7/30/2018

キャッシュレス社会に危険はあるのか?

Slateより

現金は奇跡です。それでは、なぜ拒否する企業が増えているのでしょうか?

By HENRY GRABAR

MastercardやVisaなどの企業が課した割増料金を負担するために、小規模企業は長年にわたり、顧客に現金の支払い、クレジットカードの最低額の設定、またはカード取引への追加料金を求めました。今では、企業の数が増えています。Slateのオフィスから昼食のために外出し、あなたは地元のブリトーのミニチェーンであるDos Torosに向かうかもしれません。コーヒーのために、あなたは広々した店頭を持つコロンビア生まれのコーヒーハウスであるDevociónを選ぶかもしれません。どちらの場合も、プラスチックでの支払いという同じ要望に直面するでしょう。

小売店は、より安全でより合理的な支払いプロセスであると主張するレジとコインロールを排除しています。そして、顧客の大半はとにかく使いたいものです。ドス・トロスは、創業者のレオ・クレマーが2009年にマンハッタンで初めて店舗をオープンした時に、店舗の顧客の半分以上が現金を使っていたと言いました。今年初めまでにその数は実に15%に減少した。その時点で、現金を扱う様々な手間が(従業員の訓練、銀行手数料、現金運搬車のピックアップ、および時折の強盗)、これらの取引に対するクレジットカード手数料のコストを上回りました。変化は程度の差はありますがレベニュー・ニュートラル(税収中立)であるとクレマーは言いましたが、多くの時間と手間を省きました。ドス・トロスのニューヨークの拠点は、冬から完全にキャッシュレスになっています。

カードを持っていない顧客はどうします? 「そのことで頭を抱えて悩んでいます。」と、クリマーは言いました。「チームと話し合い、レジでの流れを吸収した後、私たちは現金を使用したほとんどの人がカードを持っているように感じました。それは問題にはなりません。」

サンフランシスコ連邦準備銀行の調査によると、現金はまだ10ドル以下の購買の大部分で使われています。しかし、その使用は急激に減少しています。2011年には、SF連邦準備銀行の消費者支払い日誌では現金が10件中4件を占めていました。2016年までに、それは10件中3件に低下しました。スターバックスは今年初めにシアトルのキャッシュレス店の実験を行いました(パイロットが拡大するかどうかは不明です)。農家のマーケットでさえ、ジャック・ドーシーの支払い装置Squareを使用しています。Apple Payのようなカードレス・モバイル・ペイメントも市場に投入されています。

もちろん、ドル紙幣は依然としてすべての債務(公的および私的)のための法的通貨のままです。もし、あなたがまだ持ち歩いているなら、それは財布の紙幣のすぐそばにあります。しかし、あなたが誰かと取引をするまでは、あなたは債務はありません。財務省の広報担当者によると、裁判所は、現金や通貨を合理的な基準で拒否する商店主を何度も味方をしました。そのようにすると、効率が向上し、お金の受け入れや計上で使用される機器の非互換性の問題が防止され、セキュリティが改善されます。それが、アイスクリーム・ショップでは100ドルの請求を拒否することができ、交通機関が運賃の現金を受け入れるようにバスドライバーに指示できる理由です。

薄い財布へ向かうこの傾向は、奇跡の現金が何であるかを忘れやすくします。UCアーバイン校の社会科学院の学部長で、「How Would You Like to Pay?」の著者でもあるビル・モーラーは、「現金は非常に民主的です。誰にでも与えられ、誰にでも受け入れられ、瞬時に清算される。」同氏は、中央銀行の偉大な成果の1つは、現金と小切手を含む取引が、それを支払うための取引コストがないという意味で決済されることを確実にしているということです。(1930年代後半には、銀行は依然として小切手の「交換」手数料を請求していました。) プラスチックやオンラインによる支払いでは、そうしたケースはめったにありません。

マウラーがペイメント業界で「カンブリア爆発」と呼ぶものを推進しているキャッシュレス支払いには常に仲介者がいます。アプリケーション、プラスチック、暗号はどこにでもあります。スウェーデンは「キャッシュレス社会」を構築しています。中国では、モバイル決済アプリは数え切れないほどの店舗で支配的な支払い形態です。上海では、ベンチャーキャピタリストのエリック・リは、嵐が彼の街区でインターネットを使えなくした後の朝、モーニング・コーヒーを飲もうとした時の話を私に語った。誰も現金を持っていなかったので、誰もコーヒーを買うことができませんでした。

しかし、クレジットカード会社よりも、現金の廃止について熱心な人たちを見つけることは難しいでしょう。例えば、昨年の夏、Visaは、現金を完全に放棄する50の企業に対して1万ドルの報酬を発表しました。「キャッシュレスの未来について私が懸念するのは、ウォール街にどれほどの利益があるかです。」と米国の地域自立のための研究所 (Institute for Local Self-Reliance)の共同ディレクター、ステイシー・ミッチェルが私に電子メールを書いて寄こしました。 「彼らは2〜3%のカード払いの手数料を課すことができるのは、それがサービスの実際の費用だからではなく、独占権を持っているからです。それは賃借料を取る一形態です。」

