4/18/2020

「平常に戻る」ことはない

イギリスNESTA(科学技術芸術国家基金)より。日本にも当てはまる。

パンデミックは世界を永久に、そして根本から変えるだろう。例えば、各国が今後数か月でCOVID-19の蔓延を抑制できたとしても、政治的、経済的、社会的、技術的、法的、環境的な影響が何十年も続くことになるだろう。

この記事では、世界がどのように変化するかについて、様々な見方(しばしば反対の見方)を要約し、総合的にまとめている。明らかに、これらは空論である。未来がどのようなものになるか誰にも分からない。しかし、危機は必ず深く予期しない変化を促し、パンデミック前の正常な状態に戻ることを期待している人々は、以前のシステム、構造、規範、仕事の多くが消滅しており、戻る事はないと知って愕然とするかも知れない。

そのため、適応能力とイノベーションはこれまで以上に重要になってくる。数か月でビジネスが通常どおり再開することを期待する経営陣にとっては「万が一に備える」という誘惑に駆られるかも知れないが、多くの経営陣は、市場が消滅し、パートナーやサプライチェーンが変化し、利害関係者の優先順位が根本的に異なっていることに気付くだろう。Nestaでは、この分析を基に、COVID-19の余波で起こり得る将来のシナリオにおけるイノベーションの役割を探っている。私たちは皆、出現する新しい世界に適応しようと考えているため、この分析が他の人の組織内で重要な議論を促進するのに役立つことを願っている。

政治的

「オヴァートンの窓」は劇的に拡大する。パンデミックは自由民主主義の構造を害する可能性がある。グローバリゼーションが後退する一方で、ナショナリズムは増大する可能性が高い。同時に、この危機は国際的な協力の必要性を浮き彫りにし、コロナウイルスとの闘いにおいて各国を結びつけることになるかも知れない。コロナウイルスは、社会の脆弱性とグローバル化した産業の相互依存を露呈し、私たちの世界観を根本的に変えるかも知れない。国家権力とその役割に対する国民の認識は劇的に変化するだろう。

  • 「オヴァートンの窓」- 政治的に許容される政策の範囲- は「オヴァートンの温室」のようになり、以前は想像もできなかったことが可能になった。政治的およびイデオロギーの原則は、突然より柔軟になる。
  • この根本的な再考は、政治のあらゆる分野に波及している。パンデミックと景気後退(不況)は、「新しい経済的、知的な始まりを可能にする一種の世界を作る出来事」になるかも知れない。
  • 主要産業の国有化、生活のあらゆる分野での国家介入の受け入れなど、国家権力への大きなシフトが見られる。より権威主義的な政府は、緊急時の権限を放棄することに消極的になるかも知れない。
  • 正当であるかどうかに関わらず、パンデミックと不況は資本主義の危機として描写されるだろう。社会のもろさが露呈することで、UBIのようなより広範な社会的セーフティネットに対する要求が高まり、その実験が行われるようになるだろう。
  • 検閲や透明性の欠如に対する反発が中国の「チェルノブイリの瞬間」なのか、それともその後の危機を処理することで共産党が権力を強化し、潜在的にアメリカから「世界的な安全でいられる場所 (global safe haven)」の役割を奪うことができるのかによって、私たちは巨大な世界的な権力シフトを目にすることになるかも知れない。
  • ナショナリズムの拡大とグローバリゼーションの後退: 早期に国境を閉鎖した国々が長期的にどのように対処するかは、グローバリズム、国境、移民に対する態度に重要な政治的結果をもたらすだろう。
  • 国際機関: 上記に関わらず、グローバルなパンデミックはグローバルな対応と国際的な協力が必要である。しかし、特にパンデミックがブラックスワン現象ではなく多くの人々によって予測されていたことを考えると、WHOやより広範な国連の適性についての疑問が出てくるかも知れない。
  • 内部の社会的、経済的、政治的混乱により、多くの国が内向きに注意を向けるようになるだろう。政治構造と経済的な混乱に気を取られていると、難民の流入や紛争のホットスポットのような他のグローバルな問題との予測不可能な相互作用を引き起こし、これらへの対応を調整する私たちの能力を低下させる。
  • 欧州連合(EU)内では、様々なEU加盟国が実施している政策の非効率性が、ヨーロッパ全体の公衆衛生当局が優先事項になり得る理由を強調している。しかし、それはまた、ユーロ圏の債務、EU内の関係を緊張させ、自由な移動とシェンゲン協定をテストし、EUが「フェアウェザークラブ」かどうかの疑問を促した。イギリス政府は、ブレグジットの延長を要請する必要があるかも知れない。
  • イギリス内では、各国間の結果の違いにより、独立を求める声が高まる可能性があり、特にイギリス政府がイングランドを支持すると見られる場合、その反対に、結果が悪ければ、権限委譲の取り消しを求める声が高まる可能性がある。
  • 結果の国際的な違いは、専門家や政策立案における科学の役割に対する国民の信頼を強化または揺さぶる可能性がある。不確実性や道徳的ジレンマに対処する際の科学の限界を浮き彫りになると、科学的手法や洞察へのより民主的で参加型の関与へのシフトを引き起こす可能性がある(例えば「ポストノーマル」モデル)。
  • 公的部門と民間部門の間の新しいコラボレーションモードが将来の急増する容量のために出現するだろう。例えば、ホテルは、病院のあふれとして機能するように設計され、部分的に資金提供される。

