12/30/2018

乱数から円周率を探る

Measure of Doubtより

Jesse Galef

0から1の間の10,000個の乱数を与えたとしたら、どの程度正確に円周率を推定できますか? 円周率近似値日(ヨーロッパ形式では22/7)です。これは、数学を共有するのに最適な時です!

複雑なモデルを作成していて、閉じた形の解析解を求めない、または求めたくない場合は、モンテカルロ・シミュレーションで答えに近づく方法を見つけることができます。より正確に答えを推定したければ、より多くのシミュレーションを作成します。

円周率を見つけるための古典的なモンテカルロ・アプローチの1つは、(0,0)と(1,1)の間の正方形内に5,000の点のx座標とy座標として、10,000個の数値を扱うことです。単位円を(0,0)に描くと、円の内側に入る点の割合から、面積の概算が得られます。これは、pi / 4になる筈です。4倍にして見積もって下さい。

Points

シミュレーション平均: 3.1608
95%信頼区間: 3.115 3.206
信頼区間幅: 0.091

このテクニックは機能しますが、それほど正確ではありません。かなりの差異があります - 95%の信頼区間は、幅が3.12から3.21まで、約0.09単位幅です。もっとうまくできるだろうか?

四半円の面積を見つける別の方法は、それを関数として扱い、その平均値をとることです。(面積は平均の高さ×幅、幅は1なので、四半円の内側の面積はその平均の高さになります。) これにより、pi / 4が得られます。従って、piの推定値を得るには4を掛けます。

$y^2+x^2=1$

$y^2=1-x^2$

$f(x)=\sqrt{1-x^{2}}$

0から1までの間に10,000個の乱数があります。 私たちがしなければならないのは、それぞれについて$f(x)$を計算して平均をとることです。

Means

シミュレーション平均: 3.1500
95%信頼区間: 3.133 - 3.167
信頼区間幅: 0.0348

これにより、より正確な見積もりができます。95%信頼区間は以前の半分以下です!

しかし、もっとうまくできます。

対照変量法 (Antithetic Variates)

10,000個の乱数を取り、それらを反転させるとどうなりますか? それらは0と1の間に一様に分布する点の集合に過ぎないので、$(1-x)$も0と1の間に一様に分布する点の集合です。$f(x)$の期待値が分散0.1の円周率の場合、$f(1-x)$の期待値も、分散が0.1の円周率になります。

では、これはどのように役立ちますか? 同じレベルの精度を得るには2つの異なる方法があります。

さて、もし$f(x)$が特に高いならば、$f(1-x)$は特に低くなるでしょう。各乱数とその逆の値をペアにすることで、一部の誤差を相殺し、真の平均値を中心にした推定値を得ることができます。それぞれ同じ期待値を持つ2つの分布の平均をとると、それでも同じ答えが得られます。

(対照変量の使用として知られているこのトリックは、全ての関数で機能するわけではありませんが、関数$f(x)$はxが増加するにつれて常に減少するため、ここではうまく働きます。)

Antithetic

シミュレーション平均: 3.1389
95%信頼区間: 3.132 - 3.145
信頼区間幅: 0.0131

驚いたことに、私たちの95%信頼区間は0.013まで狭まりました、まだわずか10,000の乱数を使っただけなのにです!

公平を期すと、これは10,000回のランダム・シミュレーションで22/7を約30%上回るだけです。より多くのシミュレーションに頼ることなく、確実に近似値を打ち立てることができますか?

制御変量

ランダムに生成された数字から、もう少し情報を絞り込むことができます。関数の一部に対する正確な期待値が分かっていれば、分散を相殺することについてもっと慎重に考えることができます。この場合、0から1までの$x^2$の平均値は正確に1/3であることが分かっているので、$c(x)=x^2$を「制御変量関数」として使用しましょう。

シミュレートした関数が今あるところに、

$f(x)=\sqrt{1-x^{2}}$

期待値0を持つが分散を減らすのに役立つ項を追加します。

$f'(x)=\sqrt{1-x^{2}}+b(x^2-\frac{1}{3})$

10,000個のランダムなxのそれぞれについて、$x^2$が平均を上回る場合、$f(x)$はおそらく平均を少し下回っていることが分かります。$x^2$が平均値を下回る場合、$f(x)$は多少高いと思われます。全体的な期待値は変わりませんが、平均値に向かってさらに圧縮されます。

オフセット項の定数bは、関数をどれだけ微調整するかを決定し、制御が目標関数とどのように変動するかに基づいて推定されます:

$\frac{Covariance(f(x), c(x))}{Variance(c(x))}$

(この場合、bは約2.9です) これが私たちの得ているものです:

Controlvariates

シミュレーション平均: 3.1412
95%信頼区間: 3.1381 - 3.1443
信頼区間幅: 0.0062

オフセットが新しい関数(オレンジ色)を平坦化して3.14を中心にしている様子をご覧下さい。

これはかなり良いです。多くのシミュレーションに頼ることなく、私たちは95%信頼区間を0.006に減らしました。このアルゴリズムは、約57%の時間で22/7よりも円周率に近い近似値を与えます。

生成した乱数の数に制限されていない場合は、必要なだけ近づけることができます。 100,000の点で、私たちの制御変量のテクニックは0.002の95%信頼区間を持ち、そしてその時間の約98%で22/7を打ち立てます。

最近では、計算能力が安くなるにつれて、10万または1,000,000の乱数を問題なく生成できます。それがシミュレーションを非常に汎用的なものにするものです - 信じられないほど複雑なプロセスや無制限の機能さえもシミュレートする方法を見つけることができ、どれだけ正確である必要があるかを決定します。

ハッピー・パイ近似値デイ!

(「円周率シミュレーション・デイ」ではなく「円周率近似デイ」があるのはなぜでしょうか? まあ、ニック・ボストロムによると、毎日がシミュレーション・デイです。恐らく。)

Hacker News

12/29/2018

資本主義の言葉は単に厄介なだけではなく、危険である

Slashdotより

匿名の読者がレポートを共有する:

感謝祭の6日後にゼネラルモーターズが6,000人以上の労働者を解雇した際、新しい本「Keywords: The New Language of Capitalism」の著者John Patrick Learyは、GMのCEOメアリー・バーラの声明の一部をツイートしました。「私たちが今日行っている行動は、私たちに将来への投資の柔軟性を与えながら、非常に敏捷で、回復力があり、そして収益性があるよう変革を続けていきます」と彼女は言いました。Learyは、バーラーの声明に「この言い回しは、現場では死んだと発せられれた」と一行コメントを付け加えました。なぜ、私たちは、後期資本主義の定期的にスケジュールされる「混乱」を説明し、それを正当化するのに用いられる特有の言葉に注意を払うべきなのでしょうか? Haymarket Booksが今月発表したLeary's Keywordsは、後期資本主義の言葉遣い方法を探ります。企業の世界とビジネスメディアから導き出されたユビキタスで現代的な一連の用語は、人間に優しいもの(民主主義、連帯、そして新技術が人々と地球に与える影響の精査)というより、企業に優しい価値感(階層、競争力、新しい技術の疑いのない受け入れ)を広めると彼は主張します。

これらの言葉は、私たちの概念の範囲を狭めます — 彼らは、私たちの想像力を邪魔します — 私たちの経済と社会を組織化する別の方法を想像することをより困難にします、とLearyは書いています。私たちは強力な「ソート・リーダー(考え抜かれたリーダー)」と企業幹部によって常識あるいは「普通の現実」の言葉として、それを受け入れるよう仕向けられています。自分たちの生活を表現するために、そのような言語を理解し、展開する場合、私たちは優秀な労働者と見なされます。そうしないと、私たちは暗黙のうちに経済的陳腐化に脅かされます。結局、あなたが「イノベーション」や「コラボレーション」に精通していないなら、どうやってこの過酷なニューエコノミーで成功することが期待できるでしょうか。[...]現在の経済システムを「後期資本主義」と呼ぶことで、ピカピカのバズワードと技術にもかかわらず、私たちが生きているのは古いグローバル資本主義システムの次の繰り返しであることを示唆しています。つまり、彼は「元気を出せ: 状況は常にひどいものだった!」と書いています。何が新しいのかとは、私たちの「技術の全能性への信念」と専門家たちにあると、Learyはマルクス主義の経済史家エルネスト・マンデルを引用して言います。彼はまた、資本主義は前例のない速度で、これまで変更されていなかった地理的、文化的、そして精神的な領域へと拡大しているとも主張しています。

BGPハイジャックを頼りにした大規模な広告詐欺スキーム

シュナイアーのブログより。

これは、Border Gateway Protocolのハイジャックを頼りにした広告詐欺スキームに関する本当に興味深い話です:

3ve(「eve」と発音)のメンバーは詐欺を隠すために、彼らの信頼できるIPアドレスの大きな蓄積を使用しました。このスキームでは、詐欺師自身が運営する偽ページでホストされているとされる広告を「見た」と偽造された実在の人間を装うため、データセンター内にホストされた1000台のサーバーが使用されました。通常、このような小規模のサーバーホスト型ボットによる詐欺は、騙された広告主に目立っていました。この詐欺を偽装するために、3veのオペレータは何百万ものセキュリティ侵害されたIPアドレスを介してサーバーの不正なページ要求を処理しました。

主に米国およびイギリスを拠点とするこれらのIPアドレスのうち約100万がコンピュータに属しており、攻撃している側はBoaxxeおよびKovterとして知られているボットネット・ソフトウェア・ストレインに感染していました。しかし、3veによって使用された規模では、そのIPアドレスの数でさえ十分ではありませんでした。そして、それがBGPハイジャックが現れたところです。このハイジャックにより、3veが高価なIPアドレスをほぼ限りなく提供することができました。ボットネットと組み合わせると、この詐欺行為は、世界で最も裕福な地域の何百万人もの実在の人々が広告を見ているように見せかけました。

記事には、多くの詳細があります。

私が、講演でよく使用する格言は、「専門知識は下流へと循環します: 今日のトップシークレットNSAプログラムが、明日の博士論文および翌日のハッキングツールになるでしょう」です。これはその一例です。NSA内部での「トラフィック・シェーピング」として知られるBGPハッキングは、長い間国家情報機関のツールでした。今や、それはサイバー犯罪者によって使われています。

12/28/2018

2019年、AppleはiPhoneの通話UIを変更する必要がある

Ramblingsより

DECEMBER 26, 2018 BY SPENCERDAILEY

現時点では、世界中のあらゆるrobocallハッカーが即座にあなたの携帯電話の画面を奪って、モバイルゲーム中のあなたを停止させたり、店で会計をするときに混乱させたり、電子メールを入力しようとするあなたの集中を妨害したりします。

そして大規模に、それらを混乱させます。米国では毎月数十億の偽電話がかかってきます。報告によると、これは世界的な問題であり、ブラジル人の月間平均スパム通話数は37回です。実は、私がこのまさにその文をタイプしている間、robocallを受けました。今日は2回目です。

電話のインフラのレベルでは、根本的なプロトコルは絶望的に安全ではないため、短期的な修正ができず、非常に難しい問題です。

しかし、ユーザー体験の観点からは、物事をより管理しやすくする簡単な方法があります。Appleは着信をフルスクリーンの警告ではなくバナー通知として表示させるべきです。

Screen Shot 2018 12 26 at 2 15 24 PM

2007年に魅了したものは大きな迷惑になった

何百万人ものスマートフォンユーザーが、自分の全画面をrobocallerに毎日奪われているのは実にイライラさせられることです。拒否をタップすることは、あなたがあなたの電話を持っていて、電話に煩わされていることをrobocallerに実際に伝えているので、あまり良い選択ではありません。それは、私が与えたくない情報です。

iOSのジェイルブレイク・コミュニティは何年も前にこの必要性を目にし、CallReplyというアプリが電話のUIを微調整して着信コールをバナー通知として表示できるようにしました。

Appleはいつ追随するか?

Hacker Newsのあるコメンターは、次のように指摘しています。「iPhoneからの電話が、iPadの画面に引き継がれ、MacBookで鳴ると、この煩わしさは3倍になります。」[1] もっともな指摘!

iOSには利用可能なコールフィルタリングオプションがないことを別の人が声を上げています。個々の番号をブロックすることは、robocallスパムをブロックすることにはまったく効果がないためです。「私は、市外局番からのすべての番号と自分の番号の最初の3桁をブロックできるようにしたいと思います。すべてのrobocallは、自分の電話番号のように見える番号から発信されます。」[2]

別の指摘によると、キャリアはrobocallを制限するためにいくつかの措置を講じることができるのですが、それがはびこる事は(おそらく)彼らの商業的利益のためで、消極的なのかも知れませんし。 通信事業者がネットワーク参加者の「信用できない」行動にフラグを立てることで達成できる可能性のあることは多くありますが、SS7の認証と暗号化の欠如という根本的な原因は残ります。しかし、はい、キャリアは物事をより良くするためにも確実に取り組んでいます。[3]

さらに別のコメント投稿者は、Googleがこの問題にどのように対処したかについて次のように述べています。電話機のロックが解除されると、通話はバナーとして表示されます。さらに、彼らはその新しい通話スクリーニング・オプションを追加しました。私はそれを使っており、今のところかなりうまくいっています。私は、大抵は組み込みのフィルタリングに頼ることができましたが、いくつか組み込みの通話フィルタリングとサードパーティ製のアプリもあります。iOSには本当にフィルタリングのためのオプションはありませんか? 私は、(iOS9を実行している)iPhoneを持っていた最後に何かがあったことを断言します… しかし、それでも再度、脱獄しました。適切な通話フィルタリングの前に、完全なWebブラウザが携帯電話に搭載されたのは少し奇妙です。(免責事項: 私はGoogleで働いていますが、電話に関してではありません。)[4]

Hacker News

12/27/2018

人権バイデザイン

シュナイアーのブログより

素晴らしいエッセイ:「Advancing Human-Rights-By-Design In The Dual-Use Technology Industry (デュアルユース・テクノロジー産業における人権バイデザインの推進)」Jonathon Penney、Sarah McKune、Lex Gill、Ronald J. Deibert:
しかし、企業はこれらの基本的な手段をはるかに超えて実行できます。彼らは、彼らのビジネスモデルの一部として乱用や搾取を認めるのではなく、デフォルトで人権を尊重するためのツール、技術、およびサービスを設計することを約束する「人権バイデザイン」の原則を採用することができます。今日の「プライバシーバイデザイン」という概念は、それを要求する欧州連合一般データ保護規則(GDPR)のおかげで、その価値は高まっています。最も一般的な原則は、企業がプライバシー、データ、およびデータ主体の情報を保護するというデフォルト前提で製品とサービスを設計する必要があるということです。例えば、同じような設計による人権パラダイムは、大規模、無差別、または本質的に不均衡な検閲機能を可能にする機能(ISPが国のトップレベルドメイン(TLD)全体をブロックすることを可能にするNetsweeper機能など)を使用して、フィルタリング会社はテクノロジを設計することを妨げます。DPIデバイスやシステムは、ネットワーク・トラフィックにスパイウェアを注入したり、悪意のあるコードへユーザーをリダイレクトしたりするのを可能にするのではなく、オペレータの能力から保護するように設定できます。また、通信およびストレージ・プラットフォームの設計に組み込まれたアルゴリズムは、ビジネス目的に加えて人権を考慮事項に入れることができます。企業は、グローバル・ネットワーク・イニシアチブ(GNI)のようなマルチステークホルダーの取り組みに参加することもできます。その流れにより、テクノロジー会社(Google、Microsoft、Yahooを含む)は、自己申告要件および独立したコンプライアンス評価と同様に、透明性、プライバシー、表現の自由のような原則への最初の一歩を踏み出しました。

インターネット経済 (ジェフ・ヒューストンのISPコラムより)

ジェフ・ヒューストンのISPコラムより。WIE 2018に参加して感じたことが書かれている。

2018年12月
ジェフ・ヒューストン

1年前の2017年後半は、電気通信分野における政策論争の多くが、米国におけるネット中立性の厄介な問題に猛反発していました。それは、国家の通信政策の決定プロセスが見るスポーツになったようで、チャンピオンを賞賛し、反対派を悪評した評論家でいっぱいになったように見えました。私たちは、あまり満足のいく解決策がなくても、その喧騒から先に進みました。現在のところ、支配的な問題は、私たちの真っ只中にいる臆面もないタイタンの役割に関するものです。(あなたが過去10年間洞窟に住んでおり、あなたの記憶をリフレッシュするためのクイックリストが必要であると仮定すると、それはFacebook、Amazon、Apple、Microsoft、Alphabet!) 今や彼らは、非常に大きく、国家ではない彼らに本質的に責任があるのか、あるいはこれら技術のビヒモスの利益を様々な国家公共政策目標とのより均等なバランスに置く規制枠組みを作り出すことが私たちにできるだろうか? これはおそらく2018年後半の最大の公衆通信政策の問題ですが、決して一つだけではありません。ほんの数例を挙げると、通信分野におけるセキュリティと個人のプライバシー、ピアリングと相互接続、市場の効率性と継続的なイノベーションと進化、データ駆動型ポリシー作成、パブリック測定、消費者保護など、他の公共政策の話し合いなど、一つも解決していません。

私たちがコミュニケーションする方法、コミュニケーションのマナー、豊かさ、そして到達範囲は、私たちの経済と社会の形や機能に深い影響を与えます。従って、私たちがこの業界の公共政策を策定し、調整する方法を考慮することは、オープンフォーラムで行われることがおそらく完全に適しています。その検討をどのように支援し、通知することができるでしょうか?

1つの方法は、インターネットの構築、運用、使用のさまざまな側面をまとめ、経済と公共政策の観点からこれらの活動を見ることです。これはカリフォルニア大学サンディエゴ校のインターネット経済分析ワークショップ「WIE」でCAIDA(応用インターネットデータ分析センター)が毎年主催する比較的ユニークな集まりの背景です。これらは2018年12月に開催された第9回ワークショップでの私の考えです。ワークショップでは、ネットワーク事業者、サービス事業者、規制担当者、エコノミスト、法律専門家、研究者、学者などさまざまな個人が集まり、討論は洞察に満ちたもので、私にとって、有益で役立ちました。

このワークショップの場面を設定するにあたって、私たちは、あらゆる形の競争とイノベーションに開放されたオープンなコミュニケーションの世界で、支持された理想に反して働くように見える様々な形の貿易障壁の再課税と相まって、より偏狭的で分断された環境の台頭を見ています。社会の公共財の目録の一部を形成する通信という領域における公共空間の伝統的な見方は、この以前の公共空間を陰気で、時には微妙で変わった形で民営化しようと熱心に取り組んでいる強欲な民間部門の主体に挑戦されています。私たちの個人プロフィールと嗜好の監視と数十億の個人的な人物調査の組み立てでさえ、以前から多くの警察官を非常にうらやましくさせる方法で民間部門によって達成されています。この環境における政府の役割はどうでなければならないのか、決定するために民間部門の市場主体に割り当てられるべきものは何か、おそらくまだ全くはっきりしていません。

歴史的な観点から見ると、情報技術のこの急速な展開が社会にもたらしている破壊的な変化は、産業革命の間に生じたものの幅と深さ、そしておそらく19世紀の経済学者で革命的社会学者カール・マルクスがこれまで以上に今日より関連性が高いです。私たちはいくつかの非常に基本的な質問をする時代、不確実な時代の到来を見ています。規制の目的は何か、誰に適用すべきか? 事実と推測の違いをどうやって見分けるか? このデジタル革命によって形成されている世界の原則(tenets)は何ですか?

インターネットによって創られた無限の機会の初期の幸福感(ユーフォリア)は、今や共通の懸念と恐怖によって相殺されています。インフラは信頼でき、頼りになるものですか? なぜ安全なインターネットを作ることができないのですか? 同時に私たちは防御できないシステムの故障モードへの脆弱性が増していることを認識しているのに、なぜ、自動化されたシステムに多くの役割を渡し続けるのですか? 実際にインターネットの発展を形作っているのは、幅広い課題を推進している自己利益の狭いファンネルを作り出すインターネット市場の進化です。インターネットは新聞と同じ道を歩いているようで、広告は主客転倒になったようです。インターネットの場合、私たちは、あらゆる消費者、彼らの欲望と嗜好、そして最も重要なことに彼らの支出習慣が強迫観念である監視資本主義によって推進されているようです。そのような世界では「プライベート」とは何ですか? そして、私たちは皆同じインターネットを見ますか? 例えば、Facebookは、各ユーザーの好みや希望にできるだけ正確に一致するようにプラットフォームをカスタマイズするための意図的な努力をします。各ユーザは、意図的かつ意図された結果であるカスタマイズされた社会環境を見ます。これはネットワークの他の部分でも起こっていますか? 私たちは今、これらのシステムが私たちが見たいと信じているものだけを見ていますか? これらのネットワーク・コンテンツ事業者は、私たちのプロフィールデータがますます多くなるにつれて、デジタルサービスへのアクセスのために交換している個人情報について、消費者としての現実的な評価を得ていますか? これは公正な価値交換ですか? 無料の検索サービスの最終的な社会的費用はいくらですか?

