11/16/2018

日本のサイバーセキュリティ戦略の担当大臣は、USBを知らなかった

Slashdotより。世界中の笑い者。

Futurepowerがレポートを共有する:
多くの人はコンピュータを使用していない。彼らのほとんどは、国家のサイバーセキュリティを担当していない。しかし、一人は違う。日本の国会議員で、政府のサイバーセキュリティ戦略本部の長である桜田義孝(68)は、議会での質問の際に、デバイスを必要としないと述べ、基本的な技術的質問に対して支離滅裂のように見えた。「私は25歳の時からビジネスを独立してやっており、従業員や秘書に指示をしてきたので、自分でパソコンを打つことはない。」と言った。[編集注: リンクは有料; 代替ソース]

セキュリティ上のリスクと広く考えられるありふれた技術であるUSBドライブの利用が、原子力発電所で許可されているかどうかについて、議員から質問されたが、桜田氏はそれが何であるか分からなかった。「詳細はよく分からない。それでは、必要なら専門家があなたの質問に答えるのはどうですか? それはどうですか?」」と彼は語った。その答弁はすぐに批判された。野党の今井正人は、「コンピュータを使ったことのない人が、サイバーセキュリティ対策を担当しているとは信じられない。」

Yoshitaka sakurada

Hacker NewsBoingBoingBBC