7/02/2017

ビル・ゲイツの2017年夏の読書リスト

ちと前だが、ビル・ゲイツの2017年夏の読書リスト

夏はビーチ、山、または素晴らしい本の世界に逃避する好機です。今年、私が外に連れて行った本には、いつも以上に多くのことが描かれていることが分かりました。今年の夏の読書リストの本は、私自身の経験を押し広げてくれました。そして、私たちの経験がどのように私たちを形作り、人類がどこに向かうのか、新しい知識に焦点を当てることを学びました。

これらの本の中には、南アフリカのアパルトヘイトでの混血の子供として、アパラチアの田舎での貧しい生活を逃れようとしている若者として、あるいはジョージア州のプレーンズのピーナッツ農家の息子として、普通の生活の外で育つことがどういうもの中を理解するのに役立つものもありました。私は、他人との真の繋がりや人生に目的を持つことの意味について深く考えるようになること願っています。ビーチタオルの上に寝そべり、ソファに座っていたとしても、それら全てがあなたをどこかへ運んでくれるでしょう。

Born a Crime, トレヴァー・ノア著。ザ・デイリー・ショーの長年のファンとして、私は、どのようにその司会者が必ずしもうまくいかなかった生涯でコメディへのアウトサイダー・アプローチを磨いてきたのかについて書かれたこの回想録を読むのが楽しみでした。南アフリカのアパルトヘイトで南アフリカの黒人の母親とスイスの白人の父親から生まれた彼は、異人種間の関係が禁じられている国で、異人種の子供として世界の一員となりました。南アフリカで育ったノアの話の多くは痛ましい。しかし、彼の夜毎の一人芝居を見ている人は誰もが知っているように、彼の感動的物語はしばしば笑わせてくれるだろう。

The Heart, Maylis de Kerangal著。地元の書店の小説コーナでこの本を見つかるとはいえ、この悲しみの探求の中でKerangalがここで言ったことは、何よりも詩に近いものです。最も基本的な段階で、彼女は心臓移植の物語を語ります: 若者が事故で亡くなり、彼の両親が心臓を提供することを決断します。しかし、そのプロットはその言葉やキャラクタの強さに副次的です。この本は、数分だけのために物語の中にいるかも知れない人とあなたを深く結び付けるために美しい言葉を使っています。例えば、Kerangalはそのキャラクタに会うことは決していないにも関わらず、移植を行った外科医のガールフレンドについてのページで続けます。この本を勧めてくれたメリンダに感謝していますし、最近、私のようにノンフィクションにこだわる友人にこの本を渡しました。

ヒルビリー・エレジー, J・D・ヴァンス著。この驚くべき悲惨な本の中で描かれている貧しい白人のアパラチアの恵まれない世界は、私が聞いたことでしか知りません。ヴァンスは、父親が彼を見捨てた後に引き取った愛情豊かな祖父母によって大きく育ったが、彼の母親は息子の子育てにほとんど関心を示しませんでした。大きな困難にも関わらず、彼は混沌として貧しい子供時代を生き伸び、イェール・ロー・スクールをものにしました。この本は貧困の背後にある複雑な文化的な家族の問題のいくつかの洞察を提供してくれるが、本物の魔法は物語自身とそれを語るヴァンスの勇気にあります。

Homo Deus, ユヴァル・ノア・ハラリ著。私は昨年の夏の読書リストで、ハラリの前著「サピエンス全史」を推薦しました。この挑発的な続編は、挑戦的で、読みやすく、いろいろ考えさせられるものです。Homo Deusは、社会を組織化した原則は21世紀に現在の人生に大きな影響を与える大きな変化を遂げると主張しています。これまでのところ、社会を形作ったものは - 我々が自ら評価すること - 良い人生を過ごす方法についての宗教的なルールや、疫病、飢餓、戦争を一掃するようなより実生活の目的でした。もし、私たちが実際にそれらを達成すれば、世界はどうなるのでしょうか? 私は、ハラリが言っていること全てには同意しませんが、彼は人類が向かうかも知れないことをスマートに書いている。(WIRED)

A Full Life, ジミー・カーター著。元大統領は既に20冊以上の本を執筆しているにも関わらず、彼はどういうわけか素早く、凝縮された彼の魅力的な人生の旅の素晴らしい逸話を貯めてきた。私はカーターの世界最高峰のオフィスへの信じられない出世についての本を読むことが楽しみでした。本は、良くも悪くもホワイトハウスにいた時や、ジョージア州の田舎で水、電気、断熱材を使わない家でどのように育ったのかを理解するのに役立ちます。大部分は数十年前の話だが、A Full Lifeは、国の政治形態や機構への国民の信頼が低い時代にはタイムリーに感じます。