10/25/2019

反逆者J・S・バッハ

Lapham's Quarterlyより

By Ted Gioia

少なくとも彼が一般的に紹介される場合、ヨハン・セバスチャン・バッハ以上に認められる伝統的なインサイダを見つけることはほとんどできません。彼は、教会の権威と貴族のために働いた厳格なカツラをつけたルター派として偲ばれ、神の栄光のために何百ものカンタータ、フーガ、オーケストラ作品を作曲しました。しかし、実際のバッハはこの平板の姿とは非常に異なっていました。実際、彼は、クラシック音楽の歴史における怒りっぽい反体制派が、如何に後世によって体制に順応する人の権力層の人物にどのように転化されたかについての印象的な事例研究を提供します。

「むしろ、私たちは彼を想像もできないような反逆者と考え始めます」と指揮者のジョン・エリオット・ガーディナーは修正論的な研究「Bach: Music in the Castle of Heaven (バッハ: 天国の城の音楽)」で提案します。音楽学者のローレンス・ドレイファスは、2011年の活発な講義で、私たちの率直な教会作曲家「Bach the Subversive (バッハ、反政府分子)」とまで踏み込んでいます。しかし、このそびえ立つ人物に付随する尊敬と礼儀の雰囲気をあえて汚す人々には、大きな反発があります。今日でも「シリアス音楽」の象徴である文化的偶像です。2000年に作曲家の250周年に関連する祝賀の中で、バッハの学者であるロバート・L・マーシャルは、新しい情報を入手するには作曲家の人生と作品の再解釈が必要であると認めたとき、警告を鳴らしました。しかし、彼と彼の仲間の専門家は「この挑戦を避け、私たちはそれを知っていました。」ドレイファスが指摘したように、バッハに関する現在の文章の多くは、まるで「聖人の生活をモデルにした」かのように見えます。

私はバッハをよく知っていると感じている人々と話をしましたが、彼らは彼が一ヶ月間投獄されたことを知りませんでした。彼らは、バッハがストリートファイト中に仲間の音楽家にナイフを突き付けたことを決して知りませんでした。彼らは彼の飲酒の悪用について聞いたことはありませんでした—2週間の旅行で18ゴルクセンのビールを請求し、8ガロンのビールを小売価格で購入しました—あるいは、ザクセン公との契約には城の醸造所のビールを非課税で提供する条項が含まれていました; あるいは、彼はオルガンの屋根裏部屋にいる未婚の女性と付き合っていると非難されました; あるいは、説明や謝罪なしに割り当てられた職務を無視するという評判がありました。彼らはバッハの性生活についても知りません: よくても推測の域を出ませんが、歴史上重要な作曲家よりも、彼の20人の知られている子供たちから何を結論づけるべきでしょうか?(「バッハのオルガンには止まらない」とノーイングウィンクで冗談を言う人もいました)、あるいは20代の歌手アンナ・マクダレーナ・ヴィルケとの2度目の結婚は、30代後半のときですか? 彼らは、バッハが引き起こした絶え間ない懲罰的問題、学生に対する彼の無作法、または彼が権力に逆らった他の多くの側面について知りません。これは、ライプツィヒの評議員によって「手に負えない(incorrigible)」として焼き印を押されたバッハであり、彼らは頑固で強情な被雇用者によって犯された犯罪の後、その犯罪を厳しく文書化しました。

しかし、彼の破壊的な傾向を正しく判断するために、バッハの人生でこれらの事件を研究する必要はほとんどありません。彼の音楽を聴くだけです。彼のテクニックと独創性の誇張された表現は、厳しいルター派コミュニティの多くの人々、そして仲間のミュージシャンさえも邪魔したに違いありません。彼のパフォーマンスに対する音楽批判はあまり残っていませんが、同時代の人々のわずかな生き残りの反応は、他の人が演奏したルールに対するバッハの蔑視について疑いの余地を残していません。私たちは彼が教会の礼拝中にあまりにも長い間即興演奏をしているという不満を聞きます。仲間の作曲家ヨハン・アドルフ・シェイベから、バッハの「大げさな」および「混乱した」音楽制作についての怒った告発を知りました。

バッハは1730年に市議会に覚書を提出することを余儀なくされ、「現在の音楽の趣味、新しい種類の音楽を習得する」必要性を説明しました。ここで彼は、「以前のスタイルの音楽はもはや私たちの耳を喜ばせていないようだ」と主張し、彼の時代の最も進歩的なトレンドに従う自由を求めています。しかし、おそらく最も明快な解釈は、バッハの音楽が「過剰な芸術によって暗くなり」、「比類のないメタファーと人物の塊」によって損なわれたと訴えているシェイベの痛烈な非難から来ています。言い換えれば、まさにバッハの晩年の偉大さのサインは、自分の時代に彼を疑わせたのと同じ要素でした。

これらの秘密は、バッハの死後も続きました。1820年代後半にメンデルスゾーンが注目するまでバッハの仕事は忘れられていたと示唆する人もいます。それは完全に真実ではありません。バッハの音楽は、その間の年に支持者を持ち続けましたが、主に教育目的のためでした。この作曲家から学ぶにはあまりにも多くのことがあり、彼の芸術性を失います。しかし、バッハは彼のすべての罪を免れませんでした。

