めた人もいる。厳しい。

若い創業者や従業員は長時間働くことができ、その意思もあり、本当に機械的に働く。彼らはスタミナが高く、大抵は時間を過ごしたい家族もいない。彼らは仕事に完全に全てを捧げることができる。ほとんどの数学のブレイクスルーは若者によって発見される。Apple、Facebook、Google、Microsoft、Amazonは少数の異常値であるが、今日のテック巨大企業は20代の人々によって設立されたことは事実である。ジェフ・ベゾスは会社設立時には30歳だった。彼は既に大きく成長していた。

彼は何の会社を設立したのか。Amazonは今後数年間で1兆ドルの価値を持つ可能性のある企業の一つである。スコット・ギャロウェイによるこのビデオは、4つの騎士についての最高の味方であり、的中する可能性が高い。Amazonはそれを押しつぶし、Amazonは小売を解体し、Amazonは「ブランド殺し」に行くだろう。

そのため、成長の次の段階を迎えるために誰を雇っているのか? 多くの22歳の人でいい? いいや。そう。Amazonは幹部や技術部門ではたくさんの経験豊富で才能ある人を雇っている。

Javaの最初の発明者の一人、ジェイムズ・ゴスリンを雇用したと丁度発表があった。彼は62歳である。彼がAmazonで何をするのか分からない。彼はプログラミング言語の新しいアイデアを推進する上で水中配送ドローンの設計をしていたようだ。しかし、彼はひらめきがあり、まだコーディングをしている。彼はAWSに特化したJVMの最適化をする可能性がある。しかし、今の所それは推測に過ぎない。

一方、ジェイムズ・ハミルトンはAWSのコンピューティング、ネットワーク、データセンターの設計で全力を尽くし続けている。彼はデータベース技術で経験を積んだ。彼は50代である。

XMLの発明者の一人、ティム・ブレイは2014年にAmazonに加わった。彼は元Sunの社員である。彼は現在61歳で、まだコーディングをする。

あなたがAWSのエンジニアチームの一人と話し合うとすれば、成熟した大人と話し合うことになる。現在41歳でPHPの最初の作者の一人で現在会社で検索や新しいNoSQLを指揮しているアンディ・ガトマンズのような人で、推定年齢は40-45歳である。

アドリアン・コッククロフトは2016年10月に加わった。彼は2002年卒業ではなく、1982年卒業である。AWSのクラウド・アーキテクチャ戦略担当副社長であり、彼はNetflixでのJavaヘアボールからクラウドリーダーシップへと移行を進める手助けとなった。

優れたエンジニアリングは数学ではなく、トレードオフ(妥協点)、知恵、経験が必要である。優れたエンジニアは一般には偉大な教師である。Fintanは最近、有名なエンジニアの事実について書いた。

「有名なエンジニアは指導だけではない。彼らは責任も負う。有名なエンジニアは、自己保身のためにチームを犠牲することはないい。理由を説明せずに後で大きなしっぺ返し(技術的負債)を伴う技術的決定をしないし、それを引き受け、その決定を理解している。」

彼の説明はAWSが現在雇用している人々に一致している。そのようなプレミアムな独立したグループが素早く仕事をこなし、独自の判断を行うには、一般的には多くの分野での経験を含む独特のスキルが必要である。関連する傾向としては、IBMが経験豊富なマーケティングの才能ある人を雇っている。

他の昔からある企業には会社とともに育った年配の有名なエンジニアがいる。AWSは明示的にその経験を取り込んでいる。それは、価値について別の見方を知って新鮮である。

AWSはクライアントである。

Hacker News

5/25/2017

ゲーム・オブ・スローンズのシーズン7の予告

ゲーム・オブ・スローンズのシーズン7の初回の予告が公開された。The Vergeより

デナーリスがウェスタロスに上陸

ここに来るには7シーズン要したが、デナーリスはウェスタロスに移動した。そして、彼女はドラゴン、ティリオン・ラニスター、アンサリードとドスラクで構成された巨大な軍隊、ドーン、ハイガーデン、グレイジョイの軍勢を得た。

