3/12/2017

WebAssemblyはJavaScriptに置き換わるか?

Slashdotより

火曜、Firefox 52は低レベルのプリコンパイルコード、マシン対応の命令によってプラグインなしでウェブアプリケーションがネイティブに近いパフォーマンスで実行可能になるための新しい標準であるWebAssemblyをサポートする初のブラウザになった。Mozillaのエンジニア、リン・クラークはブラウザベースのアプリケーションの速度が劇的に増す変曲点としてこれを見ている。匿名の読者はMozillaのプラットフォームエンジニアの責任者デビッド・ブライアントの言葉を引用する:
この新しい標準は、 コンピュータ支援設計、ビデオ及び画像編集、科学に関する視覚化など、驚くべきビデオゲームや高性能のウェブアプリが可能になる...。徐々に、多くの既存の生産性アプリケーション(電子メール、ソーシャルネットワーク、ワープロ)やJavaScriptフレームワークが著しいロード時間の短縮しながら、同時にパフォーマンスを向上させることができるため、WebAssemblyを使うようになるだろう。開発者はCPUの集中的な計算(例えば、圧縮、顔認識、物理など)のためにWebAssemblyライブラリを集中的な作業を減らすためにJavaScriptを利用する既存のウェブアプリに統合できる。いくつかの点で、WebAssemblyはウェブの基本的な能力と同時にウェブ開発者とは何かという意味も変えるだろう。
MozillaはZen Gardenの高解像度グラフィックのデモビデオで祝った。現在WebAssemblyはCやC++(さらにRustの予備的サポートも含む)のコンパイルをサポートするが、「WebAssemblyが進化し続けると、Java、Swift、C#のようなモバイルアプリで使用されているプログラミング言語でも利用できるようになることを我々は期待している。」。