全てのことを念頭に置いて、今年のワークショップの背景が設定されています。

セキュリティ、あるいはその欠如

航空業界は、セキュリティの管理方法について多くのことを教えてくれています。複雑なマシンを操作する際のエラーから学ぶことができなければ、エラーを繰り返すことになります。事件がいつ起こったか、何が起こったか、起こった理由を明確に知る必要があります。その時初めて、これらの事件から学び、環境の安全とセキュリティを向上させることができます。

一部の地域や一部の制度には報告義務の要素がありますが、それは決して一様ではなく、サービス事業者が負う可能性のある債務に関する問題は、強制開示の一定レベルの猶予を促す傾向があります。ヨーロッパのGDPRの枠組みで使用されているような厳しい罰則には、小規模のプレイヤーの参入障壁を高めるという予期せぬ副作用があります。このような重要な違約金の賦課の背後にあるように見える懲罰的性質は、正式な違反が起きたかどうかに関わらず、全てのセキュリティ・イベントの完全かつオープンな開示を促すものではないため、デジタルインフラの品質を分析し、理解し、改善する機会が忘れ去られています。私は個人的な病歴のプライバシーがほとんどの場合に尊重されているという意見に驚きましたが、伝染性が高く危険な病気を病院に報告すると、新たな強制報告体制に向かって転換します。このような潜在的に壊滅的な病気の流行から社会の全てを守ることの社会的責務は、個人のプライバシーの通常の慣習よりも重要です。データ違反に関する同様の開示コードが存在しないのはなぜですか? 脅威の状況を把握し、データを守るための適切な対策を講じるための適切なポリシー設定は何ですか?

デジタルインフラの防御機能を考慮すると、今日、主要金融機関を「ストレステスト」することは興味深いことです。私たちは、「失敗するには大きすぎる」は、障害点があり、それがどのレベルで起こる可能性があるかを理解するために施設にストレスが掛かるポイントになるため、その機能の重要な性質を理解しています。しかし、私たちは財務ハンドラと同様にデータハンドラを扱うのか? これらのプロバイダの一部でデータの完全性と耐性に関する公開ストレステストを実施したいと考えていますか? そのコメントは、「私たちはまさに、運用する能力のないシステムを構築する能力がある」でした。

これはデータ駆動型ポリシープロセスの視点であり、デジタルインフラの回復力を理解するのに役立つ測定データは何かという疑問があります。簡単な測定は必ずしも有益な測定にはなりませんが、有益な測定はしばしば複雑かつ困難でコストが掛かります。おそらく、重要な問題の1つは、セキュリティ侵害の環境が良くなっているか悪化しているかです。一人の個人のクレジットカードのセキュリティ侵害と、ホテルチェーンのロイヤルティのデータベースから5億人の個人情報が盗まれたセキュリティ侵害とをどのように比較しますか? 私たちは、事件の重大度と影響を受ける個人の数の両方を評価しようとするセキュリティ侵害のある種の影響の測定基準を作成すべきでしょうか?

また、障害または侵害の主な原因が、システム内の何らかの障害モードの結果であるか、システムに対する意図的な攻撃の結果であるかに関わらず、どのようにして自分自身を守りますか? デジタル防御能力がそのような難しい問題である理由の一つは、多くのデジタルシステムの複雑さにあります。このようなシステムでは、個々のコンポーネントを安全にすることは可能でしょうが、それで安全なシステムになりますか? このようなシステムはしばしば複雑な相互作用を有し、これらの相互作用は脆弱なシステム挙動を生じさせる可能性があります。脆弱性を明確に理解していなければ、システム防衛をどこに注意を向ければいいのか決定できません。与えられた有限の防衛資源を守るために最も重要な資産は何ですか? 適切な防御姿勢と過度の達成との違いをどのようにして知ることができますか? さらなる努力が防御能力のわずかな改善しかもたらさない時点で、私たちはいつどのようにして決定すればいいのでしょうか?

そして、これらの防御能力をどのように調整すればいいのでしょうか? これは、共通の課税によって賄われる公的機能なのか、守備能力を求める人々が資金を提供する民間機能でしょうか? 従来の公的警察機能と民間セキュリティ機能との間には雲泥があります。国の警察機能は、加害者を逮捕し、その事件が再発しないようにするために環境を確保することに焦点を当てる必要があります。民間セキュリティ機能は潜在的な犠牲者によって資金提供され、焦点は、被害者になる可能性が現実にある人を守ることです。公共の機能は、「間違いなくそれが再び起こらないようにする」ことと、「間違いなく私に再び起こらないようにする」という民間機能を特徴付けることができます。これらの2つの視点で雲泥の差があります。

セキュリティ実践が持つ経験

セキュリティは、システム全体の概観から個々の実践まで幅広い範囲に渡っており、ワークショップでは、ユーザーのコミュニティに二要素認証(2FA)を導入した経験を聞きました。最近、2要素認証が一定レベルの勢いを達成しています。多くのサービスプロバイダーにとって、「他のすべての人がそれをやっているなら、私たちもそうしなければならない!」という相乗効果があります。

この措置の有効性についての疑問があります。2FAカウンターはどの程度で違反になりますか? 2FAがシステムに導入された場合の違反率はどのくらいですか? アクセスプロセスに追加のステップを追加することで、サービスにアクセスしようとしている消費者から何らかのレベルの落ち込みが生じる可能性がありますか? 使用量の減少はどうですか?

報告された経験によれば、個人および給与制度に関連するような重要なシステムでは、システムに2FAが導入されて以来、データのセキュリティ侵害は認められませんでした。彼らの電子メールシステムでは、2FAでの使用が目立って減少している点で、経験は少し異なりました。サービスが任意である場合、2FAの導入は一部のユーザーにとって阻害要因となります。これらのシステムは全て、使いやすさと潜在的可能性の間にある程度の妥協点があります。システムの使用がより困難になると、ユーザーからの応答はシステムから落ちるか、可能であればシステムチャレンジの意図を損なうショートカットを使用することになります。

より間接的であり、ルーティングとアドレッシングを伴う良好なネットワーク管理の領域にある別のセキュリティ実践の類があります。攻撃のための脆弱性の一要素は、意図した犠牲者の送信元アドレスでUDPパケットのストリームを送信するために、勝手に用いられたシステムを使用する分散型サービス拒否攻撃(DDOS)です。特定のDNSクエリとmemcache要求を含む、応答がクエリよりもはるかに大きい、多数のUDPプロトコルがあります。これが意味することは、従来の(そして、不正にアクセスされない)サーバーに向けられた小さなトリガー・パケット・ストリームは、被害者に向けられた非常に大きなデータ・ストリームをもたらし、潜在的にネットワークを圧倒する可能性があります。

DDOS攻撃のこの特定の形式の重要な側面は、偽造された送信元アドレスを持つIPパケットを生成し、ネットワークを通過させる機能です。私たちは主に、ホストIPスタックがそのような合成IPパケットを生成しないようにすることに見切りを付けたため、ネットワークに注意が向けられました。ネットワーク自身が、偽造された送信元アドレスを持つパケットを破棄できますか?

オリジナルのコンセプトは18年前にBCP38(RFC 2827)として公開されました。それ以来、コンセプトはまったく変わっていませんが、ネットワーク事業者はこれを実装するために必要な措置を講じることに未だに熱心ではありません。ここでの問題点は、BCP38で説明されている対策を細かく採用すること自体が、偽造された送信元アドレスUDPベースのDDOS攻撃に対抗するには効果がないことです。この方法を有効にするには、全てのネットワークがこれらの手順を実行する必要があります。CAIDAは、スプーフィングされたIPパケットを許可するネットワークを識別するために、アクティブ・プロービング実験を行っています(http://spoofer.caida.org/)。結果はいくぶん混在しています。ネットワークにおけるアンチ・スプーフィングの採用レベルは、何年も大きく変化していませんでしたが、ソースアドレス・スプーフィングを使用したUDP攻撃の発生率は引き続き減少することなく続いており、同じ期間で見ると増加しています。いわゆる「名前を公表する」アプローチを使用したネットワークの公開を提供するツールの使用はある程度のプラスの効果をもたらしましたが、BGPのデアグリゲーションで学んだように、名前を公表するだけでは、そのようなリストに対する注意のスパンは非常に短いです。

これは、多くの個々のネットワーク事業者が発信元アドレスのなりすましを防止するための行動を実行するのに十分な自己利益を認識していない市場の失敗の一形態として特徴付けることができ、この状況が依然と続く間に、共通の利益、 すなわち送信元アドレスのなりすましパケットを許可しないネットワークが危険にさらされています。その結果、スプーフィングされた送信元アドレスを使用したDDOS攻撃は、ほとんど衰えていません。ここで明確なフォワードパスを調べるのは困難ですが、得られるものは大きいです。ネットワークオペレータが、異なる予防可能な攻撃が起こる事を防げない事への責任を負った場合、保険者がそのようなリスクについて賠償する前にオペレータに課した執行義務についてより明確であれば、おそらく状況は改善するでしょう。しかし、近い将来このシナリオは起こりそうにありません。また、攻撃者の適応性を考慮する必要があります。私たちは、攻撃者が彼らの行動を厳格ではなく日和見主義的であると理解しています。ソースアドレスのなりすましは今日DDOS攻撃を開始する便利な手段かもしれませんが、このアプローチは決して唯一の攻撃ベクトルではなく、一つの攻撃の脆弱性をセキュアにすることが攻撃者に他のベクトルの利用をたやすく誘導します。

ローカルなインセンティブが不十分なためにコモンシステムを安全にできないというこの考えは、ルーティング・セキュリティのイメージにも当てはまります。長期的な問題は時々、問題を解決するための動機が不十分なため、問題として残ることがあります。時にはこれらの長期的な問題は、多くの関係者の協調的行動を必要とするため、解決するのが難しい問題であり、効果的な対応策を立てるために必要なオーケストレーションの規模は、単純に禁じられています。彼らはそれらを解決する方法の現時点での理解に反対するため、未解決の問題として残ることもあります。ドメイン間ルーティング・システムを保護することは、後の2つのカテゴリの1つに位置する未解決の問題のようです。

この問題を説明する信頼できるデータは手に入れにくいです。一時的なルーティング状態、ルーティング・システムの誤った構成ミス、ルーティングを破壊する意図的な取り組みの結果を区別することは難しいです。ルーティング・インシデントにある程度のインパクトがあると考えるのはさらに困難です。一般的なオンラインサービスに影響を及ぼすルーティング攻撃、あるいは私たちが頼りにする重要なサービスに影響を与えた攻撃は、自宅のサービスだけに影響するかも知れない偶発的な出来事よりもはるかに重大な不安なイベントであると考えられます。ここで問題となるのは、ルーティング・システムではアドレス・プレフィックスとパスのみが表示され、相対的な臨界や重要度では区別できません。

これがかなりの難易度を伴う長期的な問題であることを観察しても、進歩がないことを意味するものではありません。私たちはいくつかの分野で進歩を遂げました。問題の1つは、IPアドレスの所有者が実際にそのアドレスの現在の所有者であることを証明することを可能にする、明確でテスト可能な権限モデルの欠如でした。そして、同時に、そのIPアドレスの保有期間についての他のすべての同時要求を反証することができます。私たちは、IPアドレスの所有者がアドレスとその許可された使用に関する証明書にデジタル署名する公開鍵基盤(PKI)を考案し、その他の人たちがそのような証明書を検証できるようにしました。私たちは、これらのデジタル証明書をBGPプロトコルの運用に組み込み、これらのデジタル証明書をルーティング・システムの運用に使用する標準的な技術モデルを開発しました。

しかし、これらの進歩にも関わらず、そしてこの状態に到達するための非常に驚くべき効果にも関わらず、私たちはこの安全なルーティング・プロトコルBGPSECがあらゆる場所で導入を見ることはほとんど望めないようです。このツールは導入するには複雑過ぎるという共通の見解があり、ルーティング攻撃の影響を受けるリスクへの個々のネットワーク・オペレータの認識を上回る新たな一連の運用リスクを広めるのに使用しています。これは、対策が問題空間の一部にしか対応していないという観測と結びついているため、この方法はネットワークをあらゆる形態のルーティング攻撃から守りません。治療法がオリジナルの病気よりも大きなリスクをもたらす可能性があり、私たちは最初の治療法がどれほど良いか確信していません!

最後に、安全な枠組みに確かな証明の限界という問題があります。確かな証明は、協力者が自分の行動やデジタル・アーチファクトを何らかの方法で良好なものにすることができるようにするため、プロバイダは属性を明確にし、拒否できないことに頼っています。これは、悪い主体が明確な帰属を避けたいと思っている、あるいはこれらの印を生成する認証情報を得る立場にないと仮定した場合に有効です。全ての良い主体が常にそのようなマーキングを行った環境では、印のない素材は明らかに悪です。しかし、そのような普遍的な採用の環境は、大規模な分散システムでは珍しいことです。そのような善意のマーキングが一部の主体によってのみ実行される環境では、印のないものをどのように考慮すべきかは不明確です。必ずしも良い、あるいは悪いとは限りません。このような優れたマーキング能力が悪い主体から差し控えられることは明らかではありません。フィッシング詐欺サイトはTLSを使用し、しばしば真のウェブサイトと同じ方法でブラウザに緑色のロックアイコンを表示します。目に見える属性と公的な報告はしばしば役に立ちません。例えば、証明書の透明性(Certificate Transparency)は、短命の「smash and grab」Web攻撃に対抗するには絶望的なほどに効果はありません。

セキュアなシステムのこの分野における一般的な見解は多くの場合、良いことにコストをかけても、悪い可能性が排除されるわけではありません。システムのレベルよりも結果として生じる盗難や詐欺による価値が損失を上回った場合、私たちはシステムに正味の非効率性をなんとか取り入れようとします。このような状況では、共通の損失補償基金を作り、不安なリスクを支援する事がより効率的で安価になるでしょう。

私たちはどのようにルーティングの危険な状態を調べればいいですか? これはテクノロジーの破綻ですか? 効率的かつ安価に動作できるより優れたルーティング製品があっても、まだ問題はありますか? それとも、これは市場の失敗の一例ですか? 個々のネットワーク事業者は、これらのツールを展開する際の最低限の利点が不十分であり、それでは安全な全体システムの共通の利点は決して実現しません。あるいは、これは規制上の失敗の一例ですか? ルーティング・システムを保護するために、ネットワーク・プロバイダーに規制を課すという形態にしなければならない場合はどうすればよいのでしょうか? コンテンツ管理と暗号化における現在の国および地域の規制の例は、悲惨な例です! コンプライアンスが決してチェックされない場合、そして消費者がどのような場合でもコードの価値を認識できない場合、業務規範はほとんど影響を与えません。なぜ、ルーティング・セキュリティと同等の努力が必要なのでしょうか?

変化するインターネット経済

電気通信サービス業界における年間売上高は、世界のエネルギー市場よりわずかに多い、そして航空業界の売上高の倍の1.5兆ドルと様々見積もられています。電気通信分野でかなりの価値を表していますが、電気通信分野は世界のGDPのわずか2%に過ぎないため、他の主要な活動分野よりも過度に大きくはありません。

しかし、通信活動分野では、過去数十年間に亘って、コスト構造要素が劇的に変化しました。旧式のベル電話サービス方式は、アクセス網、交換機および長距離通信網の間のサービスコストのほぼ等しい分割で、この一般的なコスト帰属モデルは音声スイッチ回路システムの全てのオペレータに適用されました。最近では、交換および長距離通信費が大幅に無視できるレベルまで低下しました。パケット交換は時分割多重よりも大幅に安価であり、回線交換コストと光ファイバー通信システムは、通信システムの設備投資と運用コストを大幅に改善します。交換と通信のコストを大幅に削減することで、大規模なコンテンツとクラウドプロバイダーがアクセスネットワークを構築するという自然な動機が生まれました。他の投入原価と比較すると、コストが安く、そうすることでサービスと顧客との間の仲介層がなくなります。この変化はまた、通信プロバイダ部門からのボリュームを奪い、この部門内の相対的な減少を更に助長しています。

これらの通信業者の一部がコンテンツ・サービス・プロバイダを購入する動きは、まったく異なる結果を生み出すのではなく、通信業者の必然的な運命を遅らせる役割を果たすかもしれないと主張することができます。例えば、船積みから鉄道への物資輸送の移行のような変革に直面したとき、多くの他の企業に見られるように、旧世代の既存企業はしばしば組織能力、資本プロファイル、適切な投資家支援を行わず、彼らのコアビジネスに対するリスクが避けられず、過去のものを完全に切り捨てて、まったく新しい姿で企業を再興させることを公然と認めています。伝統的な考慮事項は、ビジネス変革の時に不自然な結果を生み出すことが多く、コンテンツ・サービス・プラットフォームに投資している通信企業は、企業内で完全に異種のビジネスユニットをホスティングしている主要な通信企業にそのまま残っていることがよくあります。

ビジネスの変革はしばしば困難です。例えば、大手多国籍企業は、ほとんどは農家であった個人が所有し、経営する鉱業会社としてオーストラリアで始まりました。彼らが内部経営と投資家のプロフィールを変更する頃には、鉱夫によって所有および経営される鉄鋼会社になっていました。その後、給油所はエネルギー企業である事に気付きました。企業の進化のあらゆる段階において、非効率性と貧弱な意思決定の主要な原因は、企業の経営陣と投資家のプロファイルへのこの活動のミスアライメントによるものです。これらの通信企業にとってこの例と同じように多様化を図ろうとするのは魅力的です。

コンテンツとクラウド・プロバイダーがこの業界で支配的な地位に立つ今日、私たちは、外部の傍観者には、ほとんど不透明で、複雑な環境です。消費者にとって重要なのはサービスの体験であり、それはこれらのコンテンツ配信クラウド内で何が起こるかによってますます左右されます。これらのコンテンツ・データ・ネットワーク(CDN)事業者は、顧客エッジに近いプライベート配信ネットワークを終了するため、サービスと顧客の間の接続を提供する従来のサービス・プロバイダの役割は縮小しています。しかし、その役割が縮小するにつれて、これらの通信ネットワークは、監視、測定、規制の歴史的な焦点であったことにも留意する必要があります。彼らの役割が縮小するにつれて、このデジタルサービス環境への視界も広がります。

このコンテンツ経済を理解することは重要な課題です。どのサービスが使用されているか、どの接続が容易になっているのか、どのようなコンテンツ・トラフィックのプロファイルが生成され、どらだけの価値があるのでしょうか?

これは、別の昔からの経済の話題「大きい事は必ず悪いのか?」を中心にもたらします。デジタル環境が少数の非常に大きな企業によって支配されていることはほとんど疑いの余地はありません。時価総額で決定される最大の公開企業のリストには、米国の企業Alphabet、Amazon、Facebook、Microsoft、中国の企業AlibabaおよびTencentが含まれます。確かに、収入、利益、顧客のメトリクス、企業の範囲と影響を含む他のメトリクスもありますが、これらの7社の時価総額が世界トップ10に入っているため、大きなものになっています。しかし、彼らは悪いですか? いつから、企業が非常に大きく、社会的安定の観点から潰せなくなったのですか?

2008年の世界的な金融危機は、金融界で「大き過ぎて潰せない」という概念を探りました。これらのデジタルサービス企業の一部または全部は、同様の状況にありますか?

20世紀初め、米国最高裁判所のメンバーであるルイス・ブランダイスは、大きなビジネスはすべての場合において効率的に管理するには大き過ぎると主張しました。彼は、独占過剰の極端に終わったこれらの大企業の成長とその行動が競争に害を及ぼし、顧客を傷つけ、さらなるイノベーションに害を及ぼすと主張しました。彼は、製品の品質は低下傾向にあり、製品の価格は上昇傾向にあることを注意しました。大企業は規制環境を整えることができ、規制上の監督を怠ることでリスクを管理し、損失を納税者に移転させることができます。私たちは、非常に懸念すべきです。この結果が単純に大きくなることが避けられない結果であり、2008/2009年の金融危機の経験を考慮すると、ブランダイスの注意が金融部門に当てはまると結論づけられるため、ブランダイスに異論を唱えるのは難しいです。しかし、これらの金融システムにおける公的信用の全面的な侵害は、ICT部門における懸念につながるのでしょうか? ブランダイスの意見を好きで普遍的な評価をしているのではありません。セオドア・ルーズベルト大統領を含む当時の他の人々は、正当な規模の経済領域があると感じており、大企業は生産量の高さによって、財とサービスの生産においてより高い効率を達成し、消費者に価格を下げることができると主張しました。

20世紀初頭の自動車製造業の進化と、電力業界は、エキゾチックで高価な製品を取り入れ、生産プロセスに大規模な適用を行いました。その結果は、全員とは言いませんが、多くの人にとって手頃な価格の製品であり、社会への影響は真に変革的でした。米国政府は、これらの巨大企業に対する規制監督を実施するように動いたのですが、必ずしも独占的地位を解体するように行動していません。

しかし、唯一の監督の仕組みが規制であれば、デジタルサービス部門の主要な企業主体は、規制するには大きすぎるようになったのでしょうか? 自らのルールを定め、向こう見ずな姿勢で行動している企業は、経済大国と民主主義の安定に潜在的に損害を与えます。明らかに向こう見ずな行動へのこのリスクを説明するためには、同じセンテンスでFacebookと選挙について言及するだけでいいです。

ブランダイスの言葉をもう一度引用します:「民間の独占と圧倒的な商業力に内在する脅威を取り除くための規制方法は、これまでに存在する、あるいは考案されていないと私たちは信じています。」

しかし、私たちがブランダイスの見解を拒絶し、規制が公益の必要な保護を提供することができると信じるならば、規制しようとしている活動を理解する必要があるという提案を進めることが合理的です。そのような理解は分かりにくいかもしれません。デジタル・ネットワークの世界では、ますます多くのデータトラフィックが「闇」なるのを目の当たりにしています。コンテンツサービス事業者は、独自の伝送システムを使用しているか、物理ケーブルプラントから全波長を切り出しています。共有された公衆通信プラットフォームからのトラフィックの取りやめは今や当たり前のことであるだけでなく、私たちがこの活動に持っている限られた可視性は今日でもプライベート・ネットワーク・トラフィックが非常に公衆インターネット上のトラフィックの量を圧倒し、そして、プライベートデータの分野の成長率は、公衆インターネットの成長率をはるかに上回っています。

ダンピングのような市場を歪めるための意図的な取り組み、これらの闇のネットワークを実際に認識できない場合の差別的なサービス提供など、様々な形態の市場の悪用を構成する可能性があるものをどのように理解できますか? それでも、これらの闇ネットワークは重要です。それらはインフラ投資を促進し、イノベーションを促進し、そして間接的に残りの公衆ネットワークサービスを促進しています。私たちは、様々な強制的な公的書類、報告および測定を通じて、これらの私有および運営されている施設やサービスの使用形態を明らかにするために適切に反証することができるでしょうか?

