6/02/2017

プーチン、愛国心の強いハッカーが米大統領選に干渉したかも知れない

ars technicaより

ウラジーミル・プーチン大統領は、ロシアのハッカー"patriotically minded (憂国)"が民主党全国委員会のネットワークやヒラリー・クリントンの選挙メンバーの電子メールアカウントへのセキュリティ侵害、その他に2016年の米大統領選挙でトランプの選挙運動を支援するために干渉しようとしていたことを認めた。

プーチン大統領がロイターとのインタビューで認めたことは、ヒラリー・クリントンと民主党に対する情報作戦にロシアが関わったことを否定した以前のクレムリンの否定の逆であった。プーチンは、攻撃に国家の関与を否定し、代わりに独立して行動するロシア人による攻撃が行われたことを示唆した。「彼らが"patriotically minded"なら、彼らの考え方からロシアについて悪いことを言う人達に対する戦いに正しい貢献を始めたのだ。」と言った。

ラジオ・フリー・ヨーロッパは、Twitterのインタビューから抜粋したものを投稿した:

Rfe putin interview

プーチンはロシア政府が関与しているように見せかけるために、誤った痕跡が作られた可能性があると示唆した。

アメリカや西側諸国の諜報機関は、最近のフランスの選挙での鑑賞を試みるなど、政治標的に対する多数の攻撃を、ロシアの諜報機関に関連する危険なグループ、特にロシア最大の諜報組織GRUが関係していると考えている。