7/17/2017

IPv6の仕様改定 (RFC 8200)

IPv6の仕様改定版がRFC 8200になった(RFC 2460とその後に出た関連RFCやErrataを組み込んだもの)。RFC 2460との違い(付録B)をば。IPv6のPath MTU Discoveryも改定されている(RFC 8201)。スティーブ・ディアリングは引退したのか...

付録B. RFC 2460からの変更点

このメモはRFC 2460からの変更点を下記に記している。

  • 概要からIP Next Generationを削除
  • 第1節にデータ送信順序がRFC 791で定義されたIPv4と同じであることを本文に追加
  • 第3節にホップリミットを減らすことについて本文を明確化
  • 拡張ヘッダ(Hop-by-Hopオプションヘッダを除く)がパケットの配信パス間のノードによって処理、挿入、削除されないことを明確にした
  • Hop-by-Hopオプションヘッダの条件を"may"に変更し、Hop-by-Hopオプションヘッダに関して予想されることを示すメモを追加
  • 拡張ヘッダがどのように番号付され、どのヘッダが上位層ヘッダであるかを明確にするための第4節に段落を追加
  • 第4節の最後に"IPv6拡張ヘッダタイプ」のIANAレジストリへの参照を追加
  • RH0の説明を削除するため、RFC 5095と5871の更新を組み込み、ルーティング・ヘッダの割り当てガイドラインはRFC 5871で指定され、必要な拡張ヘッダのリストからRH0を削除
  • RFC 5722、6946、7112、8021の更新をベースにIPv6フラグメントに関する4.5節を改定。これは下記を含む:
    • データグラム全体でフラグメントのケースを処理するための本文を改定(例えば、フラグメント・オフセット・フィールドとMフラグが0である)。受信したら、再構成されたパケットとして処理する必要すべきである。一致する他のフラグメントは独立して処理すべきである。改定されたフラグメント作成プロセスはデータグラムのフラグメント全体(フラグメント・オフセット・フィールドやMフラグが0である)を作成しないように修正された
    • IPv6ノードが重複フラグメントを作成してはならないことを要求すること本文に変更した。また、IPv6データグラムを再構成する時、複数のフラグメント成分が重複フラグメントであると判断されたら、データグラム全体(及びフラグメント成分)を黙って破棄しなければならない。重複フラグメントを受信したら、ICMPエラーメッセージを送るべきではない説明を含んでいる
    • 最初のフラグメント内にある最初の上位層ヘッダを介したすべてのヘッダを要求するよう本文を改定した。これはどのようにパケットがフラグメントされ、再構成され、新しいエラーケースが追加されたかの本文の説明を変更した
    • 重複フラグメントを処理するフラグメントヘッダ処理を本文に追加した
    • 認証ヘッダ(AH)の挿入と次のヘッダが無いケースの注釈を正確にするためフラグメントヘッダの本文を更新した
    • フラグメントヘッダのセクションの中の用語を「フラグメント化できないヘッダ (Unfragmentable Headers)」から「フラグメント毎のヘッダ (Per-Fragment headers)」に変更した
    • ICMP Packet Too Bigメッセージが1280未満のNext-Hop MTUを報告したら、送出パケットにフラグメントヘッダを含める必要があるという第5節の段落を削除した
    • MTU制限や8バイト制限を明確にするよう本文を変更し、最初のフラグメント内のヘッダ上の制限を注釈した
  • 4.5節では、IPv6ヘッダのいくつかのフィールドが再構成されるフラグメントによって変わる可能性があること、他の仕様がどう再組み立てすべきかの追加指示を提供する可能性があることの説明を追加した。例えば、[RFC3168]の5.3節参照。
  • 新しい拡張ヘッダとオプションを定義するために推奨事項を説明する新しい4.8節を追加するため、RFC 6564の更新を組み込んだ
  • "IPv6最小リンクMTU"を定義する本文を第5節に追加した
  • フローラベルに関する第6節の本文を簡易化し、付録A(フローラベルの動作と利用法)を削除した。代わりに、[RFC6437]のIPv6フローラベル・フィールドと[RFC2474]と[RFC3168]のトラフィック・クラス・フィールドの現在の仕様を指摘した
  • RFC 6935 (トンネル化されたパケットのIPv6とUDPチェックサム)の第8節で作られた更新を組み込んだ。トンネルのチェックサムがゼロのUDPパケットの処理に関するデフォルト動作に例外を追加した
  • RFC 2460への参照をこの文書に、第9節"IANA留意事項"への指示を追加した
  • 第10節"セキュリティ留意事項"を改定と拡大した
  • 更新文書の著者にお礼をする謝辞節を段落に追加した
  • 現行のバージョンへん参照を更新し、規範的で参考に参照を割り当てた
  • RFC 2460の正誤表を解消する変更を加えた (以下略)

Internet Watchreddit