11/27/2016

ローレンス・レッシグ、選挙人団にトランプよりクリントンを選ぶことを求める

Slashdotより

ワシントンポスト紙のローレンス・レッシグの新しい社説は、「それでも今年の一般投票で負けた人物が大統領にならなければならない」という考えで、異議を唱えている(有料版はここ無料版はここ)。レッシグは、アメリカの歴史上1824年と1876年の2度、選挙結果が無視されたことを指摘する。
憲法は「勝者が全てを得る」とは何も言ってない。選挙人の自主性は何らか束縛されるべきだと示唆するものは何も言っていない。彼らは国民の判断を行使するのであって、歯車が車輪を回転させるわけではない。

選挙人はワイオミング州での投票がミシガン州と比べて約4倍の重みがあるという訴えから、レッシグは一般投票が尊重されるべきで、アメリカ憲法の起草者は「選挙人は選択の自由があることを残した」と主張する。皆が決定した選択を退けることによってその選択を行使すべきである: クリントンのために

一方、Politicoは、「主にワシントン州とコロラド州出身の元バーニー・サンダース支持者」6人の選挙人は、「ミット・ロムニーあるいはジョン・カシッチのような合意」で連帯する代わりに、選挙人は既にクリントンやトランプに誓約していると主張する。そして、オバマ大統領とブッシュ大統領の倫理弁護士らはリベラルなサイトに「もし、選挙人が12月19日に会う時までに、トランプが広大な事業利益の所有権を保持し続けるなら、彼らはトランプを拒絶すべきである。」と語った。最後に、元の報告書より:

ドナルド・トランプが選挙人団を「全くの見せ掛け」と呼んでいる。選挙人団が一般投票を反映する時ではないのか?