4/22/2017

一生のうちに見ておきたい53の映画

Business Insiderより

  1. ゴッドファーザー (1972)
    「ゴッドファーザー」(とその続編)は、まさに完璧な映画の一つである。ストーリー、キャスティング、演出は全てが画面上の魔法を作るために一体となって働いている

  2. ドゥ・ザ・ライト・シング (1989)
    慎重に構築された複雑な物語で、スパイク・リーはあなたがそれを見るたびに新しい解釈に結び付くアメリカの人種差別に関する理屈抜きの映画である

  3. 市民ケーン (1941)
    「市民ケーン」は評論家がこれまでで最高の映画だと頻繁に認めるから、鑑賞が必須というわけではない。強欲と権力の時代を超越した物語である

  4. 恋人までの距離 (1995)
    リチャード・リンクレイターの「恋人までの距離」とその続編はそれぞれ9年ごとに作られたもので、今までに作られた作品の中で最もロマンチックな映画である

  5. 6才のボクが、大人になるまで。(2014)
    リンクレイターの別の映画「6才のボクが、大人になるまで。」は、成長するキャラクターの人生を捉えるために11年間に渡って撮影された

  6. 8½ (1963)
    フェデリコ・フェリーニの「8½」は、映画の古典であり、映画を実現しようとする映画監督の複雑なロマンチックと職業人生についてのコメディである

  7. 2001年宇宙の旅 (1968)
    スタンリー・キューブリックの「2001年宇宙の旅」は1968年に公開されたが、その特殊効果とメッセージは今日でも見事である

  8. ゲームの規則 (1939)
    ジーン・ルノアールの底抜けに愉快な感動的な風刺である「ゲームの規則」のような映画は階級区別のつまらないことに鋭いナイフと受け取る

  9. トイ・ストーリー (1995)
    ピクサーの全ての映画の中でも、「トイ・ストーリー」は依然として最も重要である。アニメーションを永遠に変えた感動的な物語である。既に見たのであれば、その続編も見て欲しい

  10. サイコ (1960)
    アルフレッド・ヒッチコックはサスペンスの達人で、「サイコ」は彼の最高の作品の一つである

  11. 七人の侍 (1954)
    黒澤明の「七人の侍」は「バグズ・ライフ」や「ローグ・ワン: スター・ウォーズ・ストーリー」のようなハリウッド映画のテンプレートとなった。それは流れ者と信頼関係を築くことについての普遍的な物語である

  12. マペットの夢みるハリウッド (1979)
    全ての子供達は、カーミット、ミス・ピギー及びそのほかの遊び仲間を世界に届けるのを助けた「マペットの夢みるハリウッド」を見るべきだ

  13. 自転車泥棒 (1948)
    「自転車泥棒」は父親、息子、自転車についての単純な物語の中に感情的な明確さや力強い社会的正義のメッセージを持つ寓話のように展開する

  14. 雨に唄えば (1952)
    「雨に唄えば」は、スピード感あふれるミュージカル・コメディ以上のもので、どのように映画が無声から音ありに進化するかの歴史的教訓の役割を果たしている

  15. 美女と野獣 (1991)
    1991年の「美女と野獣」の作品は、ディズニーアニメの王冠の宝石の一つである。アカデミー賞で初めて作品賞候補となったアニメ映画だった

  16. E.T. (1982)
    子供にとって、「E.T.」は権力を疑うことについての貴重な教訓とともに素晴らしい物語である。

  17. ジョーズ (1975)
    全ての子供は恐怖を感じる最初の映画を覚えている。素晴らしいものにするには、スピルバーグの「ジュラシック・パーク」か「ジョーズ」を見て欲しい

  18. 恋はデジャ・ブ (1993)
    「恋はデジャ・ブ」は名作である。なぜなら、成人期の反復性を捕まえることにゾッとするような素晴らしいだけじゃなく、それを受け入れることからうまく逃れる方法を知っているためだ

  19. グッドフェローズ (1990)
    マーティン・スコセッシの映画の中で、「グッドフェローズ」は最も傑作である。前途有望な若者の人生の中で何が間違っているのか、底抜けに面白いながら、それがどのように陥るかを見せる

