4/16/2017

アンディ・ハントはAruduinoが好きで、JavaScriptは嫌い

Slashdotより

アンディー・ハントはアジャイル宣言を書いた17人のソフトウェア開発者の一人で、達人プログラマー(The Pragmatic Programmer)の共著者である。Slashdotの購読者cerberusssが伝える:
Best Programming Booksとのインタビューで、アンディ・ハントは「JavaScriptのような予想外の複雑さを取り入れる嫌いだ。初心者にも熟練の開発者にとってもの落とし穴の悪夢だ。私にとって頼りになる言語はほとんど場合まだRuby、あるいはシステム・プログラミング、Pi(ラズベリーパイ)やArudino(アルドゥイーノ)プロジェクトにとっては素直にCである。」と語った。さらに、彼は「私は純粋なコード書きよりもそれ以上に実験やエンジニアリングを行いがちなので、時には半田付けを行う場合がある;)。コードは多くのツールの一つに過ぎない。」と語った。

アンディはElixir、アジャイルやどのようにもっと挑戦的なプロジェクトを乗り切ったかを明らかにすることについて話しことも好きだと書いており、プログラミングの最も大きな進歩はオープンソース運動であると言う。("化学を研究することを想像してみて欲しい。しかし、元素の前半は主要な製薬会社によって特許保護されていて、あなたはそれらを使うことはできない...") また、彼はTwitterで興味深い関連質問に答えてもいる:「あなたはNodeやGitHubの時代に考え方が妥当だと感じているか? 今、あなたの最高の章(スクリプトとソースコントロール)はSOP(標準手順)である!

アンディの返事?「もちろん、我々はいくつか大きな進歩を遂げた。しかし、まだやるべきことはたくさんある。例えば、プロセス(製造過程)を出荷(ship)できない。」