経済的

パンデミックによって引き起こされた不況は、金融危機よりもはるかに悪くなる可能性が非常に高いが、「通常の」不況ではない。多くの国が、最悪の形で不況に突入しており、従来の手段がすでに使い果たされている。大量失業が発生する可能性がある。以前は過激であると考えられていた財政および金融政策の解決策が、主流の政治的・公的議論に入っている。生き残った企業は、サプライチェーンの大規模な再編成、合理化された効率性から回復力へのシフトを含め、彼らの焦点とビジネス慣行を変えることになるだろう。

  • 不況はおそらく金融危機よりもはるかに深刻なものになるだろう。破産、失業、就職難、そして労働貧困の大幅な増加(IMFマッキンゼーILOグランシャ)、おそらく「すべての金融危機の大元」だろう。
  • この不況は「通常の不況」ではない。生産性の低い企業を一掃するのではなく、人工的/政府の制約により多くの優良企業の死を目にすることになるため、別の対応が必要である。
  • 同時に、多くの国は、国債債務が高く、金利がマイナス(マイナス金利でも)であり、経済を刺激するために必要な主要なレバーを奪い、最悪の形で不況に突入している。
  • それにもかかわらず、国家は「何でもする」ことを約束し、つまり、ユニバーサル・ベーシック・インカムやユニバーサル・インカム・フロア国有化の波など、新しいアプローチとツールが検討されている。
  • 経済的影響は、いくつかのセクター(ロジスティクス、農業、ヘルスケアなど)よりも明らかに一部のセクター(ホスピタリティ、観光など)に影響を与えるが、予測が難しい場合がある。主要な国内産業に対するより大きな重点と国家の支援が見られる(一部のセクターについては自由市場の「中国モデル」に恒久的に移行する可能性があるが、その他のセクターについては国家の支援が必要になるのではないだろうか?)
  • 高所得の労働者は平均して遠隔地で働くことができるため、危機は所得の不平等を悪化させる可能性がある。
  • 経済の多様性が低い地域(特に、もてなしや観光に依存している場合)の状況、より悪化するだろう。
  • おそらく数百万の人々が恒久的な健康問題(肺の瘢痕)に苦しみ、さらなる経済的影響を引き起こす可能性がある。
  • 政府の経済的優先事項と言葉は、生産性から雇用へとシフトし、すべての人のための基本的なセーフティネットを確保することになると思われる。
  • 負債を抱えた企業や銀行の破綻は、透明性の高いデジタル通貨やトークンへの再活性化された動きを意味する可能性がある。
  • リバウンドするためには、新しい企業(そして、社会的企業や慈善事業を行うベンチャー企業)を迅速に立ち上げるための新しい方法が必要になるだろう。例えば、企業が証券を発行するよりも手間をかけずに迅速に資金を調達する方法、クラウドファンディング(おそらくこれまでに見たよりも国際的なものになる)、イニシャル・コイン・オファリングの新しい波が考えられる。
  • 国際的にも国内的にも、サプライチェーンの迅速かつ(場合によっては恒久的な)再構成が進行中であり、ビジネスモデルの急速な転換も進んでいる(レストランの供給から宅配に移行する食品卸売業者など)。
  • これは、パンデミックの間に消えた多くの仕事が戻らないことも意味する。
  • 効率を犠牲にしても「ジャスト・イン・タイム」の製造業から離れ、回復力(備蓄、冗長能力、システムの二重化など)を強化する慣行への大きなシフトが見られる。
  • 景気後退により、サプライチェーンや国際的な依存関係(および隠れた債務)が曖昧になっていることが明らかになり、再ショアリングの傾向が加速するだろう。
  • 私たちは、テレワークモデルに対する関心が持続すると予想している(これにより、商業賃貸料がさらに下がる可能性がある)。
  • 特に借入のコストが減少し、最低賃金が増加する場合には、企業による労働力代替の自動化が加速する可能性がある。

