7/02/2017

体に針が刺さると何が起こるのか?

The Vergeより。興味深い。

鍼治療が発明されて数千年が経ち、中国の伝統的な医療技術は効果があるのかどうかについての論争は解決していない。以前の試験では入り混じった結果が示されたが、最新の試験では、少なくとも針が実際に体に何かを起こさせることを示している。

開業医は多くの研究で鍼治療が正しく行われていたかどうか疑問を呈してきたため、科学者は長く鍼治療の価値について懐疑的だった。他の試験では鍼治療に効果があることを示唆しているが、プラセボ程度と考えられてきた。Evidence-based Complementary and Alternative Medicine誌の今週公表された研究では、研究者らはこの手順の生物学的効果を測定した。彼らは、正しく鍼治療を行うと、体は針が挿入されている場所でより多くの一酸化窒素を放出することを発見した。一酸化窒素は血流を増加させ、自然な麻酔薬を放出するよう体を引き起こす。(この研究は、国立衛生研究所によって一部が資金援助された。)

科学者らは、鍼灸針を18〜60歳の男女25人に挿入した。その後、彼らは2つの異なる方法を試した。一つは、5分毎に2分間合計20分間針を捻った。もう一つは、20分間、電気で熱を適用した。

特定の皮膚領域の分子を測定できる装置を使用して、研究者らは両方の方法について、これらの鍼治療部位で放出される一酸化窒素を検出することができた。

いつものように警告がある。サンプルサイズが小さく、これらの結果は、なおより懐疑的な研究の観点からも考慮されるべきである。次にチームは、基礎となる細胞メカニズムと2つ方法の間の違いを理解するため、さらなる研究をしたいと考えている。