バッハの死後、同世代の作曲家のヨハン・アブラハム・ペーター・シュルツは、彼の前任者の合唱が学んだことをむしろ示す人たちにとって危険な先例を設定したと不満を述べました…そして、このジャンルでは普通の人々の理解のために非常に必要であるその単純さを尊重するために、不協和音の進行を拡大させます—多くの場合、メロディーをまったく認識できません。1800年の終わり頃、アベ・ゲオルク・ヨーゼフ・フォーグラーは、複雑なパッセージを簡素化することでバッハの合唱をより受け入れやすくすることをしなければならないように感じました。

バッハの天才の神話がついに現れたとき、この長い間死んだこの作曲家を使って独自のアジェンダを進める方法を想像した動き、それがドイツのナショナリズムの高まりの感覚と宗教の復活と一致しました。バッハが、サクソン人やテューリンゲン人ではなく、ドイツ人であると自認したかどうかさえ明らかではありません。しかし、1802年までに、彼の伝記作家ヨハン・ニコラウス・フォルケルは誇らしげに宣言することができました。「最高の音楽の詩人であり、かつて存在し、おそらくこれから存在するであろう最高の音楽の雄弁家であるこの男は、ドイツ人でした。彼の国が彼を誇りに思うように。」これは破壊的な音楽の歴史の中でおなじみの繰り返しのサイクルです。バッハ、ブルースのギタリスト、ロバート・ジョンソン、ラグタイム作曲家のスコット・ジョプリンは、それ自体がスキャンダルです。しかし、伝説は、彼らの遺産が制裁された物語によって充当される可能性のある後日決定されます。音楽史家の役割は、このリハビリテーションのプロセスを公開することですが、一部の人にとっては、問題を起こす挑発者の伝記を新しい現状の記念碑に変えることに参加するのは非常に魅力的です—おそらく抵抗し難いものがあります。

バイオリンのためのソナタ第1番ト短調の第一楽章のバッハの自筆。Wikimedia Commons

ドレイファスは、バッハの破壊的な実践の6つの異なる側面、抵抗の真のマニフェストを指定しています。 彼の要旨によれば、バッハは音楽の喜びという従来の概念を覆しました — 例えば、平均律クラヴィーア曲集の第1巻にあるロ短調フーガを取り上げます。このテーマでは、12音色のすべての音符を使用し、美しいメロディーを構成する伝統的な概念に反しています。彼は典礼音楽をロゴス、神の言葉に従属させる宗教的慣習を覆しました。彼は音楽的妥当性の一般的な概念を覆し、表現のスタイルがその機会の特定の機能と目的に適応することを要求しました。彼は、芸術は自然の鏡であり、芸術作品にそれ自体の自己言及的価値システムを課すのではなく、最も自然な表現形式を保持しなければならないという教義を覆しました。彼は、音楽の発明の伝統的な測定基準、メロディーのアイデアが導入され、開発されたこれらの昔からの技術を破壊しました。最後に、バッハは音楽の信心深さの期待を覆しました。それは、芸術作品が、作曲や作曲家の栄光ではなく、神の壮大さへの敬意と秩序ある従属に献身を表すことを要求しました。バッハの評判を維持したい伝記作家は、これらの主張について言い争う可能性があります。しかし、この独創的な人物、彼の人生の物語、および一連の作品についての広範かつオープンな調査から現れるゲシュタルト(形態)を却下することは不可能です。非常に深いレベルで、バッハは役人やパワーブローカーを信用せず、機会が訪れたときはいつでも彼の独立を示しました—そして時々彼のミューズがそのように要求する機会を強要しました。彼が最終的に現状を象徴するようになったのは、現状が彼の特権に適応するようになったからであり、逆ではありません。

1750年のバッハの死後の世紀の音楽史の従来の記述は、交響曲、弦楽四重奏、協奏曲、ソナタ、およびその他の急速に進化する創造的表現のプラットフォームで使用される技術の見事な拡大に焦点を当てています。これらの作品はいずれも宗教的慣習とは関係がないことに注意して下さい — 同じ時期にヨーロッパの音楽の費用をどのくらいの教会がカバーしていたかを考えると、独特の状況になります。ルター派の音楽の偉大な象徴であるバッハでさえ、彼の世俗的な作品で最もよく記憶されています。疑わしい場合は、チャートで彼の現在の「ベストセラー」をチェックして下さい。彼の鍵盤音楽は、彼のカンタータよりも多くのクリックを獲得します。彼の受難曲やロ短調ミサは神聖な音楽の傑作ですが、バッハの生涯ではほとんど知られていなかったブランデンブルグ協奏曲は何度も演奏され、「ドライブ時間帯のラジオ」でも頻繁に聞かれます、またチェロ組曲は弦楽奏者のための練習室の定番ですよね?

バッハの死後、音楽文化の世俗化はさらに顕著になりました。チャールズ・ローゼンは、彼の独創的な研究「The Classical Style」の改訂版で、その時代の教会音楽に対する彼のわずかな注目に対する批評家からの敵意を指摘しています。しかし、ローゼンが他の方法でできることは何でしょうか? 彼は「18世紀の最後の四半世紀に聖書の一節の設定が非常に急進的な文体的な問題を提示しなかったふりをするのは歴史的ではなく、イデオロギーの問題も同様でした...ハイドンが彼の多くのミサを書いたとき、そのスタイルは完全に死にました」と説明します。

Ted Gioiaによる「Music: A Subversive History」からの抜粋。Hachette Book Groupのインプリント、Basic Booksから入手可能。

Hacker News