11/27/2016

労働者はより良い仕事が望むなら、トランプでは無く労働組合が必要である

Boingboingより

アメリカの労働者の大多数が労働組合に参加したいと思ってはいるが、アメリカの無気力の労働法がそこから彼らを追い払っている。結局、組合を作ろうとして解雇されても、全ての経営者は企業側は「狩猟許可証(hunting license)」と呼ぶわずかな金額をあなたにバックペイをするだけだ。

オバマ大統領は労働組合の強化保護に対して、ほとんど何もしなかったが、トランプでさらに悪化するだろう。そして、弱体化した組合は抵抗することが難しくなるだろう。

しかし、労働組合は、契約労働者を騙す億万長者の反社会人間では無く、良い給与と仕事を最良の仲介者である。民主党のサンダースは労働組合の強力な保護が必要と信じており、それは全ての年齢と人種の有権者を元気付け興奮させてた政策だった。民主党は決して共和党のようにうまくいかないので、金融資本の政党にはなれない。もし、中間選挙で勝利をし、2020年に大統領になりたければ、銀行家ではなく労働者の擁護を始める必要がある。

しかし米国では、労働組合の組織率は1935年以来最低となっている。世論調査は労働者の大半は組合に加入したいが、労働保護がとても弱いため、現実のリスクを伴うことを示している。例えば、雇用主が組合を支援する労働者を解雇しても(もちろん違法である)、彼らは罰金を払う必要はない。雇用主への唯一の罰則は労働者へのバックペイで、労働者は解雇された後に他の仕事の収入は含まれていない。それは経営者の間でジョークとなっているようなわずかな反響しかない。彼らは「狩猟許可証」のコストと呼んでいる。

たとえ連邦政府が労働組合に反対しても、市や州は労働者の権限を強化する動きはまだできる。彼らは労働者に最低賃金を決定するテーブルに正式な席を与えたり、業界あるいは地域を横断して賃金水準を設定する役割を任せたりできる。市や州は労働者団体の加盟を積極的に促すことがもできる。例えば、司法権は 労働者主導の組織によって提供される訓練に資金を出したり、労働者団体の運営を手がけるギグ・エコノミー労働者への新たな手当を作ることができる。州は会社法の多数の要素を規制するので、取締役会に労働者を置くことを企業に要求できる。それは工場をオフショアするかどうかといった重要な決定にインプットを持つことを保証するだろう。