前の予告で見たように、彼女はドラゴンストーン城(元スタニスの居城)に拠点を開設しているが、ドラゴンの母がより大きな目的を見ているのは明らかである。「私は七王国の統治するために生まれたのです。そして、私がそうするのです」、アンサリードがキャスタリー・ロックのように見える場所でラニスター軍と交戦の中、デナーリスは画面外で話す。

そして、ドラゴンが突撃するドスラク軍の上空を飛ぶ予告の終わりの場面を踏まえると、鉄の玉座を巡るデナーリスとサーセイ間の戦いが表に出てきた。

ジョンとサンサの対立

昨シーズン終わりのウィンターフェルの戦い後、ジョン・スノウは北の王となった。今、ホワイトウォーカーと死人の軍隊の到来に備える中、北は彼を支持する。ジョンが昨シーズンの最後に旗手に語ったように、「戦争は終わっていない」。

しかし、ジョンの新たな地位は、ラムジー・ボルトンとの形勢を一変させたサンサの求めによるリトルフィンガーとヴェイルの騎士の支援無くして不可能だった。サンサは、少なからずリトルフィンガーのおかげで、ジョンの敵と同じくらい狡猾で冷酷に成長した。たとえ全てが燃え尽きても、リトルフィンガーはウェスタロスの全てを支配する計画がある。

ジョンとサンサはウィンターフェルの最後のスタークであり(ブラン、今や三つ目の鴉はまだ壁の向こうにいる)、生き残るためにはお互いが必要である。しかし、サンサのそばのリトルフィンガーが原因で、来るべき大いなる戦から注意をそらすような紛争が確実に起こりそうである。

アリアは次の標的に出会う

ウォルダー・フレイを殺害し、母と兄の謀殺に復讐した後、アリア・スタークはリバーランドを一人でさまよい、まだ殺す必要のある彼女のリストにある人について考えている。リストにある多くの人間は年月を経るにつれ、ジェフリー王やタイウィン・ラニスターのように死亡しているが、何人かはまだ生きている。

リストにある一人の人物、メリサンドルが新たに大きくなっている。メリサンドルは旗の無い同盟軍とのもめ事の後にアリアに出会い、不吉な物言いで再び出会うと言った。

ダヴォス・シーワースがメリサンドルはシリーン・バラシオン王女を火炙りに命じたことを暴露した後、ジョン・スノウはウィンターフェルから彼女を追放した。今、彼女はアリアがすぐ近くにいる南に向かっている。2人が出会うことは避けられないが、アリアがメリサンドルをすぐに殺すのは期待しない方がいい。おそらくシリーズが終わるまでにお互いに学ぶことが多くある。

* メリサンドルはドラゴンストーン城にいるように見えるが...

第二次戦争の兆し

スターク家は開始当初から「冬来たる」と警告していた。そして、ついについにここにある。我々は過去2シーズンに渡ってナイトキングと彼の巨大な軍隊を見てきた。彼らは生き返らせた死体であることを考えると、この軍隊は数を増やし続けているとしか思えない。ホワイトウォーカーやワイトは予告の中では映らないが、ウェスタロス全てに永遠の冬をもたらす脅威はこれまで以上にリアルである。

前のシーズンで壁が崩壊する暗示があり、ウォーカーが自由にウェスタロスを自由にうろつくようになるだろう。これまでのところ、ホワイトウォーカーはドラゴングラス(黒曜石)とヴァリリア鋼を使って倒すことができる。どちらもウェスタロスでは供給量が非常に少ない。そして、サーセイとダニーが鉄の玉座のために南で戦っている間、本当の脅威が北に残っている。しかし、一体いつまで?

