11/01/2016

MacBook Proに失望を抱く人々

Hacker Newsより。新しいMacBook Proへの失望している人が多いようだ。代替コンピュータを考える人もいるとか。Ubuntuをプッシュするという話もある。

親愛なるクック様、

なぜ車やオートバイ会社は競争に重要な資源を向ける勇気を持っているのでしょうか?

現在、MacBookとMacBook Proのラインはほとんどの設計目標(重量、薄さ、バッテリー寿命、美しさ)を共有しています。スクリーンサイズ、接続性、小さなパフォーマンス調整が違うだけです。

なぜ、プロフェッショナルな仕事をしている人にもっと強力なコンピュータを提供しないのでしょうか? 言い換えると、なぜこれらの製品ラインの間に真の差別化を提供し、軽さや薄さなどを控える'Pro'ラインを作り出す勇気を持てないのでしょうか?

Appleが真のプロフェッショナルなハードウェアを作って販売するのに投資すべき理由は、競争に重要な資源を向ける車やオートバイ会社にとっての理由と全く同じです。それは信頼性を提供することです。モーター会社が競争するとき、彼らは実現しうる最高の製品、誰も挑むことができない製品を作る能力があると断言しています。

Appleが好きか嫌いかどうか、プロフェッショナルな仕事をしている人たちが常に「ストリート・クレド(流行に敏感な人からの支持)」を提供してきました。悲しいことに、Appleは単に消費者レベルのプロハードウェアを作り、プロ並みのハードウェアデザインの傾向を明確に無視して、彼らを置き去りにし続けています(3年も前でMac Proは立ち止まっています)。

私は初代Apple II以来のAppleユーザですが、この会社と製品を心配しています。

敬具、ピーター

PS: 小さ過ぎるというものもあります:

  • ズーランダーのとても小さいとても小さい電話
  • ズーランダーのとても小さいとても小さい電話(更にもっと)
  • ズーランダーのとても小さいとても小さい電話
  • ズーランダーのとても小さいとても小さい電話

これを覚えていますか?

Apple computer grid

更新

ポール・グレアムが2005年に書いたエッセイ「Return of the Mac (和訳)」がHacker Newsで紹介されていた。私も、Macは「まともにスリープ/復帰ができるBSD」ということで戻った口である。