社会文化的

この危機は、私たちが個人的にも集団的にも最も重要視するものの再評価を促し、必然的に重大な社会的変化をもたらすだろう。隔離は、人々のメンタルヘルスに悪影響を及ぼす。経済危機の悪影響は、最もリスクが高く、資源の乏しい人々に集中する。緊張は、様々な危機を乗り切る社会人口統計の間で増加するかも知れない。しかし、この危機は共同体支援、社会的企業、地域主義、連帯という新たな波をもたらすかも知れない。

  • この危機は、マズローの「欲求段階説」の最下層に焦点を当てた短期的な注目を集め、社会が最も気にかけているものの再評価を促す可能性がある。(これは、例えば、医療従事者と農業従事者の相対的な地位を高め、レジャー、ゲーム、芸術を含む「贅沢」産業を衰退させる効果があるかも知れない - 歴史はこれが短命に終わることを示唆しているが、一部の商品やサービスの贅沢な地位は最終的に強化されるかも知れない。)
  • 隔離の延長は、人々のメンタルヘルスに悪影響を及ぼす。これにより、肯定的な反応(家族のつながりが密になる、友情が強まるなど)と否定的な反応(緊張した関係、家庭内暴力)の両方が生じる可能性がある。精神疾患、倦怠、社会的孤立と闘うための新しい解決策が現れるだろう。
  • 「共通の敵」のシナリオに直面すると、人々は違いを乗り越え、お互いをサポートするためのコミュニティグループを設立しようとするので、コミュニティの結束力が高まるかも知れない。
  • しかし、このうちのいくつかは、今後12週間で少なくとも40億ポンドの寄付金を失うと予想されている既存の慈善団体を犠牲にすることになるだろう。
  • さらに、その余波の中で、危機を違った形で乗り切った社会的人口層の間で緊張が高まる可能性がある。
  • 緊張の一つは次元は、世代的なものかも知れない。病気は高齢者に不釣り合いに影響し、不況は不動産価格が下落するにつれて一般的な資産間の大きな変化を引き起こす(従って、古い投資家は失い、若いバイヤーは利益を得る)。しかし、将来的には、若い世代が将来の危機のコストの多くを負担することになるだろう。
  • もう1つの側面はジェンダーである。パンデミックは女性の2倍の割合で男性が死亡しているように見え、高齢者のジェンダー・バランスをさらに歪めることになる。しかし、NHSの労働者の大多数を占めるのは女性であり、不況の影響が最も大きい部門で過剰代表となる可能性があり、ロックダウン中に育児責任の増大の矢面に立つ可能性が高い。一方で、柔軟な仕事と在宅勤務の恒久的な増加は、将来のジェンダーの所得格差にとって有益かも知れない
  • また、最も弱い立場にある人々(不安定な雇用ホームレス刑務所の人々など)にも大きな影響が及ぶ可能性がある。これは、「絶望的、失業、資産のないままにされている人は、より良い人たちに簡単に向きを変えることができる」として、社会不安やより広範な社会崩壊を引き起こす可能性がある。
  • ホームスクーリング(オンライン授業)および代替スクーリング方法(AIリモートティーチング、バーチャル教室環境など)に対する長期的な関心が持続する場合がある。ただし、一部の学生は十分なホームスクーリングを受けられないか、教育システムから完全に脱落してしまう生徒が出てくる可能性があるため、教育格差が拡大する可能性がある。
  • テレワークの標準化は、分散型組織への関心を高め、商業用不動産の賃料を押し下げる一方で、田舎から都市へ移動する人々の傾向を鈍化させる可能性もある。
  • メディアと検閲の役割は精査されるだろう。中国の検閲は初期の拡散を可能にする手段だった。ソーシャルメディアと主流メディアの検閲がパニックの防止と自己満足の奨励の適切なバランスを取ったかどうかについては議論がある。

技術的

技術的な解決策は、伝染病との闘い、隔離への対処、および経済的影響の緩和に役立つ可能性がある。この危機は、デジタルソリューションと分散ガバナンスのモデルの使用における恒久的な変化を含むイノベーションにつながるだろう。しかし、この流行は、監視、検閲、個人データの決定的な瞬間を示す可能性がある。イギリスにおける「科学主導」のアプローチの相対的な成功(あるいはそうでない場合)は、科学と専門家の意見に対する国民の信頼をさらに強化(または弱体化)させる可能性がある。

