2/17/2017

イーロン・マスクは本当に穴を掘るのか?

Slashdotより

時々、イーロン・マスクが語ることは本気なのか分からなくなる。しかし、彼の「ボーリングする」主張に関しては、それが本当に起こっている。ブルームバーグとの幅広いインタビューで、彼は新しいベンチャー「The Boring Company」についてさらに語った。そのアイデアは数週間前の土曜日の朝、マスクが「交通渋滞にはうんざりだ。トンネル掘削機を作って、穴を掘り始めるぞ...」とツイートした時に始まった。数時間後、マスクは次のように付け加えた。「社名は'The Boring Company'がいいな。それはやることが退屈だ(boring)。私は実際にこれをやるつもりだ。」記事から抜粋:
そして、1月の金曜の正午ごろ、作業員が掘削を開始した。「『日曜日の夕方までにできる巨大な穴は何だ?』みたいだった。[...]」マスクは言う。「私の別のアイデアは、Tunnels R Usと名付け、本質的にToys "R" Usをトロールして訴訟を提起する」彼は大声で、歯切れよく(well-articulated: よく整理統合されている)ハハハハと笑う。「今、代わりにAT&Tをトロールすることに決めたよ! 我々はAmerica Tubes and Tunnelsと名付けるつもりだ。」トンネル会社がSpaceXの子会社か独立会社になるのか彼に尋ねると、彼は曖昧に返事をした。「私のTwitterを読まないのかね? The Boring Companyだよ。またはTBC、続く(To Be Continued)だ。」側近が口を挟む: はい、The Boring Company、別名To Be Continued、別名Tunnels R Us、別名American Tubes and Tunnels、何でも、は本当に独立した会社になる。トンネル技術はロケットよりも古く、掘削速度は50年前とほとんど同じである。マスクは、最終的に非常に高速な掘削マシンを作って、数千マイル掘り進んで、ハイパーループなど高速鉄道や自動車のための30段もの数のトンネルを含む広大な地下ネットワークを作り出すことを望んでいる。便利で市の許可なく合法的に掘削することができるので、マスクは最初の掘削の場所としてSpaceXの駐車場を選んだ。計画は、現在の穴を大型のトンネル掘削マシン向けに設計された出入り口を拡張し、マシンが地下50フィート潜ると、水平に掘削を開始することで、ガスや下水道をクリアするのに十分低い位置になり、地表面で検知できなくなる。
大見出しのブルームバーグに100点、洞察力のある記事のようで馬鹿らしい記事だ。

Hacker NewsTechCrunch