私たちが取り扱う事業体の規模を考慮して、そうするための規制上の権限がありますか? 私たちは過去に、多くの国で政府が問題を他の管轄に渡すことによって相対的権力の検査を避けようとしてきたのを目にして来ました。Microsoftに対する反トラスト訴訟はヨーロッパでも行われましたが、それでもその結果は大体満足のいくものではありませんでした。たとえ、ダークネットワークによって運ばれるトラフィックのより多くの公衆の露出が公共の利益になるかもしれないと私たちが信じるかも知れないとしても、私たちはどんな場合でもそのような公的報告を引き受けることを、これらのネットワーク事業者に強制する能力を単に持たないかも知れません。

統合 (Consolidation)

インターネットは、いくつかの個別の活動分野を使用して構築されており、各分野では競争力のある分野の枠組みの中で運営されているように見えました。 一(いち)アクターがオンライン環境全体に渡って圧倒的な存在感を示していると主張することはできなかっただけでなく、各活動分野においてさえ、いかなる一(いち)アクターによる明確な独占的立場も存在しませんでした。

通信会社はプラットフォームを提供せず、プラットフォーム・プロバイダーはアプリケーションやコンテンツを提供しませんでした。ユーザーをサービスに接続するプロセスには、多数の個別のアクティビティと様々なプロバイダが含まれていました。使用されているドメイン名はネームレジストラからのものであり、DNSルックアップはDNSリゾルバ・アプリケーションとDNSサーバホストとの間の相互作用であり、サービスのIPアドレスはアドレス・レジストリによって提供され、セキュリティで保護された接続に使用される資格情報はドメイン名証明機関からのものであり、接続パスは多数の通信会社によって提供され、コンテンツはコンテンツ配信ネットワークでホストされていました。これら全ては、標準技術を使用して構築されていましたが、大部分はIETFによって定義されたものではありません。

サービスの要素のこの多様性は決して独特ではなく、電話サービスもまた同様のレベルの多様性を示しています。本質的な違いは、電話による通信では、これら全ての要素のオーケストレーションが電話サービス事業者によって行われていたことです。インターネットでは、配信された複合サービスの包括的なオーケストレーションはないようです。ユーザーは現在管理下にあると主張したくなるかもしれませんが、これはおそらく範囲の広げ過ぎです。オーケストレーションはマーケットの運営を通じて発生し、市場は資源配分の役割を担っているように見えます。しかし、この活動の供給側全体を推進するのは、サービスに対するユーザーの集合的な嗜好であるという点で、ユーザーには明確な役割があります。

しかし、これは変化しており、必ずしも良い方法ではありません。ユーザーに無料で提供されるサービス(実際にはユーザーが広告主と取引される商品であるという古典的な市場の二面性の実例であるため、私は「無料」という用語を使用することを躊躇しています)は、ユーザーの嗜好に大きな影響を与えます。しかし、インフラサービスの統合(consolidation)という問題もあります。

一例として、Alphabetはオンライン広告プラットフォームだけでなく、少し名前を挙げるだけでも、検索エンジン、メールプラットフォーム、ドキュメント保存、クラウドサービス、パブリックDNSリゾルバサービス、モバイルデバイス・プラットフォーム、ブラウザ、地図サービスなどを運用しています。この場合、多くの個別の活動に関与している一(いち)企業であるように思われます。統合の持つ問題は、これらのアクティビティが個別のアクティビティのままであるのか、それとも単一のサービスに統合されているのかということです。

これが懸念される可能性のある最近の例が2つあります。

1つ目は、DNS over HTTPS(DOH)の最新の仕様です。DNSは広く悪用されているサービスです。攻撃者は多くの場合、DNSを悪用してユーザーを誤った送信先に誘導し、その後様々な形式の詐欺や策略を試みる可能性があります。国内のコンテンツ制御システムは、DNS応答を操作して特定の名前付きサービス・ポイントに到達することを不可能にする、あるいはより現実的にはやや困難にすることを頼りにすることがよくあります。全てのインターネットの商取引は名前からアドレスへの解決から始まるため、DNSはユーザーの行動を理解するためによく使用されます。個々のユーザーのDNSクエリを観察するだけで、かなり高い精度でユーザーをプロファイルできます。スノーデンの暴露を受けて、IETFはエピファニーの瞬間を迎え、偶然の、あるいはまったく決定的な盗聴の試みさえも防ぐためにそのプロトコルを強化するために一致協力して努力を行いました。DNSはこの取り組みに欠かせないものであり、DNSクエリの内容と観察からの応答を隠す方法として、TLS上のDNSの仕様を検討してきました。DOHは、TLSとDNS両方ともネットワーク上で非常によく似たフォーマットを使用するため、TLS上のDNSから非常に小さな変更のように見えます。ただし、DOHはDNS応答をWebオブジェクトとして扱います。キャッシュできます。プリフェッチすることもできます。おそらく、Webページに埋め込むことができます。これは、ブラウザを実行するプラットフォームから完全に独立し、ローカルサービス・プロバイダからも独立し、そして私たちが知っているDNSからさえも独立して、それ自身のDNS環境を定義するブラウザの可能性を生み出します。ブラウザが名前解決機能をブラウザ自体の動作に統合することができるなら、個別の名前解決、あるいは個別のネームシステムに頼る必要はありません。ブラウザは名前とネームサービスを持ち主の空間に統合することができます。最近では、全てのユーザープラットフォームの約80%がChromeをブラウザとして使用していることを考えると、ChromeブラウザとそのプロバイダであるAlphabetの手には、独自の市場支配力が非常に大きくなります。DOHは、DNSを見物人にとっての秘密にするかも知れませんが、それが秘密になるとそれまでの見落としや公衆の見解を超えて、そしてこのダークな空間での結果の行動が良いか悪いかを決めるのは事実上不可能です。

2つ目はQUICプロトコルの使用です。アプリケーションは通常、共通の機能に基盤となるオペレーティング・システムを使用するという従来のモデルに従います。ローカルのファイルストアに働きかけるための、DNSなどの様々なネットワークサービス用、およびネットワーク接続用、そしてTCPなどの接続を処理するためのプロトコル用のオペレーティングシステム・インタフェースがあります。TCPはフロー制御パラメータで自由に動作するため、ネットワーク・オペレータはTCPセッションの動作を無効にしてセッション・スループットに関する独自の見解を課すため、いわゆるミドルウェアをデプロイするかも知れません。これは、ネットワーク・オペレータがトラフィックタイプを区別して識別し、ネットワーク要求を優先度の低いセッションフローから選択的に抑制し、他のセッションが優先パフォーマンスを達成できるようにする非常に効果的な方法です。もともとは、Alphabetによって開発され、Chromeブラウザに実装されたQUICはそれを全て変えます。Chromeは、ブラウザ内でエンドツーエンドのフロー制御プロトコルを独自に実装しており、接続先のリモートエンドの一方に話しかけます。これを行う方法は、TCPがIP内でサポートされるのとまったく同じ方法で、ホストプラットフォームからIPデータグラムサービス(UDP)を使用し、内部カプセル化を使用してエンドツーエンド・プロトコルをサポートすることです。QUICはペイロードを暗号化することによっても、監視や改ざんから自身を保護します。そうすることで、ブラウザはエンドツーエンドのフロー制御プロトコルをブラウザに統合し、ホストプラットフォームのオペレーティングシステムもネットワークもフロー状態を可視化することを許可しません。DOHのように、QUICはエンドツーエンドのプロトコルをブラウザ内の暗い状態に引きずり込みます。

これらはどちらも、これまでのところ、様々な企業の合併や買収でこれまでに見てきたよりも深く、おそらくもっと賢明なインターネット統合の例です。ここでは、統合して大きな市場支配力を行使しているのは個々の主体ではなく、統合している環境内の要素です。この多くは、通常の規制上の監視からはかけ離れていますが、その結果が企業の統合の結果と類似しているわけではありません。アプリケーション統合のこれら2つのケースの結果は、ブラウザプロバイダが市場支配力の大幅な向上を達成することです。

測定とデータ駆動のポリシー

米国を含む多くの国が、過去10年間に消費者向けブロードバンド測定プロジェクトを始めました。この取り組みは、ブロードバンドアクセス製品間の実際の違いに関する消費者市場の多くの混乱を取り除くことを目的としており、消費者は製品の宣伝された実績と製品の宣伝性能主張を比較できるようになりました。意図的またはその他の副作用は、アクセスネットワークの輻輳の全てに問題があるかどうか、およびトラフィックの優先順位付けによって一部のコンテンツやサービスに対するこれらの問題がどの程度軽減され、他では軽減されなかったかに関する有用なベースラインデータを提供しました。

しかし、一旦そのようなプロジェクトを着手すると、容易に環境をスキャンして、消費者保護と全体的な経済効率の両方に関して、データが市場を理解し、どの規制があれば市場が改善するかを理解するのに役立つ可能性があります。今日は、基礎となる共通のインフラを利用し、仮想化されたビューを示す様々なスライスされたネットワーク・プラットフォームを目にしています。この分野には、あらゆる種類のクラウドサービス、API、コンテンツ管理、配信、負荷制限、トラフィック洗浄、およびコンテンツとサービスの関連可用性およびパフォーマンス管理が含まれます。これらのサービスの特性、使用レベル、実際の性能、価格設定機能およびサービスの供給側の効率に関する問題は全て、ブロードバンドアクセス市場に対する当初の懸念事項のエコーである一連の公共サービスの懸念を反映しています。これらの懸念が何らかの形の規制上の監視を必要とするようなレベルであることを理解するには、まずこのセクターの測定基準を定義し、次にデータ収集に着手することが必要です。もちろん、この方向へのいかなる道は、私たちがこのコンテンツやデジタルサービス市場のより広い供給サイドの進化がその内部構造が既にはっきりと見えないという不透明なレベルに達したと認める事を前提とします。

このような問題や懸念の状況は、ユーザデータの処理におけるプライバシーの構造化された測定を必要とするかも知れないプライバシー・インデックスを含みます。統合メトリックは、様々な共通インフラサービスが少数の主体に統合されている度合いを測定できます。トラフィック指数は、非公開で管理され、ハイブリッドの、あるいは公共の通信パス上に運ばれるトラフィック量を表すことができます。

オンラインのコンテンツ制御

「あなたがどこに行こうと、そこにあなたがいる!」しかし、それがどこにあるのか、どうやってわかりますか? そして、自分がどこにいるのかわからない場合は、どのようにして行きたい 場所が分かるのですか?

最近の政府は自制心を行使するためにソーシャルメディア・プラットフォームを探しています。彼らは、プラットフォーム運営者に、社会的に有害であると考えられるコンテンツの配布を拒否するか、そうでなければ制限することを強制しています。コンテンツ管理の支持者は、ソーシャルメディア・プラットフォームは一般的に有害なコンテンツとそれが引き起こす損害に十分に対応していないと訴えています。これらの懸念に対処するために、企業はしばしば、受け取った苦情の数、取られた措置の数、およびその他の統計を詳述した「透明性レポート」を発行します。ドイツ政府は最近、NetzDGを通過しました。これは、ソーシャルメディア会社に、通知から24時間以内にドイツの法律で違法なコンテンツを取り下げ、苦情の数、削除の数、上訴の数、および上訴後の回復の数を詳述するレポートの発行を要求しています。そのような最初のレポートは2018年8月に発表され、そのレポートはソーシャルメディア・プラットフォームがこの対策を真剣に受け止めていることを明らかに示していますが、同時にそのような内容の検閲の適用には熱心であるかもしれないという懸念を強調しています。

私たちの社会の中の民主的プロセスは、公開討論の構造の中で繁栄しており、それは私たちが有害と考えるものと物議を醸すものとの間の微妙な境界を理解する必要があることを暗示しています。これらの事業者管理のコンテンツ制御の課題におけるリスクは、彼らが異論のあるコンテンツ全てを削除することに関して誤っており、私達が異論を考慮して何を準備しているかについての社会的判断に影響を与えます。NetzDGで使用されている透明性レポートのモデルは、行使されているコンテンツ制御のこの側面について意味のある洞察を提供するものではありません。オンライン資料を検閲するためにどの標準が使用されているかは不明です。コンテンツに関する法律自体を通過させるのではなく、より多くの国民国家がNetzDGモデルを模倣する可能性が高いことを考えると、これは重要な考慮事項です。その目的がユーザに「安全」を感じさせることであるならば、その時、安全性のテイクダウンとフィーリングは必ずしも相関性はありません。言論の自由と破壊的かつ有害な社会的影響との間のバランスに関する私たちの実際の目標および懸念を明確にすることは難しいと考えるため、これは複雑な分野であり、それ以上のものです。

デジタル・ダークマター

コスト負担の無いサービスは経済学者にとって難題です。様々な種類のUnix、Wikipedia、Yandex、Githubなどのオープンソーステクノロジがその良い例です。Googleの検索サービスとGmailサービスも同様に考えることができます。WiFiサービスによって使用される無免許スペクトルは、同じカテゴリに分類されます。これらは商品やサービスの生産への資金であり、制限なく複製することができますが、GDPの計算には何の役割も果たしません。これらは、収益の計算にも、保有資産の計算にも貢献しません。

これらの無料で提供されるサービスの本質的な価値を無視すると、データが歪み、ポリシーが歪む可能性があります。例えば、オープンソース技術の生産によって間接的に生み出された価値を無視すれば、経済における公的研究開発支出の真の価値をどのように計算できるでしょうか? 入力データがこれらの値段の付けられていないデジタル商品やサービスの本質的な価値を無視すれば、私たちの経済政策はどの程度効果的ですか?

これらの値段の付けようの無いデジタル商品の使用と生産の両方のレベルがより高い国家経済において、より生産的なIT部門とその価値のより高い見積もりを監視しますか? もっと率直に言うと、なぜ一部の国は他国よりもはるかに多くのオープンソースを利用しているのですか? そして、そのような使用と国内のICT部門の効率性および価値との間に相関関係がありますか?

多くの経済的測定は有形財と価格サービスの生産と移動に基づいているように思われますが、それは脱工業化後の世界における国民経済の構造に関連している可能性があります。インターネットはオープンソース技術に代表されるフリーサービスの概念を導入しており、私たちが直面する課題はこれらの形態のデジタルサービスの経済的価値を測定し、効果的な経済政策を定式化するために国家の経済測定をより広い文脈にそれらを置くことです。

ユニバーサル・サービス

電話の普及の土台の1つは、ユニバーサルサービスの義務という観点から表された社会契約でした。民間事業者は公衆通信サービスを消費者に提供することを認可されていましたが、そうすることで彼らはまたいくつかの追加の義務を引き受けました。彼らは、可能な限り田舎や遠隔地を含む全ての顧客に手頃な価格のサービスを提供する義務を負い、廉価なサービスを富裕層にだけ提供することはできませんでした。これは、コストがはるかに高い場合でも、サービスの価格が手頃な価格であることを保証するためには、何らかの形の構造的相互補助金を伴います。また、サービスが何であるかを明確に理解することも必要でした。

電話の世界では、サービスは本質的に分かりやすい人間の声の提供でした。しかし、そのような基礎となるモデルはブロードバンド・デジタルサービスには存在しません。4K HDストリーミングビデオを全ての人に提供するため、構造的な相互補助を実行する必要がありますか? それとも10Mbpsのデータ配信速度を維持する以上にサービスへのアクセスが私たち全員が必要ですか? それとも100Mbps? 米国では、FCCはエンドポイントまで25Mbpsの速度と3Mbpsの戻り速度でブロードバンドサービスを設定しています。これは、一部の市場では1Gbps、さらには10Gbpsの速度が存在する密集した大都市圏でコスト効率よく配信できるものと、低密度の田舎や遠隔環境で配信できるものとの間のある程度の妥協点を表しています。

ブロードバンドアクセスが何を意味するのかという測定基準がある場合でも、ユニバーサル・サービスの進捗状況をどのように測定できますか? 保存されていない場所を示すことができる詳細な地図は、低密度の田舎および遠隔地に関して集合および維持することが非常に困難です。そのようなデータ収集を組み立てる場合、サービス提供セクターを比較的簡単で最も費用対効果の高い場所に集中させるのではなく、サービスのギャップ全体に渡って効率的にサービスのギャップを埋めることを確かにするためにどうやって私たちはサービス提供の行使を調整できます。

インターネット測定を持続させる

優れたポリシーは優れたデータに依存していると私たち全員は考えていますが、優れたデータを生成する方法についてはあまり明確ではありません。客観的な観察者が測定を行うことはますます困難になっています。そして、総合的な懸念はインターネット環境が第三者の測定に関してどんどん無くなっているということです。利用可能な唯一の測定値がサービスプロバイダ自身によって行われたものである場合、そのような測定値の正確性、完全性および関連性を活動の客観的かつ完全な指標であると評価することは困難です。

測定体制に適切なインセンティブを与えることができる方法はありますか? 私たちは協力、企業または押収だけに基づいて頼っていますか? あるいは持続可能な基盤の上に測定活動を置く他のメカニズムがありますか? 第三者の測定枠組みは、必然的に国から資金提供されるのか、それともセクター自体が資金を供給し、またそのセクターで実施される測定枠組みを開発できますか? 適切で効果的な政策体制を支えるためにデータの強固な基盤が必要であることを、私たちは理解するところまで達しましたが、私たちは測定活動自体を如何にして維持することができるかを理解することからは、まだ少し離れています。

両面市場

多くのインターネット・ベンチャーは、上流のコンテンツとアプリケーションの供給元、そして下流の消費者の両方にサービスを提供する両面市場として機能しています。 ここでは、売り手がより多くの買い手がいる市場を使用することを好み、買い手が多数の売り手を含む市場を好む傾向がある場合に、明確なネットワーク効果があります。これらのインターネット・ベンチャーは、「勝者独り占め (winner take all)」のネットワーク外部性を悪用しています。規制当局は、これらのベンチャー企業が獲得した実質的な市場シェアを認めていますが、ほとんどの場合、プラットフォーム事業者が上流の収益を使用して下流のサービスに助成金を支払った場合に消費者に十分な利益をもたらすという理由として制裁を課すことを控えます。仲介者がより大きな市場シェアを獲得するために短期間の利益を避けた場合、消費者も利益を得ます。但し、この許容範囲が狭くなっている可能性があり、世論はこれらの大規模なプラットフォーム事業者に反対しているように見えます。

消費者の幸福のより完全な評価は、下流市場における利便性、経費節減、タダ乗り行為の機会およびイノベーションの向上と、補償されていない消費者データ収集、分析および販売の実勢価格の上流側面とのバランスをとります。上流と下流の両方の市場とその相互作用を厳密に分析しなければ、これらの市場の完全な価値を評価することは容易ではありません。競争は消費者によって実現される利益の範囲によって重視されます。

観測

インターネットを成熟した、堅実なセクターとして説明するのは短絡的です。主な特徴はスピードと増幅です。行動は急速に変化し、インターネットはこれらの変化の多くを増幅するように見えます。

インターネットの悪用側面が、ネットワーク環境の多くを有毒な荒地に変えました。確実なサービス提供を必要とするオンラインサービスのプロバイダーは、非常に少数の厳しく強化されたサービス提供プラットフォームの1つを用いなければなりません。まるで私たちが13世紀のイギリスに戻ってきたかのようであり、セキュリティは強化された城によって提供されています。サービス提供スペースに少数の大きなプラットフォーム・プロバイダーしかないことは、受け入れ可能でしょうか。これらの保護された「城」が、劣化して悪用されたインターネットに対する実用的な対応として存在するという事実は、有益な結果と見なすことができます。そのような城を建設し、運営することを可能にする資源の利用が少数の城の運営者だけがいることを意味するという事実さえ、それ自体が必ずしも有害ではありません。インターネットが以前よりも効率的に、そしてはるかに良く機能するように見えるという事実は有益な結果です。しかし、個人が直接自分自身を表現できるようにした平等主義の社会的勢力としての情報技術とインターネットのビジョンに何が起こったのでしょうか。この特定のビジョンは、おそらく取り返しのつかないほどに失われました。そして、私たちは少数の大規模サービスプラットフォーム・プロバイダーについて何と言えるでしょうか? 必ずしも大きい事は悪いことですか? 特に私たちが今日のインターネットでサービスを提供するためには、それが必要な前提条件であり、より小さな主体の個々の能力をはるかに超えていることを私たちが観察するとき、それはそうではないようです。