ダヴォスは見知らぬ聞き手に警告している「我々は憎しみを脇に置いて結束しなければ、死ぬだろう。そして、鉄の玉座に座るのは誰でも構わない。」

私たちがまだ見ていないと考えるものがたくさんある。オールドタウンのサムとジリはどうなったのか? ブランはナイトキングを逃れたのか? ユーロン・グレイジョイに何が起こったのか? しかし、この新しい予告は、可能な限り最善の方法で下準備をしており、今夏のシリーズ復帰に私たちは興奮している。

5/24/2017

コーディングは楽しくないし、技術的にも倫理的にも複雑だ

Slashdotより

匿名の読者が記事を伝える:
初心者にとって、プログラマの心のプロフィールはかなり珍しい。高度に分析的でクリエイティブであるばかりでなく、ソフトウェア開発者は仕事の複雑さをやりくりするためにいつも超人的な集中力が必要となる。細部への躁的な注意力が必須で、だらしなさは禁じられている。コーディングは、強い集中力を求める唯一の仕事ではない。しかし、脳手術が楽しいとか、構造工学が簡単だと言う人は誰もいない。プログラミングに関しては、なぜ政策立案者や技術者のふりを装うだろうか? 一つは、投資家のマーク・アンドリーセンの言葉で、ソフトウェアが世界を食べている時に、その分野に人々を誘い込むのを助け、労働者プールが拡大することで、業界がゆっくりと進み、賃金が抑制された。もう一つの理由は、まるで、開発者が与えられた問題を解決するのに決まり切ったやり方を当てはめるいくつかの鍵があるとでもいうように、まさにコーディングという言葉が型通りで反復的に聞こえるということだ。ハリウッドが社会的に挑戦するコーダーを役に選ぶわけではなく、必然的に白人男性でナチスを阻止したりCIAに侵入したりする力を持つ考える前にタイプしてしまうようなハッカーである。魅力的で楽しいコーディングと断言することは、子供達にコンピュータ科学を知ってもらう方法としては間違っている。彼らの知性をバカにして、進歩のために訓練を必要としないという致命的な考えを頭に植え付けてしまう。ソフトウェアを少しでも作ったことのある人なら誰でも1分のタイピングが1時間の勉強とごまかすことを知っている。技術的にも倫理的にもコーディングは複雑だと認める方が良い。現時点で、コンピュータは様々な洗練度で命令を実行することしかできない。したがって、開発者は明確にできるかは開発者次第である。すなわち、マシンはあなたが言うことを行うもので、あなたがするつもりのものではない。生死に関わるものを含め、ソフトウェアに委ねられる"決断"がますます増えている。自動運転車、半自律的な武器、FacebookやGoogleが最高入札者に販売する前にあなたの結婚、心あるいは身体の状態についての推論を行っていることを考えて欲しい。しかし、企業や政府がこれらのプロセスの下で何が起こっているか調べることを我々に働きかけることはほとんどない。

5/23/2017

AGFAMで最初に衰退するのはどこか? (2)

前にも取り上げたが、ニューヨーク・タイムズがApple、Amazon、Facebook、Microsoft、Alphabet(Google)の中で、どこが最初に脱落するか投票を行なっていた。一番最初に脱落するのは半数以上がFacebookを選び、最後まで残るのは38%がGoogleを選んでいる。

Facebook

確かに、Facebookはソーシャルの怪物である。あなたが今までに会ったのある人に何が起こったかに気付き、あなたが探している人にたどり着くための最も確かな場所である。

しかし、あなたが私のように、それ無しでもいいと感じていると思う。あなたはロウで封印された文書や手書きの手紙(電子メール、Twitter、Snapchatも)を通じて、友人と連絡を取り合ってもよい。そして、とにかくフィルターバブルや偽ニュースを避けたい。加え、彼らは魅力的かも知れないが、あなたはFacebookの他のサービスをうまく捨て去る: Instagramと人生を記録するために使っている7億人の美しい人たち、2つの世界最大のメッセージアプリは言うまでもなく、WhatAppやFacebook Messangerはそれぞれ10億ユーザが利用している。

