5/06/2017

イギリスのインターネット監視計画の文書が流出

Slashdotより

流出した文書によると、イギリス政府はインターネット・プロバイダにリアルタイムで通信を監視させ、暗号解除のためにバックドア機器をインストールすることを強制する監視権限を強化する計画をしている。ZDNetのレポートより:
木曜に流出した新たな監視権限の草案は、昨年法案が提出され、"民主主義から離れた最も厳しい監視法"と批判的に呼ばれる調査権限法(Investigatory Powers Act)の"コンサルテーション(targeted consultation)"の一部である。提案の条項には、政府は人のリアルタイム通信を暗号化された内容を含めて"理解できる形式で"一日以内に引き渡すことをインターネット・プロバイダに強制する権限を求めている。その目的のため、インターネット・プロバイダは諜報機関が誰の通信でも読むことができるようネットワーク上にバックドア・ポイントを導入することが強要されるだろう。

Hacker News