6/25/2017

ニューヨーク・タイムズ、トランプが大統領が言った全ての嘘を掲載

BoingBoingより

トランプ氏は大統領になって最初の40日間、公然と虚偽や嘘をついた。そして、彼はまだ辞めていない。

ドナルド・トランプ氏がアメリカの大統領として言った全ての嘘をカタログ化し、可視化する本日発売のニューヨーク・タイムズの大掛かりな試み。

「多くのアメリカ人がトランプ大統領の嘘に慣れている。」と、David LeonhardtStuart A. Thompsonが伝える。

「しかし、彼らはいつもどおり、国が国民を麻痺させるためにそれ自身を認めるべきではない。だから、我々は就任宣誓から公然と語ったほぼ全ての真っ赤な嘘を並べている。」

トランプ大統領の政治的浮上は(バラク・オバマの出生に関する)嘘の上に建てられた。彼の真実の欠如は、トランプの"単純明白な嘘"に関する誓いを証言するFBIの元長官ジェームズ・コミーとともにロシアの捜査の中心にもなっている。

アメリカ大統領の真実を伝えるために多くの時間を費やすという先例が今まで全くない。全ての大統領は真実を守っているか、時折の大ウソをつくくらいだった。トランプ氏が行なっているような態度はどの大統領は取っていない。彼は現実とは見当違いの雰囲気を作り出そうとしている。

我々は控えめな基準を定め、(彼の渡航禁止令はオバマ政権の政策に似ていると主張するように)多くの疑わしい発言を残した。大統領は文字通りの話をしていないと主張し、一部の人々はまだこの標準に問題をあるかも知れない。しかし、我々は実業家で政治家として、目的を果たすために虚偽を利用するうんざりするほどのパターンから、彼の発言が単に不注意な誤りではないことを意味すると確信している。

我々は意図的に"嘘(lie)"という言葉を使用している。全ての虚偽がトランプ氏の責任で意図的というわけではない。しかし、彼が単に素直に間違いを犯していると想像するのは、単純過ぎるだろう。彼は嘘つきだ。

Nytimes trump lies