5/02/2017

モダン・プログラミングの力

Slashdotより

匿名の読者がサイエンティフィック・アメリカンの記事を共有する:
プログラミングは変化している。FORTRANやCのような第一世代のプログラミング言語では、高水準の考えをコードに変換することがプログラマにとって負担だった。モダンなプログラミング言語として、例としてPythonを使用する。我々は言語を拡張するため関数、オブジェクト、モジュール、ライブラリを利用する。これは単にプログラムを改善するだけでなく、プログラミングすること自体を変える。プログラミングは翻訳が目的で使われる: それは自然言語でアイデアを表現し、それらを数学の表記法で扱い、フローチャートや疑似コードで記述し、最終的にプログラムを書く。各言語は異なる機能を提供するため、翻訳が必要だった。自然言語は表現が豊かで可読性が高く、疑似コードはより正確で、数学の表記法は簡潔で、コードは実行可能である。しかし、翻訳の代償は、我々は各言語で事実上表現できるのはアイデアの一部に限られているということである。コンピュータ的に表現することが簡単なアイデアは、数学の表記法で書くのは難しく、我々が数学で行っている記号処理はほとんどのプログラミング言語では不可能である。モダンなプログラミング言語の力は、表現力があり、読みやすく、簡潔で、正確で、実行可能なことである。つまり、我々は中間言語を外して、探求し、学び、教え、考えるために一つの言語を使ってもいいのではないか。