  • 危機はオンラインでの生活に大きな変化を加速している。その多くは永続的なものである。多くの通勤者が前のライフスタイルを再開することに消極的である一方で、テレワークで効果的に働くことができる企業はコストを節約するためにオフィスを閉鎖するだろう。
  • それはまた、より大きなデジタル政府、公共サービスのオンライン配信、電子投票、遠隔医療大規模オンライン学習を促進する。
  • オンラインツールと多くの新しいテクノロジーに対する規制の障壁がなくなる(法的セクションを参照)。
  • ただし、未熟なテクノロジーがサービスを急増するため、サイバー犯罪が増加するだろう。
  • バーチャル・リアリティ・ツールは、エンターテインメントとビジネスの両面で花開くだろう(例: 住宅購入者向けのプロパティのVRツアー)。
  • この危機は、集団的知性オープンサイエンスの共同研究における世界規模の取り組みを刺激しており、それは持続するだろう。
  • 距離を超えたコラボレーションだけでなく、完全に分散化された組織、およびそれらを可能にするガバナンス構造と分散化テクノロジーへの関心も高まるだろう。
  • オンラインでの本人確認などのデジタル信頼システムへの関心は、デジタル通貨と同様に高まるだろう。
  • オンライン・ショッピングへのトレンドは急速に加速しており、元に戻る見込みは低いと考えられる。これはさらに、目抜き通りのお店に影響を与える(地元のスーパー以外のオプションに新たな関心が集まる地元の食料品の買い物を除いて)。
  • 食料の安全保障への懸念により、家庭用水耕栽培を含むAgTechへの関心の高まりを促すだろう。
  • より多くの人々が今以上に個人データ(医療データやゲノムデータ、連絡先データ、位置データなど)を、公共のために自発的に提供するようになるだろう。
  • 台湾の電子フェンス、中国の無人偵察機や携帯電話の位置情報顔認識などの監視技術は、社会が自由と安全との間のトレードオフを行うにつれて、劇的に増加しており、国家による監視の分水嶺になるかも知れない
  • ただし、最初の感染拡大を許した国家の検閲の役割や、ソーシャルメディア企業による検閲が中国国外での国民の自己満足に貢献したかどうかについて、大きな疑問が残るだろう。これにより、検閲耐性のあるテクノロジーが急増する可能性がある。
  • この危機は、様々な分野での人工知能の応用が試されることになるだろう。AIはすでに私たちが発明した方法を再発明しており、創薬や医療診断において重要な役割を果たす可能性がある。
  • また、個人用保護装置と同様に、「質素なイノベーション」と創造的な即興の増加も見られる。

法的

多くの規制が一時的に停止されているが、経済成長を刺激するために、もっと軽い規制が必要かどうかにもっと注意が向けられるため、これらの規制全てが戻るわけではない。「予防原則」は「イノベーション原則」に代わるものかも知れない。法制度は、「不可抗力」をめぐる契約上の論争や議論により、しばらくの間混乱をきたす可能性がある。地方自治体や個々の役人には、より大きな委任された権限が与えられるかも知れない。同時に、高い水準の機関への不服申し立ての範囲が狭まるかも知れない。

  • 政府が非常(緊急)事態を宣言したことにより、公民権と財産権は停止されているが、一部の人々は、これらの権利が二度と回復されないことを恐れており、市民の自由が永久に侵食されることに懸念する声もある。
  • あらゆる分野で、多くの規制が一時的に停止されている(例えば、車両のMOTから、企業の報告自宅での中絶まで)。そもそも規制が必要だったのか、長期的な緩和が経済成長に役立つのかも問われているので、すべての規制が戻るわけではない。
  • 関連して、規制当局は「予防原則」(潜在的な危害の注意と回避を強調する)を放棄し、イノベーションを経済成長の推進力とする「イノベーション原則」を支持するかも知れない。このことは特に、民間企業が新規コロナウイルス検査の開発を妨害していると見られているイギリスの公衆衛生法や米国FDAなどの組織に当てはまる場合がある。
  • あらゆるレベルの政府が圧倒的な仕事量を抱えているため、委任される権限が増加する(例えば、評議会計画委員会が個別の計画検査官に置き換えられる)。また、異議申し立てプロセスがより限定的になることも予想される。これにより、贈収賄や汚職の機会を増えすことになるかも知れない。
  • 警察や当局による不平等な執行、強引な法的制裁または不法行為は、国民の信頼と信頼の低下につながり、「同意による取締り」の概念が低下する可能性がある。
  • 刑事司法制度は、禁固刑の割合を低下させようとしており、囚人を早期に釈放することさえしている。これにより犯罪のレベルが高くなるのではないかと懸念する声もあるが、特に社会的な判決によって対処できるより有用な社会的機能がある場合は、懲役刑の再評価につながる可能性もある。
  • 多くの企業は、契約上の義務を履行しないことに対する法的防御として「不可抗力」または「天災(Acts of God)」を引用している。そのような条件 - 契約が署名された時点であまり法的精査を受けていなかった可能性がある - は、長年続く継続的な法的議論の基礎となるだろう。保険や雇用法に関連した請求は、特に多くなる可能性がある。
  • 法的紛争は関連する経済的影響をもたらす。例えば、プロジェクトの遅延やマイルストーンの未達は、自動的にクレジットの再評価またはデフォルトプロセスの引き金となり、プロジェクトのキャンセルにつながる可能性がある。
  • 研究ジャーナルの一時的なオープンアクセスは研究者を助けたが、オープンアクセスの維持を求める声は、さらに大きくなるだろう。
  • 中国が治療方法を特許化しようとしているため、特許制度はさらに厳しく精査される可能性があり、知的財産権は人工呼吸器などの主要な医療機器の利用を妨げていると非難されている。
  • 顧客の安全に対する法的責任についての懸念は、社会距離が緩和された後、特定の活動(例: 大衆のスポーツイベント)が以前の形で再開されないことを意味するかも知れない。

