3/28/2017

イーロン・マスク氏、脳とコンピュータをリンクするNeuralink社を立ち上げ

Slashdotより

昨年Recodeのカンファレンスで、イーロン・マスクは人間の脳とコンピュータをリンクすることについて何かをしたいと考えていると語った。誰も自ら進んでやらないので、PayPalやOpenAIの創設者、Hyperloopの考案者であり掘削会社に取り組み、SpaceX、TeslaX、SolarCityを経営するマスク氏は今それに取り組んでいる。WSJでのレポートより:
内部の情報源はWSJに、Neuralinkと呼ばれる会社が物理インタフェースを介さずに人間がマシンと直接通信できるようにする「神経レース(neural lace)」技術を開発している。WSJのレポートによると、神経レースは脳に電極を埋め込むことで、人間がコンピュータに自分の考えをアップロードしたり、ダウンロードしたりできるようにするという。この製品は人間が認知機能をより高めることができる。
WSJのレポート(有料)より:
この話に精通している人によれば、テスラとスペース・エクスプロレーション・テクノロジーズ(SpaceX)の創設者で最高経営責任者は、Neuralink社と呼ばれる別の会社を立ち上げた。Neuralinkは、マスク氏が「神経レース」技術と呼んでいるものを達成しようとしており、小さな脳の電極を埋め込んで、一日で思考をアップロードやダウンロードする。マスク氏にコメントを求めたが応えは得られなかった。創業チームのメンバーだと言うMax Hodak氏は、会社の存在とマスク氏の関与を認めた。

Hacker NewsTechCrunchEngadgetAVC

追記(2017.4.25): MITテクノロジー・レビュー (マスクが約束する短期間でテレパシーが可能になるというのは間違っている)、Hacker News