7/11/2017

偽造の未来

シュナイアーのブログより。

この記事ではAI技術により、画像、音声、ビデオの偽造が将来容易になると主張している
まとめると、安くて高品質のメディア偽造の進展が心配である。現在の進歩のペースでは、現実的な音声偽造は経験を積んでいない耳を欺くには十分になるには早ければ2、3年後には可能かも知れない。そして、少なくともいくつかのタイプのフォレンジック分析を騙すことができるようになるまでにはわずか5年あるいは10年の可能性がある。偽のビデオを製作するためのツールは今日のCGIよりも高品質で行われ、未熟なアマチュアにも同時に利用可能で、これらの偽造は情報エコシステムの大部分を占める可能性がある。この技術の拡大は、ジャーナリズム、政府のコミュニケーション、刑事司法の証言、そしてもちろん国家安全保障の分野における証拠と真実の意味を変えてしまうだろう。
私は、経験を積んでいない耳を騙すことを心配していないが、フォレンジック分析を騙すことについては心配している。しかし、ここには軍拡競争がある。録音技術もより洗練されるため、出力を騙すのが難しくなる。それでも、私はその利点は偽造検知ではなく、偽造側にあることには同意する。