11/14/2019

気候危機の現実主義者からのメモ: 私たちの目の前の選択

The Tyeeより

これら11の重要なステップを踏まなければ、現実を甘く見ています。2部あるうちの2部。

William E. Rees

昨日、気候危機に関する2つの「私は間違っているのか?」と言う疑念の最初の疑念を提示しました。私の事実を受け入れれば、人間の仮定と地球での生き方を変える上で私たちが直面する大きな挑戦を目にするでしょう。

その最初の質問はこうでした: 現代世界は化石燃料に深く依存しており、自然エネルギーは代替にはなりません。私が間違っているのか? ここで私の事実に基づく議論を読んでください。

今日私は次を尋ねます:

質問2: 人間性とガバナンスの方法は、世界を救うことができないことを証明しています。気候科学について「現実に」なる必要があります。私は間違っているのか?

2015年のパリ気候協定の「成功した」交渉に続いて、自画自賛の騒ぎを覚えていますか? すべてのその楽観的な楽観主義は正当化されましたか?

過去50年の間に、33の気候変動会議があり、京都、コペンハーゲン、パリなどそのような主要な国際協定が6か所あったことを考慮して下さい —— しかし、大気中のCO2濃度の上昇曲線にくぼみさえ生じたものはありません。

そして、物事は劇的に変わることはありません。 2019年のエネルギー情報管理国際エネルギー見通しの参考事例では、2050年までに世界のエネルギー消費量が45%増加すると予測しています。プラス面では、再生可能エネルギーは150%以上成長すると予測されていますが、昨日指摘した傾向と一致します。エネルギー需要の全体的な増加は、すべての再生可能エネルギー源からの合計貢献量を上回ると予想されます。

事実: 大規模で急速なコース修正がなければ、CO2排出量は増え続けます。地球の大部分が住むことができなくなると、これは生態学的および社会的大惨事で人類を脅かします。

二酸化炭素やその他の温室効果ガスの増加により、すでに1980年以降、地球の気温は約1℃上昇しています。気候科学者は、世界は現在3〜5℃の温暖化を経験しています。5度の温暖化は壊滅的であり、文明化された存在にとって致命的である可能性が高いです。「ささやかな」3度であっても、海岸線を浸水させ、巨大な都市を無人にし、経済を破壊し、地政学を不安定にするのに十分な災害を意味します。

従って、気候変動に関する国連フレームワーク条約の締約国は、2015年に世界の平均気温の上昇を産業革命前のレベルより2度下回る温度に保ち、そして、温度上昇を産業革命前のレベルよりも1.5度に制限する努力を続ける」と約束しました

しかし、まだリラックスしないで下さい。パリで行われたこれらの義務、いわゆる各国が決めた貢献またはNDCsは、温暖化を2度に制限するために必要な削減の3分の1にすぎません。完全に満たされたとしても、彼らは私たちを潜在的に壊滅的な3度以上の摂氏温度が地球温暖化を意味するように軌道に乗せました。

システム力学は問題を混乱させます。GHG原因と温暖化効果の間には、海洋の熱慣性により数十年の遅れがあります。海は蓄積する熱の90%を吸収しますが、ゆっくりと暖まり、大気温度を下げます。現在のGHG濃度は、一定に保たれたとしても、今世紀はさらに摂氏0.3〜0.8度の温暖化を世界にもたらし、1.5度の限界を超えるのに十分です。

大気中のCO2の増加は、国の政策に関係なく60年も衰えず続いており、国連は気候変動に対処すると述べました。

懸念する理由は他にもあります。最近の分析では、永久凍土層の融解、メタンハイドレートの放出、熱帯林や寒帯林の破壊などのプロセスに結びついた「生物地球物理学的フィードバックプロセス」が、惑星を不可逆的に「ホットハウスアース(温室地球)」経路に押し上げるフィードバックのカスケードを加速する可能性があることを示唆しています