環境的

この危機は、真の緊急事態においてもグローバルな協調的行動が可能であることを示しており、ライフスタイルの再評価を促す可能性がある。経済活動の低下により、世界の温室効果ガスの排出量は激減している。多くの国で食糧安全保障が懸念され、エキゾチックな哺乳類を食べる文化について問われることになるだろう。しかし、経済危機が長引き、原油価格が低いままであるなら、クリーンエネルギーへの投資が戻るのは遅く、気候変動の緊急性は、食料と経済に関するより差し迫った懸念よりも二の次になるかも知れない。

  • この危機は、旅行と産業が激減したため、短期的には大気汚染と温室効果ガスが劇的に削減された。
  • しかし、長期的な見通しは厳しいものとなっている。過去の景気後退からの証拠は、環境へのメリットは限定的であることを示唆しており、景気後退に見舞われると、クリーンエネルギーへの投資が減少する可能性が高い(特に原油価格が歴史的な最安値付近にとどまっている場合)。
  • 同様に、公共支出は短期的な優先事項に集中し、再生可能エネルギーへの補助金の削減と経済成長を妨げる可能性のある施策を支援することに消極的になる可能性がある。
  • それにもかかわらず、今回の危機は、真の緊急事態に向けて世界が協調して行動を起こせば何が可能かを示しており、気候変動と戦うためのより積極的な国家介入に対する国民や政治的な支持を築くことができるかも知れない。
  • さらに、パンデミックと気候危機の人口動態はまったく異なる。気候変動に対する行動は若者の間でより多くの支持を得ているのに対し、ウイルスは主に高齢者を脅かしている。これは、いくつかの問題に対する集団行動に対する世代間支援を潜在的に活性化する可能性がある。特に、気候変動の根本原因の多くも将来のパンデミックのリスクを高めることを人々が認識しているためである。
  • この危機はまた、私たちの生活や働き方を再評価する機会を私たちに与える。一部の変更(テレワーク)は持続し、環境に対してプラスの影響がある。
  • 電気自動車への投資は減少しているが、大気汚染がコロナウイルスによる死の原因であることが判明した場合(現時点では不明確だが、想定されている)、汚染している自動車やその他の大気汚染源を取り除くための新たな取り組みにつながる可能性がある。
  • イギリスの食糧安全保障はサプライチェーンの混乱によって脅かされている。これは、アフリカ/アジアで最悪のイナゴ疫病が何十年も続いたことと、作物の植え付けを遅らせている雨の多いイギリスの冬によって悪化している。短期的には、これは物価の上昇につながる可能性があり、特に貧しい家族や弱い立場にある個人に影響を及ぼす。長期的には、イギリスの農業と自給率に重点が置いた国家戦略の変更につながる可能性がある。
  • 長期的には、人獣共通感染症や集中的な家畜飼育との関連がもたらすリスクを再評価するため、世界的な農業慣行を再考する可能性がある。
  • 外来動物の取引に関する規制が強化され、野生生物の保護も強化される可能性がある。(疫学者たちは何十年もの間、「キクガシラコウモリにSARS-CoVに似たウイルスの大規模貯蔵所が存在し、中国南部の外来哺乳類を食べる文化とともに、時限爆弾である」と警告していた。)

Hacker News