しかし、今や競争参入への新たな障壁が存在します。この分野での多くの新しい事業は、これらの主要なサービスプラットフォーム・プロバイダのうちの1つ以上からの許可に依存しているように思われます。私たちはGitHub、Skype、そしてWhatsApp以外のものを探す必要はありません。2018年12月現在、Alphabetは220社を超える企業を買収しています。真の市場支配のより効果的な定義の1つは、既存の参加者が競争的な市場参加者の契約条件を設定することであり、この分野の新規参入者はこれらの主要な既存企業の寛容性によってのみ成長できるのです。これらの市場での競争の奨励の公共政策のおかげではありません。

おそらく今までに受け入れていなかったことを受け入れて先に進む時が来たのでしょう。インターネットが一握りの巨大企業の世界であるならば、競争に基づく政策目標が何らかの有意義な方法で達成可能であると考えるならば、私たちはここで私たち自身を満足させますか? 今では効果がない公共政策の枠組みに固執することは、安心感も生産性もありません。

しかし、私たちのデジタルの世界は、選択したサービス分野で少数の独占者によって満たされる中心であると認識しても、必ずしも問題がないとは限りません。独占理論と独占禁止法は、独占がその地位を確立するためにイノベーションと混乱に反対するという市場の停滞の見解に基づいています。独占は、大規模な労働力、大きな資本の投入、そして広範な社会的影響力を持つ、従来は大企業を指しました。今日のインターネットの巨人たちの変化は、労働力の規模と資本資産の目録の点で、比較的小さな企業が何十億もの個々の顧客関係を維持するために技術を広範囲に利用できる顧客関係構造のフラット化にあります。競争上の優位性を提供するのは、技術的能力の最前線と、競争を構築するためのさまざまな取り組みを排除することを可能にする知的財産権の支配力です。それらのサービスと価格は、これらのネットワーク効果を通じて、ある市場での大半が他の市場での大部分を促進するという両面市場の活用によって達成されます。私たちは、重大な社会的影響のリスクなしに、これらの企業は直接置き換えられず、代用できず、さまざまな形態の規制介入を受けやすいというポイントに達しました。古い救済策がこの新しい世界で効果的だと仮定することは非常に困難です。

私たちは絶望するべきでしょうか? この分野の公共政策は今や活力を失っているのでしょうか? 私達は新しい巨人がルールを書き、ルールセットを作成するという第二世代の金ピカ時代を経験しているのでしょうか? ルールや規制がないわけではありませんが、これらの方針を形作る影響は主要な既存のもの(incumbents)の影響です。

しかし、おそらく希望がないというわけではありません。2017年にAlphabetが米国の政治家のロビー活動に1,800万ドルを費やしたという事実が、Alphabetが公共政策のプロセスを非常に真剣に受け止めていることを示している可能性があります。楽観的な見方は、公共政策は依然として重要であり、依然として業界のプレーヤーによって尊重されているということです。課題は、大規模な政策プロセスの削減と推進の中で、公共財にプラスの結果をもたらす活用のポイントを見つけることです。簡単ではないでしょう。複雑な問題を単純化された140文字のブラシで描くという、政策論争のTwitter化は、生産的な目的には役立ちません。これらは複雑な問題であり、慎重な対応が必要です。

監視資本主義は市場経済を破壊しているのでしょうか? 市場経済は市場の実質的な能力に依存しており、供給者と消費者の両方に選択肢があります。今日の活動の問題は、匿名性が価格の歪みを許容し、市場の効率的な働きを損なうことです。市場はわずか2世紀前に私たちの経済の中で資源配分の役割を引き受けました。そして、カール・マルクスはこれを研究して説明した最初の人物のうちの1人でした。確かに、彼は資源の効率的な分配者としての市場に対する彼の熱意でミルトン・フリードマンを上回ったようです。あなたが資源の配分者としての市場の運営をゆがめると、社会的公正を損ねます。そのような考え方は、GDPRが小さな一歩であるという結論につながる可能性があります。そして、これらのユーザープロファイル情報収集者とそのユーザーに、彼らの取引とトレードを公然と開示させることを強く求めるべきではありませんか? ユーザーが自分の個人プロフィールに対する所有権を持っていると主張することを検討すべきであり、そのような取引に対して明示的な許可を与えることを個人に要求すべきではないですか?

統合の測定は難しい問題です。例として、事務用品小売業のStaplesは、Amazonへの総収入の損失に対処するために、Office Depotと合併しようとしました。このような水平合併は米国の法務省との間では困難な時期があり、合併の提案は許可されませんでした。どちらの企業もアマゾンと効果的に競争するためのボリュームを持っておらず、どちらもアマゾンの包括的な存在のために困難な状況にあるため、この結果はもちろん必然的です。その一方で、ソーシャルメディアとメッセージングを組み合わせることでFacebookの位置づけとユーザー基盤がさらに強化され、デジタル広告主にとって必須のプラットフォームになるため、FacebookによるWhatsAppの買収は承認されるべきではないと主張することができます。合併を許可する、あるいは禁止するという規制上の決定についての議論は、予測される結果、および正確なデータが必要な有用な予測を実行することにかかっています。

根本的な変化の時代には、以前の世界の力学についての私たちの理解は、もはやそれほど役に立ちません。無料で提供されるサービスの真の経済的価値を測定できないGDPの数字は、もはや役に立ちません。企業は現在、多くの市場セクターにまたがっており、ネットワーク効果により、選択された活動セクター内で包括的なコントロールを握る支配的なプレイヤーを急速に生み出す肥沃なインキュベーターを作り出しています。私たちは、公共の利益と民間の自己利益とのバランスをとることを試みる公共政策の枠組みを用いて、これを通して私たちの道を進んでいきます。しかし、情報に基づいた、関連性のある効果的な公共政策プロセスを実現するためには、この変化する世界を理解する必要があります。私には、オープンな測定プラットフォームとオープンなデータセットがかつてないほど重要になっているようです。公正で効果的な市場運営のための不可欠な前提条件として、公平、正確、包括的、そしてもちろん偏りのない公的測定が必要です。

ワークショップに参加するよう招待してくれたワークショップのホストCAIDAとMITに感謝します。私にとって刺激的な数日間でした!

12/24/2018

Wi-Fiは、人間の健康への重大な脅威である

ScienceDirectPushMedより。

ハイライト

  • Wi-Fiやその他のEMFの被曝後に7つの影響がそれぞれ繰り返し報告されている。

  • アポトーシス(細胞自然死)、オキシデート(酸化)を含む確立されたWi-Fi効果。ストレス、そして:

  • 精巣/精子機能障害; 神経心理学 DNAの影響; ホルモン変化; Ca2+の上昇。

  • Wi-Fiは、電位依存性のカルシウムチャネル活性を介して作用すると考えられている。

  • Wi-Fi効果がないという1つの主張は、重大な欠陥があることが判明した。

概要

繰り返し行われているWi-Fiの研究は、Wi-Fiが酸化ストレス、精子/精巣の損傷、脳波(EEG)の変化、アポトーシス、細胞内DNAの損傷、内分泌の変化、カルシウム過負荷などの精神神経障害を引き起こすことが分かっている。これらの影響は他のマイクロ波周波数EMFへの被曝によっても引き起こされ、そのような影響は10から16の報告で実証されている。従って、これら7つのEMF効果の各々は、Wi-Fiや他のマイクロ波周波数EMFの確立された効果である。これら7つの効果はまた、そのようなEMFの主な作用、電位依存性カルシウムチャネル(VGCC)活性化の下流作用によっても生じる。EMFとVGCC電圧センサとの相互作用によるVGCC活性化は、EMFの主なメカニズムであるように思われるが、他のメカニズムにも小さな役割があるように思われる。副次的な役割には、他の電位依存性イオンチャネルの活性化、カルシウム・サイクロトロン共鳴、および地磁気磁気受容機構が含まれる。非熱EMF効果の5つの特性について説明します。これらは、パルス状EMFは、ほとんどの場合、非パルス状EMFよりもアクティブである。人工EMFは分極されており、そのような分極EMFは無分極EMFよりもはるかにアクティブである。用量反応曲線は非線形かつ非単調である。EMFの影響はしばしば累積的である。EMFは成人よりも若者に影響を与える可能性がある。Wi-Fi効果に関して以前に提示されたこれらの一般的な所見およびデータは、Wi-FiのFoster and Moulder (F&M)レビューを評価するために使用された。F&Mの調査では、Wi-Fiに関する7つの重要な調査があり、いずれも効果がなかったと主張している。しかし、これらのどれもWi-Fiの研究ではなく、それぞれが3つの異なる点で本物のWi-Fiと違っている。F&Mはせいぜい、影響の統計的に有意な証拠はないと結論付けることができた。これら7つのF&M関連研究のそれぞれで研究されたごくわずかな数は、それぞれ実質的な結論を下す能力を欠いていることを示している。結論として、他の同様のEMF被曝によって引き起こされることが示されている7つの繰り返し発見されたWi-Fi効果が存在する。従って、7つのそれぞれ効果は、Wi-Fiの確立された効果として考慮する必要がある。

Hacker News 1, 2

12/23/2018

多くの企業が週4日勤務制を試している

Slashdotより

世界中の企業は、1週間の仕事の時間を4日に短縮し、それが生産性の向上、意欲のあるスタッフの増加、そして燃え尽き症候群の減少につながることに気付きました。ロイター通信はこれらの会社のいくつかを取り上げています:

「はるかに健康的で、私たちは非常に忙しく働いていない方が、より良い仕事をします。」ベルリンを拠点とするプロジェクト管理ソフトウェア会社Planioの創設者Jan Schulz-Hofenは、そのように述べ、今年入社した10人のスタッフに4日間の週を導入した。ニュージーランドでは、信託会社であるPerpetual Guardianが、今年初めの週32時間のテストした後、ストレスの減少とスタッフの生産性の上昇を報告した。コンサルタント会社ジェイ・ウォルター・トンプソンのトレンド専門家ルシー・グリーンは、テスラの社長イーロン・マスクが「かつて週40時間を世界で誰も変える人はいなかった。人々は私たちが今持っている24時間のデジタルライフから一歩後退し始め、仕事と常に結びついていることから精神的健康問題を認識し始めています。」とツイートした後、批判の波を強調し、過労に対する反発が高まっていると述べた。

36歳のソフトウェアエンジニア、Schulz-Hofenは、自分の時間を詳細に追跡することを可能にしたツールPlanioのローンチで10年間の激しい仕事の後に減速する必要があることに気付き、週4日間制をテストした。「私は5日に劣らず4日でも仕事ができました。なぜなら、5日では時間がもっとあると思ってしまって、時間が掛かり、中断すること許してしまい、コーヒーを摂るか同僚とチャットしていました。」Schulz-Hofenは言いました。「私は4日ということに気付き、私は素早く仕事をすることが必要で、私が自由な金曜日を持ちたいなら集中しなければなりません。」 Schulz-Hofenと彼のチームは、すべての人に月曜日から木曜日まで働くことを決める前に、様々なオプションについて話し合った。彼らは管理の複雑さを増すため、フレックス時間の考えを却下した。そして、簡単に過労が忍び寄るので、週5日で時間を短くすることにも反対した。

12/20/2018

土星のリングは1億年以内に完全に消滅する

Slashdotより。私たちは土星のリングが見られて幸運。

ICARUS誌に掲載された新しい研究で、土星は「最悪のシナリオ」の速度で、その特徴的なリングを失っており、帯は1億年以内に完全に消滅する可能性があることが分かりました。USA Todayのレポート:
リングは、「土星の磁場の影響下で氷粒子の塵のような雨として重力によって惑星に引っ張られています」とNASAが言いました。メリーランド州グリーンベルトにあるNASAのゴダード宇宙飛行センターのJames O'Donoghueは、この現象は「リング・レイン」と呼ばれ、30分ごとにオリンピック級のスイミング・プールを満たすのに十分な水がリングから無くなっているいると述べています。O'Donoghueは、「これだけで、リング全体は3億年以内に消えるだろう」と声明で述べている。「しかし、これに加え、カッシーニ探査機が測定したリングの物質が土星の赤道に落ちるのを発見し、このリングの誕生して1億年未満と計算しました。私たちは存続期間の中ほどにあるように見える土星のリングを見ることができて幸運です。」

12/19/2018

ウェブ・ブラウザの状況2019

Ferdy Christantのブログより。

Ferdy Christant
Dec 7

2日前、MicrosoftがEdgeHTMLエンジンを放棄してChromiumに置き換えたというニュースから、私はウェブ・ブラウザーの状況について苦い甘い記事を発表しました。とどめを刺したのは、ウェブのエンジンとしてChromiumを効果的に確立し、SafariのWebKitと組み合わせたものです。この独占に対する唯一の抵抗であるMozillaは、この開発に対抗するための重要な味方または牽引なしに、巻き込まれています。

この記事にはそれなりの読者層とかなりの量のフィードバックがありました。一般的なコンセンサスは、記事が真実だが気が滅入るだと思われます。

重要な注意点は、いくつかの発言が真実であることが示唆されていますが、細部とニュアンスが欠けています。同意。一部の発言はより洗練されているかも知れませんが、記事を2倍長くすることになります。その詳細の全てが私が進めている大きな結論には関係しません。説明すると、記事には数万のビューがありましたが、それを実際に読んだのはわずか25%でした。それは確かに長さと関係があり、途中でうんざりした人はあきらめて、臨床的うつ病のチャンスと時間を節約しました。

残酷な誠実さの話しぶりを批判している人はほんのわずかで、ほとんどの人はそれを感謝するようでした。そしていくつかはそうではなく、それはその領域にはつきものです。私が言うことができるのは、それをトーンダウンしないということで、私はその日、実際には軽い気分でした。私は衝撃値や注意に残酷な正直さを適用せず、確かに技術によって支配された世界では、見掛けをよくした提案ではなく、ナンセンスの批判は必要ないと信じています。加え、私はオランダ人で、これは私たちの一般の声です。

ポイントを戻して、なぜ2度目の記事か? 私は元の記事の重苦しい部分に取り組みたいと考えています。あなたが最後までこれを読むのに十分に勇敢であれば、ハッピーエンドの欠如に気付くでしょう。あなたは、ウェブが失われた原因、大きな危険にさらされたオープンなウェブ、そして中世のIE時代に戻ったという印象を受けることかも知れません。もし、あなたがウェブを大切に思うなら、あなたは一日を台無しにすることなく、この記事を通して楽観主義を乗り越えなければなりません。

私は、Chromium/Webkitの支配への道が雑でひどいという事実を変えることはできません。それは元に戻せない疑わしい歴史です。私たちは法律家にこれを残すつもりですが、確かに、これらのブラウザはアンインストールされないでしょう。それは確定事項です。

この記事では、私たちは、Chromiumがウェブを支配し、先を見据えた新しい状況を受け入れるでしょう。Chromiumの支配がユーザー、開発者、そしてオープンなウェブにとって何を意味するのかを知ることです。たとえ新しい状況が、不公平な方法で生まれたとしても、強奪者はもちろん、この新しい状況について、幸せで楽観的であり、興奮している理由はたくさんあります。

ユーザにとってのChromium: ウェブの仕事

グローバル市場シェアの概算では、Chromium/Chromeブラウザはユーザーの70%以上を占めます。Webkitは15%で、主にモバイルSafariです。

まともな開発者はモバイルSafariを無視せず、Webkitは多くの点でChromiumに似ているので(溝ができていますが)、85%のユーザーが意図した通りにウェブサイトを正確に体験できるというのが基本的な出発点です。少なくとも。それはかなり素晴らしいことです。

それはさらに良くなります。ほとんどのウェブサイトでは、最先端の機能やChromium専用の機能は使用されていません。従って、Chromiumの優位性は、同じウェブサイトがFirefoxでもうまく機能するわけではない事を意味しません。Firefoxは、ウェブ標準に関して、Chromiumと同等レベルです。わずかに遅れていても、Firefoxでウェブサイトが乱れることはありません。また、問題があれば、間違いなくMozillaは急いで互換性を実現することを熱望しています。

従って、私の非常に大まかな評価は、90%のユーザーにとって、ウェブのほとんどすべてが正しく、作成者が意図したとおりに動作することです。例外は、最先端か実験中の一部のウェブです。

それが奇妙に聞こえるように、3つのエンジンが等しいシェアを持つ競争の激しいブラウザ環境では、上記は真実ではないでしょう。より多くの互換性の問題が存在するでしょう。ユーザーの帽子をかぶっているので、ウェブはChromiumの世界ではうまく働いています。モバイルSafariとFirefoxを組み合わせると、支配的なエンジンをまだ食い止めるのに十分な大きさがあります。

他の10%は古いIEのようですが、その死が遅くなると遅くなり、最終的には縮小し、90%をさらにもっと増やします。

そして、ユーザーにはもっと良いニュースがあります。モバイルSafariを除き、これらのブラウザは全て頻繁に自動更新されます。ほぼ全てのウェブユーザーは、常に改善されたウェブ体験を利用するために最新のブラウザを使用します。

開発者にとってのChromium: 人生がもっと楽になる

「ウェブは単一のエンジンChromiumで動作する」という文の否定的評価は次のようなものです:

  • 開発者は、標準ベースのウェブサイトではなくChromium専用のウェブサイトを構築し、規模の拡大を図ります。
  • Chromiumには標準ではない機能が満載されており、オープンなウェブやウェブ標準を積極的に妨害しています

どちらも私は正確ではないという思う過度で劇的な結論です。

1番目はそう、数年前には、開発者がウェブ標準を待つことができず、ベンダー・プレフィックスまたはChrome/Webkitのみの機能を大量に使用してモバイルでできることを最大限に引き出すモバイル革命、この全く新しいエキサイティングなカテゴリのウェブが本格化した低速期間がありました。この慣習は、競合するブラウザがゲームに留まるために、競合他社のベンダープレフィックス機能を実装しなければならなかったため、これまでのところ手に負えなくなった。

この期間は、今や主に私たちの責任にあります。主要なブラウザベンダーはすべて、ベンダー・プレフィックスが悪い考えであることに同意しています。新しい機能は現在、フラグの後ろにあります。これは、開発者が成熟する前にユーザーに配布することができないことを意味します。互換性を保証するために、自然の状態から元に戻すことができない既存の問題のあるプレフィックスが各ブラウザに組み込まれています。

そのため、近頃は、非標準のChromium機能を使用している開発者は、私にとって大きな問題のようには思えません。

Chromiumのみの標準ベースの機能はどうなのか? ここでは、Chromiumが他のエンジンではまだ利用できない新しい標準ベースの機能を出荷している状況があります。

近視眼的な開発者は、世界ではChromiumが実行されているため、フォールバックなしで使用できると結論づける可能性があります。まずい。立派な時代遅れのモバイルSafariが救助に来ます。おそらくモバイルSafariはその新しい機能を備えておらず、今後数年間それはないでしょう。

あなたには、モバイルSafariで壊れたウェブ体験を出荷できる余裕はありません。モバイルSafariは、デバイスで15%の市場シェアを持っています。モバイルでは25%です。一部の主要市場では、モバイルでは40%に達する場合もあります。

ほとんどの場合、フォールバックは必須であり、フォールバックを開発することで、他のブラウザ、Firefoxもサポートする可能性が非常に高いです。

Chromiumとウェブ標準との関係については、別の章で説明します。最初に、ブラウザの新しい状況が開発者にとって何を意味するのかを考えてみましょう。

ニュースとニュースではない知らせがあります。最初の明確なワークフローの改善点は、EdgeHTMLとの互換性をテストする必要がなくなったことです。

あなたはFirefox用のテストを続ける必要がありますが、ここでも改善が期待されます。Mozillaは現在サバイバルモードになり、私はChromiumとの互換性を優先させて、それ以上は低下させないと期待しています。

より大きなワークフロー改善の欠如は、遅れを取っているSafariにあり、フォールバック、Polyfill、Transpilationなどを私たちに強いています。

モバイルSafariを批判し続けるのではなく、獲得する新しいものを提供するつもりです。Safariが遅れを取っている主要な新しいウェブ標準を一般的に約1〜2年後にサポートするというラフな評価をしましょう。

あなたがこの質問を自分自身に尋ねる場合、今や非常に深刻になります。あなたのユーザと製品を考えれば、1年から2年前に一般的に利用可能なウェブ標準を使ってユーザに楽しんでもらうウェブ体験を作り出すことができましたか?

