5/17/2017

トランプ大統領がフリン氏とロシアの捜査中止をFBI長官に要請していた?

BoingBoingより。第二のウォーターゲートに発展か?

先週、トランプがジェームズ・B・コミーを解任する前、彼は元トランプ顧問のマイケル・フリン氏とロシアの捜査を終了するようFBI長官に要請していたと、ニューヨーク・タイムズが報じた。これはビッグニュースであり、その後の数多くの報道機関によって確認されている。

コミーの同僚は、コミーがトランプと会った後に書いたメモの一部を読んだ。

元FBI長官のメモによれば、トランプはコミーに「私は、あなたがこの件を放置すること、フリンを自由にすることができるといいんだが。」と言った。

「彼はいい奴だ。この件は見逃して欲しいんだが」

中略:


トランプ氏の要請の存在は、大統領がトランプ氏の関係者とロシアの間の繋がりに関して司法省とFBIの捜査に直接影響を与えようとする最も明確な証拠である。

ホワイトハウスは、トランプ氏が司法を妨害したことを否定する声明を発表した:「大統領はコミー氏やいかなる人物にも、フリン氏に関する捜査を含むいかなる捜査をも中止するよう要請したことは一切ない。」

コミー氏が書いたと言われるメモによると、トランプはコミーに情報のリークを公表したジャーナリストを投獄することも要請した。

NYTがニュースを報じた後、下院監査政府改革委員会の委員長ジェイソン・チャフェッツ(ユタ州・共和党)が「下院監査政府改革委員会はコミー氏のメモが存在するなら手に入れるだろう。私はあとよりもすぐに見る必要がある。私は召喚状のペンを用意して待っている。」とツイートした。

もしメモが本当なら、大統領首席補佐官がCIAにFBIの侵入捜査を強制的に止めさせるよう求めたことでニクソンを強制的に辞任させたのと同じ質の決定的証拠(smoking gun)である、とVoxのDylan Matthewsは書いている。

中略: