1/01/2017

ロシアはサイバー戦争に向け、どのようにエリートハッカーをリクルートしているか?

Slashdotより

Lasrickニューヨークタイムズの報道を引用する (警告: ソースは有料化かも知れない; 別のソース):
3年以上に渡り、ロシア政府のリクルータは、軍将校が孤立したバンカーで働くのを頼りにするのではなく、ソーシャルメディアサイトに派手な広告を掲載し、大学生やプロのプログラマに仕事を提供し、潜在的な素質のためにロシアの犯罪地下組織を調べることについて公然と話し、広範囲にプログラマをスカウトしている。
ニューヨークポストより:「ロシア国防省は、AK-47ライフルよりキーボードで才能のある人を引き付けるため、国内の最も人気のあるソーシャルメディアサイトVkontaktaに広告を出した。タイムズによると『あなたが大学出で、技術専門家で、知識を生かしたいなら、我々はチャンスを与えます。』と広告は約束する。広告は洗濯機が装備されているアパートを見せ、'快適な宿泊施設'で住み込みで勤められる軍事施設に本拠地を置く科学隊と呼ばれる部隊の一部で、確実に採用が進むと、タイムズが報じた。国防省は大学生が科学隊に入隊できるようにし、その代わりロシアの強制徴兵を逃れる機会をチラつかせ、そしてプログラミング言語に熟練度について質問した、と報じる。