その質問に対する回答が「YES」で、それが非常に頻繁に起こると思うなら、ワークフローを大幅に簡素化できます。可能であれば、Polyfill、Transpilation、自動プレフィックスに別れを告げることができます。1〜2年前のウェブは本当にしゃれにならないからです。

新しく登場するウェブ標準の例があります。ここでは、ウェブコンポーネントなどの最新かつ最高のものが必要です。ここにいる間は、ユーザーにウェブコンポーネントが本当に必要かどうかを尋ねることができます。正直なところ、ユーザーではなくウェブコンポーネントが必要なのはあなたです。 私は判断しませんが、ウェブ技術も大好きです。

私は、より単純な開発ワークフローを歓迎しますし、今のものはむしろクソだと思います。不自然に複雑で、遅く、絶えず壊れていて、あなたが取り組む時には時代遅れです。私は入力を処理するノードモジュールが10万個も必要ではなく、コードを入力して実行するだけでよいのです。筋金入りのエンジニアではない人々にとって、ウェブ開発はアクセスしやすく楽しくなるかもしれません。ウェブは私たち全員に属しており、他の人たちと同様に仕事をする権利があります。経験豊富な開発者であっても、現在の状況は、それに対処することを学んだとしても、むしろ関与して面倒であると認めなければなりません。

Chromiumとウェブ標準

私たちは、ウェブ標準の将来、標準化プロセスそのもの、そしてウェブの今後の方向性について当事者が持つ巨大なコントロールに深い懸念を引き起こすChromium独占に生活することを認めています。このセクションでは、どのように悪いか、その悪いことが実用的なレベルにあるかを調べるつもりです。

Googleが標準の作成と標準の実装の両方に取り組んでいることを前提にしましょう。絶対的な100%パワーではなく、決定的なパワーです。そのような支配的な地位がどのように悪用される可能性があるのか、それが起こりそうかどうかを探りましょう。

インセンティブ

はじめに、我々は一つの大きな懸念、あるいは最大の懸念を取り除くべきです。古いMicrosoftや現在のAppleとは異なり、Googleはウェブやウェブ技術を深刻な形で傷つけたり、制御したりするビジネス上のインセンティブを持っていません。ウェブ上で生まれた会社で、ウェブとウェブ技術が繁栄するインセンティブを持っています。停滞や意図的に非互換性を導入することは、理にかなっていません。多くの場合、あるいはほとんどの場合、Googleのウェブの方向性は、同時にユーザー、開発者、そして彼ら自身のためになります。 利害が一致しています。完璧ではなく、常にそうではありませんが、ほとんどの場合、彼らはします。

従って、非常に基本的なレベルでは、確かにウェブやウェブ技術はまったく運命づけられていません。私たちと同じくらい多くの関心を持って、それを保存し、改善する関係者の管理下にあります。

悪魔は細部にいるので、いくつかのリスクを詳しく調べてみましょう。

GoogleはChromiumで物事を作っているだけ

Chromiumが非常に優位にあり、Googleは理論的には標準の作成を完全に迂回し、彼らの課題に合った新しい機能を追加するのに、あらゆる不正行為を行うことができます。結局、Chromiumで実装されていれば、基本的に標準になりますよね?

彼らはしばしば、そうできますが、度を越す事はできません。真にばかげた機能は、WebkitやFirefoxには決して作りません。これが問題で、なぜなら、Googleは広く普及しているウェブの特性を考えれば、何億人ものユーザーにとってウェブとの互換性を失いたくないからです。

さらに、その機能が本当にばかげていて、一般的な興味に対して素直であれば、他のステークホルダーからの抵抗やそれに続く悪いPRもあります。

最後に、「自分の課題に合っている」という言葉は、しばしばユーザーや開発者の課題に沿っています。だから、私はこのことについてあまり心配していません。

Googleが実装の優先順位を決定する

このシナリオでは、Googleは、ウェブ標準に関する実装の論理的順序に、その利益を最優先する方法で影響を与えます。

例えば、私たちが全てのサブグリッドを実装するのを待っていると想像して下さい。一方で、GoogleはKeyboardSynthesizerVoiceMachineLearningCloudWorkletの実装を優先しています。I/O 2019で発表され、6週間後のたそがれになる新しいチャットクライアント#735(コード名「Hola!」)は、3億人のユーザーが失望していたからです。

そう、これが起こる可能性があり、実際それが起こると思います。Chromeのリリースノートをよく読んで(これはChromiumと同じではありませんが、十分に近いことを実感しています)、広範囲に必要とされているとは思っても見たこともないAPIのアップデートに時折驚いています。はるかに広いユースケースが配信されていない候補機能が(まだ)あります。

それは聞くほど悪くはありません。より重要な機能が提供されないことを意味するものではありません。最近のウェブの動きはかなり速いです。また、より重要な機能の背後には必ずしも悪い計画があるわけではありません。これは単純に複雑になるか、より多くの依存関係を持つ可能性があります。多くの人が多くのことを並行して作業しているため、最も重要な機能が最初に提供されるという保証はありません。

そのため、Googleが自分自身の機能を付随的に優先させるかも知れませんが、実際には大きなリスクがあると思いません。もう一度、世界が見ているということを忘れないで下さい。

GoogleがNOと言う

自己実現機能の優先順位付けの反対は、他人のアイデアを優先順位を付けない、または完全にブロックすることです。 アイデアや提案が重大であり、多くのステークホルダーからの合意が得られているとしましょう。しかし、どんな理由であれ、Googleはそれを好まず、実装をブロックします。

これは難しいことです。私たちができるのは、実績とインセンティブを見ることだけです。 私は人生を選んだので、Chromiumの議論を詳しくフォローしていないことを認めます。これが起こった場合の例がたくさんあるなら、教えて下さい。

これが起こったことで、記憶に残る例はCSS Regionsです。 これは巨大な仕様であり、Adobeによってブロックされた膨大なコードです。正当な理由で阻止されたのか悪意があったのかに関わらず、議論が非常に複雑であるため、私には答えることができません。あなたはNetflixの定期購読をキャンセルし、この壮大な泥の戦いを吸収するだけで2ヶ月間は楽しむことができます。

より最近の例では、HTML Importsを削除していますが、ここでも、他のブラウザが実装するのが嫌なので、間違った動きかどうかは明らかではありません。それは企業の理由ではなく技術的理由でブロックされていました。

私は、Googleがウェブを手助けするアイデアにノーと言うかは疑わしいと思います。これらのアイデアが彼らのビジネスを脅かさない限り、どんなアイデアにも適用されます。

脅威にさらされているウェブ標準のアイデアを思い浮かべるのは簡単です。プライバシーに関係するものがほとんどで。世界は、第三者の追跡がウェブ標準を介して技術的なレベルで不可能になることに同意すれば、個人データから収益を得る会社からの抵抗があると思って間違いありません。しかし、ここも世界が目を向けていますし、Googleがビジネスにあまりに邪魔にならないようにするには、競合するブラウザが繁栄するための大きなチャンスを開いています。Chromiumをフォークする。 Firefoxが復活するために。AppleのSafariには、プライバシー保護の強みを活用します。それは入念なバランスの取れた行為です。

結論: Googleには一般的に良いアイデアはないというインセンティブや実績はなく、そうしたケースではダメージは悲惨でも度が過ぎることもありません。

Chromium以外のGoogle

上記のセクションでは、世界のウェブエンジンのハンドルであるGoogleが、ウェブにとってはそれほど悪くないと私がどのように信じているかを説明しました。彼らがそのポジションにいるからといって、それが乱用されることを意味するわけではありません。そして、私はそれが頻繁にまたは主要な方法で乱用されるとは思いませんが、いくつかの付随して起こる事例を除いています。それを仮定することもインセンティブもない実績はありません。支配的な立場にも関わらず、引き続きチェックとバランスが整っていることを知ることによって、その結論をさらに強化することができます。例えば、Microsoftや他の人がエンジンにリソースを提供することを願っています。

実際、実用的なレベルでは、ウェブ、ウェブテクノロジー、ウェブ標準の未来に直接存在する懸念を持っていません。私が過度に楽観的な気分になれたなら、ウェブを改善するというGoogleの実績から、私はそれにもエキサイトするかも知れません。ウェブは急速に改善を続け、これらの改善は大多数のウェブユーザーに即座に導入されます。これを否定的なものとして見るのは難しいです。あなたが私と同じくらいの年齢であれば尚更、ほとんど何も起こらなかった時代を経て生きてきました。

そして、ここは映画を見る場所で、主人公は約10分間幸せそうです。あなたは何か悪いことが分かっています。

ウェブとそのユーザーに脅威がある場合、Chromiumにはないので、それは外にあるという考えを無視することはできません。Googleによる最も疑わしい動きは、Chromium以外の場所で行われますが、ここでいくつかの例を取り上げます:

私が考える最も顕著な例は、AMPです。私はオープンなウェブ原則に対する暴力的な攻撃だと考えています。理由を知りたいのであれば、別の記事があります。ウェブコミュニティからの批判が激しかったにも関わらず、Googleはその方針を変えず、代わりにAMPを強化しています。

もう一つの最近の論争はChromeにあります。Chromeは純粋なChromiumではないため、Chromiumの外にあります。Googleは、Googleサービスにログインするたびに、あなた自身をブラウザに密かにログインさせることに決めました。 それは(通常のリリースノートとは異なる)超怪しいこの変更に関する情報を能動的に保持していたので、彼らはそれが変な動きであることを知っていることを証明します。暴露されると、突然「理由」と「フィードバックを聞く」があります。

第3の懸念は、共感に欠けるGoogleの積極的な非推奨ポリシーです。これは私が経験した領域です。私の他の趣味(野生動物の写真撮影)のために、動物学を扱うウェブサイトに多くの時間を費やしました。これらのウェブサイトは、アマチュア、愛好家、プロのウェブ開発者ではない人々によって作られることが多いです。また、これらのウェブサイトのいくつかは(コードの点で)何年も触れられていません。このすべてを「古いウェブ」と呼んでみましょう。

この古いウェブはどれくらい大きいですか? 私には分かりませんが、世界のウェブページのほとんどが積極的なメンテナンスを受けていない事に賭けます。問題は、これらのウェブサイトの多くが壊れていることです。部分的に、または全体として。 彼らは少しずつ崩壊しています。廃止のため、新しい期待(例えばHTTPS)がありますが、マップなどのサードパーティ・サービスのAPI変更を破棄することで、さらにそのようになります。あるいは、彼らは新しい期待に従わないために大規模に格下げされ、従って、存在から消されます。

しかし、これらのウェブサイトはまだ価値があります。テック企業は、かつて仕事をしていたそのサイトのウェブサイト所有者にそれを借りて、何年も働いていました。これはウェブの約束の一部、後方互換性です。これらのウェブサイトの所有者が自分のたわごとを更新し、時代を乗り越えるべき直感的反応は傲慢であり、共感がありません。これは、すべてのウェブサイトの背後には、開発者のチームがライフサイクル全体を通してそれを維持しているという誤った仮定に基づいています。

あなたがその問題を信じていても、この類推を考えてみて下さい。コンピュータに文盲の母親がいるとします(私はそうです)。彼女は基本的なコンピューティングに苦労し、絶え間ない助けが必要です。あなたは今、すべてのおしゃべりして、彼女のコンピューティングスキルを磨くように言うことができる、 「時代遅れにならない」事です。あなたは技術的に正しいかもしれませんが、私は彼女があなたの傲慢なお尻をキックすることを願っています。たとえ正しいものであっても、問題は解決されないので、共感が答えです。そして、それが私が古いウェブについて感じることです: それは共感で保存されなければなりません。Googleはこの分野で実績が非常に乏しいです。

私はここに追いつめて、これを楽観的な記事にする約束を破っています。私は上記のリストをもっと長くすることができましたが、ここでの主なポイントは、ウェブとそのユーザーに関するGoogleの疑わしい動きの大部分がChromium以外の場所で行われることです。私は、そのための解決策を持っていません、これは単なる私見です。

権力の弱点

より積極的な考え方へ。つまり、Googleのためではありません。Google社員には、申し訳ありませんが。これは個人的見解ではありませんが、私は約束します。しかしながら、あなたのたわごとを恐れているかもしれません。私は多くの人がいる権力の弱点について話したいと思います。

私が大企業のCEOを見るたびに、私はすぐに哀れみを感じます。食物連鎖の最上部には、あなたに対して多くの目があります。後ろに隠れる人は誰もいません。期待は空高く、執拗で、一定です。 どんな人間によって作られた間違いも、永遠にあなたにつながる悲惨な結果をもたらす可能性があります。面白さもそれほど大きくありません。名声には欠点があります。あなたがそれを楽しむ時間がなければ、お金はそれほど素晴らしいものではありません。個人的なセキュリティリスクと法的リスクもあります。あなたの友達が本当にあなたの友達であるかどうかは分かりません。

そう、私は、CEO、世界のリーダー、または他の誰かと巨大な食物連鎖のトップで取引することは望みません。私は誰も常に脅かされないで欲しいです。

この適切な例を、私は数年前に自然のドキュメンタリーで見ました。それはサルのグループのドキュメンタリーでした。サルの社会は約20匹のメスのハーレムを支配する支配的なオスによって率いられています。1匹の支配的なオスは、メスの幸せを保ち、どんな挑戦者の戦いにも大部分を占める日々の活動において何年も続いていました。

オスが年を取ってそうするまでは、若いオスが彼の尻を蹴り、彼のルールを終わらせた日まで。たった1分で絶対的な権力がゼロになります。そして何が起こったのか分かりますか? 彼は、その敗北によって落ち込んでいるのではなく、古いオスは祝うように見え、私は安心しました。支配することはストレスがあり、疲れ、執拗であり、あなたが思っているほど素晴らしいものではないからです。 私は若い新しい支配者を笑っている古いオスを見たと信じています。 まあ、私はその部分を作りました。

要点は? Googleはカンカンに怒ったサルです。この巨大な食物連鎖の最上部にいることは、すべての欠点を議論しています。快適な場所ではなく、ストレス、リスク、高いステークス、ボラティリティの立場です。権力の濫用は、競合他社がギャップを埋めること、ユーザーの大規模な反乱、失われた何十億もの巨額な法的要求などにつながる可能性があります。単一の技術革新によって、ビジネスの巨大な部分を一掃することができます。力が永遠に持続しないことは避けられないことです。

Googleの支配を恐れるのではなく、実際に恐れるべきはGoogleなのです。一度あなたが勝つと、あなたは上がることができず、誰もがあなたに降りて欲しいからです。私たちはただ待っていますが、あなたが勝者であるという欠点に直面しています。

私がブラウザ技術者としてもっと知的で適任であれば、私は「勝者」であるChromiumに取り組むことは絶対に恐ろしいでしょう。私は完全にリラックスし、楽観的に笑って、Firefoxに取り組んでいる、「敗者」です。それは、世界全体を見て失うものと、失うものはなく、勝つべきものは誰も見ていないことの違いです。全てが依存しているコンテナ船を維持しようとする非常にストレスの多い仕事と、新しいスピードボートを発明するという思考の自由を持って非常にクールな仕事との違いです。

これは私たちにとってどちらが良いですか? Googleは合理的かつインテリジェントな会社として受け取られていますが、彼らの立場が本当は脆弱であることを認識することを期待しています。そうであれば、ウェブに対する極端な敵対的な行動に対する強力な保護手段です。彼らは単に余裕がないだけです。それを試した前の会社、Microsoftは、衰退しました。時間がかかるだけです。間違い。あまりにも傲慢でした。あまりにも多くの間違いをしていました。1件の訴訟。権力は持続することはありませんし、それは良いことです。

だから、この優位性を驚かせる代わりに、座ってリラックスしてポップコーンを摘みましょう。プレッシャーは私たちにはありません。ウェブは殺されたりアンインストールされたりすることはできず、長期的には本当に誰にも所有されていません。それは最高の一時的な錯覚です。

抵抗は減っているが、生きている

このブラウザ戦争の最大の犠牲者はFirefoxです。前の記事で説明したように、彼らは深刻な問題に直面しています。モバイルでのプレゼンスはほぼゼロであり、介入なしに危険な地域に向かうデスクトップの市場シェアは低下しています。

この災害からどんな希望のメッセージを捨てることができますか? 私は考えららることがいくつかあります:

  • デスクトップ・ロスの一部は、Chromeが積極的にプッシュされたこと(Chromeが優れたブラウザであることと相まって)のためですが、Firefox OSの年にMozillaがデスクトップブラウザを放置してための可能性があります。もう1つの理由は、UIとウェブ拡張の一連の苦しい変更です。ここでのポイントは、取り戻すことができ、永遠に失われない大規模なユーザがいることです。私はここで数パーセントのポイントを話しています。これは支配を意味するものではなく、依然として何千万というユーザーがいることを意味します。
  • たぶん、WebRendererは、私が夢見ているように、実にユニークで素晴らしいものです。そしておそらく、一部の主要なプレイヤーは、Chromiumがこれを実行することができない間、輝かせるゲームや他のキラーアプリを作ります。人々が愛しているか重要なものを見つけるために適切なアプリケーションだけが存在すれば、技術的に優れたブラウザが重要なのかもしれません。
  • 私たちはプライバシーを意識した時代に生きています。無制限のデータ収集の当事者は、そのピークを大幅に上回っています。 一般の人々は、彼らがどの技術を使用しているかについてはまだそれほど気にしていないように見えますが、この無関心の状態は永遠ではありません。 蝶がハリケーンを引き起こすような、動きのある大きなものを設定するためにボタンを押すだけです。その受益者はFirefoxとモバイルSafariです。
  • たぶん、主要なAndroidメーカーの中には、Googleの権力乱用に疲れていることがあり、Firefoxをホーム画面に出荷しています。GoogleとAndroidのメーカーとの関係は、同盟だけでなく競合他社との関係でもいつでも起きる可能性があります。Firefoxのモバイルはそれほど沈む可能性はありませんが、それが上昇する可能性があります。

私はこれらすべてのシナリオを構成しています。それぞれが起こる可能性は低いかもしれませんが、起こりそうな出来事が起こる可能性は非常に高いです。起こりそうなことはいつも起こっていますが、いつ、いつ、どこで起こるかは分かりませんが、起こるでしょう。

若いサルは待っており、彼らは忍耐強いです。いずれ、彼らの時代が来るでしょう。

まとめる

私は結局、肯定的な記事を書いても良いとは思っていませんが、ウェブを実行支配するエンジンとしてのChromiumの状況が、私の前の記事が示唆したように悪くないか、あるいは落ち込んでいるとは信じている理由をまとめてみます:

  • ユーザーには、ウェブが機能します。ほぼ全てのユーザーが、彼らがウェブサイトを体験する目的でその方法を体験します。ユーザーは、一部のOS(遅いペースのiOSユーザーを除く)に縛られるのではなく、エンジンが絶えず更新されることによって、急速に改善されたウェブを体験するでしょう。
  • 開発者にとって、1台のエンジンだけの場合、より簡単なワークフローを意味します。支配的なエンジンであるChromiumも最高のエンジンではないにしても本当に素晴らしいです。ほぼ全てのウェブユーザーが素晴らしいエンジンを搭載し、スマートにウェブ機能をターゲットにすることで、ワークフローを大幅に簡素化することもできます。
  • 標準に関しては、Chromiumの非互換性やベンダープレフィックスは主に過去のものであり、(モバイルSafariには)新しい非互換性を導入する強い阻害要因があります。さらに、Googleには、ウェブ標準の進歩を妨げる実績やインセンティブはなく、その反対も当てはまります。オープンなウェブとウェブの標準は死んでおらず、それらはさらに力強く成長することができます。Chromiumは速く動いており、ほぼ全てのユーザーに展開されている最先端のエンジンであり、ウェブ全体が高速に動くことを意味します。
  • ちなみに、Googleは自分の利益を全般的な関心事に置いているかも知れませんが、Chromiumレベルではそうは考えていません。前述したように、Chromiumの外では、所有する他の特性で発生する可能性が高くなります。
  • 権力は一時的であり、ハイテク産業ではさらにそうです。競争は落ち着いていますが、決して眠ってはいけません。これははっきりと主張するために強力な方法でウェブを気遣う大勢の人たちではないにしても、私たちのオーバーロードが行動する強いインセンティブを提供します。

2019年には、理想的な状態ではないにしても、ウェブの状態について落胆する理由はありません。

ウェブ技術はこれまで以上に優れており、急速に進化し続けています。減速する兆候はありません。ウェブ技術はこれまで以上に互換性があり、ユーザーはブラウザに関係なく互換性のあるウェブを体験できます。

絶えず改善されているウェブは、必然的に一度頑丈な壁のあるネイティブアプリの庭の鎖を断ち切り、持続可能なウェブアプリ・プラットフォームにつながるでしょう。それは減速することができますが、停止させることは不可避的な道です。削減するのではなく、ウェブでのコンピューティングの役割は、独自のソリューションを犠牲にして再び拡大します。

ウェブはオープンに議論されているウェブ標準に基づいて進化し続けます。ほぼすべてのユーザーに即座に導入される最新の標準ベースのウェブテクノロジーは、最終的にウェブ開発を大幅に簡素化し、新しいクリエイターをもたらします。

それは完璧ですか? いいえ。しかし、興奮することはまだたくさんあります。モノカルチャーの後ろを見てみると、機能格差の大きい複数の互換性のないエンジンと比較して、我々はかなりのウェブの凄さ(awesomeness)の素晴らしい体験をしているかもしれません。

それでは、それでは楽しいホリデーシーズンをお過ごし下さい。

Hacker News 12adactio

12/17/2018

An Illustrated Theory of Numbers

AMSより

2018 PROSE Awards 選外佳作

An Illustrated Theory of Numbers」は、完全な証明、実践的な事例、演習など、数論を包括的に紹介しています。その解説は、数学とその歴史の最新の知識を反映しています。

およそ500のシャープなイラストが、素数の分解から平方剰余の相互法則へ至るまで、エレガントな証明を添えます。幾何学的および力学的議論は新しい洞察を提供し、より少ない代数操作で厳密なアプローチを可能にします。最後の章では、コンウェイのトポグラフを使用して2次のディオファントス方程式(例えば、ペル方程式)を解き、クラス数の減少と有限性を調べるために、二元二次形式の拡張処理を含みます。

データの視覚化は、リーマン予想、素数ギャップの有界性、類数1問題などの分析数論で、問題と最先端の結果を開くための読者を紹介します。各章に沿って、歴史ノートは、西洋の伝統の内外の数論の発展を追跡するために、主要な情報源と副次的な研究をキュレートします。

高校の代数と幾何学のみを必要とするこの文章は、初等数学の最初のコースにおすすめです。これは昔の主題について新しい視点を求めている数学者にも適しています。

Hacker News

12/16/2018

画面を見ている時間が長いほど、子供の脳の構造を変えている

Slashdotより。恐ろしい。

schwit1は、ブルームバーグのこの記事を共有する:

日曜日の「60 Minutes」の報告によると、米国立衛生研究所(NIH)が資金を提供している進行中の研究の予備的結果は、スマートフォン、タブレット、ビデオゲームのヘビーユーザーである青少年の脳スキャンは、あまり画面を見ないユーザーのものとは異なって見える。4500人の9〜10歳のスキャンの最初の一回分の研究結果である。科学者は、デジタル機器の使用を含む幼少時代の経験が、脳、感情の発達および精神的健康にどのように影響するかを見るために、これらの子供らを10年追跡する。

第1ラウンドのテストでは、毎日7時間以上の画面を見ていると報告した子供のスキャンでは、肉体の情報を処理する最外層である大脳皮質の早期薄化が示された...。思春期脳認知発達(ABCD: Adolescent Brain Cognitive Development)と呼ばれる3億ドルの研究の初期の結果は、毎日2時間以上の画面時間を費やす子供は、思考と言語テストでスコアが低くなると判断した。主要なデータリリースは2019年の早い時期に予定されている。

この研究の監督は、「この一つのスナップショットで見られている相違に関連する結果があるかどうかは、時間の経過とともにまもなく分かるだろう」と警告している。

この調査は、最終的には10年の間に11,000人の9歳から10歳までの子供を追跡するだろう。

12/15/2018

超新星爆発が、鮮新世時代の海洋動物の大量絶滅の原因?

