7/15/2019

ボブ・ロスの絵はどこに行ったのか?

BoingBoingより

ボブ・ロスがテレビ番組「The Joy of Painting (ボブの絵画教室)」で何千もの絵を描いたと推定されます — しかし、それらはすべてどこに行きましたか?

ニューヨークタイムズはそれらを見つけに行きました。彼らはロスが生み出した何千もの絵画がバージニア州ハーンドンのボブ・ロス社に収容されていることを発見しました。Joan Kowalskiは会社の社長を務め、それらを売却する予定はないと述べています。タイムズの10分間の必見のビデオの中で、私たちはフロリダ州クリアウォーターで無名の絵画インストラクターのクラスを取っている間にロスを偶然に発見したのは彼女の母親アネットであったことを知ります。彼女は自分がボブにとても「魅了された」ために「描けない」と言いました。

ニューヨークタイムズによると、絵画は売りに出されていないが、同社はスミソニアン国立アメリカ歴史博物館の永久コレクションにボブの遺産の一部を寄付しました。

ボブ・ロスは、「The Joy of Painting」に登場する各絵画の3つのバージョンを作りました。最初のものは、参考のために番組の前に作られました。 彼は26分の録画の間に時々土壇場の即興で描きました。3番目はその後、教科書用に作られました。

スミソニアンへの寄付には、シーズン30(1994年)からの書籍版の「Blue Ridge Falls」、シーズン14(1988年)からの「On a Clear Day」という絵画の3つのバージョンすべてが含まれます。他の項目は番組の最初のシーズンの間に使用されたイーゼルとして使用された転換脚立、そしてシーズン2と3の制作を計画するのに使用された2つの手書きのノートを含みます...

これらのアイテムは、後期の画家の人生を祝う将来の展覧会の一部になります。