4/30/2018

まもなく、大量の著作権で保護された作品がパブリックドメイン入り

Slashdotより。2024年に、「蒸気船ウィリー」は自由になるだろうか?

20年ぶりに、大量な書籍、映画、その他の作品が米国の著作権法から免れるだろう。レポートより:

Great American Novelが、2019年1月1日に文字通りパブリックドメインに入ります。コンセプトではなく、ウィリアム・カーロス・ウィリアムズの本です。1923年に米国で最初に出版された数十万の他の書籍、楽譜、映画が加わります。著作権で保護されている資料のパブリックドメインへの大量移動は、1998年以来の初めてのことです。新しい年次の伝統の始まりもあります: 2019年以降の数十年間、毎年のお正月には、95年前に出版された1年分の作品を解き放たれるでしょう。

今度の1月、チャーリー・チャップリンの映画「偽牧師」とセシル・B・デミルの「十戒」は、個人や企業が自由にリリースしたり、他の作品とマッシュアップしたり、制限無しに売却することが可能になります。ベラ・バルトークの一部の作曲、オルダス・ハクスリーの「道化芝居」、ウィンストン・チャーチルの「世界の危機」、カール・サンドバーグの「Rootabaga Pigeons」、E・E・カミングスの「チューリップと煙突」、ノエル・カワードのミュージカル「London Calling!」、イーディス・ウォートンの「A Son at the Front」、P・G・ウッドハウスの多くの物語の作品にも当てはまります。デューク大学ロースクール・オブ・パブリック・ドメイン研究センターの研究によると、多くの忘れられた作品を主催しています。

20世紀を通して、著作権法の変更は、数十年前に作成された著作物の保護期間が長くなるよう誘導され、国の建国時にあった比較的短期間の著作権保護のパターンが変わりました。これは2つの別個の誘発要因から来ています。第一に、米国は長い間、著作者の寿命とそれに続く一定の年数を使用するのではなく、世界のほとんどが1886年に合意した一定の期間を著作権として定義するだけでした。第二に、知的財産の価値がますます高まることは、長期的に悪用される可能性があります。しかし、米国の著作権法を拡張し、それを国際合意に結びつけることは、すでに作成され公開されている作品に遡って「パッチ」を適用することを意味していました。そしてそれは、今やほぼ一世紀前の作品に著作権満了の長引く遅れにつながりました。