7/07/2017

世界でもっとも有名なデスクトップ背景の裏話

artsyより

Microsoftは、Windows XPデスクトップ背景に感謝するため昆虫侵入を経験している。画像は、2001年に発売されてから少なくとも10億台のコンピュータ画面を飾ってきた。

ナパバレーは1990年代のほとんどをフィロキセラの広がりを抑えるために必死な努力に費やしてきた。1999年に流行が始まるまでに、5万エーカの畑が台無しになった。

栽培者のコストは合計5億ドルと天文学的で、北カリフォルニアの景観は決して田園風ではなくなってしまった。葡萄の木の無限の列は緑豊かな草のカーペットに置き換えられ、野生の花が点在していた。

チャールズ・オレアが1998年にHighway 121を運転していた時に、車窓から撮影されたのが、このソノマ郡の情景だった。彼はナショナル・ジオグラフィックやロサンゼルス・タイムスのプロの写真家だったが、オレアは金曜の午後は取材ではなかった。代わりに、サンフランシスコ近辺の恋人(今は妻)を訪問するために向かっていた。

しかし、彼はこの地域の穏やかに起伏している丘陵をじっと目にした。それは1月の冬の雨の後で、「草が緑に変わって、確かに美しい丘陵を見つけるチャンスが本当に素晴らしい。」と彼は思い出した。「私はもっと準備をするつもりだ。私はもっと警戒するつもりだ。」

そして、彼はそれを見た。「信じられない!」彼は考えた。「草は完璧! それは緑! 太陽が出て、雲がある。」

そして、彼は車を止め、中判カメラを取り出し、富士フィルムのカラーネガを使って、何枚か写真を撮った。オレアがビル・ゲイツによって設立された写真貯蔵とイメージ・ライセンス・サイトであるコービス(Corbis)にそれらをアップロードした際は、それらの見事な緑や純粋な青は完全に未編集のままだった。数年後、彼はMicrosoftから最新のオペレーティングシステムの背景としてソノマ郡のショットの使用を求める訪問を受けた。

同社はオレアに写真を選んだ理由を正確に伝えていなかった。「彼らは平和なイメージを求めていたのだろうか? 彼らは緊張のないイメージを探していたのだろうか?」彼は呟いた。「しかし、2006年の写真作品を研究していたアーティストのGoldin+Sennebyは、Microsoftのブランディング・チームはWindows 95で使用していた空のイメージよりも'土地に根ざした(more grounding)'イメージを望んでいたと述べている。また、緑の草と青い空はブランド計画の2つの主要な色に完全にフィットしている。

オレアはMicrosoftに彼の写真のすべての権利を売却することに同意した。しかし、彼はそれらのネガを郵送しようとした時、FedExが妨げになった。Microsoftは画像をとても高く評価していたが、どの運送会社も保険に加入できなかった。結局、オレアは写真を手渡しするために、同社のシアトル本社への飛行機に飛び乗った。

彼は正確な価格を明らかにしない守秘義務契約にサインをしたが、オレアはそれは今まで写真に支払われたもので最も高いと主張している。そして、生存する写真家の一枚としては2番目に高い金額がモニカ・ルウィンスキーを抱擁していたビル・クリントンの写真でそれを上回った。

MicrosoftはBliss(草原)と名付け、Windows XPが2001年にリリースされてから、少なくとも10億人の人々によって見られている。「我々は一種の集合的な潜在意識として、スクリーンの前で我々の生活の背景としてこの丘に興味を持ったのだ。」Goldin+Sennebyは言った。二人はオレアのサイトに訪問し、After Microsoftという作品(2006-7)の一環として象徴的な背景を再現した。

「我々は19世紀の風景画との関連の多くを考え、国民の想像力を作り出すにはとてもformativeである。このグローバル化時代の風景を作り出すことはどのような想像上の類だろうか?」と彼らは疑問に思った。「これがグローバルな風景のイメージだったら、それはどこだろうか?」

人々はフランスからアイルランド、ニュージーランドの範囲で推測する。オレアはMicrosoftのエンジニアリング部門から掛け金を決めるよう求める電話を受けたことを思い出している。数人の従業員は、シアトル近くのワシントンのブリスで撮影されていたと確信していた。そして、そのイメージはPhotoshopされていた。そうではない(しかし、Microsoftは後で緑を強調し、画像を切り取ったことを認めた)。

1998年以来、丘は植え直されている。Goldin+Sennebyの写真は、およそ10年後に撮影され、葡萄畑の列と灰色の雲った空を特徴としている。

「人々がまだ画像を覚えているこのは興味深い。」Goldin+Sennebyは言った。「世界中のあらゆるコンピュータ上のデスクトップで標準化された一つのイメージを持つという本来の趣旨は、今では古めかしく思える。ソーシャルウェブとそのアルゴリズム的マス・カスタマイゼーションの前からである。

しかし、今日でも、Microsoftがシステムを段階的に廃止してから2年後、世界中のコンピュータの7パーセントでまだXPが動作している。オレアは、ホワイトハウスのシチュエーションルームから北朝鮮の発電所まで、どこにいても自分のイメージを見ていると言った。

「今、この惑星のどこにいても、通りで誰かを止めてその写真を見せたら、どこかで見たとこがあると言うだろう。私はそれを認識する。いつまでもそばにあるだろうと思う。」彼は言った。

—Abigail Cain

Hacker News