6/18/2017

Amazonが独占企業になるのはいつか?

The Atlanticより。Amazonはいずれ分割される?

巨大企業ホールフーズの買収は、その会社が大き過ぎるのかどうか疑いに思う。

金曜の朝、Amazonはホールフーズ・マーケットを130億ドル以上で買収した事を発表した。約1時間後、Amazonの株価は約3パーセント上昇し、その価値に140億ドルを追加した。

Amazonは基本的にアメリカで6番目に大きな食料品店を無料で手に入れたのだ。

経済記者のベン・ウォルシュ氏はTwitterで、これは通常起こるはずである事、大型買収後の株価は大体下落する、と反対だと指摘し、投資家はAmazonが進める普通ではない事を信じている事を示唆する。何がありうるだろうか?

率直な見方をすれば、ホールフーズの買収は、Amazonが7千億ドルの食料雑貨店事業に参入する事を意味する。同社の社長兼CEOであるジェフ・ベゾスは食品宅配サービスであるAmazon Freshを立ち上げ、シアトルでいくつかのAmazonブランドの雑貨店を開く事で、この市場に数年前から取り組んで来た。今や彼は業界で最も有名なブランドを手にした。

しかし、Amazonはホールフーズを買収するためにプレミアムを支払ったので、別の業界への新たな参入はその上昇をあまり説明していない。その代わり、株価の上昇は、より不吉な事を示唆している: 今や信じられないほどの経済力がAmazonに集中しており、投資家は小売部門と広大なアメリカ経済の中で競争が激しさを増していると考えている。

Amazonはいつ独占企業になるのか?

アメリカ最大手の掃除用品や家庭用品のオンライン小売業として、Amazonはウォルマート、Target、Bed、Bath&Beyondと競合している。衣類や靴の小売業として、DSW、Foot Locker、Gapと競合している。音楽、本、テレビの販売代理店として、Apple、Netflix、HBOと競合している。過去10年で、Amazonはウェブで最大の独立したオンラインの靴屋最大の独立したオンラインのおむつストア最大の独立したオンラインのコミックストアを買収した。

そして、それらの分野のほとんどすべてで成功している。昨年、Amazonはウォルマート、Target、Best Buy、Nordstrom、Home Depot、Macy's、Kohl's、Costcoの6倍の売り上げを達成した。Amazonはまたオンラインまたオフラインの米国小売売上高全体の30パーセントを生み出した。

しかも、Amazonの支配力は小売業をはるかに超えている。クレジットを貸したり、本を出版したり、衣服をデザインしたり、ハードウェアを製造したりする。3年前、同社は10億ドル規模のe-スポーツの中心的プレーヤであるTwitch.comを買収した。そして、さらにその上、サーバ、帯域幅、コンピューティング・パワーを他社にレンタルする120億ドルのビジネスAmazon Web Services(AWS)を運営している。Slack、Netflix、Dropbox、Tumblr、Pinterest、連邦政府はすべてAWSを使用している。

一言で言えば、何でも屋である: 商品を販売するだけでなく、商品を生産するだけでなく、サーバからメディアを配信するだけでなく、他の人にそれらをレンタルすることもできる。そして、多くの専門家とアナリストは疑問を呈する: Amazonはいつ独占企業になるのか?

「コマースに関しては、Amazonは現在のところアメリカ経済にとってほとんど不可欠なインフラとして機能しているだと私は考える。そして、それがAmazonに多くの力とコントロールを提供する。」中道左派のシンクタンク、New Americaでオープンマーケット・チームの特別研究員リナ・カーン氏は述べる。

1月に、カーン氏はイェール・ロー・ジャーナルの記事でAmazonに反トラスト法の調査を受けるよう求めた。

歴史的に、Amazonの評論家の多くが、中小企業がAmazonのウェブサイトを通じて商品を販売する事を可能にするマーケットプレイス機能に焦点を当てて来た。一部の商店主は、マーケットプレイスを実験室として秘密裏に使っているとAmazonを非難している: 最善の製品がどれかデータを収集した後に、主力サービスを通じて、低価格の競合他社を紹介している。

無党派支持団体Institute for Local Self-Reliance(ILSR)もまた、Amazonに対していわゆる競争を制限する振る舞いについて批判をしている。「この重要なインフラをコントロールする事で、Amazonは他の企業と競争し、同じライバルが市場に参入できる条件を設定している。地元の小売業者と独立の製造業者は最も深刻な中にいる。」と団体の最新のレポートは示している

しかし、Amazonが経済全体で成長するにつれ、関心事はその強さとパワーに関して露骨に大きくなっている。「Amazonは本の中間業者として消費者に自分自身を紹介している。」カーン氏は私に言った。「しかし、それらはあらゆる種類の物の中間業者になった。そして、これまでかなりのい期間、その中間業者の役割をはるかに超えて拡大した。より多くのコンテンツを配信し、より多くの商品を産み出すにつれて、それはますます利害の対立にぶち当たっている。」

