11/26/2019

ティム・バーナーズ=リーのインターネットを「修正」する計画

Slashdotより

ワールド・ワイド・ウェブの考案者であるティム・バーナーズ=リーは、インターネットを「修正」する計画を公式に開始しています。レポートから:

バーナーズ=リーによって設立された非営利キャンペーングループであるワールド・ワイド・ウェブ財団は、「ウェブの契約(contract for the web)」と呼ばれるこのスキームのために、Facebook、Google、およびMicrosoftの技術大手の支援を確保しました。イギリスのコンピューター科学者は、昨年のウェブサミットイベントで、組織のインターネットへのアプローチを全面的に見直すというビジョンの概要を最初に説明しました。当時、彼はウェブは「転換点にある」と述べました。この契約は、企業に消費者のデータプライバシーを尊重するよう呼びかけ、政府はすべての人がインターネットにアクセスできるようにすることを求めています。「これまでにないほど、ウェブの善の力が脅威にさらされたことはありません」ワールド・ワイド・ウェブ財団のCEOであるAdrian Lovettは、金曜日のインタビューでCNBCに語りました。彼は、憎しみに満ちたコンテンツやフェイクニュースがオンラインで広まると、何かを変える必要があると付け加えました。「私たちは、ウェブを善の力として保護する世界初のグローバルアクションプランのウェブ契約を開始し、世界中の企業、政府、市民が結集して、正しい軌道に戻すためにこれらを行う必要があると言います。」

契約を支持する他の組織には、DuckDuckGo、Reddit、GitHub、国境なき記者団が含まれます。誓約の主要な要素の1つは、ウェブがすべてのユーザーにとってアクセス可能なツールであるという要件です。Lovettは、世界をつなぐための進歩は見られたものの、世界の半分はアクセスできないと述べました。彼は、契約には9つの基本原則があり、その下には合計76の条項があると述べた。「すべての組織がそれらすべてを順守する必要はありません」と彼は主張しました。「これら76のかなりの数が関連します」バーナーズ=リーは、月曜日にドイツのベルリンでスピーチを行い、契約は政府、企業、市民がウェブを善の力として保護するための青写真として役立つと述べています。ワールド・ワイド・ウェブ財団は、契約の様々な条項の進捗を測定できるツールを開発するためにパートナーと協力していると言います。

Hacker NewsThe Verge