3/17/2017

レイ・カーツワイル、どのように我々はテクノロジーと融合するのか

Slashdotより。技術的特異点はあるのか? それはいつ?

Mr.IntelがFoxニュースのレポートを引用する:
「2029年までに、コンピュータは人間レベルの知性を持つだろう。」カーツワイル氏はShira LazarとAmy Kurzweil ComixとのSXSWカンファレンスでのインタビューで語った。シンギュラリティとして知られているこのイベントは、人工知能がマシンを人間よりも賢くしたときに起こる時期についてしばしば科学者、未来学者、技術信奉者らによって議論される。その期限は、イギリスの理論物理学者スティーブン・ホーキング博士など、以前カーツワイルが出した予測と同じように2045年に入るとすぐと主張する他の信奉者よりもはるかに早い。シンギュラリティの原動力の一つになることを目指してARMホールディングを最近買収したソフトバンクのCEO孫正義は、今後30年以内に起こる可能性があると以前語っていた。
カーツワイルはマシンラーニングと人工知能の台頭について心配していないようだ。AIが人類を奴隷にする可能性に関して、カーツワイルは「それは現実的ではない。我々は世界に1つか2つのAIしか持っていない。今日では我々は数十億だ。」と語った。彼は、既にパーキンソン病の患者で行われている作業を指摘し、人間が機械に近づく必要があると言っているイーロン・マスクと同じ考えを共有している。「それらは我々をより賢くしてくれる。」とカーツワイルはSXSWのインタビューで述べた。「それらはまだ我々の体内にはないが、2030年代には、我々は思考する場所である脳の一部である新皮質に接続し、クラウドに接続する... 我々はもっと楽しくなるだろう、音楽でよりよくなるだろう。我々はもっとセクシーになるだろう。我々は本気で人間が重んじている全ての事柄を実証しようとするだろう。」Facebook上で完全なインタビューを見ることができる。

Futurism