要するに、人々は既にAmazonが大き過ぎるのかどうか疑問に思うようになった。つまり、既にオンライン小売業を過度にコントロールしており、サプライチェーンの残りの部分に支配力を発揮し始めている。

Amazonは歴史的に独占禁止法の問題についてコメントしていない。最近、競争法の懸念に関してコンサルタントをするプロのエコノミストを探し始めた。11月以前、市場独占の最大の批評家の一人は、ジェフ・ベゾスが"独占禁止問題"に直面している事を選挙遊説で示唆したのはドナルド・トランプだった。

トランプはまだ連邦取引委員会の議長を任命していない。委員会は、その完了前に買収を審査しなければならない。

アメリカが20世紀初めに企業間の公正な競争を強制し始めた時、それは2種類の独占的な組織に焦点を当てた: 水平独占と垂直独占である。例えば、鉄鋼業では水平独占企業は多くの製鉄所が買収され、他の競争相手を出て行かせてしまった。垂直的な独占企業はサプライチェーンの上下である荷船、電車、炭鉱を買収した。基本的に他の企業との競争を妨げる。

投資家は独占だと分かっている

20世紀の中頃、規制当局は消費者のために価格を引き上げるために市場を支配することができるビジネス協定に焦点を当てた。カルテルやより非公式な価格固定あるいは市場コントロール協定の崩壊させ、業界を独占的に支配する企業合同や企業にも当てはまる。

1970年代後半から、法学者らは独占的行動が消費者に価格を引き上げた場合しか、測ることができないと主張し始めた。規制当局と裁判官は注目し、市場構造全体にあまり気を配らない事を選択した。そして、1980年代初めの企業の乗っ取りや敵対的買収に触発された多くの専門家は、市場の重要さは常にそれ自身を修正すると信じていた。

その合意は過去10年間、部分的にはAmazonのような企業の結果、攻撃を受けて来た。運用開始後10年間で、Amazonはほとんど利益を出さなかったが、投資家はベゾスにインフラと市場シェアへの投資を継続する事を許可した。最終的な結果は、株価で収益の約200倍の価値を持ち、わずかばかりの利益を返す大企業、今のAmazonである。

カーン氏と他の人たちは、Amazonの相場にほとんど焦点を当てず、経済の大半を支配していると主張している。「誰も今日の形のAmazonが消費者にとって素晴らしいとケチをつけていません。問題は、いずれはどのようなモノになるかということではないでしょうか?」彼女は尋ねた。

「アメリカ人は、オープンで競争力がある経済について考えるのが大好きです。」彼女は言った。「しかし、Amazonが経済のシェアを拡大すると、それは集中化の一形態である。あなた自身の事業を所有することは、アメリカ人が資産を作り、世代間で富を渡す手段でした。しかし、Amazonが支配的なプレーヤであるセクターを見れば、あなたはそこに入る事は幾分クレージーだと思うでしょう。」

この効果は大きなスタートアップでも当てはまる。Jet.comは昨年、AmazonのSam's Clubスタイルとしてオープンし、数百万ドルのベンチャー投資と数多くのニュースを集めた。急速に成長したが、それは独立した会社として長くは続かなかった。ウォルマートは昨年8月、Jet.comを30億ドルで買収した

近い将来、ホールフーズの買収がたちどころにAmazonに別のインフラ上の強みを与えると一部のアナリストを心配させている。アメリカで最も裕福な(そしてAmazonを利用する)地域をまたがって広がる400以上の小さな倉庫がある。彼らは、Amazonの物理上の利点、倉庫のネットワーク、配送ルート、北米全域の貨物機が、他の企業に勝る強力な利点を与えている事を心配している。そして、彼らは、技術革新によってではなく、ウォール街の資金の流れが続く事で、その強みが生まれたと主張する。

これらの批評家たちは、Amazonが今やアメリカでは珍しい詳しい調査を受けるよう求めている。まず、証券取引委員会はホールフーズの買収を承認する前に、よく考えなければならない、と彼らは言う。次に、政治家や規制当局はその仕組みをより厳しく見なければならない。彼らは、その統合がコストに見合った価値を持っているかどうかを自問し、その統合を制限するか、根本的にAmazonを分社化するか、さもなくばその合併を規制し中和する必要がある。

私はカーン氏に本当にAmazonを分割しようと考えているかを尋ねた。「人々は臆病で、それは極端な反応だと思います。しかし、Amazonが経済全体で今までに例の無い方法で拡大している事は注目に値すると思います。」と彼女は述べた。

彼女は今朝、株価がスパイクしたことを思い出させた。「投資家は独占企業だと分かっているのです。株価が利益から制限されなかった理由です。市場は、法律では不可能な現実を示す事ができるのです。」彼女は言った。

Hacker NewsWIREDニューズウィーク