Amazon

明らかに、Amazonによって販売される何百万もの商品にアクセスすることなく、完全に普通の生活を送ることはできる。あなたは現実の世界に出掛けるだけで、地元書店を調べて、職人があなたをサポートするだろう。

そして、私がやったよりもAmazonのランクがどのくらい低いかを考えると、私はあなたがそれがなくてもうまくやって行けると感じると思う。しかし、あなたがそれをランク付けし、もしAmazonを見捨てれば、あなたは車を運転するようになり、長い運送時間にめげず、レビューにもアクセスできなくなるだろう。そして、メディアにも: もはやトランスペアレント、高い城の男、マンチェスター・バイ・シーはない。

また、Amazonが所有する他のサービスについても諦めることになる: Goodreads、Audible、IMDB、Zaposとはさようならだ。この課題では、消費者との直接の関係から判断すると、Amazonのクラウドサービスに依存するサードパーティ企業を支援することができる(例えば、Amazonのサーバに番組を保存しているNetflixにお金を使うことができる)。しかし、Amazonのハードウェア、Kindleやタブレット、Fire TVデバイス、ますます重要になっているAmazon Echoやこれまで以上に有用なブレーンAlexaを犠牲にしなければならない。あなたは一人の真の友人がなくなるわけだ。

Apple

私は我々が同じボートに乗っていると見ている。我々は光り輝くAppleのbaublesが好きだが、この課題の途中で、我々はiMac、Macbook、iPad、Apple TV、Apple Watch、もちろん最も記念碑的なiPhoneを諦めることになる。

そして、まな板の上に乗せられているハードウェアだけではない。他の企業が現在、非常にうまく設計されたスマートフォンやコンピュータを作っているが、市場でまだ最高のコンシューマ・デバイス・ソフトウェアであるiOSやmacOSは動かない。最後に、あなたが入っているサークルによっては、批判に対処する必要があるかも知れない: あなたがAppleのメッセージサービスへのアクセスを失い、テキストが緑で始まると(注: SMSになる=お金が掛かる)、友人は何と言うだろうか?

Microsoft

Windows、Windows、Windows。これはあなたが最初に最も明らかな失うものだが、10年前に失くなっていれば、今日世界はMicrosoftのデスクトップOSに深くは依存しなくなっていただろう。そんなわけで、私はMicrosoftをかなり早く選択したが、私にはないが、あなたがビル・ゲイツの刺青を入れる理由があるとしたらどうだろう。

とにかく、あなたが失うものはWindowsだけでなく、Officeもだ。Outlook、PowerPoint、Excel、Wordの悪口を言いたくなればなるほど、会社のワークフローの中核を構成している可能性がある。長距離電話を掛けるならSkypeを忘れなければならない。そして、最後にMicrosoftのハードウェアがあなたに使われていない: 新しいSurface全て (タブレットPC、ノートPC、クールに見えるデスクトップ)、もうすぐ登場するHololens。ああ、大事なことを忘れていたが、Xbox!

Alphabet

ああ、私はGoogleの親会社を避けるのが非常に難しいことに同意する。

まず、あなたはGoogle検索を捨て去り、ダメージを受けなければならない。しかし、Alphabetは非常に大きく、見た目以上に他に置き換えられないパーツが多い。人間の知識のほぼ全体に即座にアクセスできる能力を失うことは単なる前菜に過ぎない。

あなたはものすごく奇妙で素晴らさの中でYouTubeに別れを告げることになる。GoogleがAndroidを作っていることを忘れてはいけない。Androidは、Appleが作ったもの以外の全てのスマートフォンやタブレットで動作するソフトウェアである。あちこち移動するのに、WazeやGoogleマップを頼りにできない。Gmail、Hangout、Googleカレンダーで家事や仕事をこなしている場合は、混乱に備えてほしい。Googleフォト、Nestホームアプライアンス、Google+の友人にあなたの思い出をさよならを告げてほしい。(ハハハ、それは冗談)。

