12/25/2016

あなたはバッハとロボバッハの違いを見分けることができるか?

The Vergeより

人工知能はバッハの作品を非常にうまく再現することができる。あなたは(おそらく)その違いを見分けることはできない。信じたくない? 自分で試してみてほしい

コンピュータで生成されたこれらのサンプル音楽は、パリのソニー・コンピュータ・サイエンス・ラボラトリーズのGaetan HadjeresとFrançois Pachetによって作成されたディープラーニングを使ったプログラム、DeepBachの作品である。前に世界初のAIポップソングを提供し、モーツァルトからビートルズの範囲で音楽家を模倣するAIミュージックソフトウェアFlowMachinesを使っている。

今、本当にFlowMachinesはバッハを打破し、その成功は現在のAIの能力(と限界)をについて多くを伝えている。

GoogleやAppleのようなテック企業やFlowMachinesが使っている手法ディープラーニングは、パターンを識別(そののちに合成)するために大量の構造化データをふるい分けすることに依存している。これらの方法を音楽に適用する場合、バッハは最適である。彼は信じられないほど多くの作品を残しているだけでなく、彼の音楽はバロック音楽を定義する様々なパターンや秩序立った複雑さを受け、一貫して構造化されている。

DeepBach向けに、HadjeresとPachetはバッハのコラール、厳かで4声の旋律で伝統的な賛美歌を合わせた音楽作品に集中した。バッハは生涯に389のコラールを書き、DeepBachにたくさんの研究材料を与え、各コラールは繰り返しパターンがある。

しかし、ページのトップにリンクされているテストにあるメロディはAIだけの作品であるかどうか分からない。DeepBachの重要な特徴の一つは、AIの専門用語でいう「制約された (constrained)」ことができることだ。つまり、オペレータは特定のメロディ、ベースライン、リズム、カデンツを与えることによって作り出す音楽を指示できる。同様に、DeepBachが作る音楽は、一つの調と拍子のみに制限されており、素材の分析を簡単にするために調整が行われている。

しかし、これらの制限を考慮しても、DeepBachは本格的なツールである。そして、おそらく、真のAIの創造性に向けた道標の中の初期のフットノートである。