ほとんどの消費者は変化を受け入れ、推進しているように見える。私は、シリコンバレーのソフトウェア・エンジニアのサイモン・チャフェッツに電話を掛けました。私は10年前に彼と出会ったとき、紙幣を避けると知っていた最初の一人でした(彼が言うには、一部は遺産で、 フランスで育ち、そこでは現金を使うと重い硬貨でポケットが一杯になる)。 彼は、まだクレジットカードの罪悪感のようなドライクリーナーで現金を使っています。しかし、一般的に、彼は電話を持たないよりも現金がない方がずっと早く立ち往生するだろうと言った。私は彼だけがそのように見るとは思いません。

現金の漸進的廃止を支持する者は、基本的に腐敗、闇市場取引、マネー・ロンダリング、脱税を可能にする厄介な媒体と見なします。小規模で重大な盗難の幅広い範囲は言うまでもありません。ハーバードの教授であり、「The Curse of Cash」の著者であるケネス・ロゴフは、現金はプライバシーにとって重要であり、災害にも役立つと主張しています。しかし、昨年彼がウォールストリート・ジャーナル紙に書いたように、財務省は脱税と犯罪を減らすために100ドルと50ドルをあっけなくに廃止しました。現金が少なくなると、連邦準備制度理事会は負の金利を押し進めやすくなり、危機の余波の後に融資を促すことになるかもしれません。

しかし、現金のマイナスの外部性—犯罪性、盗難—の多くは仮想領域にも存在します。ビットコインなどのブロックチェーン通貨は、たとえば違法薬物を購入するために使用できます。クレジットカードデータは、数か月ごとに1つの会社または他社からハッキングされます。さらに、一部の学者は、現金の匿名性と柔軟性が保護手段であると主張しています。アリゾナ州の資本主義史家であるジョナサン・バースは、「私たちは次第にガラスの家に住むようになります。実際にはすべてが記録され、追跡され、監視されているのです。」と主張しました。「私たちが完全な法人や政府の善良な理想の世界に住んでいたとしても、悪いアクターたちは後でそれらの機関を握り、非常に強力な監視装置を継承するかもしれません—彼ら自身の腐敗や専制的な限界を推し進めるために使うことができます。」彼が話していることは、ある程度中国で起こっていることです。そこでは買い物が厳重に監視されており、負債はあなたが飛行機の切符を買うことを妨げるかもしれません。

しかし、アメリカでは人口の約7.5%が銀行口座を持たないため、ほとんどの場合、トップクラスの金融商品に備わっている特権や利便性から除外されています。あなたが思うよりも多様な人々の集まりですと、リサ・サーボンが私に言った。彼女の本「Unbanking of America」では、サーボンは、サウスブロンクスの小切手換金業務とカリフォルニア州オークランドのペイデイローンで働いていました。彼女は、最も速く成長している非常に高額な現金給付の形のペイデイローンを獲得している人たちのグループが、年に6万〜7万ドルを稼ぐ大学で教育を受けた住宅所有者であることに気付きました。「銀行は高価な銀行業務がどれだけのものであるかを理解しています。キャッシュレスを選択したアイスクリーム店は、彼らが市場の一部を除外しているかもしれないことを認識していません。」マサチューセッツ州だけが、商店主が現金を受け入れることを求める法律を持っています。これは、1978年のDiscrimination Against Cash Buyers Amendmentで、本質的に強制されません

専門家は現金の減少が消費者を危険な金融契約に誘う可能性があると懸念しています。キャッシュレス・ビジネスに関するほとんどの懸念は、非銀行業に影響を及ぼす問題に焦点を当てていますが、非営利の金融サービス・イノベーション・センターのシニア・マネージャであるブレントン・ペックは、実際にプラスチックを人々の手に渡していることが主要な問題ではないと述べています:「キャッシュレス社会を推進することによってカード製品の採用を後押しすることは、人々の財政的健全性を損なう可能性があります。私たちは、人口の一部をそうしないといけない方法で行動させています。」

超過引き出し手数料は、2016年に銀行に150億ドルを設けさせた絶望的な、あるいは不注意な顧客にとっての罰です。超過引き出し手数料の半分だけでも、顧客は残高を見ることができるATMで評価するのではなく、販売店で管理する、すなわち店舗やレストランのカウンターでのデビットカード取引です。また、Consumer Financial Protection Bureauが2014年に報告された超過引き出し手数料の大半は、24ドル以下の取引になっています。 大きな買い物をするために人々が伸びるわけではなく、言い換えれば。 ちょうど昼食を取ろうとしているだけです。

Hacker NewsSlashdot