そして、最終的に全ての素晴らしい未来(自動運転車、医療用コンタクトレンズ、人工知能は囲碁で人間をやっつけるほど賢い)のことを忘れてほしい。

Hacker News

ジェームズ・ゴスリン、Amazonへ

ジェームズ・ゴスリンがAmazon AWSに入社するそうだ。AWSのツール群がJavaやScalaに依存しているからでは? あるいは新しい言語のデザインをする?

変化の時だ。私は多くの懐かしい思い出とボーイング(Liquid Robotics)を離れることになっている。今日、私はアマゾン・ウェブ・サービス(AWS)で新しい冒険を始める。

Inquirerによると彼は2016年のIP Expo Europeで、一つのクラウドプロバイダに深く委ねるのは危険だと語っていた。

Hacker News 12Slashdot

5/22/2017

ヴィント・サーフが60年を振り返る

Slashdotより

Computerworldは、ヴィント・サーフにインタビューして創立50周年を祝った。73歳のインターネットの父は、初期の雑誌を読んでいたことを思い出し、1960年UCLAでコンピュータにアクセス「私がコンピュータに夢中になった始まり」から、どのくらい変化のがあったかを考える。

100年後の我々の子孫は我々について多くのことを知らないだろうし、電子メール、ツイートや文書を読むことができないかも知れない。なぜなら、誰もそれらを保存しないし、読むために必要なソフトウェアがもはや存在しないからだ。それは大きな問題である。私は20年前にWordPerfectで書かれたテキストファイルを持っているが、どこにもWordPerfectを実行できない...

Q: あなたはインターネットを作ったことが最大の成果だと思いますか?

いいえ、それに向かっていることが大きな問題だった。最後の残りの年にそれを稼働し続けることがさらに大きな問題だった。それを閉鎖したい敵対的な政府から守り、高性能で新しいアプリケーションをサポートすることがすべての進化である。進化は続いている...。私が何かを指し示し、それが最大の業績だと言えるかは分からない。それは一つの大きな山登りである。

AIで膨らむ未来を考え、サーフは「多くの自律的な権限をソフトウェアに移譲することについて私は心配している。」しかし、彼は過度に憂慮しているわけではないが、「人工知能に関して心配性であるスティーヴン・ホーキングやイーロン・マスクとは違う。Google検索や自動運転車を利用するたびに、あなたはAIを使っている。これらはすべて支援技術であり、私はこれが将来どのように利用されるかを疑念に思っている。」