Slashdotより

「The Registerに、超新星またはその一連のものが約260万年前に海洋動物の大量絶滅を説明する可能性に関する記事が出ている。」とSlashdotの読者KindMindが伝えている。レポートより:

Astrobiologyに掲載された新しい研究によると、巨大な超新星爆発が、約260万年前に地球の先史時代の海洋に生息していた生物の大量絶滅を引き起こした可能性がある。メガロドンのような海洋動物は、後期鮮新世の間に突然姿を消した。同じ時期、科学者たちは古代の海底の鉄60同位体のピークに気づいた[...]。1990年代半ばにかけて、人々は、「鉄60を探してください。地球に到達する他の方法はないが、超新星からが紛れもない事実です。」と言った。鉄60は放射性物質であるため、それが地球と一緒に形成されていれば、これまでになくなってしまっただろう。カンザス大学の物理学と天文学の教授であるAdrian Melottは、この論文の執筆者であり、「私たちの上に大量に降り注いでいた筈です。」と説明している

チームは、150光年離れた超新星連鎖の超新星が爆発し、致命的な宇宙線放射で地球は覆われたと考えている。太陽系が局所泡と呼ばれる星間媒体の区域の端にちょうどあるため、これが増幅された、とMelottは述べた。局所泡は約300光年にわたり、2つの主要な塵や雲が含まれている: 局所恒星間雲とGクラウドである。超新星が宇宙線を放出するにつれて、これらのエネルギー粒子は雲を繰り返して跳ね返らせ、10,000〜10万年もの間続く「宇宙線槽」を作り出していただろう。宇宙線ミューオンのような放射線の一部は地球に漏れてしまい、時間が経つと遺伝子変異やがんが発生する可能性があった[メガロドンのような動物は尚早に死んだだろう]。

12/14/2018

プーチン大統領のシュタージのIDカードが見付かった

BoingBoingより

なんて素晴らしい日々。

若いウラジミール・プーチンに発行された写真入りの身分証明書は、ドイツのBTSU、元東ドイツの国家安全保障局記録局連邦司令官から発行され、その後ドイツの報道機関Bildに掲載された。

ここにあります。ロシアはプーチン大統領がKGB身分証明書を発行されたことを否定しており、当然ながらそれは本物であることを意味する。

Putinid

ニューヨーク・タイムズより:

ドイツのタブロイド紙Bildは、東ドイツの秘密警察であるシュタージ(Stasi)によってプーチンに写真付き身分証明書を発行し、ドレスデン在任中の一部をベールを明らかにし、ソーシャルメディアに興奮の波紋を巻き起こし、旧ドイツ民主共和国での彼の存在について疑問を投げかけている。

プーチンのIDカードは、元東ドイツの国家安全保障局(NPO)記録連邦委員会によって水曜日に公開された。緑色のパスポート様式の紙に印刷されたこのカードは、当時33歳だったプーチン少佐と特定された若手情報担当者の白黒写真を有している。

それは1985年の最終日に発行され、1986年の最後の四半期を除く四半期ごとに検証スタンプがある。IDにはプーチンの署名のようなものもある。

シュタージの建物はK.G.B.が事務所がある住宅のすぐ近くにあった。

Mariottへのハッキングは、中国の国家主導と報道

シュナイアーのブログより。

ニューヨーク・タイムズロイター通信は、中国がMariottホテルのハッキングの背後にいることを報道しています。もし本当であれば興味深いですが、これは未だ確認されていないと指摘しておきます。

ロイター通信:

セキュリティ侵害を調査している民間調査員は、前に中国のハッカーが攻撃で使用していたハッキングツール、手法、および手順を発見したと、同社の攻撃を調査する権限を与えられなかった3人の関係者が語った。

これは、中国のハッカーたちが、北京のスパイ活動に使用する情報収集のために計画した作戦であり、金銭的利益のための作戦ではなかった可能性があることを示唆している。

この事件では、中国は主要な容疑者として現れているが、情報源は、他の当事者が以前オンライン上で公開されていた同じハッキングツールにアクセスしていたため、他の誰かがハッキングの背後にいる可能性があると警告した。

犯人の特定は、複数のハッキング・グループが2014年以降同時にスターウッド・ホテルのコンピュータ・ネットワーク内部にいた可能性があるという事実によって、さらに複雑になっている、と情報源の1人は述べている。

以前は、これらの特性が真実か違うどうかについて意見をありました。最近、私は成り行きを見守りがちです。

12/12/2018

Firefoxのジレンマ

Tawhid Hannanさんのブログより。頑張れ、Mozilla/Firefox!

EdgeがChromiumを使用した基盤に切り替えるというニュースでは、ブラウザのエンジンを中心にした多くのやり取りが、ちょっとしたモノカルチャーに陥っています。私はこれらの不安は適した場所から来ていると信じています。モノカルチャーは確かに望ましくなく、競合他社からの絶え間ない挑戦が技術をベストの状態を維持します。このニュースをまとめることは、Mozilla Firefoxが9%以下の市場シェアである状況ということを浮き彫りにしました。しかし、私にためらいを与えたのは、Firefox擁護の大部分がChromeではないからという事実から生じているようなのです。このような戦略の純粋な論理は明らかですが、技術として特に説得力があるでしょうか?

もっと広範な話をすると、私たちは社会として、人々に物事(人々を大切にして地球を救い、世界をより良い場所にする、そしてそれ以外のすべてのこと)を強いる多くのプレッシャーを掛けています。そのほとんどは、「xを行わなければ、yが起こる」タイプのシナリオのような「恐れに基づいた」言葉を記述することによって主張されています。公正であるため、その多くがそのように設定されています。例えば、リサイクルには本当に利己的なメリットはなく、利他主義についてのほとんどそんなところです。実際に、あなたがニュースを読んだら、その代償はかなり大きいと思うでしょう。私にとっては、Firefox周りのやり取りは、これらの重大な最後通牒に近すぎています。私はこの種のやり取りは当然疲れさせると思うし、興奮した参加者ではなく、人質のように新しいユーザーをプラットフォームに誘導するというとりわけ否定的な手段を作り出していると思います。

FirefoxがChromeより優れているものを分析し、それらの賞賛を褒めるときです。例えば、お好みなら、Firefoxでトラッキングを避けるのは間違いなく簡単です。私は他にもあると確信しています - Firefoxは速度を求めてChromeを打ち倒しましたか? それとも、いくつかの分野で優れた機能を備えていますか? 多分、Firefoxには欠点があります。私は最近多くのWebSocketを使ってきましたが、Chromeのフレーム単位のWebSocket接続ビューは非常に価値があります。私が知る限り、Firefoxは(まだ)これを持っていません。これらは、具体的な提案ではありませんが、やり取りができる場所でのアイデアかもしれません。

私は、ChromeがInternet Explorer(IE)を強奪していると思っています。IEが停滞していなければChromeはIEを奪ったかは疑問です? 私は若い頃に、Chromeに飛び着いたのを覚えています。個人的には、IEではなかったから、Chromeを使ったわけではありません。Chromeが競争でIEを打ち負かし、きれいなユーザーエクスペリエンスを提供していたからです。

Firefoxは素晴らしいブラウザであり、市場シェアを拡大する必要性はこれまで以上に強くなっています。Chromeを気にするのではなく、Firefoxを使用することに興奮して、Firefoxのサポートをより効果的に促進し、ブラウザーの市場の健全性を一層向上させることができると確信しています。

Hacker News

12/11/2018

地球温暖化は、私たちが考えているよりも速く起こるだろう

Natureより

「新しい異常」の準備して下さい。これは、カリフォルニア州知事ジェリー・ブラウンが先月記者団に語ったことであり、今年、州を悩ましている破壊的な山火事についてコメントしています。彼は正しい。カリフォルニアの最近の危機は、過去数年間で最高の干ばつと熱波に基づいています。健康と気候変動に関して「ランセット・カウントダウン」は、2000年と比較して、2017年に1億5700万人以上の人々が熱波に晒されたことを先週発表しました

このような環境災害は、激化するでしょう。政府は、何をすべきかを当然知りたいです。しかし、気候科学グループは有益な答えを提供することに苦労しています。

10月に、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は、なぜ工業化以前のレベルよりも1.5℃の上昇で、地球温暖化を止めなければならない理由と、そうする方法を説明した報告書を発表しました1。これは恐ろしい読み物です。地球温暖化が2°C(2015年のパリ協定で広く宣伝されている温度限界)で温暖化すれば、温暖化が1.5°Cに制限されている場合よりも2倍の人が水不足に遭遇します。この必要以上の温暖化はまた、15億人以上の人々を致命的で極端な高温に晒され、さらには数百万人の人々がマラリアなどのベクター媒介性疾患に晒されることになります。

しかし、最新のIPCC特別報告書は、もう一つの驚くべき事実を裏付けています。地球温暖化は加速しています。排出量の増加、大気汚染の減少、自然の気候サイクルといった3つの傾向が今後20年間で結びつき、気候変動を予想以上に早く激しくしていきます。私たちの見方では、2040年までではなく、2030年までに1.5℃の水準に達する可能性が高いとの見通しを示しています(「加速する温暖化」を参照)。気候モデルのグループは、政策立案者が最も関心を持っている急速な変化を十分に取り組んでおらず、長期的な傾向と均衡に焦点を当てています。

D41586 018 07586 5 16306998

政策立案者は、彼らが考えているよりも答える時間は少ないです。政府は、住宅を洪水や火災から守り、熱ストレス(特に高齢者や貧困層に住む人々)を管理するためのスキームに、緊急に投資する必要があります。国家は、森林や農場を干ばつに対してより弾力を持たせ、浸水のために沿岸の準備が必要です。急速な温暖化は、すす、メタン、ハイドロフルオロカーボン(HFC)ガスの管理など、気候の加速をもたらす排出政策の必要性を高めます。それは、例えば、成層圏の反射粒子を日よけとして作用させることによって惑星を冷却するという、太陽のジオ・エンジニアリングの場合もあります。

気候科学者は、政策立案者が必要とする証拠を提供し、今後25年間の評価を提供しなければなりません。最も多くの気候的利益を得るために、気候温暖化の原因となる汚染物質のうち、どれを最初に制限するか政策立案者に助言すべきです。政治的、行政的、経済的制約が、抽象的で理想的な政策をしばしば実用的でないものにする現実世界において、どの政策が最も迅速かつ首尾よく制定されるべきかを評価すべきなのです。

高速進行する貨物列車

最近のIPCC特別報告書では、予測よりも地球温暖化が早いことを示唆する3つの証拠があります。

まず、温室効果ガスの排出量は依然として増加しています。2017年には、工業用二酸化炭素排出量は約37ギガトンに達する見込みです2。これは、IPCCが今までにモデル化した最も高い排出量軌道に乗ります。この暗いニュースは、今後25年間で0.25-0.32℃/10年の割合で温暖化することを意味しています3。これはIPCCが特別報告書で使用した 2000年代以降に経験した0.2℃/10年より速いものです。

第二に、政府はIPCCや大部分の気候モデルが想定よりも大気汚染が速く浄化しています。例えば、中国は2014年から2016年の間に7-14%の発電所からの二酸化硫黄排出を削減しました(参考文献4)。本流の気候モデルは、それらが上昇すると予想していました。低公害は農作物や公衆衛生にとって良いことです5。しかし、硫酸塩、硝酸塩、有機化合物を含むエアロゾルは太陽光を反射します。エアロゾルのこの遮蔽は、おそらく世界中で0.7℃も惑星をより低温に保ちます6

第三に、惑星が数十年続く自然な温暖期に入っているという兆候があります。太平洋は、「太平洋数十年規模変動 (Interdecadal Pacific Oscillation)」と呼ばれるゆっくりとした気候サイクルに伴い、暖かくなっているようです7。このサイクルは赤道太平洋および北アメリカ上の気温を調節します。同様に、大西洋(大西洋の子午線転覆循環)の深海と表層水の混合は、深海を探査する漂流浮標からのデータに基づいて、2004年以来弱まっているように見えます8。この混合がなければ、過去のように、より多くの熱が深海に入るよりも、大気中にとどまるでしょう。

これら3つの力は互いに強め合います。温室効果ガスの排出量が増加し、大気汚染が減少すると推定される温暖化の推定日は、2045年までに2°C境界に達し、約2030年と推定されます。これらは、より早く大気汚染物質を排出することでより早く起こる可能性があります。自然の10年変動を加えると、2025年までに1.5℃までの破裂の確率は少なくとも10%に上昇します(参考文献9)。これと比較すると、IPCCは2030年と2052年にそれぞれ1.5℃を超える確率が17%と83%となっています。

4つの領域

科学者と政策決定者は、4つの領域で彼らの役割、目的、アプローチを再考しなければなりません。

短期で科学を評価して下さい。政策立案者はIPCCに次の25年間の気候変動率に関する別の特別報告を求めるべきです。パネルは物理学自体を超えて見て、利害関係者や官僚から現状を維持するという圧力を考慮して、政治システムが対応できるスピードを評価しなければなりません。研究者は、気候モデルを改良して、海洋および大気の状態に関する最近のデータ、自然サイクルを含む、今後25年間をより詳細に記述する必要があります。彼らは、極端な出来事の偶然と影響を定量化するために、より多くのことを行うべきです。証拠を集めるのは難しいだろうが、実際の気候の危険性や反応を評価する上でより有用となるでしょう。

政策目標を再考して下さい。1.5°Cの目標のような温暖化の限界は、幅広い計画ツールとして認識されるべきです。あまりにもしばしば、ポリシーを設計するための物理的な閾値として誤解されています。IPCC特別報告書で「マイナスの排出技術」(CO2を吸収する)への過度の依存は、世界がそのような限界に近づくほど現実的な政策を構想することが難しくなることを示しています。紙で、モデルを曲げるのは簡単ですが、実際の政策を実装するのはずっと難しくなります。

現実的な目標は、地球物理的なパラメータだけでなく、政治的および社会的なトレードオフに基づいて設定する必要があります。コスト、便益、実現可能性の分析から出てくるはずです。これらのトレードオフの評価は、現実的な政策がどのように排出量に影響を与えるかの評価を導く強力なコンパスが必要なパリ気候プロセスに組み込まれなければなりません。より良い評価は、行動を動機付けることができますが、政治的にも議論の余地があります。それは、温室効果を抑制するために国が排出を抑制すると言うことと、温暖化を制限するために一括して達成する必要があることとの間のギャップを強調するでしょう。従って、トレードオフに関する情報は、科学、地方のパートナーシップ、非政府組織の公的政府間プロセス以外のプロセスから生じなければなりません。

適応のための設計戦略。迅速な適応のための時間が到来しました。政策立案者は、科学者からの回答を導くために2つのタイプの情報が必要です。第一に、地方の潜在的影響が都市部の国のスケールでどのようになるかを知る必要があります。この情報の一部は、天気予報、健康、財産の被害およびその他の変数の「大規模データ」分析のために、高い分解能の気候影響評価と人工知能とを組み合わせることによって収集することができます。第2に、政策立案者は、起こりうる気候の影響と対応の範囲で不確実性を理解する必要があります。カリフォルニアなどの適応政策を策定する際に積極的な地域でさえ、極端な温暖化、火災、海面上昇の絶えず変化するリスクについての情報が欠けています。研究は、都市プランナー、公衆衛生管理、農業、生態系サービスといった分野や利害関係者にまたがって統合されなければなりません。インパクトが異なる場合でも、適応戦略は調整可能でなければなりません。ワーストケースの結果については、より多くの計画と原価計算が必要です。

迅速な対応のためのオプションを理解して下さい。気候評価は、メタン、すす(または黒色の炭素)およびHFCの排出を削減するなど、気候の影響を緩和する迅速な方法を評価する必要があります。これらの3つの「超汚染物質」は、1トン当たり、 CO2の影響の25〜1000倍あります。それらの大気中の寿命は短く、数週間(すす)〜約10年(メタンとHFC)です。これらの汚染物質を削減することで、今後25年間で温暖化の傾向が半減する可能性があります10

この領域で、前進があります。9月にカリフォルニア州サンフランシスコで開催された地球気候行動サミットでは、米国人口の40%を占める州知事連合である米国気候連合(the Climate Alliance)は、2030年までにメタン、HFCおよびすすの排出を40〜50%削減するためのロードマップを発表しました。2019年1月までに発効するモントリオール議定書の2016年キガリ改正は、今後30年間でHFC排出量を80%削減する予定です。

様々な気候工学の選択肢が緊急時の対応としてテーブルに載っていなければなりません。地球規模の状況が本当に悪化した場合、大気から大量のCO2を直接抽出しなければならない可能性があります。さらに迅速な緊急事態対応は、大気汚染のように地球を加熱する太陽放射の量を減らすためにエアロゾルを大気中に噴射する可能性があります。このオプションは非常に議論の余地があり、熱帯地方の乾燥を招くような降雨パターンの変更など、予期せぬ結果を招く可能性があります。このオプションが必要な場合は、研究と計画が重要です。今日、テストと技術的準備への投資はほとんどありません。研究によって知覚されない無責任な当事者によって間違った種類の気候工学計画が導入される可能性は高いです11

何十年もの間、科学者と政策立案者は気候政策の議論を簡単な方法で枠組みしてきました。科学者は長期的な目標を分析し、政策立案者はそれらを尊重するふりをしてきました。その日は終わりました。真面目な気候政策が、短期間で実現可能なものに焦点を当てる必要があります。面倒でリスクにさらされているものもありますが、全ての選択肢を考慮する必要があります。

参考文献

  1. Intergovernmental Panel on Climate Change. Global Warming of 1.5 °C (IPCC, 2018).
  2. Le Quéré, C. et al. Earth Syst. Sci. Data 10, 405–448 (2018). https://doi.org/10.5194/essd-10-405-2018
  3. Smith, D. M. et al. Geophys. Res. Lett. https://doi.org/10.1029/2018GL079362 (2018).
  4. Karplus, V. J., Zhang, S. & Almond, D. Proc. Natl Acad. Sci. USA 115, 7004–7009 (2018). https://doi.org/10.1073/pnas.1800605115
  5. Burnett, R. et al. Proc. Natl Acad. Sci. USA 115, 9592–9597 (2018). https://doi.org/10.1073/pnas.1803222115
  6. Salzmann, M. Sci. Adv. 2, e1501572 (2016). https://doi.org/10.1126/sciadv.1501572
  7. Meehl, G. A., Hu, A. & Teng, H. Nature Commun. 7, 11718 (2016). https://doi.org/10.1038/ncomms11718
  8. Chen, X. & Tung, K.-K. Nature 559, 387–391 (2018). https://doi.org/10.1038/s41586-018-0320-y
  9. Henley, B. J. & King, A. D. Geophys. Res. Lett. 44, 4256–4262 (2017). https://doi.org/10.1002/2017GL073480
  10. Xu, Y. & Ramanathan, V. Proc. Natl Acad. Sci. USA 114, 10315–10323 (2017). https://doi.org/10.1073/pnas.1618481114
  11. Victor, D. G. Oxford Rev. Econ. Pol. 24, 322–336 (2008). https://doi.org/10.1093/oxrep/grn018

Hacker News

12/09/2018

「アベンジャーズ/エンドゲーム」の予告公開

Slashfilmより。予告に、キャプテン・マーベルが登場しないのが気になる。

トニー・スタークのアイアンマン・ヘルメットは、サノスとの戦いで破損し、船の床に置かれている。ナノテクの鎧はタイタンの戦い中で破壊されたが、ヘルメットを使ってペッパー・ポッツへの別れのメッセージを記録できる程度には残っているようだ。

トニー・スタークは、旅の一部が終わり、ペッパーのためにこれを悪く感じさせないようにして、元気づけようとしているにも関わらず、全ての希望が失ったように聞こえる。

ロングショットは、トニーが宇宙を浮遊している船を示している。これは、タイタンの全てのメンバーが塵になった後、彼がガーディアンズ・オブ・ギャラクシーによって残された船に乗っていることを確認するためと思われる。

彼は、過去4日間で食べ物と水がなくなってしまったと語っているので、トニーの見事なショットが重苦しく、考え込んでいるように映っている。これは、タイタンでの出来事から、どれくらいの時間が経過したのか知りたいと思わせる。いずれにしても、トニーは朝まで続く酸素だけを持っていると言う。

トニーはペッパーに「君の夢を見て眠るよ」と言ってヘルメットを消す。これは本当に感動的な瞬間だが、トニー・スタークが絶望的になるのを見たことがないので気になることもある。彼は天才かも知れないが、彼は全てのリソースを使い果たしている。彼はよく知らない船の中で、勝手が違っているのかも知れない。しかし、彼は一人なのか? それについては後で詳しく説明する。

おっと。「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のタイトルが塵に変わるのは、驚くことではなかった。マーベル・スタジオは10周年記念のロゴを塵に変えている。

「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」の終わりのショットの背景で簡単に分かるものがある。サノスが指パッチン後、彼はどこかの農場に引っ越し、鎧をコテージの前に何らかの不吉な虚像のように吊るしたままにした。

この予告ではサノスの顔は見えないが、燃え尽きたインフィニティ・ガントレットをまだ手にはめたまま、この農場を歩いている間、グラディエーターの瞬間を迎える。それは彼の手に詰まっているのか? それとも彼はそれを身に着けているので、誰も彼からそれを取ることはできないのか? アベンジャーズは彼がやったことを逆転できる方法を知っているのか?

