7/04/2017

スティーブ・ジョブズのオペラが初演

WIREDより。

スティーブ・ジョブズはビジョナリで、完璧主義者で、暴君で、天才だった。最後の科学技術者は全く違うもの、バリトンだ。「The (R)evolution of Steve Jobs」は、ピューリッツァー賞受賞の自由主義者マーク・キャンベルと現代音楽家メイソン・ベイツによるオリジナル作品で、7月のサンタフェ・オペラで初演される。「オペラを私たちの生活と関係ない愚かで古いヨーロッパの芸術形式と考える人が如何に多いことか。」キャンベルは言う。事実、ジョブズの物語は、カルメンや椿姫の抑制の効かない野心、変わりやすい愛、ライバル、裏切り、死、贖罪と同じくらい情熱的である。シリコンバレーのサーガは、Macintosh Plusのクリックで区切られ、ベイツの電子スコアからグラグラと弾みが付く。ブラビッシモ、tech bros!

  1. スティーブ・ジョブズ、バリトン
  2. ローレン・パウエル・ジョブズ、スティーブの妻、メゾ・ソプラノ
  3. 乙川弘文、スティーブの宗教指導者、バス
  4. スティーブ・ウォズニアック、Appleの共同創業者でスティーブの友人、テノール
  5. クリサン・ブレナン、スティーブの元恋人、リリック・コロラトゥーラ
  6. リポーター、合唱団

更新(2017.7.20): 9to5macThe VergeSlashdot