4/02/2018

CloudflareがパブリックDNSサービスをローンチ

Slashdotより

BrianFagioliが伝える:

本日、Cloudflareはプライバシーに焦点を当てた新しいコンシューマ向けDNSサービスを発表しました'1.1.1.1'と呼ばれ、文字通りその簡単なIPアドレスをプライマリDNSサーバとして使用します。なぜ、エイプリルフールの日に発表するのでしょう? IPは4オクテットで、今日は4/1です、賢い。セカンダリサーバは1.0.0.1で、覚えやすい。

大きな疑問はなぜか?です。たとえば、GoogleやComodoからの堅実な提供されるものがあるのに、世界は別のDNSサービスを必要としていますか? Cloudflareはスピードとより重要なこと、プライバシに焦点を当てようとしているので、答えはイエスです。

Hacker News

更新: Mediumによれば、確かにレスポンスは速いとのこと。オプションの比較。

DNS Privacy DNSCrypt DNSoverHTTPS DNSoverTLS
Google yes no yes yes
CloudFlare yes no yes yes
Quad9 yes no no yes
OpenDNS no yes no yes
Norton no no no no
CleanBrowsing yes yes yes no
Yandex DNS no no no no
Comodo DNS no yes no yes

Hacker Newsでは、4大DNSの場所別ping時間を比較している。

Loc CloudFlare Google Quad9 OpenDNS
NewYork 2 msec 1 msec 2 msec 19 msec
Toronto 2 msec 28 msec 17 msec 27 msec
Atlanta 1 msec 2 msec 1 msec 19 msec
Dallas 1 msec 9 msec 1 msec 7 msec
San Flancisco 3 msec 21 msec 15 msec 20 msec
London 1 msec 12 msec 1 msec 14 msec
Amsterdam 2 msec 6 msec 1 msec 6 msec
Frankfurt 1 msec 9 msec 2 msec 9 msec
Tokyo 2 msec 2 msec 81 msec 77 msec
Singapore 2 msec 2 msec 1 msec 189 msec
Sydney 1 msec 130 msec 1 msec 165 msec

更新(2018.4.4): CloudFlareだって信用できるのか? という事で、"Oblivious DNS"が考えられている。

Hacker News