その間、ニューヨーク州のアベンジャーズ本部に戻ってきた... 管理人が数週間休暇を取ったようには見えないか? 地球の人口の半分を失われるのは、通常の日常的な事のいくつかが途中で道に行くのに十分な理由だと思う。私たちが知っている限り、管理人は大量虐殺(The Snappening、Than-Oh-Snap!)で殺された。

涙が彼の頬を流すスティーブ・ロジャースは、アベンジャーズ司令部の荒れた状態について確かに悩んでいるようだ。それは生き残った生存者の半分がサノスが生き延びた後、彼の生涯の友バッキー・バーンズを含む姿を消した全ての人のことを考えている。

ブラック・ウィドウのナレーションは、私たちが既に知っていることを再生している。サノスは、宇宙の生命の半分を取り除くことを言葉通りにうまくやった。ブルース・バナーはまだ登場していない味方のプロフィールを見ている。スコット・ラングが最も顕著で、彼のプロフィールは行方不明だと言っているので、彼は死んでいるとは思われない。シュリは、どこかで生きているかは分かっているが、同じく行方不明と言われている。シュリの絵はピーター・パーカーに変わった。また、地球上の誰もが、タイタンで何が起こったのか分からないので、行方不明と表示されている。

アベンジャーズ司令部内の別のショットは、空のガレージまたは格納庫を示している。これは、おそらく映画の早い段階から、世界中で聞いた指パッチンの余波の中でアベンジャーズに焦点を当てる前に、確立されたショットのように感じる。

ソーは、起こったことについて明らかに思い悩んでいる。彼は、いつものアスガルド人の鎧でもない。彼はちょうどある種の伐採施設でシフトでもやったように、地球の服装で質素に生活している。

トニー・スタークが一人ではないかも知れないと言ったことを覚えているか? さて、指パッチンの後、タイタンで生き残ったのはネビュラだけで、トニーと共にガーディアンズの船に乗っているようだ。

ネビュラは確かにこの船の誰かに慰めを提供しようとしている。そして、特にタイタンで起こったことの後、それがトニーであると想像に難くない。

アベンジャーズ・ファンの多くが待っていた瞬間です。ホークアイの地獄だった「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」の全てが不思議に思っていたが、ついに私たちは答えを得た。彼は海外にいた(背景が日本語)、彼の浪人になっていた。

ジェレミー・レナーの美しい顔がある! この時点で、彼はより良い日を見たように見える。ホークアイが何をしてきたのか気付くだろうか? 指パッチンの後、彼の家族は姿を消したのだろうか? ホークアイの場面がスクリーンに現れるのと同じように、「私たちは友人を失った、私たちは家族を失った、私たちは自分自身の一部を失った」とキャプが言うのは偶然のようには見えない。私はそれが彼をローグ・アサシンに戻すのに十分であると思う。それは、このパズルのもう一つの部分である。私たちは指パッチン後、地球でどのくらいの時間が過ぎたのか知りたいと思う。

アベンジャーズで起こっていることを知る唯一の真のヒント: サノスの指パッチンからの回復以外にも、エンドゲームはキャプテン・アメリカとブラック・ウィドウの間のやり取りに由来している。キャップのナレーションは、「これは私たちの人生の戦いだ。」と彼はまだ彼の古い愛のペギー・カーターに期待している。そして、ブラック・ウィドウは彼を安心させ、「これはうまくいくわ、スティーブ。」これが何であれ、私たちはまだ分からない。しかし、キャプテン・アメリカがこの謎めいた計画に自信を持っていても、「これがうまくいかなかったら、どうしていいか分からない。」と言う。

アンソニーとジョー・ルッソが数ヶ月前にこのタイトルとは違うと言っていたにも関わらず、結局「アベンジャーズ: エンドゲーム」というタイトルだった。私たちのヒーローたちが勝利することを希望を持っているのならば、バラバラになったアベンジャーズのロゴが再編成されていることに気付くだろう。

この深刻な苦境からアベンジャーズを助ける責任を誰が負っているのか考えてみよう! アベンジャーズ本部の正面玄関に現れるのはスコット・ラングだ。彼は量子の世界からどのように戻ったのだろうか? 明らかに、彼はアベンジャーズと話す必要があるものを明確に持っている。だから、彼が学んだことや量子領域から出て行ったことは、サノスを倒し、彼のしたことを元に戻す鍵を握るだろう。

正直なところ、これは「アベンジャーズ: エンドゲーム」の完璧なティーザー予告だ。それはどんなアクションショットにも依存しておらず、ストーリーについて何も与えていない。続編のためのマーケティング・キャンペーン全体はこのようなものだろうか? 予告のいずれかで大きな瞬間が表に出るのか? あるいは、ファンは今後4ヵ月半の間、大部分が暗闇の中に置かれるのか?

「アベンジャーズ: エンドゲーム」は2019年4月26日にやって来る。

更新: 24時間で2億8900万回視聴されたとのこと。

12/07/2018

オーストラリアで、反暗号化法が議会を通過

Slashdotより

今日、オーストラリアの下院は「Assistance and Access Bill (援助・アクセス法案)」を通過した。今日知られているように、反暗号化法案は、国家の警察と腐敗防止部隊が、インターネット企業、通信会社、メッセージング・プロバイダー、あるいは必要と思われる者に、アクセスを希望するどんなコンテンツ機関にも侵入するよう求めることを強制できる。「法案は依然として上院によってブロックされているが、オーストラリアのTwitterは、特にオーストラリア労働党の関与に関して、今日の議事では非常に声高だった。」とGizmodoはレポートしている。ZDNetは、情報及び保安に関する両院合同委員会(PJCIS)の報告書から、主要な調査結果を強調している

業界援助の閾値は、最大3年を超える罰則で違法行為に持ち込まれることが推奨されている。テクニカルアシスタンス通知(TAN)および技術能力通知(TCN)には、法律上の制限時間、通知の延長、更新、または変更が行われる。全ての上場行為および物事に適用する体系的弱点条項。通信大臣が承認プロセスの一部とみなされるべき関連産業の懸念のための直接的な手段を提供するとの報告と共に、司法大臣と通信大臣の承認を得るためのダブルロック機構が必要となるだろう。

その報告書の勧告はまた、独立国家安全保障立法監視機関(Independent National Security Legislation Monitor)によって法案が発行した18カ月後に再検討を求めている。州および地方警察によって発行されたTANは、オーストラリア連邦警察委員長の承認を得ている。通知を発行された企業は、弁護士に、TCNが発行されたという事実を公に開示するよう訴えることができる。同委員会は、新年度の合意された法案を見直し、次の選挙が呼び出されると予想される2019年4月3日までに報告する。

手短に言えば: 「専門家からの証言は無視され、法案の実際の精査は次の議会に委ねられ、労働党は保守連合に攻撃するのではなく、議会の討議中に国家安全保障法案に反対していることを確認した。技術専門家は、オーストラリアのスパイ、つまり諜報部門にいる人と同等のアクセス権限を持つ必要があります。」参考: オーストラリアは暗号化法でWhatsAppメッセージをスパイする

更新: 暗号化法案は、労働党と保守連合が投票し、44-12の最終投票で上院を通過した。オーストラリアのセキュリティと情報機関は現在、暗号化サービスを強制的に暗号化解除する法的権限を持ったとガーディアンが報じる。記事は進展している...

12/06/2018

光子、クエーサー、自由意志の可能性

Scientific Americaより

宇宙の端からの光の点滅は、物理学者が未来があらかじめ決められていないという考えを提示するのを助ける。


人生は選択肢に満ちている。私たちはクッキーを食べるのか、ジムに行くのか? Netflixでお気に入りの番組を見るか、適当な時間に寝るのか? 私たちの選択が結果をもたらし、私たちは自由意志でそれらを行なっている。それとも、私たちは?

自由意志の性質は、長い間、哲学的議論に影響を与えてきたが、宇宙の基本的性質についての中心的な疑問も提起している。宇宙は、ビッグバンから時間の終わりまで運命を決める厳格な物理法則によって支配されているだろうか? あるいは、自然の法則によって、物事はランダムに起こるのか? 1世紀に渡る一連の物理実験では依然としてこの問題を解決することができなかったが、新しい実験が数十億光年にわたる量子実験を実行することで後者の可能性に傾いた。

古典物理学の法則は決定論的である。ニュートンの数学的宇宙は、時計仕掛けの宇宙であり、それぞれの原因は独特の効果を持ち、私たちは選択肢ではなく、自然の厳しい法則によって支配されている。一方、量子物理学は、ファジーなランダム性を持っており、一部の科学者は自由意志への扉を開くことができると感じている。量子物理学は現実の中心にあるので、ランダム性が勝利を収めると思われる。

しかし、一部の科学者は、量子のランダム性は真のランダムではないと主張している。私がサイコロを転がすと結果はランダムに見えるが、実際にはそうでは無い。その凹みや歪みは、重力と複雑なダンスのテーブルによって引き起こされるが、そのダンスは決定論的である。たとえ、サイコロが私の手を離れた瞬間、私が結果が出るまでそれが分からなくても、その運命は確定される。おそらく、量子オブジェクトは同じように動作する。それらはランダムなやり方で行動するように見えるが、実際には決定論的な隠れ変数によって支配されている。

私が大学院以来、魅力的な問題です。私の論文は、まだ完全に理解していない量子重力の側面に焦点を当てていた。その理由の1つは、アインシュタインの決定論的重力理論が量子力学のランダム性とどのように適合するかを私たちは理解していないからである。その問題は私よりもはるかに賢いアインシュタインをも魅了し、彼はアイデアをテストできる実験を思い付いた。ボリス・ポドルスキーとネイサン・ローゼンと一緒に、現在、アインシュタイン=ポドルスキー=ローゼン実験、略してEPR実験と呼ばれる思考実験を行った。

この実験を理解するため、いたずらなお友達がジェーンという名前を持つとします。ジェーンが2足の運動靴を使い切るたびに、彼女は私たち一人一人に一つの靴を送ることでいたずらするのが大好きだ。そのため、あなたがジェーンからの郵送で靴を手に入れるたびに、私もそれを手に入れる。私たちの一人が右の靴を得て、もう一人は左を手にいれる。しかし、私たちのどちらかが私たちの箱を開くまで、どちらの靴を持っているのか分からない。箱があなたのドアに着いたら、あなたはそれを開き、あなたは左の靴を持っていることが分かる。その瞬間、あなたは私が右の靴を持っていなければならないことを知る。

これがEPR実験の基本的な考え方である。私たちの実世界ではこれ以上の愚かないたずらでは無いが、量子オブジェクトの場合、それは本当に奇妙である。シュレーディンガーの猫について聞いたことがあるかも知れない。シュレーディンガーの猫は、明確な状態で観察されるまで生きておらず死んでもいない。古典的な猫のように、量子箱のような量子猫である。あなたがそれらを観察するまで、物は無限の状態になることができる。私たちの箱には何かもの(手袋、靴、塩と胡椒のシェーカーなど)が入っているかのようになるが、私たちが箱を開けるまで何かを知ることは不可能である。よその人でさえ、量子オブジェクトをどのように測定するかによって、結果がどのなるかが決まる。あたかも傍にある箱を開けて手袋にして、上から開くと靴になるようにする。どのように自分の箱が何マイルも離れている箱に影響を与えているのかだろうか? 量子論では、2つの箱が絡み合っていると言う。そのため、1つの箱の内容を観察すると、他の箱の内容も分かる。

私たちは手袋や靴でこの実験をすることはできないが、光子で行うことができる。2つのもつれた光子を反対方向に送ることができる。ランダムに1つの光子の向きを測定し、もう一方を測定し、その結果を比較する。私たちが測定する多くの様々な向きがあるため、それぞれの向きを選ぶことができる。この実験を実験室で行うと、実際に働く。私たちの測定値がランダムである場合、光子がどの方向性が測定されるかを事前に知る方法はない。従って、結果を決定する隠れ変数はない。左靴か右靴か左または右手袋のどちらにしても、その結果は本当にランダムである。

これは、アインシュタインが「不気味な遠隔作用」と絡み合いを表現している。それらが数光年であっても、絡み合ったオブジェクトは量子的なつながりを持っているので、不気味である。従って、1つの物体の測定値は、この不気味な絡み合いの両方による測定値である。しかし、私たちが行う測定がランダムである場合には、それは不気味なだけである。ランダムでない場合は、EPRの結果を説明するために不気味な接続は必要ない。

これは「選択の自由」の抜け穴として知られている。EPR実験は実験室で行われ、たとえ光子をどのように測定するかの選択がランダムに見えるとしても、自由意志がない場合、私たちが行う観察は以前の条件によって決定されるはずだ。実験室で実験をセットアップするには時間が掛かるため、量子システムに事前に何が行われるかを知らせる小さな相互作用がある可能性が存在する。おそらく、実験、科学者、研究室は全て結果が真にランダムでは方法で絡み合っているので、量子オブジェクトは結果を操作することができる。

抜け穴を回避するには、光の速度に対処する必要がある。多くの場合、光の速度よりも速い速度で進むことはできないと言われているが、情報も光よりも速く進むことができない。電報やテキストメッセージをお互いに送ることはできるが、光が私たちの間を移動するのに掛かる時間よりも早くなることはない。小規模な実験室では、実験中に光が部屋を何度も行き来するため、情報の小さなビットが実験の「ランダム」な側面をバイアスすることもある。十中八九そうは思われないので、新しい実験ではこの問題を打開している。どの光子測定を行うかを決定するために実験室で乱数発生器を使用するのではなく、実験者はクエーサーを使用した。

クエーサーは、遠く離れた銀河の中心にある超大型ブラックホールによって発光される光の見事なビーコンである。チームは、光子がどのように測定されたかを決定するために、クエーサーからの光のランダムな変動を利用した。クエーサーからの光は何十億年もの間、私たちに到達するために移動しなければならないため、実験が行われる数十億年前(人類が地球を歩行するずっと前)に明るさの変動が起きた。だから、それが実験に絡むことは絶対にない。

その結果は、量子論が予言するものだった。従って、決定的な隠れ変数が実際に存在しないように思える。さらに、宇宙のあらゆる場所でランダム性はあり得る。

もちろん、ランダム性だけが自由意志に必要なことではない。しかし、あなたの運命は必ずしも封印されているわけではない。だから、2個目のクッキーを我慢したり、夕方にテレビの電源を切ったりすると、結局のところ、選択肢はあなたのものだったかも知れないという事実に誇りを持つことができる。

Hacker News

困った消費者向けセキュリティ・アドバイス

シュナイアーのブログより。

そこには、コンピュータやオンライン・アカウントのセキュリティを強化する方法について多くの記事が存在します。私はその一部には同意しますが、この記事には特に問題のアドバイスが含まれています:

1. カフェ、ホテル、空港のWi-Fiなどの公共の(セキュリティで保護されていない)Wi-Fiを絶対に使用してはいけません。インターネット上で匿名で安全な状態を維持するためには、仮想プライベート・ネットワークのアカウントをお金を掛けても、悪意のある人は非常に賢いため、このコラムの内容が実行されるまでに、VPNに侵入する方法を見つける可能性があります。

私はセキュリティーで保護されていないWi-Fiが危険だと思っていますが、実際に誰かこのアドバイスに従っていますか? 私は公衆Wi-Fiネットワークから自分のオンライン銀行口座にアクセスすることについて2度考え、通常はVPNを使用しています。しかし、私はこれを一般の人にアドバイスとして提供することは想像できません。

2. あなた、またはあなたが知っている人が18歳以上なら、社会保障オンライン・アカウントを作って下さい。今日! www.SSA.govに行って下さい。

これは実際には良いアドバイスです。ブライアン・クレブスは旗を立てると呼びますが、基本的には詐欺師があたなに向けてそれを行う前にあなた自身の身元を要求しています。しかし、なぜそれを社会保障管理に限定するのですか? IRSやUSPSのためにそれをして下さい。あなたがそれをしている間にも、携帯電話プロバイダーやインターネット・サービス・プロバイダーに向けてもそれを実行して下さい。

3. モバイルアカウントやケーブルアカウントを含むこの追加の保護層を提供する全てのオンラインアカウントにマルチファクタ検証を追加します。(注: SIMカードの「交換」は膨大なものになっており、これまで不可能だったセキュリティ上の問題のため、そのコードを電子メールで送信して下さい。)

はい。二要素認証は重要で、私はそれを重要なオンラインアカウントのいくつかに使用しています。しかし、それを全てにインストールする必要はありません。電子メールに送信されたコードを持っていることがSIMカードの交換を防御するのに役立つ理由が分かりません。他の人のように携帯電話であなたの電子メールを受け取ったに違いありません。(ここに、これについてのより良いアドバイスがあります)

4. 破られにくい12文字のパスワードを作成して下さい。社会保障番号の最後の4桁ではなく母親の未成年者の名前ではなく、あなたの誕生日ではなく、あなたの住所ではありません。可能な限り、セキュリティに関する質問に答えとして、「Youllneverguessmybrotherinlawsmiddlename」などの「パスフレーズ」を使用して下さい。

私はランダムで覚えるのが不可能なパスワードや、秘密の質問に対するナンセンスな答え大ファンです。彼女がそれらをすべて覚えておくためにパスワード・マネージャーを提案すれば素晴らしい。

5. 全てのアカウントに同じユーザー名とパスワードを使用する誘惑を避けて下さい。 可能な限り、6か月ごとにパスワードを変更して下さい。

最初の部分は「はい」です。 2番目は、いいえ、いいえ、いいえ、いいえ、千回いいえです。

6. 「新しいアカウントの詐欺」(生年月日と社会保障番号を使用して口座開設しようとする者)を防ぐため、3つの国内の信用調査所(Equifax、Experian、TransUnion)にセキュリティ凍結を設定します。このサービスは無料です。

私はセキュリティ凍結のファンです。

7. デバイス(携帯電話、タブレット、ノートパソコン)を空港のコンセントに接続しないで下さい。そうすることで、ハッキングされやすくなります。代わりに、外付けバッテリ充電器を使用してデバイスを充電して下さい。

本当? はい、私はハッキングされた充電スタンドに関するその記事を読んだことがありますが、空港での壁コンセントを使用することについてよく考えたことはありません。本当に心配するなら、USBコンドーム(注: USBケーブルからデータピンをカットしてパワーピンだけ有効にしたもの)を購入して下さい。

12/05/2018

将来、AWSは分社化されるか?

Slashdotより。

Ammalgamが、Business Insiderの報道を伝える:

AmazonがWhole Foodsを買収すると正しく予想した確かなビジネススクールの教授は、AWSの分社化は避けられないと言う。マーケティングのグルScott Gallowayは月曜日、Business InsiderのIGNITIONカンファレンスでそう語った。ニューヨーク大学のスターン・スクール・オブ・ビジネスのスコット・ギャロウェイ教授は、この動きは、同社が反競争的行為を詳しく調べ始めた規制当局をなだめるのにも役立つだろうと語った。eコマースの巨人が分社化した後、Amazon Web Services(AWS)は「世界で最も貴重な10の企業の1つになるだろう」と語った。ギャロウェイ教授は、「問題は、次にAmazonの古い小売店サイドにとってどうなるかである」と付け加えた。

ギャロウェイ教授によると、アマゾンはAWSを分割することを決めるだろう。なぜなら、それは大いに意味を持ち、市場の力がそれを指示するからだ。クラウド・コンピューティングは、テクノロジー業界で最も重要なトレンドの1つだが、投資家が利益を得るための簡単な方法が存在しない。AWS、Microsoft Azure、Google Cloudの3大クラウドサービスは全て、クラウドビジネスを部分的に反映している大企業の一部である。最大の企業として、AWSは独自の独立したビジネスになるのが自然だろうと述べた。それが価値をどのように評価し、市場がそれに割り当てる利益の倍数に応じて、AWSはそれだけで700億から6,000億ドルの範囲での評価と見なすことが可能性である、と彼は言った。あなたはどう思うか? これは可能だろうか?

