5/05/2017

これはAIではない

Slashdotより。音声インタフェースは厳格で、コマンドラインの方が便利。

Amazon.comによって開発されたスマート・スピーカAmazon Echoは、多くの仕事を正確に遂行する。あなたは天気の更新、ニュースのチェック、音楽の再生を依頼することができ、AI強化デバイスのAlexaは期待を裏切らない。しかし、Alexaはどのくらい賢いのだろうか? プログラマのテレンス・エデンは調査するため単純なテストを行った。ブログの記事より:
私はAlexa Amazon Dot Echoを通して太陽電池パネルをすぐに問い合わせる事ができる。私は自分を道理をわきまえた有能な技術屋でプログラマだとおだてているが、なんとまぁ、AWS LambdaとAlexaは相当に嘘っぱちだ(pile of shite)! 私はシンプルなものが欲しかった。私が"ソーラーパネル"と言うと、APIを呼び出し、このフレーズ言う。それはIFTTTのようなもので、5分は掛かる類のものだ。代わりに、私は基本的なサービスを起動して実行する前に、古い公式のチュートリアルをたどり、そしてTwitterに不平を言うこと2時間掛かった。[...] それはそれほど悪くはないが、Amazonの開発者軽視を明らかにする。いくつかのステップにはエラーが含まれ、複数のログイン、ランダムクリック、多数のコピー&ペーストを引き起こす。動作が鈍く、複雑。イライラさせ、最終的に満足が得られない体験。マニュアルが全く欠けているため、私はコード内のエラーを訂正するため、最後にはStackOverflowを頼ってしまった。Amazonはソーラーパネルと聞いて、風変わりなニューラル・ネットワーク・マジックを使って残りの問い合わせを解決すると私は少し考えた。真実からかなり外れている。開発者は聞くと期待するフレーズの一つ一つの可能な順列を手動でコーディングする必要がある。これはAIではない。音声インタフェースはコマンドラインである。しかし、タブ補完はできない。Amazonは話すことよりむしろタイプすることによってコードをテストできる。私はなぜサンプルコードが動かないのか解決しようと、苛立たしい10分間を費やした。なぜ知りたいのか? 私は、アメリカのスペルではなく、"favourite"とタイプしたからだった。クソ喰らえ(* Bite my shiny metal arseと発音が似ているからか?)。

Daring Fireball