12/10/2016

オバマ大統領が大統領選へのサイバー攻撃の再調査を命令

Slashdotより

オバマ大統領が先月の大統領選挙を混乱させることを目的としたハッキング活動の全面的な見直しを命令した。メディア各社は金曜日にホワイトハウス当局者を引き合いに報道した。その結果はオバマ大統領がホワイトハウスを離れる前に届けられることになっている。ロイターの報道より:
「大統領は諜報機関に2016年の選挙過程で何が起きたのか全面的に見直しを行うこと... そして、そこから分かった課題を読み取り、議会など様々な利害関係者に報告することを指示している。」と国家安全保障問題担当大統領補佐官のリサ・モナコがクリスチャン・サイエンス・モニターが主催するイベントで述べた。

ArsTechnicaTechCrunch

更新 (2016.12.16)

ホワイトハウスは大統領選妨害にプーチン大統領が直接関与していたとの味方を主張(Slashdot)。