7/17/2017

ドクター・フーの13代目タイムロードは初の女性

Slashdotより。コンパニオンは男性?

12代目のドクター・フー、ピーター・カパルディターディス(TARDIS)で彼の代わりに女性を望んでいると言った。そして、元ドクター・フーの人気者ビリー・パイパーカレン・ギランもそうだった。そして、今日それは正式なものになった:「ドクター・フーの13代目生まれ変わりは、女優によって演じられる。」とSlashdot読者のCoisicheが伝える。特にアメリカの視聴者は2014年のミニシリーズ「The Assets」でCIAの局員サンドラ・グライムスとしての演技を覚えているかも知れないジョディー・ウィッタカー。BBCはレポートする:
ウィンブルドンの男子シングルス決勝の終わりにBBC Oneの放送された予告編で彼女が明らかにされた...。ドクターがクリスマスのドラマで再生され、彼女はSFドラマでデビューするだろう。ウィッタカーは言った:「私は、地球上のすべてのフービアント共に、この壮大な旅を始めることに非常に興奮しています。ドクターを演じることは名誉以上のことです。ドクターが象徴するもの、希望...を全て受け入れるよう前に進むと同時に、私が経験してきた全ての人を覚えていることを意味します。ドクター・フーは変化に興奮している全てを表しています。
ドクター・フーの新しいショーランナーは、13番目のドクターが以前から女性になると言っていた。そして、ウィッタカーが第一選択になった。ジョディーは人気があり、ユーモアがあり、想像を掻き立て、とても聡明な自然な力があって、その役に多くのウィット、力強さ、暖かみをもたらすだろう。」第12代ドクター・フーは、「ウィッタカーはこの最も特別な部分を演じるために中でも大きな成功をひめたハートがある。彼女は素晴らしいドクターになるだろう。」と加えた。ドクター・フー・マガジンに書いたウィル・ハウエル氏は、「私はそれがリスキーな選択だと全く思わないが、どこにでも行けて、なんでもできるドラマがリスクを負うことができないなら、何ができるだろうか?」

Hacker NewsThe Verge