11/25/2016

Googleがジャーナリストや大学教授に国家主導のハッキングを警告

Slashdotより

匿名の読者がIBTimesのレポートを共有する:
多数のジャーナリストや大学教授は、Googleアカウントを使ってGmailあるいは他サイトにアクセスした際に、国家主導のハッキングに関する警告メッセージを受け取ったとソーシャルメディアに伝えている。警告を受け取ったジャーナリストは、ノーベル賞を受賞したエコノミストでニューヨークタイムズのコラムニストであるポール・クルーグマン、ニューヨーク誌のジョナサン・チャイット、Politicoのジュリア・ヨッフェ、GQの特派員キース・オルバーマン、Voxのエズラ・クレイン、Yahooニュースのギャランス・フランク-ルタ、そしてオバマ大統領の元スピーチライターの一人ジョン・ラベットなど。警告は「Googleはあなたのパスワードを盗もうとする国家主導のハッキングを検知した可能性があります。」と書いている。これらの警告は2012年からGoogleから送られているが、Twitterは過去24時間以内にこれを受け取ったメディア及び学術コミュニティの人々たちの中で噴出している。