「レイ・カーツワイルの予測が真実で、私の意識をコンピュータにアップロードできない限り、私はおそらく50年後にはいないだろう。」と彼も認めている。

消滅するITの仕事

Slashdotより。否定的コメント多数。

Slashdotの読者snydeqは、「ワーキング・デッド: 消滅行きのITの仕事」と題するInfoWorldの記事を伝える。これは予測の一部である。

  • ある人材紹介会社の社長は、CとC++のプログラマは間も無くCobolプログラマと同じように時代遅れになるだろうと主張する。「世界全体はJavaや.Netに向かっている。金融企業はシステムがそれで構築されているため、C++プログラマはまだいるが、彼らは姿を消しつつある。」
  • Stack Overflowのデータサイエンティストは、「PHP、WordPress、LAMPのスキルは需要が着実に減少しており、React、Angular、Scalaのような新しいフレームワークや言語が増加していると語っている。」
  • 匿名仮装プライベート・ネットワーク・サービスのCEOと共同創設者は「Azureの台頭とLinux獲得で、ほとんどのWindows管理者が仕事を失っている。私の長年の同業者の多くは、Linuxを再教育や全く別の仕事に就かなければならなかった。」と語っている。
  • さらに、「クラウドへの大規模な移行のおかげで、ネットワーク・エンジニアやシステム管理者のようなITインフラを維持する仕事のリストは、落ち目傾向にあると、キャリアサイトIndeed Primeの副社長Terence Chiuは言及する。」
  • 職業紹介サイトLaddersのCTOは、Smalltalk、Flex、Pascalが人気を得ていることから、「古いシステムを保守するために役立つだけの仕事に急速に変わろうとしていると付け加えている。エンジニアとプログラマは新しい言語を継続的に学ぶ必要がある。新しい製品を作成する代わりにシステムを維持するだけになってしまうだろう。」
  • Dice.comの社長は、「今や、JavaやPythonが本当にホットだ。5年後には、...その間にも仕事は変わっているかも知れない。それが技術専門家にとって本当のペインポイントである。」と述べている。

しかし、ノースイースタン大学の地域学部長曰く、シリコンバレーは事もあろうに最も暗い予測を持っている。「私が予想するなら、2020年以降も世界が多くのプログラマを必要とするとは思わない。プログラミングの90パーセントはビジネス仕様を理解し、それらをコンピュータ・ロジックに変換するようになる。それは実際に機械学習と低価格のAIにうってつけある。」

5/21/2017

ファインマンによるフェルマーの最終定理の証明

フェルマーの最終定理をファインマン流に説明

リチャード・ファインマンはおそらく20世紀で最も才能のある物理学者の一人だ。彼は複雑な概念を解体し、第一原理から問題にアプローチすることを可能にする数学的で物理的な直感を持つことで知られていた。一見したところ訂正不可能な積分を解決するために独自の手法を編み出したMITの学生時代、シュレーディンガーの方程式を独自に導き出したプリンストンの大学院生時代からファインマンの天才を示す数え切れないほどの逸話がある。Schweberの本"QED and the Men who made it"の中のシュレーディンガー方程式のファインマンの導出に関する読み、フェルマーの最終定理についてファインマンが書いた日付のない2ページの原稿に言及することになった。原稿は本には載っていないが、Schweberはファインマンのアプローチについて軽く説明している。私がここで詳しく説明する。

フェルマーは$n$が2より大きな正の整数の場合、方程式 $x^n+y^n=z^n$ は整数の非自明の解、すなわち3つの$x$、$y$、$z$の全てがゼロではない解は存在しないと17世紀に主張した。このステートメントは広く"フェルマーの最終定理 (FLT)"として知られており、公式は"フェルマーの方程式"と呼ばれている。

3世紀半以上の間に、この困難な問題は数多くの数学者の注目を集めた。とりわけ、L.オイラー、ルジャンドル、P.G.L.ディリクレ、E.E.クンマー、より最近ではD.R.ヒース・ブラウン、G.フレイ、そしてA.ワイルズがこの問題を最終的に解決した

Schweberは原稿の日付について言及していないが、ファインマンが1988年に死去し、アンドリュー・ワイルズが1995年に定理の証明を公表して以来、我々はファインマンがそれを書いた時にはFLTがまだ数学で最も有名な未解決問題の一つであったことを知っている。興味深いのは、問題に対するファインマンのアプローチが純粋に確率論的なものだったということである。彼は、数$N$が完全な$n^{th}$乗である確率を計算することから始める。これを行うには、$\sqrt[n]{N}$と$\sqrt[n]{N+1}$の間の距離を計算する必要がある。ここで$N$は大きな整数である(あとで説明する)。

\[ d = \sqrt[n]{N+1}-\sqrt[n]{N}=\sqrt[n]{N}\sqrt[n]{1+\frac{1}{N}}-\sqrt[n]{N}=\sqrt[n]{N}\left(\sqrt[n]{1+\frac{1}{N}}-1\right) \]

