12/18/2016

オバマ大統領、ロシアのハッキングに対して報復行動で脅迫

Slashdotより。この問題は、トランプが大統領になっても引きずり続けるだろう。

匿名の読者がニューヨーク・タイムズを引用する:

[オバマ大統領は、]ホワイトハウスで過去34日間、ロシアに対する公及び秘密活動の組み合わせや、「彼らの負担」を増大させる活動を比較検討してきたと言う。オバマ大統領は、クレムリンに「我々はあなたたちに事を実行できる」というメッセージを送ることを約束した。但し、サイバー衝突をエスカレートさせないようにする。「その中には我々は彼らが知る方法で行うが、誰もやらないだろう。」と彼は言った...

大統領はハッキング事件とその反応がアメリカの政治の状況についてどれほど明らかにしたかを語り、明らかに立ち向かってきた。最近の世論調査では、トランプへの投票の1/3以上がプーチン大統領を影響を認めているという... 大統領はアメリカ人は外国の権力による不正操作を見えなくしてしまうような党派間の憎しみや確執を許していはいけないと訴えた。オバマ大統領は「それが変わらない限り、我々はどうするつもりかの道筋や我々が何のために戦うのか分からなくなってしまったため、我々は外国の影響に対して脆弱であり続けるだろう。」

記事によると、オバマ大統領は9月のG20の会合でロシアのハッキングを議論するためプーチン大統領を脇に連れ出し、プーチンに次にように伝えている「それをやめること、もしやめないなら、深刻な結果になるだろう。」

更新(2016.12.24)

プーチンの年末の大型記者会見、オバマからサイバー攻撃をやめるよう言われ、何と答えかというBBC記者の質問に対しては「ノーコメント」。