1/31/2017

ローレンス・レッシグ: 大統領が法を破った時、議会はどう行動すべきか

BoingBoingより

レッシグは、進行中の憲法の危機 -- 違法で無謀な大統領; 法執行機関が連邦裁判所命令に逆らう -- を以前の危機、例えばニクソンの弾劾時とを比較し、その時と今の間の大きな違いを述べている: 当時、議会は議員は最も重要な仕事に携わっていたという超党派の合意があった。批判的な意味でそれを知っていたため、共和制の安定は大人としての行動に依存していた。

しかし、今日の議会は大人が冷静かつ自信を持って危機に対処するのと違うように見え、むしろサーカスのように見える。共和制の構造をさらに弱めているだけだ。

ウォーターゲート事件の間、レッシグの叔父リチャード・ケイツはニクソンの事件をまとめ、議会に提出するため、弾劾での下院委員会に弁護人として雇われた。今日の議会は「内戦に巻き込まれないようにするため」ケイツを必要としている。

それはヒステリーを起こさない。暴力を起こさない。ドナルド・トランプの行動と同じように不当な行動によって起こらない。それは、野党がトランプより優れていると思われる場合にのみ起こるだろう。つまり、全てのアメリカ人、そして特にトランプの支持者の広大な領域に刺激を与えるとしよう。我々が抱くべき理想の認識は、憲法、法の支配、そしてシステムの中での立場を知る政府である。

我々はティーパーティから学ぶべきだが、ティーパーティよりもまだ優れている。アメリカの価値観の侵害に抗議する市民としての責務を果たしている何百万の人々が、全ての議員のオフィスで姿を見せ、「何をしているのか?」と質問する必要がある。この大統領は共和制の最もお粗末な弱点、正確にはジョージ・ワシントンが警告していた国家より党が上(party over country)という弱点によって可能にしている。市民が今行わなければならない戦いは、病的状況にある議会に反対することだ。議会が今行わなければならない戦いは、制御不能の行政府に関連することだ。そして、裁判所が今行わなければならない容易で効果的な戦いは、彼らの命令に従わない役人に関連することだ。

憲法上の危機のためのルール [ローレンス・レッシグ/Medium]