7/14/2017

現在は、6度目の大絶滅の最中にある

Slashdotより6度目の大絶滅はかつてないほどのスピードで進んでいる。

Tatiana Schlossbergがニューヨーク・タイムズを使ってレポートする(警告: ソースは有料かも知れない。別ソース):
一般的なツバメから珍しいキリンまで、数千種の動物種が急速に減少しており、不可逆的な大量絶滅の時代が進行中という兆候が新しい研究で見付かっている。米国科学アカデミー紀要に月曜日に公表された研究は、動物の個体数の現在の減少を"世界的蔓延"であり、動物の生息地を人類が破壊することで、大規模に引き起こされた"進行中の6度目の大量絶滅"の一環であると考えている。以前の5回の絶滅は自然現象によって引き起こされた。Ceballos博士は、スタンフォード大学の教授で共著者でもあるPaul R. EhrlichとRodolfo Dirzo共、騒ぎ屋ではないが、科学的データ用いて、著しい減少を断定するとともに世界中で種の大量絶滅が差し迫っている可能性があり、他の多くの科学者は過小評価していると強調する。本研究の著者は、種の範囲で減少に目を向け、生息地の悪化、汚染、気候変動などの要因の結果、どのように多くの個体数が失われたあるいは減少したかを推定した。その手法は、国際自然保護連合が使っている。彼らは、陸上脊椎動物(哺乳類、鳥類、爬虫類、両生類)の約30パーセントで個体数が減少しつつあり、地域の個体数が失われていることを発見した。世界のほとんどの地域で生息地が失われたため、哺乳動物の個体数は同類の70パーセントが失われている。