もし、$(-1 < x < 1)$で、べき級数展開を使うと$(1+x)^k = 1+kx+\frac{k(k-1)}{2}x^2+...$

\[ d=\sqrt[n]{N}\left(\left(1+\frac{1}{n}\frac{1}{N}+\frac{\frac{1}{n}(\frac{1}{n}-1)}{2}\frac{1}{N^2}+...\right)-1\right) \]

$k=\frac{1}{n}$と$x=\frac{1}{N}$で、$\frac{1}{N}<1$でべき級数展開を使うことができる点に注意する。制限を $N\rightarrow\infty$にし、展開の大きな条件のみに限定すると、次のようになる

\[ d \approx \frac{\sqrt[n]{N}}{nN} \]

$d \approx \frac{\sqrt[n]{N}}{nN}=\underbrace{\frac{1}{n\sqrt[n]{N}...\sqrt[n]{N}}}_{n-1 times}<1$、$n>1,\sqrt[n]{N}>1$そして、$n\sqrt[n]{N}...\sqrt[n]{N}>1$。

ファインマンは「$N$が$n^{th}$の完全累乗が$\frac{\sqrt[n]{N}}{nN}$である可能性」と書いている。彼はこの結論にどのように至ったのか説明しなかったので、ここで私は彼の思考過程がどのようなものだったかを考えみる。もし、$N$が完全累乗$N=z^n$であれば、$[\sqrt[n]{N},\sqrt[n]{N+1}]$の間隔に、少なくとも一つは整数が存在する($\sqrt[n]{N}=z$)。全ての連続する整数の間の距離が1であるためには、$[\sqrt[n]{N},\sqrt[n]{N+1}]$ が整数を含む確率は、2つの整数間の間隔の長さと、$\sqrt[n]{N}$と$\sqrt[n]{N+1}:\frac{d}{1}$ との間の距離の比率である。これを視覚化するための良い方法は、全ての連続する整数間の距離が1メートルの線を想像することだ。誰かが線の上に長さdメートルの定規を落とすと、定規が整数に当たる確率は$\frac{d \textrm{ meter}}{1 \textrm{ meter}}=d\approx \frac{\sqrt[n]{N}}{nN}$となる。

$N=x^n+y^n$というFLTについて言えば、$x^n+y^n$が完全$n^{th}$乗である確率は$\frac{\sqrt[n]{x^n+y^n}}{n(x^n+y^n)}$である。もちろん、この確率は特定の$x$と$y$に対するものである。したがって、任意の$x^n+y^n$の合計の確率を計算するには、$x>\mathsf{x}_0$と$y>\mathsf{y}_0$を合計する必要がある。ファインマンは式を積算するのではなく、積分することを選択している。私が積分を選択したのは、通常は総和より扱いが簡単であり、整数を合計して$x$と$y$を全て積分しても、最終結果に影響が出ないためである。

ファインマンは$\mathsf{x}_0=\mathsf{y}_0$を選択した。彼は次の式に行き着いた:

\[ \int_{\mathsf{x}_0}^\infty\int_{\mathsf{x}_0}^\infty\frac{1}{n}(x^n+y^n)^{-1+\frac{1}{n}}dx\,dy=\frac{1}{n\mathsf{x}_0^{n-3}}c_n \] \[ c_n=\int_{0}^\infty\int_{0}^\infty(u^n+v^n)^{-1+\frac{1}{n}}du\,dv \]

$c_n$を得るため、ファインマンは変数の2つの変更を行う。最初は、$\theta=\frac{x-\mathsf{x}_0}{\mathsf{x}_0}\,\,\phi=\frac{y-\mathsf{x}_0}{\mathsf{x}_0}$ である。

