5/06/2017

欧州委員長、英語は重要性を失いつつある

Slashdotより

匿名の読者が伝える:
ジャン=クロード・ユンケル欧州委員長は、金曜の午前にフランス語でスピーチを行うことを決めた。なぜなら、彼はヨーロッパで「英語は重要性を失いつつある。」と語った。彼は、ブレグジット交渉でブリュッセルとロンドンの間の舌戦後に、フィレンツェのヴェッキオ宮殿で開催されたヨーロッパ高官の毎年のイベント欧州評議会で、関係改善が図られる見込みはないと、コメントを出した。ユンケルは、フランス語を選んだのは、「ゆっくりだが着実に英語はヨーロッパの中で重要性を失いつつあり、フランスは今週の日曜日に選挙を控えている。私はEUの重要性について私が何を話しているかをフランスの人には理解して欲しい。」からだ。
彼は英語で話した。