2/28/2017

4年以内に月に戻る方法

Slashdotより

サイエンティフィック・アメリカンは、「月に到達し、永久にそこに滞在する方法... このプロセスをすぐに開始こと、4年以内に月面着陸を達成すること」を説明する。それは、NASAの高価なスペース・ローンチ・システムオリオンを放棄することから始まり、イーロン・マスクのSpaceXやロバート・ビゲロウのビゲロー・エアロスペースのような民間企業の努力で節約された資金を使うことである。schwit1はそれらのレポートを引用する:

マスクのロケット、ファルコンや間も無く打ち上げられるファルコンヘビーは、離陸して着陸するように作られている。これまでのところ、着陸能力は地球上で簡単に利用できる。しかし、同じ技術にいくつか微調整を加えれば、人間も月面に着陸させることができる。さらに、SpaceXの次回の7人乗りのドラゴン2カプセルは既に地球の表面上に緩やかに着地できることをデモしている。言い換えれば、ファルコンロケットとドラゴンカプセルはいくつかの変更と装備の追加で、月の準備ができる可能性がある。

宇宙コミュニティの主要セグメントは、将来の全ての着陸を上空の常設のインフラに加えることを望んでいる。ロバート・ビゲロウのおかげで我々は手中に収めつつある... 2016年の春から、ホテル王のビゲロウは頭上から220マイル離れた国際宇宙ステーションで予備室となるインフレータブルな居住地を持っている。そして、ビゲロウははるかに野心的な、3つの330立法メートルのB330モジュールを使って、インフレータブルな月面基地を開発している。

記事は、ジェフ・ベゾスのブルーオリジン・ロケットを「ワイルドカー」と呼び、月に乗客と貨物を着陸させ、NASAは月面給油所、月の建設機械、「氷をロケット燃料、飲料水、呼吸可能な酸素に変換する装置」のような施設で一層楽になるであろうと提案している。

更新: SpaceXが2018年末、2人の人間(ビリオネア)を月に送る計画と発表した。月面に着陸はせずに月を周回して戻る。(TechCrunch)

更新(2017.3.1): トランプ政権に近付きたい思惑もあるとか...