1/12/2017

ジョージ・R・R・マーティン、今年「冬の狂風」を発売されるかもかも

geektyrantより。ジョージ・R・R・マーティンの「氷と炎の歌」シリーズの第6部が今年発売される"かも"という話。期待して待ちたいが...。

これが本当であることを望むが、ジョージ・R・R・マーティンが本を約束した以前はうまく騙された。Comicbookは著者が「氷と炎の歌」のシリーズの第6部、冬の狂風が今年発売される可能性を最新刊で焦らしたと書いた。彼の実際の声明は、確認(confirmation)というより「もしかすると」のように聞こえる。
「まだ、終わっていないが、前進はしている。しかし、私が今までにやったことを考えると、1年前に望んでいたほどではない。今年、出せると思う。(しかし、昨年も同じことを思った)」
この時点で、私は彼が小説を完成させる前に結末がどのように受け入れられるかを見るのを待っていると思う。しかし、彼は本当に非常に書くのが遅い作家だが、最大限の努力をしている。彼が早く完了することを望むだけだ! 読者はそれに関して私と同じでは?