世界の平均気温上昇を摂氏2度未満に抑えるというパリの課題に対処するには、CO2排出量を2010年レベルのほぼ半分に削減し、2030年までに削減する必要があります。また、2050年までに経済を完全に脱炭素化することも意味します

これは、順に、社会的および物理的コミュニティの全体的な販売の変化と物質的なライフスタイルの劇的な変化を意味します。

しかしながら、第1部で説明したように、現在の化石燃料からの移行のペースとエネルギー消費の削減は、遠隔地では適切ではありません。実際、世界のエネルギー使用量と炭素排出量は、40年前と同じ割合で指数関数的に増加しています

難問: 適切な代替品や包括的なワインドダウン計画がない場合、化石燃料の使用を大幅にスピードアップしたスケジュールで削減すると、すぐに不十分なエネルギー供給、供給ラインの故障、生産量の減少、収入の減少の何らかの組み合わせが生じます。それらは、不平等の拡大、広範囲にわたる失業、食料やその他の資源不足、少なくともローカルな大規模食糧不足、市民の不安、放棄された都市、大量移民、経済の崩壊、地政学的な混乱です。

このシナリオを展開させる可能性がある政治家は誰ですか? 国民はそれを容認しますか?

コノミストが長い間認識してきたように、人間は空間的、時間的、社会的割引人です。私たちは当然、遠い場所よりも、可能性のある未来や完全な見知らぬ人よりも、近親者や友人に有利な計らいをします。様々な政治哲学や政治的イデオロギーを持つ多くの国の何億人もの人々、つまり現在「良い生活」を楽しんでいる人々は、気候やエコ危機を食い止めるために快適な生活を破壊するリスクに同時に誘導されます。多くは起こっていると確信しておらず、たとえそうであっても、それは主にどこか他の人に影響を与える可能性が高いと考えられていますか?

そして、肝に銘じておくべきは、世界は、エネルギー中毒の消費者団体にまだ参加していないが、入ろうとしてドアを叩いている数十億人の追加収容にコミットしています。

悪くなっています。新自由主義経済学は生態学的に盲目です。ノーベル賞受賞者の経済学者でさえ、成長への忠誠と「技術による救助」の幻想を維持しなければならないので、次世代は気候変動の影響を緩和する富とテクノメカニクスを持っていると主張します。この架空の推論と一致して、多くの国内および企業のリーダーは、気候の混乱の脅威を投資機会として解釈しています

気候変動に関する議論で議論された政治的に受け入れられる炭素排出削減アプローチには、技術的および組織的な能力開発、風力タービン、様々なソーラー技術、「スマートシティ」インフラ、電気自動車、都市高速輸送、未開発の炭素回収および貯蔵が含まれます。そして、他の「気候に安全な技術」、すなわち、大規模な投資を必要とし、いわゆるグリーン雇用を創出するもの(「さらなる経済成長と利益創出の可能性」を参照)です。

表には載っていませんが、生態学的税制改革(投資インセンティブと炭素税を超えて)、消費者需要を下げ、エネルギーと物質のスループットを減らす経済構造の変化、収入/富の再分配のための政策、主要なライフスタイルの変更、または人口減少戦略もあります。

逆に、気候災害回避の政策は、資本主義の成長経済に貢献し、後者を問題の原因ではなく解決策として見せるように設計されているようです。「残念ながら」ウィーン大学の公共政策教授であるクライヴ・スパッシュが指摘するように、「多くの環境非政府組織がこの非論理的な推論を取り入れています」(多くのNGOは財政支援を企業部門に依存していることに注意して下さい。)

そしてこれが、パリ協定、グレタ・トゥーンベリ、気候変動のストライキ、大衆の抗議にもかかわらず、国際社会が成長主導の化石燃料のコースを維持しようと決心している理由です。

このような状況では、世界はますます長い熱波/干ばつ、砂漠化、熱帯林の伐採、永久凍土の融解、メタンの放出、地域の水不足、農業の失敗、地域の飢amine、海面上昇、洪水(および最終的な損失)、多くの沿岸コミュニティの洪水(および最終的な損失)、過熱した都市の放棄、市民の不安、大量移民、経済の崩壊、地政学的な混乱が予測できます。

カナダはこれらすべてに適合するのでしょうか?

