1/24/2017

スティーブン・ウルフラムのArrivalのための科学理論

BoingBoingより。このホワイトボードは、映画の中で主人公の言語学者ルイーズが物理学者イアンとホワイトボードを前にするシーンで使われたホワイトボードで、中に書かれる数式を依頼されウルフラム氏が書いたもの(映画向けには更に書き直されている)。早く「Arrival (メッセージ)」を観たい。

Arrival whiteboard

数学者のスティーブン・ウルフラムと彼の会社は、ハリウッドに多くのコンサルティングを行っている。しかし、映画が撮影間近かで、彼らが「tech the tech (技術を技術する)」を無視するため、彼は緊急ではコンサルを受けない

私はArrivalの脚本を見始めた時、理解しやすい提案を作るのに、何が起こっているかの具体的な科学理論を考え出す必要があることをすぐに悟りました。残念ながら時間があまりなかったし、結局のところ、どのように恒星間飛行が動くかを考案するのに概ね一晩しかありませんでした。これが、私が一晩に思い付いたことについて映画製作者に書いたものです(台無しにならないよう、私はそれ以上を示していません)。

彼は観ている人を軽く扱うというよりむしろ映画製作者に情報提供するために宇宙旅行のための説得力のある技術的かつ科学的な裏付けを作った。しかも、彼は小さなポカを修正する提案もし(「宇宙船が100万光年をやって来たと言うべきではない。それでは銀河系の外だ。代わりに数兆マイルと言いなさい。」)、脚本を編集するプロセスが彼にソフトウェアの設計を思い出させることを発見した (「可能な限り複雑さを取り除き、可能な限り全てを明確かつ最小限にする。」)

映画製作者が再撮影を行っていた時、彼は物理学者のばか話(jibber-jabber)で覆われたホワイトボードを急いで作成した。アイロニー: 彼は何十年とホワイトボードを使っていなかった。