変数の最初の変更を行うと:

\[ \int_{\theta(\mathsf{x}_0)}^\infty\int_{\phi(\mathsf{x}_0)}^\infty f(x(\theta,\phi),y(\theta,\phi))\left|\frac{\partial(x,y)}{\partial(\theta,\phi)}\right|d\theta\,d\phi = \] \[ =\int_0^\infty\int_0^\infty\frac{1}{n}\mathsf{x}_0^{1-n}((\theta+1)^n+(\phi+1)^n)^{-1+\frac{1}{n}}\mathsf{x}_0^2 d\theta\,d\phi = \] \[ =\frac{1}{n\mathsf{x}_0^{n-3}} \int_0^\infty\int_0^\infty ((\theta+1)^n+(\phi+1)^n)^{-1+\frac{1}{n}}d\theta\,d\phi \]

$\left|\frac{\partial(x,y)}{\partial(\theta,\phi)}\right|=\frac{\partial x}{\partial\theta}\frac{\partial y}{\partial\phi}-\frac{\partial x}{\partial\phi}\frac{\partial y}{\partial\theta}=\mathsf{x}_0^2$は、ヤコビアン、そして$\theta(\mathsf{x}_0)=\frac{\mathsf{x}_0-\mathsf{x}_0}{\mathsf{x}_0}=0\,\,\phi(\mathsf{x}_0)\frac{\mathsf{x}_0-\mathsf{x}_0}{\mathsf{x}_0}=0$である。

最後に変数$u=\theta+1$と$v=\phi+1$の2番目の変更を行う

\[ \frac{1}{n\mathsf{x}_0^{n-3}}\int_0^\infty\int_0^\infty((\theta+1)^n+(\phi+1)^n)^{-1+\frac{1}{n}}d\theta\,d\phi = \] \[ =\frac{1}{n\mathsf{x}_0^{n-3}}\int_1^\infty\int_1^\infty(u^n+v^n)^{-1+\frac{1}{n}}du\,dv \]

私はファインマンが1であり0ではないことから導かれた積分$(c_n)$の下限に実際にタイプミスがあると思う。$u(0)=0+1=1$と$v(0)=0+1=1$に注意してほしい。

最後に、$z^n=x^n+y^n$が整数である確率についての式を得て、それをいくつかの$n$に対して計算することができる。$\mathsf{x}_0=2$を設定すると、$z^n=x^n+y^n(\frac{1}{n\mathsf{x}_0^{n-3}}\int_1^\infty\int_1^\infty(u^n+v^n)^{-1+\frac{1}{n}}du\,dv)$に対する整数解が存在する確率はnの増加に伴って減少することが分かる。

QDWuLPe

ファインマンはまた、19世紀初めにファルマーの方程式が$n\leq 100$の解を持たないことを証明したソフィ・ジェルマンの結果を知っていた。ファインマンは、$n$が増加するにつれて解を見つけるのがますます困難になるので、$n\leq 100$がないという知識を使ってフェルマーの方程式の解を見つける確率を計算しようとした。

十分に大きな$n$に対して(この限界を導き出すことを読者に頼む)、

\[ c_n\approx\frac{1}{n} \]

したがって、特定$n$に対する解が見つかる確率は$\frac{1}{n^2\mathsf{x}_0^{n-3}}$であり、その結果、任意の$n>\mathsf{n}_0=100$に対する解を見つかる確率は$\int_{100}^\infty\frac{1}{n^2\mathsf{x}_0^{n-3}}dn$である。$\mathsf{x}_0=2$の積分を計算すると、

\[ \int_{100}^\infty\frac{1}{n^2 2^{n-3}}dn\approx8.85\times10^{-34} \]

これは確率が$10^{-31}$%未満であることを意味する。ファインマンは次のように結論付けた。「私に言わせれば、フェルマーの定理は真実である。」もちろんこれは数学的見地からはあまり正規なものではなく、ワイルズのFLTの実際の110ページ長の証明とは全く異なるが、ファインマンの科学的アプローチと天才であることの本当に良い例である。ファインマンが言っているように:

理論物理学の主な仕事は、できるだけ早く間違っていることを証明することだ。

Hacker News