11/08/2016

スノーデン、ヒラリーのメール問題に対するトランプの陰謀論を一蹴

Slashdotより。新たに発見されたヒラリー氏のメールを調査した結果、訴追しないことを決定。トランプ氏はこれを批判するが、エドワード・スノーデン氏が明確な説明をしてギャフン。

FBI長官James Comeyは、ヒラリー・クリントン氏に関するメールの更なる調査で彼女に対する訴訟を勧告するのを司法局に働きかける証拠が何も見付からなかったと議会に伝えた。FBIは9日掛けて65万通以上のメールを再調査した。この知らせを聞いて、共和党の大統領候補ドナルド・トランプ氏や彼の支援組織は、FBIがこのような短期間で全てのメールを調べられるのか疑問を発した。FBIがその過程を我々に説明するまで確実には分からない(起こりそうにはないことだが)。そのため、人々は答えを求めて週末に掛けて、エドワード・スノーデン氏に問い合わせた。そして、スノーデン氏は期待を裏切らなかったGeekWireのレポートから:
メールの写しを呼び出すことはどんなに簡単か? 歯に衣を着せずに物を言うジャーナリスト、Jeff Jarvisはスノーデンにツイートで疑問をぶつけてみたところ、すぐにレスポンスがあった。「To:/CC:/BCC:に反応しないメールを落とし、ハッシュを設定し、一致したものを取り去る。古いノートPCでも数十分から数時間で完了する。」

Boingboing