1/22/2017

Python、Rust、Go、Lispを取り入れたNimが新リリース

SlashdotよりNimというプログラミング言語について。

匿名の読者が記す:
InfoWorldによると、「Nimはコンパイルや実行が高速で、いくつかのプラットフォームで小さな実行ファイルを実現し、他の多くの言語から素晴らしいアイデアを借り入れている。」6年後、Nimは最終的に多くの世界の中で最高のものを混ぜ合わせて解決している: Goからコンパイルの速度とクロスプラットフォーム・ターゲットを、Rustからデフォルトで安全な動作を、Pythonからデプロイの容易さを、Lispファミリーからメタプログラミング機能を...

Fossbytesは、Nimの構文はインデント化されたコードブロックや時として同じ構文を使っている点がPythonを思わせるかも知れない、と加える。RustとGoのように、強力な型とファーストクラス関数を使っている... ベンチマークについて言えば、Cと比較できる。NimコンパイルはデフォルトでCコードを生成する。様々なコンパイラ・バックエンドの助けで、JavaScript、C++、Objective-Cも生成できる。

最新リリースでは出力システムが改善されており、コンパイラやライブラリ両方ともMITライセンスである。あなたの考えや意見をコメントで共有してほしい。Nimでコードを書くことにワクワクしている人は誰かいるか?