カナダのミッドセンチュリー長期低温室効果ガス開発戦略は、カナダのパリ協定の排出削減コミットメントを満たすために連邦政府が検討していると思われる6つのモデルアプローチを検討しています(正味排出量は2050年までに2005年のレベルから80%減少)。

エネルギーアナリストのDave Hughesは、平均して、これらのスキームでは37,000の2メガワットの風力タービン、100のSite-Cサイズの水力発電ダム、59の1ギガワットの原子炉の建設が必要になると推定しています。平均コストはすべてですか? 1.5兆ドル以上です。

そのような計画は実行される可能性がありません。代わりに、オタワはパイプラインを購入しました。実際、連邦政府とB.C.政府は、go-with-carbonチームにしっかりと参加しています。

11ステップ

それでは、ここからどこへ行けばいいのでしょうか? 現実を十分に把握した合理的な世界は、20年または30年前に長期的な段階的に縮小する(wind-down)戦略を明確にし始めていたでしょう。必要なグローバル緊急計画には、下記の気候危機に対する11の現実的な対応のほとんどが含まれていたはずです。たとえ今日実施されたとしても、少なくとも今後の解明は遅くなります。いいえ、現在提案されているグリーンニューディールはそれを行いません。

ここで、効果的な「グリーンニューディール」は次のようになります。

  1. 物質的成長の終わりと人間の環境保護フットプリントを削減する必要性の正式な認識。

  2. 度を越したままである限り —— 不可欠な生態系を再生すりも早く開発する限り—— 持続可能な生産/消費は生産/消費の減少を意味することを認める。

  3. オールグリーンな定量的に等価なエネルギー遷移の理論的および実用的な困難/不可能性の認識。

  4. 持続可能なライフスタイルの採用を促進するためのコミュニティ、家族、個人への支援(北米人でさえ、現在使用している1960年代の1人あたりエネルギーの半分で幸せに暮らしていました)。

  5. 個人や企業に不必要な化石燃料の使用を排除し、エネルギーの無駄を減らすように奨励/強制する戦略(税金、罰金など)の特定と実装(「消費された」エネルギーの半分以上が非効率と不注意によって無駄になっている)。

  6. 新しいサバイバル経済における建設的な雇用のために労働力を再訓練するプログラム。

  7. 持続可能なエネルギーの代替案を開発/改善しながら、残りの「許容可能な」炭素予算内にとどまるように世界および国内経済を再構築する政策。

  8. 残りの炭素予算を(配給、割り当てなどを通じて)、食料生産、スペース/給湯、都市間輸送など本質的な用途にのみ公平に配分するプロセス。

  9. 不可欠な経済活動を再ローカライズすることで、地域間の輸送の必要性を減らし、地域の回復力を高める計画(非グローバル化)。

  10. 公平な持続可能性には、収入/富の再分配のための財政メカニズムが必要であるという認識。

  11. 自然の生物物理学的手段内で無期限に快適に生活できる、20億から30億までの円滑な降下を可能にする世界的な人口戦略。

「何? 意図的な収縮? そうはいかないよ!」と言うのを聞きます。そして、おそらくあなたは正しいです。ホモサピエンスが主に合理的な種ではないことは今では明らかです。

しかし、正しいことであなたは私が正しいことを証明します。今世紀、悲惨な気候変動とエネルギー不足はほぼ確実であり、世界的な社会崩壊は数十億人を危険にさらす可能性を増大させています。

さて、私は間違っているかもしれませんが、そうであれば、理由を教えてください… 願いします。