4/06/2017

白人至上主義者バノン氏が国家安全保障会議(NSC)から解任

BoingBoingよりバノン氏とは一体何だったのか?

トランプ政権は、バノン氏は国家安全保障会議の理事の解任されたロシアのパタケーキプレーヤのマイケル・フリン氏の監視役として評議会に加えられていたと主張する。本日、有名な白人至上主義者は評議会から解任された。噂によると、彼は一度も会議に出席したことはなかった。

ブルームバーグより:

この再編の一環で、ダン・コーツ国家情報長官とジョセフ・ダンフォード統合参謀本部議長は再びNSCの閣僚級委員会の常任ポストに復帰する。

ブライトバート・ニュースの元会長のバノン氏は、トランプの大統領就任初期に国家安全保障理事会の閣僚級委員に昇格した。この動きは、議会やワシントンの外交政策の一部のメンバーから批判を引き起こした。

ホワイトハウス関係者は、バノン氏はトランプの最初の国家安全保障担当顧問マイケル・フリン氏を監視するために委員会に加わり、一度も会議に出席しなかったと語った。彼はもはや 委員会の担当するマクマスター氏がいるため必要なくなったと、当局者は説明した。

トランプ氏は、トランプ氏の就任前に在米ロシア大使のセルゲイ・キスリャクとの会話を大統領やペンス副大統領に開示しなかったとして、2月13日にフリン氏を解任した。

SlashdotHacker News