2/26/2017

ロールモデルの力

ロブ・パイクのブログより。コンピュータ関係でロールモデルになる女性が全くいないわけではないと思うが...

私はこの間、国の天文組織の理事会で数日過ごし、その場所の人々の特質に気付いた: 約40名のうち3名が女性だった。そして、教授、天文台所長など3人ともパワフルな女性だった。彼女らは壁の花ではない。会議への彼女らの貢献はその役割を上回っていた。

私の長いキャリアの中で、これまでそのような場所にいたことはなかったし、トーン、会話、尊敬、プロ意識の違いは、私が経験したことと違っていた。私はそれが違いを生み出した女性の存在だったとは証明できない。天文学者が全体的に素晴らしい人が多く、私が反論できない可能性はあるが、違いが年齢層(demographics)に由来すると私には見えた。

この会議は出席者の1/3が女性だったが、しかしやはりプライベートな会話で、私が話した女性はまだ平等ではないとことを訴えた。我々は基準点を持っている。

しかし、少し戻って、要点について考えてみたい: ハッブル宇宙望遠鏡のようなものを含む主な天文台の予算や運営の監督に関与する部屋では、女性が大きな役割を果たしていた。コンピュータ関係が殺風景なのと対照的である。

本当に私は考えさせられた。夕食会で、私は女性にどのように天文学会がどのように(相対的に)平等主義になったのか、話してもらうようお願いした。そして、一つの話題、ロールモデルが明確になった。天文学はその分野で女性が活躍する長い歴史があり、19世紀はじめのカロライン・ハーシェルに行き着く。女性はこの分野で大きな貢献をした。ダバ・ソーベルは、宇宙の膨張の発見の基礎を築いた女性に関するを書いたばかりだ。ちょうど数週間前、暗黒物質の証拠を発見した著名な天文学者ヴェラ・ルービンの死亡記事が出た。私はノーベル(sic)の顧問にしたパルサーの発見者ジョセリン・ベルを言及した。

私が出会った最も有名な天文学者は、我々が出先機関と呼ぶトロント外のデービッド・ダンラップ天文台にいたカナダ人天文学者ヘレン・ホッグだった。

この会議で女性たちは、女性がこの分野の大きな貢献ができた証拠を調査するためのロールモデル、女性の貢献の歴史について語った。

このことからコンピュータ界は何を学ぶことができるか?

我々が間違っているように見える。現場で女性の表現を改善するための最善の方法は彼女らを採用することではなく(重要だが)、そららを促進することだ。ロールモデルの力を作ること。影響力のある立場に押すこと。女性は上への道が見えない、あるいはカルチャーが歓迎されないため、大挙してコンピュータ関係を離れる。現場で優れた女性、有名な女性、輝かしい女性は活気付けるだろう。

男性はそれらの問題を正す力を持っている、彼らは頻繁に女性に舞台を譲る勇気を持ち、女性を現場で優位にならないようにする愚かな偏見と戦うべきだ。チームを成長する時に男性より女性を選ぶ、あるいは女性をより自由に昇格させるような積極的な行動をとることだ。

しかし、私が見ているように、女性のロールモデルを促進するために何かが行われないと、コンピュータ関係で行われている物事はまだ100年遅れている。

Hacker News