12/04/2018

IPv6ネットワークのスペクトル景観のマッピング

Slashdotより

Trailrunner7が伝える:

不動産のように、私たちはもはやIPv4アドレスを作っていません。しかし、火星に植民地化しようとする代わりに、海の下に都市を建設しようとするのではなく、インターネットの設計者は、果てしなく大きなアドレスプールを持つ独特のアドレス体系を開発しました。IPv6は、IPv4の232と比較して2128のアドレス空間を持ち、IPv4アドレス空間の枯渇に近づくにつれて、レジストリはIPv6アドレスの割り当てを開始し、現在は何十億ものアドレスがアクティブになっています。しかし、どのくらいいるのか、どこにいるのか、どのように組織されているのかは、誰にも分かりません。

一組の研究者は、問題に取り組むことを決め、グローバル・アドレス空間とより小さいターゲットを絞ったネットワークの両方でアクティブなIPv6アドレスを見つけることができる一連のツールを開発しましたipv666として知られているオープンソースツールは、研究者が構築した統計モデルを使用して、使われているIPv6ホストをスキャンできます。研究者のChris GraysonとMarc Newlinは、ipv666ツールの開発を進めていく中で、大規模なIPv6アドレスリストを取得するなど、様々な課題に直面していました。彼らは、既存のリストに基づいて他のIPv6アドレスを予測するための統計モデルを構築するという手間のかかるプロセスを開始しました。

それは変に思えるかもしれませんが、IPv6アドレスはIPv4と同じようなものではなく、単純な分析や予測が役立たない奇妙なフォーマットになっています。GraysonとNewlinは、できるだけ多くのライブアドレスを探して、最終的にIPv4上のデバイスとIPv6上のデバイスの間のセキュリティの違いを理解しようと考えています。

インターネットがダウンした時: 大規模なエッジ障害を追跡

RIPE Labsより

Philipp Richter — 30 Nov 2018

エンド・ユーザーだけでなく、サービス・レベル・アグリーメント(SLA)を満たす必要があるサービス・プロバイダーにとっても、インターネットの中断のない利用可能性はますます重要になってきている。しかし、意図しないファイバーカット、自然災害、サイバー攻撃、政治的な理由による政府の意図的なインターネット停止など、エンドユーザーの接続性に影響を及ぼす停止は広範囲に及んでいる。

大規模な停止は検出が比較的容易で、様々なニュースサイトやソーシャルメディアで頻繁に報告されるま。検出が困難なのは、ローカル、小規模、より分散した停止(小さな地域に影響する電源障害によって引き起こされるようなものなど)である。しかし、本研究で示されているように、様々な場所で毎日何千もの停止が発生している。

これらの停止は、インターネットのコントロール・プレーン(ネットワーク間で交換されるルーティング情報)を調べるても、通常は見えない。従って、これらの潜在的に小さな事象を検出することは、干草の中で針を見つけることに似ている。

私たちの新しい論文「Advancing the Art of Internet Edge Outage Detection (IMC 2018)」では、MITの私の同僚、メリーランド大学、アカマイと私は、主要なコンテンツ配信のアクセスログを活用し、エンドユーザのアクセスパターンの異常を追跡する事で、インターネットのエッジの停止を受動的に検出する新しいアプローチを提示した。

決して眠らないインターネット: ベースラインの活動

今回の研究では、毎日世界中のユーザーから数十億件のリクエストを受けている、世界130カ国、1,700のネットワークに20万台以上のサーバを搭載した大規模なCDNから収集したログを分析した。

Tracking edge outage fig1

図1: 調査のために収集されたログには、時間毎の個々のIPv4の/24アドレスブロックからのCDNへの要求数が含まれている

面白いことに、多くのアドレスブロックについて、私たちは24時間365日の活動を1時間ごとにCDNへの要求を見た。下の図はこの例を示している。今月中は、/24プレフィックスのアクティブなIPv4アドレスが1時間に130個以下になることは無かった。

Tracking edge outage fig2

図2: 1か月間のサンプル/24アドレスブロックの時間別アクティブIPv4アドレスの数を示すグラフ。ここでアクティブなIPv4アドレスは、その時間に少なくとも1回はCDNにコンタクトしたことを意味する

リクエストの一部を調べると、ユーザーきっかけの膨大なコンテンツ要求(例えば、Webコンテンツやビデオコンテンツなど)以外にも、人が起因としていないリクエストが相当数あったことが分かった。

当初は驚いたが、スマートフォンやスマートテレビのアプリやウィジェットが定期的に情報(天気、株式市場、カレンダー)を更新し、様々なソフトウェアのインストールが頻繁な更新要求を出していることは、家庭内の常時接続デバイスの増加によって説明できる。従って、WiFiに接続されたいくつかのデバイスを使用すると、CDNログに安定したリクエストパターンが発生する。これを観測ベースライン活動と呼ぶ。

中断の検出

ベースライン活動は、停止検出に理想的な信号である。その理由は、(i) 人間が引き起こす活動にはほとんど依存しないが、(ii) 機能するネットワークに依存する。

次に、アドレスブロックのデバイスからの一定のCDNコンタクトが一時的に存在しないか、または大幅に減少した場合のベースライン活動の中断を1時間ごとに検出する手法を開発した。私たちは少なくとも1時間続く中断を検出できる。

スライディング・ウィンドウを使用して、各ブロックおよび時間のベースライン値を計算し、このアクティビティから重大な中断(減少)を検出した。この手法により、世界中の12.5Kを超えるネットワークで数百万のアドレスブロックを追跡できる。

Tracking edge outage fig3

図3: スライディング・ウィンドウを使用して、12,000を超えるネットワークに渡って、アクティビティの重大な中断(または減少)を検出した

私たちは、検出技術、キャリブレーション、クロスバリデーション、グローバルカバレッジの詳細については、私たちの論文を参照して頂きたい。

中断のグローバルな視点

私たちは、1年にわたるCDNログ(図4)を使って、いくつかの興味深い観測を行うことができる中断検出メカニズムを実行した。

Tracking edge outage fig4

図4: 2017年3月から2018年3月まで毎時12000件以上のネットワークからの/24アドレスブロックの一部または全部が中断

マイクロ中断

グローバルには、常に中断とエッジの停止がある。監視されているアドレス空間の約0.2%が任意の時間に中断される。これらの混乱の多くは規模が小さく、特定のISPまたは地域のエンドユーザーに影響を与える。ファイバ切断や停電から個々のISPネットワークの障害に至るまで、様々な要因によって発生する可能性がある。

主な外部事象

2017年9月のハリケーン・イルマなどの主要な外部事象は、多くの場合、複数のプロバイダで大規模なインターネット停止を引き起こす。そのような事象とそのデータセットでの表現は、自然災害に直面したインターネットアクセスの信頼性と回復力を評価することを可能にする。しかし、自然災害による停止は、私たちが発見した氷山の一角に過ぎない。個々のネットワークでの大規模な停止も観測された。これは、誤った設定、サービス拒否攻撃、または政治的な理由による意図的なインターネット停止の結果である可能性がある。

定期メンテナンス

もう1つの面白いパターンは、クリスマスと大晦日の間の週を除き、検出された中断の中で毎週繰り返される「急増」だった。

私たちは、物理的な場所とローカルの中断時間を調べ、真夜中直後の火曜日、水曜日、木曜日に中断が起きる可能性が高いことを発見した。これらの時間は、主要ISPの定期メンテナンス間隔と正確に一致する。

私たちは、多くのISPにとって、全ての中断の大半は、公にされたメンテナンス間隔内に開始し、終了することが分かった。これは、実際の理由でインターネットのエッジ停止を突き止める際に重要な見解である。計画されたメンテナンス中のサービス停止は、自然災害などの計画外の事象によって引き起こされた停止と比較して、SLAおよび規制報告に関して異なる意味を持つ可能性がある。

特定された中断のネットワークとタイミングの側面に関するより詳細な調査については、私たちの論文を参照して頂きたい。

自然災害よりも中断の原因となる可能性が高い定期メンテナンス

ハリケーン・イルマという一つの自然災害だけでなく、予定された保守が、検出された中断の総数に及ぼす現象を説明するために、米国のブロードバンド・インターネットを提供する7大ISPを選択した。これらのISPに属する全ての/24のアドレスブロックのうち、ハリケーン・イルマの間または予定されたされたメンテナンス期間中(月曜から金曜、深夜から06:00まで)にどのくらい中断があったかを知りたいと考えた。

ISP A(Cable) ISP B(Cable) ISP C(Cable) ISP D(DSL) ISP E(DSL) ISP F(DSL) ISP G(DSL)
% /24s only disrupted maintenance window 67% 54% 75% 29% 60% 71% 62%
% /24s only disrupted during Hurricane Irma 11% 1% 2% 23% 1% 0% 3%

表1 — メインテナンス期間(月曜日から金曜日の深夜0時〜現地時間06:00)またはハリケーン・イルマの週(2017年9月9〜15日)に、米国でブロードバンド・インターネットを提供する7つのISPの中で中断を検出したアドレスブロックの分布。

1つを除いて、ISPの中で最も中断したアドレスブロック(最大75%!)は、スケジュールされたメンテナンス・ウィンドウの間だけ影響を受けた。この見解は、停止の根本的な原因とSLAとポリシー策定への最終的な影響を特定する際に重要な成果をもたらす。

更に、2つのISPはハリケーン・イルマの影響を強く受けた。ISP Aを見ると、中断事象のタイミングを利用するだけで、全ての中断されたアドレスブロックのほぼ80%を説明することができる!

将来を考える

私たちの検出メカニズムを利用して、外的事象(停電、天気、災害、検閲)とどの程度関係しているのか、またどの程度影響を受けているのか、それらの回復時間はなど、障害やインターネットの停止の原因を更に探るつもりだ。乞うご期待!

12モンキーズは私たちが今必要とする黙示録のムービーである

Vultureより。今の人類にとっては、パンデミックではなく地球温暖化。

By Abraham Riesman

歴史の柔軟性について言えば、タイムトラベルのストーリーがスペクトル上に存在する。一方の端には運命が簡単に変わるかもしれないストーリーがある。マーティ・マクフライがあらゆる形の悪い結末を逆転させる「バック・トゥ・ザ・フューチャー」は、ここにある。列に沿って少し下に移動すれば、ターミネーター・シリーズがあり、ハルマゲドンは決して完全に止められないが、辛うじて少し回避することができる。更に、スーパーヒーロー・コミックでのタイムトラベルへのアプローチには、バットマンの両親やピーター・パーカーのアンクル・ベンの殺害などの特定の出来事が修正され、他のものが大きく変わる可能性がある。最後に、もう一方の端にはるばる移ると、12モンキーズがある。歴史は曲げられない鉄と書かれている。

「どうすればあなたを救うことができるのか?」と主人公であるブルース・ウィリス演ずるジェームス・コールは、1995年のテリー・ギリアムの映画の早い段階で言っている。「これはすでに起こったことだ。私はあなたを救うことができない。誰もできないんだ。」彼は、新しくやって来た年の1990年に精神病院の精神科医の前で話している。彼は、ウイルスのパンデミックに襲われた後、地下のトンネルに人類の生き残りが住んでいるという2035年からどのように送られてきたのかというたわごとのために、狂っていると判断された。映画は、コールのタイムトラベルの話が真実であるのか、それとも単なる狂人なのかについての曖昧さについて、抜け目なく遂行している。彼が精神病院に入る前に現れるまでに、私たちはすでにコールの時間軸を見てきた。ストーリー全体を通して、私たちは、時には彼よりもよく世界的な運命を知っている。運命が変わったように見える瞬間はあるが、この非常に悲観的な傑作(ネタバレ警報)の結論は、コールが正しいことを明確にしている。彼は誰も救うことができなかった。誰もそれをできなかった。

私は最近、12モンキーズについて多くのことを考える。人類がルビコンを通過したように、今日の終わりに向かって、あるいは少なくとも私たちが知っているような社会秩序の終わりに向かってまっすぐに進んでいるようだ。最も明らかな脅威はウィルスではなく、生物圏の悪化である。国連の気候変動に関する政府間パネルは、進行中の生態学的ヒュブリスは、最悪の種類の地球の大混乱を避けることができないということを意味しており、おそらく数十年後に崖から落ちることを示唆している。私たちはまだ気候災害の窮地を軽減しようと義務づけられているが、その災害の現実は事実上すでに決まっている。

では、終わりが予期される時、何をするだろうか? 12モンキーズのこの疑問の中心は、これまで以上に価値のあるものであり、これまでに最も関連性の高いSF小説の1つである映画にコミットしている。視覚的に見事であり、魅力的で - 時にはやり過ぎ - パフォーマンスで満たされていることに加えて、この暗い時代に痛ましいほど必要な明快な呼び掛けを出す。手短に言えば、12モンキーズは、興味深い喜びと希望のビジョンを提示している。それは、伝統的な形式すべてが失われたとき、私たちは受け入れなければならないということだ。

初心者にとって、さらに進む前に3つのポイントを準備する必要がある。1つ目: この映画は、同じ名前のSyfyテレビシリーズとはまったく関係はない。タイトル、数人のキャラクター名、そしてタイムトラベルの存在は共有している。しかし、映画は、変わらぬ歴史の前述したとっぴな思い付きを持った容赦のない精神的な探求旅行で、ドラマの方は、時空の連続体が極端に柔軟な三文スリラーである。2つ目: これはクリス・マーカの独創性に富んだフランスのニュー・ウェーブの短編映画「ラ・ジュテ」の非常に緩やかな改作ものだが、12モンキーズは大きく逸脱して、私たちはテーマとアイデアを独自のものと呼ぶことができる。3つ目: 12モンキーズのプロットはかなり入り組んでいるので、私は最後まで出たり入ったりすることができる。

一般的に言えば、彼は嫌々ながらも1990年代と2030年代の間を行ったり来たりするコールを追い、前ウイルス時代にキャサリン・ライリー(過小評価されているマデリーン・ストウ)という精神科医と精神的に不安定なエコ活動家ジェフリー・ゴインズ(少しイライラしたブラッド・ピット)と付き合った。30年代の権威主義科学者によって宣言された彼の使命は、時代の終わりを防ぐことではなく、もっと初期の形のウイルスのサンプルを見つけ、治療薬を合成できるように戻すことである。コールがタイムトラベルで見た人には希望はない。彼はある時点(「シックスセンス」を妙に予言している)で言うように、「私が見た者全てが死者です」と述べています。その結果、ここ30年代を「未来」と呼ぶのは難しく、同様に90年代を「現在」と呼ぶのも難しい。コールは、わざわざ前の時代の住人たちに彼らが過去で、真の存在は彼が来た世界滅亡後のあばら家だと、あると伝えに行く。90年代の聴衆に無駄だったと思われる説得力のあるコンセプト、私たちが永遠の存在であるように思えるアメリカの歴史の中ではすばらしいことである。歴史の終わりには、真っさらな紙に新しいペンで歴史が書かれていた。

さて、12モンキーズのように来るべき災害のバンテージ・ポイントから現時点まで、私たちに何が起こっているかをすでに見ているかのように、私たちのマインドは今後数年間に位置しているかのようにますます感じている。人々は驚くべき規則性をもって文明の崩壊について語っている。来るべきすべての戦争のために缶詰や銃の備蓄をしている人もいれば、単に半分の皮肉なツイートで落ち込んだ見通しだけをまとめる人もいる。ますます多くの人が残りわずかな時間を生きているような気分で結ばれている。

しかし、ここでは、12モンキーズが私たちに教えるどちらかといえば喜びを見つけることができる: 私たちは余暇の中で一時的な喜びを受け入れている。90年代、私たちはコールが徐々に変わっていくのを見る。当初、彼は過去から必要なものを手に入れ、できるだけ早く現在に戻るために、世界を駆け抜けようと努力していた。しかし、彼の旅が続くにつれて、私たちは人類が自然との戦いを失い、地球の表面の下で生命を失う前に、この最後の日を味わう時間がますます増えていることに気付く。

ある時点で、彼はラジオを持っているライリーと一緒に車に乗り(彼が彼女を誘拐した後で、恋愛関係になる前 — 映画の性的政治は疑わしいが、もう一度最善を尽くした)、ファッツ・ドミノの「Blueberry Hill」を耳にする。彼は涙が頬の下を流れ始めると笑う。「俺は、20世紀の音楽が大好きだ!」と彼は大声で怒鳴った。「俺は、この空気が大好きだ! この空気を呼吸するのが大好きだ!」彼は深く酸素を吸い込み、窓から頭を突き出して、割れてバラバラになる。

これは美しい瞬間である。私は最近、よく考えることがある。喜びは行動の敵ではない。確かに、喜びがなければ、迷惑をかける理由を見つけることはほとんど想像できない。とは言うものの、何もできないと仮定し、単に不快な快楽を喜んで受け入れることを仮定して、私たちは残りの時間をすべて費やさないという義務がある。この映画は、このような快楽主義に対して、コールが他の惑星での人生の幻想を描写している精神的な患者と短時間でやりとりをする瞬間に、微妙に警告する。「俺は、ここで自分の人生を悩ます特定の名前のない現実を逃れている。俺がそこに行くのを止めると、うまくいくだろう。」私たちが永久に喜んで生きれば、私たちは不幸である。しかし、ここやそこでできることを味わうことには価値がある。

そして、何が希望か? ここでは、私たちは義務と軽い慈悲深い狂気の組み合わせに気付く。表面上、12モンキーズは単に恐怖を提供し、その快適さは大いに寒い。ギリアムと彼のチームは、ナレーションが始まるコールの家庭時代の忘れられないほど暗いビジョンを思い起こさせる。それは人間が生きる世界で、巨大な地下水槽のように見える「ミミズのような」ものである。そこでは、彼は囚人であり、詳細が説明されない犯罪で投獄され、あなたが犬のために得ることができるよりも大きな檻に閉じ込められている。一度はウイルス感染後の世界が見えるが、それは一度フィラデルフィアだった建物の中で熊やライオンがさまよっている野獣たちによって再生された。1990年代には、コールだけでなく、私たちは災害の予感を理解する。ゴインズは人類の愚かさについて定期的に謝罪し、コールがウイルスの黙示録を口にして繰り返す「人類を抹殺する? それは素晴らしいアイデアだ!」私たちが最初にハルマゲドンの加害者として現れたウイルス学者(デヴィッド・モース)に会う時、彼は歴史の中で運命の預言者についてライリーの講義に参加している。「ライリー博士、あなたは未来への警告を軽視している」と彼は、人類がそれ自身と生物圏を破壊しているすべての方法をリストアップする前に言う。「なのに人類は、それらの警告を真剣に受け止めようとせず、目先の暮らしに浮かれている」

驚くほど大胆な飛躍の中で、映画はこれらの概念に対する反論を決して提供しない。誰かが勝利を勝ち取って、人類を守り、愛が確実にすべてを征服すると言う。キャラクターが彼らの残酷な運命への退陣を捨てることができると思う短い瞬間がある: 90年代の彼の最後の旅で、コールは自分が狂っていると判断し、30年代の彼の現在はすべて幻覚で、ライリーはそれに沿って行くが、コールが正確に予知することができなかった。彼はすでに出来事がどのように展開するのかを見て、彼は自分をもう一度疑う。

映画の最後の数シーンでは、ライリーとコールは空港でウイルス学者を見て、彼の計画を認識し、彼を追いかけて止めようとしする。しかし、コールが彼に手が届く前に警察に射殺されるだけでなく、ウイルス学者がすでに病気の最初の小瓶を建物の前に開けた数分前にも表示される。結局のところ、それは手遅れだった。

しかし、このほどにもかかわらず、映画は非常に慎重な楽観主義の注釈で終了する。ウイルス学者は飛行機の中である人の隣に座り、その人物は30年代の科学者の一人であることが分かる。彼女は彼に「救済保険業」と伝える。病気がさらに広がるのを防ぐために彼女が送られて来たと解釈できるかもしれない。私たちがすでに見てきたもの全てを考えると、これは誤った解釈である。彼女はコールの任務を完了し、薬の瓶を自分の時間軸に持ち帰り、治療薬のために働くのだと思う。彼女はコールの努力なしに適切な瞬間を特定できないだろう。彼らは役に立たなかったわけではなかった。この事情で、2018年が終わりに近づくにつれて、12モンキーズが非常に緊急性を感じる理由がある。おそらく、大きな災害を避けるには遅すぎるのかも知れない。しかし、この大惨事がストーリーの終わりであるということを私たちは受け入れることができない。ある種の未来があるだろうが、生きていくのは難しいかも知れない。来たる生活で価値のあるものを残すためにできることを準備することは私たちの責任である。

「ラ・ジュテ」は、12モンキーズとはかなり対照的に、遠くの未来に旅する主人公を特徴とし、灰から現れた先進的な文明を見出している。ギリアムの映画は、私たちにその救済を提供していない。楽しいことを何も保証しない。しかし、それは、来るべき世界を改善するために私たちが生きる時代から学ぶことができることを思い起こさせる。私たちはまだ今でも生きているし、まだやるべきことや経験するべき驚異が存在する。ストーリーの終わり近くでコールもこれを実現しているように見える。90年代には、私たちの頭の中に響き渡るはずのセリフを発する。「これは過去ではない。これは未来ではない。これは今だ。」

Hacker News