  20. シャイニング (1980)
    「レッド・ラム、レッド・ラム。」今日のホラー・スリラーの前に、夫が自分の本を書く間に、とても多くの妄想と暴力的に成長するにつれ、ホテルに滞在する夫婦に関するスティーヴン・キングの1977年の小説の映画化作品よりも恐ろしいものはなかった

  21. ムーンライト (2016)
    バリー・ジェンキンスの「ムーンライト」は新しいかもしれないが、放置された人生とその悲惨な変化の描写で、すでに欠くことができない

  22. お熱いのがお好き (1959)
    ビリー・ワイルダーは12作の名作を作った。「お熱いのがお好き」はマリリン・モンローの最も優れた役の一つというだけでなく、ジェンダー・ポリティックスで驚くほど進歩的な解釈である

  23. エターナル・サンシャイン (2004)
    「エターナル・サンシャイン」は圧倒的な心理的なスリラーと叙情的で忘れられないロマンスの最高の要素を兼ね備えている

  24. ショーシャンクの空に (1994)
    「ショーシャンクの空に」は1994年に公開された時点では見落とされたが、それ以降世界中のお気入りとして定着している。泣けること間違いなし

  25. ダイ・ハード (1988)
    ジョン・マクレーン(ブルース・ウィリス)は、クリスマス・パーティでハンス・グルーバー(アラン・リックマン)というテロリストから人質を救おうとする非番の刑事。一度見れば、あなたもポップカルチャーで熱い議論の一つを考える事だろう: 「ダイ・ハード」がクリスマス映画かどうか

  26. ブレージング・サドル (1974)
    「ブレージング・サドル」はメル・ブルックスの最も大胆な作品で、アメリカの人種差別の激しい風刺で、ジーン・ワイルダー主演の西部劇

  27. ライオン・キング (1994)
    「ハムレット」をミュージカルに変えるのは難しいが、「ライオン・キング」は全てのキャラクターを動物に変えることで素晴らしい成功を収めた

  28. マルホランド・ドライブ (2001)
    映画自身の可能性を押し進める夢のような美学、謎めいたの物語、暗いユーモアを持つ「マルホランド・ドライブ」のような映画は他にない

  29. ダーク・ナイト (2008)
    クリストファー・ノーランの2番目のバットマン映画は、そのジャンルを新しく暗い最高潮に高め、真摯に受け止める価値がある。ヒース・レジャーは、象徴的な悪役ジョーカーで人生最高の演技をして、死後にグラミー賞を獲得した

  30. パルプ・フィクション (1994)
    クエンティン・タランティーノの「パルプ・フィクション」は観客が映画について考える方法を変え、数十の文献やジャンルをブレンダーに入れて、簡単にクールなものに変身させる

  31. 地獄の黙示録 (1979)
    フランシス・コッポラの象徴的な映画は、戦争が人間に何をするのか記憶に残る表現している。映画は見るのが難しいが、ロバート・デュヴァル、マーティン・シーン、マーロン・ブランドのキャリア実績で作るのはさらに難しい

  32. グラディエーター (2000)
    彼は家族を殺してローマを支配する機会を台無しにした権力に飢えた統治者(ホアキン・フェニックス)に対する復讐を得ようとする奴隷から剣闘士へとマキシムス(ラッセル・クロウ)の旅を映画の始めから終わりまで見ると胸が張り裂けそうになる。ハンス・ジマーの音楽も必聴

  33. 東京物語 (1953)
    小津安二郎の傑作「東京物語」は、年配の夫婦と子供たちとの世代間の対立を描いている。それは忘れられない

  34. それでも夜は明ける (2013)
    スティーブ・マックイーンの「それでも夜は明ける」のような理屈抜きの痛みや共感のある奴隷制の恐怖を再現した映画は他にない

  35. タイタニック (1997)
    これまでで最高の興行収益を上げた映画を見ずに一生を過ごすことはできない。沈没する運命の船で出会った2人の不運な恋人たちの話は、流れるドアの浮力によって台無しにされた古典的なロマンスである

  36. Within Our Gates (1920)
    「國民の創生」を飛ばしていい。黒人のリンチと多作の黒人監督のオスカー・ミショーによる人種的伝統を混在した問題に関する1920年のドラマ「Within Our Gates」は、歴史的にも重要で画期的な映画である

  37. 続・夕陽のガンマン (1966)
    最高のアメリカ西部劇はイタリア人が作ったものだった。セルジオ・レオーネの「続・夕陽のガンマン」は、クリント・イーストウッドを主人公に変え、南北戦争の中ほどで西の壮大な風景にカメラを変える

  38. ファーゴ (1996)
    コーエン兄弟の精巧に作られたスタイル、場違いのキャラクター、ユーモアの秘密が映画の傑作のほぼ全てで作られている。「ファーゴ」は最も愛されているかも知れない

  39. フォレスト・ガンプ (1994)
    ロバート・ゼメキスの親しみのわくIQが低いが寛大な若い男(トム・ハンクス)の物語。チョコレート箱のような生命線が分からないなら、この映画を見るべきだ

  40. ピアノ・レッスン (1993)
    ジェーン・カンピオンの「ピアノ・レッスン」は今までになかった愛とセックスに関する爽快なドラマである

  41. スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望 (1977)
    これからずっとポップ・カルチャー・ラッダイトになる予定がない限り、オリジナルの「スター・ウォーズ」を見る必要がある

  42. 白雪姫 (1937)
    全てのアニメ映画は1937年の「白雪姫」のおかげである。初の長編映画で、ウォルト・ディズニーのプリンセス映画の始まりである

  43. カッコーの巣の上で (1975)
    ジャック・ニコルソン主演で1962年の小説のミロス・フォアマンの映画化作品は、5つの主要アカデミー賞を受賞し、作品賞、主演男優・女優、監督、脚本を獲得した

  44. オズの魔法使 (1939)
    ヴィクター・フレミングは1939年に公開され、史上最も重要な映画2本を監督した。しかし、「オズの魔法使」と「風と共に去りぬ」の間で、年齢が高ければ高い人ほど「オズの魔法使」と認めるだろう

  45. クローズ・アップ (1990)
    「クローズ・アップ」は映画製作者を偽装した男のドキュメンタリードラマであり、身元とそもそも映像は信頼できるかどうかに関する難しい問題を投げ掛ける

  46. カサブランカ (1942)
    ハンフリー・ボガートとイングリッド・バーグマンをスターにした「カサブランカ」は古典的な最高のハリウッド映画の象徴である

  47. トゥモロー・ワールド (2006)
    「トゥモロー・ワールド」は2006年の公開時には大きな影響を与えなかった。しかし、過去10年の間に、深く考え抜かれたSF映画と、今世紀の最も鮮やかに作られた映画の一つである

  48. グローリー/明日への行進 (2014)
    マーティン・ルーサー・キング・ジュニアの物語を大画面で見るには数十年掛かり、エイヴァ・デュヴァーネイの「グローリー/明日への行進」はデヴィッド・オイェロウォの魅惑的な演技で書き直されている

  49. ターミネーター (1984)
    「ターミネーター」フランチャイズの中に多くの映画がある。もし、あなたが一つを見に行くなら、未来のロボットが悪くなることができるとしたら、何が起こるか誰もが恐れている原型になる。さらに、「Hasta la vista, baby」と「I'll be back」のような象徴的なアーノルド・シュワルツェネッガーの決め台詞となった

  50. 午後の網目 (1946)
    マヤ・デレンとアレキサンダー・ハミッドの「午後の網目」は実験的映画のランドマークで、キャラクターや観客を夢のようなトランス状態にする

  51. ロスト・イン・トランスレーション (2003)
    「ロスト・イン・トランスレーション」は、様々な人間の間で言葉では言い表せない疎外感の感覚と同じように、あなたの周囲で孤独を感じることができる最高の映画の一つである

  52. 未来よ こんにちは (2016)
    社会変化の時期を過ごすフランス人哲学者の人生についての「未来よ こんにちは」は、さらにイザベル・ユペールを史上最高の女優の一人として確立する

  53. シンドラーのリスト (1993)
    ホロコースト中に数百人のポーランド・ユダヤ人難民の命を救ったドイツ人のビジネスマン、オスカー・シンドラー(リーアム・ニーソン)のスティーヴン・スピルバーグの物語は、力強く悲しい。作品賞を含む7つのアカデミー賞を獲得した